fc2ブログ
下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘


政府が20日公表した3月の月例経済報告。景気全体について、14カ月連続で示されていた「緩やかに回復している」との判断が「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」に下方修正されたのだが、一体どっちなんだ、とクビをひねった国民も多かったのではないか。

14カ月連続で「緩やかに回復している」
下方修正されたにもかかわらず
”弱さもみられるが、”『緩やかに回復』


インチキなのは「下方修正」
 しながら、なお
「景気は緩やかに回復している」
  という矛盾した表現が並立



月例経済報告は安倍首相や菅官房長官、黒田日銀総裁が出席する「関係閣僚会議」が取りまとめる。



月例経済報告

内閣府が景気動向指数に基づき毎月取りまとめ、経済財政政策担当大臣が関係閣僚会議で原案を提出して、了承を経て公表される。

この場合の政府とは内閣府


閣僚などは座っているだけ
 議院内閣制という建前を
  満たし、後生大事に国民に


見せつけるだけ・・・騙しである



景気

景気を判断する際には、政府においては景気動向指数などで、民間においてはGDPギャップや景気ウォッチャー調査などが利用される。


いつもながら政府は、とつまり
 ガチガチに官僚機構や日銀が
  固めておいて。。
最後に議員政権




≪何!安倍総理の《虎の巻。。カンニングペーパー、いや完全な台詞台本》が突風で飛んでいった!?≫<もうそろそろ、棒読み・丸読みアドリブ無しは止めようぜ>【それでも日本国民は、《内閣総理大臣を他先進国政治リーダーと同じ》だと騙されている】


≪官僚機構による日本政治支配の源流は・・・≫<とっくに米国は日本に興味失っている>【国会与野党総体たらく!政党政治無しの今】


≪官僚内閣制に議事録なんか必要無し!?≫<事前に用意された文言を丸読み・棒読み>【安倍内閣が政治なんかやっていない!!】


景気や経済ときいて
 連想するのは毎日報道の


日経平均株価である



既に景気後退局面? 株価は事前にピークの経験則


「景気回復は既に終わっているのではないか」。そんな声が民間エコノミストの間で徐々に聞かれ始めた。今年1月で景気拡大局面が74カ月に達し、戦後最長になったとみられるというのが政府の判断だが、実際には異なるというのだ。「仮に今も景気回復が続いているとしても、年内に後退局面に入る」とする指摘もある。いずれも株式投資家にとって、聞き捨てならない話だ。



≪以前から囁かれていた。。日経平均は<官製相場>!実態は最悪だった!!≫【米欧外資はじめヘッジファンドも買っていなかったのか!!】


≪安倍総理は、民主党内閣を引き合いに株価を自慢するが…インチキ官製相場だった≫<日銀・GPIF資金を天文学的に注ぎ込み株価維持>【「外国人投資家」も実は《タックスヘイブンの日本政府関係資金》の疑い!!】


≪東証一部日経平均株価の病状が益々進行していた!≫<日銀・GPIFが買い占めても上がらず、さらに買い占めの結果>【そして!もう一本の柱「外国人」は?】


何年も前から指摘糾弾し続けて
 ようやく止まる気配だけ見せ始めた


安倍政権=ウソつき暴走列車である



≪「戦後最長の景気拡大」に疑問符だと!?最初から景気拡大など無かった!!≫<日経平均株価のインチキを観れば解る>【日本は政権が替わっても回復はムリ!土台の『政府・国家機関・中央銀行』が腐ってしまっている】


しかも政府=官僚機構や
 中央銀行日銀が加担している


官製マネーによる官製相場

我々は間違いなく不幸のどん底!!
関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2375-f7fc1ad8