FC2ブログ
異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ


大手メディアは伝えようとしないが、驚くことに、海外メディアが翁長知事の死を大きく報じている。

 米AP通信は〈知事は、小さな島に過重な米軍基地を抱え、基地移設に反対する人たちに応えるため職務を遂行しようとしていた〉と報道。このニュースを、米紙ニューヨーク・タイムズなどが引用した。ワシントン・ポストも翁長知事のこれまでの功績を紹介。仏紙ル・モンドは、安倍首相を名指しし〈米国が哀悼の意を示したのに後れを取った〉と批判している。しかも、いずれのメディアも、小さな“ベタ記事”などではなく、大きく扱っている。

 さらにゴルバチョフ元ソ連大統領は、琉球新報に〈彼の活動の基本方針は、平和のための戦いであり、軍事基地拡大への反対と生活環境向上が両輪だった〉と、翁長知事への“熱い”思いをつづった追悼文まで寄せている。


海外メディアが注目するのは異例のことですが、ある意味で当たり前のことと言えるでしょう。民主主義国家において、住民がここまで反対している計画を押し切る政府は、安倍政権をおいて他に見当たらないからです。安倍政権の沖縄に対する態度を冷静に分析しているのでしょう。海外メディアは秋の総裁選にまで注目しているといいますから、今後、さらに論調は厳しくなるかもしれません


≪沖縄基地問題≫日本における人権無視の現実をワシントンポスト紙が報道!(お役立ち情報の杜(もり))


沖縄。。在日米軍基地問題
 日本の政権、それを支える外務省
  は米軍に何も言えない、と以前から



≪沖縄を売った男、仲井眞知事は知らされているのか!≫【米国がまだ日本を占領し、沖縄が返還されてないことを。。】


≪安倍政権が野田政権以上に惨めに≫<日米地位協定改定交渉?>。。【米国政府に交渉など出来るはずなかろう!】


そうじゃない!沖縄にも民主主義
 がある、と立ち上がったのが翁長知事




≪こんな偏った総理大臣が過去存在したか!国民は支持してはいけない≫<津川雅彦には長々と、翁長知事には無言>【それもそのはず、偏った勢力から迎えられた総理である】


津川などに長々と読み上げた安倍
 それに対して、総攻撃かの如く米欧
  大手メディアが狼煙を上げたような。。

内政干渉?違う!これで良い
 民主主義無視の日本の政官に
  もう国内で自浄作用は期待出来ない


米欧メディアの背後に米欧政府。。
 いや米欧シンクタンクがついている
  何かがあれば、一気に攻め込んでくる

靖国神社問題とも
 重なり合う、いやもっと重大!!


カルト宗教右翼と汚染された官僚機構
 それにぶら下がる記者クラブマスコミ。。
  日本のエリートとカルト宗教右翼が
   米欧世界秩序に否定されたら良いのだ



《明日名護市長選》≪我々は認識し直す必要!日米合同委員会は外務省だ!と≫<沖縄の選挙が列島中に波及は困るはず>【沖縄に全てを封じ込めたい『政府=外務省』と安倍政権】


≪やはり在日米軍普天間飛行場の「辺野古移設」は《日本側の要望》だった≫<悪いのは外務省、日米合同委員会も外務省>【外務省の言いなり「政」も要らない、邪魔だ!】


在日米軍。。米国政府の意向。。
 と思われてきたが、日米合同委員会
  実は日本の外務省が米国の着ぐるみ


日本政府=外務省の歪んだ意思だった




≪安倍政権を自民党という政党政治によって成立、に違和感≫<昭和時代のタカ派や憲法改正志向派を保守というようにしたのも違和感>【沖縄はじめ全国で暗躍!も実は教団が多いらしい】


≪特定カルトが「政府=内閣官房」の《影の総理はじめ各省》と手を組んだ安倍政権≫<その御輿安倍総理に不利な勢力はパージ>【カルトと官と大手マスコミの翼賛体制】



恐らく、海外メディアは、沖縄に対する安倍政権の態度を弾圧のように見ているのだろう。もし、9・30の「弔い選挙」で翁長知事の遺志を受け継ぐオール沖縄が敗れたら、海外メディアは、日本を特殊な国とみるのではないか

特殊な国。。既にみているのは確実

もう足掛け6年にもなる
 民主党内閣からその前触れ


官と教団の意のままになる総理
 それに反する勢力は排除の対象


沖縄はその最たる存在
 ならば沖縄米軍基地問題を全国へ


安倍政権と自民党は吹っ飛ぶ訳だ
関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2219-321d4763