fc2ブログ
山本太郎と久米宏が反骨タッグ! 安倍政権とカジノ、杉田水脈を徹底批判し、原発タブーや創価学会に言及



久米「それはだから、原発事故を起こした後に(原発批判を)言っても仕事がなくなっていくという、この、なんて言いますかね、つながっちゃってる恐ろしさね。本当は、東電はあそこで悔い改めて、そんなことは全部なしにして、是とする意見は是とするべきだっていうふうに、生まれ変わるべきなのに、それがないんですね、この国は」

ラジオとはいえ、これはスゴイ!

久米宏と山本太郎、タブーに切り込んだ
 特に注目部分は創価学会に関してである


さらに、興味深かったのは、カジノ法案の成立にからんで、公明党、創価学会の思惑と責任に言及したことだった。

「公明党がとにかく選挙の近くになってからカジノ法案を通すのをやめてくれ、と。創価学会のみなさんがカジノに対してよろしく思っていないので、ということで。だから、今国会で無理やり通したのは公明党のせいでしょうね。聞いてますか? 信濃町のみなさん!

いうまでもなく「信濃町」というのは創価学会総本部の所在地のことを指しているわけだが、公共の電波で堂々と学会員へ「これでいいのか?」と呼びかけたのは、さすが「みなさんの鉄砲玉」を自認する山本太郎といったところ。

久米「公明党の話をすると……結構、ラジオ聞いている方のリアクションが激しかったりして。非常に、あの、僕もナーバスに話すように気をつかってるんですけれども」


公明党(創価学会)の話をすると
 ラジオ視聴者のリアクションが激しい


つまり、それだけ影響力が有る
 自民党に浸透(侵入)してないはずない



久米「やっぱり公明党はね、よくわからないんですよ。昔は、もうちょっと生活者の党とかね、平和の党とか言っていたのが、わりと自民党べったりになって、結局いま、公明党がいなかったら自民党は100人ぐらい落選しますよ、はっきり言って、衆議院選挙で。もう完全に、いいように使われているんです自民党に、公明党って。(以前は)そういうふうな党じゃなかったんですよ! もうちょっと、自分たちの考えをしっかりもってて、生活者それから主婦に目を向けて、女性の優しい目をしっかりくみ上げて、平和の党だって言っていたのが、いまはもうねえ、閲兵式に出そうな党になっちゃって。あの党が一番わかんないですね」


やはり、衆議院で協力票無ければ
 自民党議員100人落選!は事実だった


自民党多数派は創価学会のお陰



≪もはや。。いや以前から安倍総理は『スキャンダル』除いて《主役ではない》≫<『内閣総理大臣の役職』にのみ群がる悪党>【内閣官房の策謀で、創価学会協力票が作動してのみ戦える】


≪戦後日本政治、少なくとも自民党政権(一部民主党)で政党政治なんか無い≫<《「日本は官僚内閣制」だった》これは大変だ!”壮大なウソ”に綻び>【安倍総理が自らの責任逃れの為口走った『捨て台詞』が!!】


公明党って。。たかだか衆議院で
 20議席ちょっと、大したことない


これは大間違い!
 衆院30足らず、参院20ちょっとの
  50議席ソコソコの党ではないのだ


自民党議員を大量当選させて
 尚且つ50議席余り保有である


一方、自民党は党員数
1991年(平成3年)には約547万人を記録していたが、その後は名義貸し党員の表面化や法改正による禁止措置などを受け一貫して減少傾向にある。参院選比例代表の非拘束名簿式が導入された2001年(平成13年)には200万人を割り、野党転落した2009年(平成21年)末には所属国会議員の激減や支持団体が離反が相次いだこともあり、結党以来初めて100万人を割った。2012年(平成24年)に78万9348人を記録したのが底で、2013年以降は回復傾向を見せており2016年(平成28年)9月には100万人の大台を回復


2013年以降2016年まで
 回復傾向は、長期政権のせい
  情弱が帰ってきたか。。
それとも

新興宗教教団から派遣党員でも?

いずれにせよ、540万人以上から
 78万人に激減!これも著しい劣化


つまり、1993年と2009年の2回
 政権転落、凄まじい議員落選数よって
  ソックリ自民党議員は入れ替わった。。



≪安倍政権と改憲団体その他応援団はクーデター勢力≫<そこには外務省と内閣官房、日本会議>【皇太子が新天皇として即位される前にこれら勢力を何とかする必要】


日本会議がこの2~3年注目され
 喜んでいたのは創価本部ではないか


注目されたら困るのであるから
 安倍政権の心臓部を握っている
  政権の命運を左右、を知られたら

ヤバい!
大変困るのは間違いないだろう
 



≪小泉純一郎元総理と小沢一郎が異例のタッグ!≫<『内閣官房』主導と『協力票』選挙と『特別会計』>【日本の政治にタブーは無い!透けて見えているのに誰も言わない救い難さ!!】


《弱い安倍政権が多数派の原動力》≪本来「保守」といえば『保守本流』だった≫<第一次安倍政権以降なのか「ウヨ」が保守に>【保守界隈=保守ムラに一般有権者が引きずられている】


≪安倍晋三を生み出した小泉純一郎が批判する安倍政権≫<こんなデタラメ政権、《外交・災害・戦争時》には目も当てられない>【元はポンコツ党、『協力票選挙』で《無理やり多数派に水膨れ》の結果】


≪安倍政権と自民党は今や「20世紀・昭和の自民党」とは別物≫<選挙は自党では戦えない、記者クラブの演出が元凶>【内閣官房と各省が『安倍政権の看板』で行政】


久米は、自らマスコミ・芸能界に原発タブー、東電タブーがあることを指摘


東電だけではない、まだマシかも
 記者クラブ大手マスコミが言わない
  それはつまり知られたら困るからである


戦後1955年以来殆ど自民党政権
 吉田茂を敢えて加えて。。鳩山・石橋・岸・
  池田・佐藤・田中・三木・福田・大平・鈴木
   中曽根・竹下。。以下省略これだけ総理を


輩出してきたのだから、自民党信仰は
 ある意味致し方が無いとしても、
いい加減
  そこから脱却しないと有権者が笑われる。。


官僚機構が操縦し、政党政治など
 茶番であることも解ってきた訳で

  安倍政権は強くも何ともない、今
   政官を解体すべき時に来ている


戦後政治的遺産を全て食い尽くして余りある
 自民党が独自で選挙戦えない!協力票頼み
  それをそろそろ見抜いて良さそうなものだ

  

関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2216-e7dd8fff