FC2ブログ
【ライブブログ】米朝首脳会談 トランプ大統領と金正恩委員長が対面



金正恩、安倍よりも遥かに大事にされている・・・。

ああいう応酬から、これだけの笑みを浮かべるトランプをみていると
安倍政権が何かしでかしたら【空爆!!】は充分に有り得る


日米同盟など無い!あれは
 21世紀に入る前後に出来た造語


日米安保条約・・・単に米軍基地
 日本が下らん気を起こしたら攻撃!!



朝日の記事は
「トランプ氏に位負けしないように、対等な立場の演出に努めました」

そういえば。。安倍もトランプ大統領が無機質に”Prime Minister”と言ってるのに
・・・『ドナルド』(対等な立場演出しようとして飛び越してしまっていた)w



米朝会談。『世紀の』との日本メディアの論調はおかしいにせよ、『首脳会談』。

が、『日米』は”首脳会談”が成立していない。
親会社本社社長から経営方針と資金管理を指示説明受ける、被買収ポンコツ店舗店主の絵にしか映らない。。




≪《G7首脳会談》見事に外されている日本政府!そして安倍総理≫<もう『G7』などから抜け落ちてもオカシクない>【しかし最終、カネの請求だけは容赦なくやってくる!!】


≪北朝鮮が核実験とICBM弾道ミサイル発射の中止を発表!≫<ことの真相は我々には解らない、外務省ですら解らない>【が、《米国と北朝鮮は組んでいる》という疑念は生きている!!】


≪北朝鮮金正恩が「なぜ日本は直接言ってこないのか!?」と言っている≫<やはり外交ルートも何も無い>【腰抜け外務行政の外務省と安倍政権】


≪やっぱり!米露。。そして米中、米国と北朝鮮は対立なんかしていない≫【政治・外交は目くらましで、本舞台は経済・産業・相場】


しかも、米国と北朝鮮は
 北の建国時からの深い関わりが有る



北朝鮮その成立(建国)には
ソ連が圧倒的に深く関わっている

北朝鮮。。元々ソ連の属国だった

では何故。。今、中国となのか

ソ連崩壊。。
ロシア連邦として再起
その間、旧ソ連からの重油供給停止などで
北朝鮮は実質的に破綻状態

その過程で
中国と北朝鮮
の仲は。。
経済支援等により宗主国と属国関係になったが。。
近年、その関係には。。変化が!


共産主義中国も
元々はソ連の衛星国のようなものだった


中国共産党創立。。毛沢東台頭。。
 中華人民共和国建国と各局面で
ソ連・コミンテルンが指導・関係している


そういう意味では。。
中国と北朝鮮は元々兄弟分
だったといえる


このように、
北朝鮮・中国・ロシア(ソ連)
は緊密な関係にあるが。。

では米国は?
第二次世界大戦を経て。。
朝鮮半島南部(韓国)は
 米国が統治
同じく半島北部は
 ソ連が統治していた
半島南部が韓国として建国
これに米国が関わっていないはずも無く。。

僅か半月後に半島北部は
 北朝鮮として。。あまりにも手際が良過ぎないか

米国は。。
北朝鮮建国
に少なくとも間接的に関わっていた!


中華人民共和国
建国にもそれと同じようなことが。。

毛沢東共産党と蒋介石国民党(中華民国後の台湾に繋がる)
の内戦。。
米国は、国民党への支援を打ち切っている
それが、毛沢東共産党の勝利。。
中華人民共和国建国に結びついている


この動きも複雑で、ある時は
米国が共産党周恩来と接近
ソ連が国民党支援
ソ連から共産党への支援が消極的に。。
その後、米国の国民党支援先細り
という経過を辿っている


米国とソ連。。共にユートピア。。理想郷
人口の国家の香りがするといわれる
冷戦は本当だったのだろうか


北朝鮮建国     1948年
中華人民共和国建国 1949年

そしてもうひとつ。。中東の軍事強国ユダヤ国家
イスラエル建国  1948年

パレスチナへのユダヤ人移民と開拓の助成の責任が
英国に課せられる
のは。。。1922年
ソ連成立と同じ年である


コミンテルン。。ソ連生みの親
レーニンはユダヤ人
マルクス・レーニン主義。。
カールマルクスもユダヤ人

レーニン後のソ連支配者スターリンは。。

若き日にロスチャイルド家で働いているという。。


考えれば。。。
東欧民主化革命。。ベルリンの壁崩壊
 東西ドイツ統一。。中国天安門事件。。
そしてソ連崩壊
あまりにも連続して起きたのも
 偶然にしては出来過ぎの感は否めなかった

何もかも偶然の一致なのだろうか




≪いつまで騙されたら気が済むのか!≫<北朝鮮弾道ミサイルは、米欧露中による陰謀である>【狙いはひとつ、日本の世界最大政府資産だ!!】


さらには、欧州米国はじめ
 富豪たちのオフショア。。
  タックスヘイブン・資産隠し
   の場所になっているという


疑念は生き続けている!どこが?
 勿論『危険な場所』北朝鮮である・・・。
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2165-00ad13a0