FC2ブログ
財務省が森友交渉記録950ページ提出 佐川氏答弁後に廃棄



記録には、安倍昭恵首相夫人付政府職員からの財務省への照会のやりとりなども含まれていた

ウソっぱちの日本政府
 財務省の行状。。
これで
  財政当局なのか、と呆れる


国民に徴税する資格無し!

元はといえば、政権がデタラメ




<森友交渉記録>麻生財務相の引責焦点 与党、世論を注視



盟友の麻生氏の支援は欠かせない


麻生副総理や麻生派など
 もはや無関係だと言い切るべき


菅官房長官「国民から厳しい目が向けられていることを真摯(しんし)に受け止め、麻生氏の指揮の下で徹底調査を行い、再発防止に努めてほしい」

国民世論などどうでも良い
 本音ではそう思っているはず




安倍3選は難しい? 「ポスト安倍」たちはいま


「問題の連鎖で、安倍政権が倒れたら、次の政権も間違いなく、すぐに倒れる。第1次安倍政権の時と同じ状況になり、政権交代が起こる」(閣僚経験者)

小泉時代を想起するのは無駄
 あの頃とは全く別物になっている



石破茂氏 劣勢も「地方」に活路
6年前にも過半数を獲得した党員票に活路を見いだしたい

どうしてもこの、正確には
 5年8ヶ月前の逆転劇が
  脳裏に浮かぶ訳なのである




「地方票」が決める自民総裁選


ココに興味深い一節が有る



地方票の圧倒的な差が勝敗を分けたのが、小泉純一郎氏が勝利した01年だ。首相の小渕恵三氏が病気で倒れた00年は有力者5人で森喜朗氏を後継に決め、批判が出た。

 01年は地方の声に押され、都道府県連票を各1票から3票に増やした。ほとんどの都道府県連が予備選で1位になった候補に3票を全て入れる勝者総取りで実施した。

 構造改革を訴えた小泉氏が地方票で橋本龍太郎元首相らを圧倒し、第1回投票で勝敗は決した。


小泉氏が地方票で
 橋本龍太郎元首相らを圧倒し


逆転で総裁になった!!

2012年の安倍と全く逆である!!



重鎮の怒りで石破大苦戦、決戦で逆転敗北も

2009年4月30日 『メルマガ日本国際フォーラム』(号外)


何やら、日本会議と懇意
 に思えるような団体の記事

安倍の逆転劇を予言して
 いるかのような内容である

しかし、これは
 予言というより願望いや計画では?




≪多数派を得て何でも出来る!と勘違いの政権≫<安倍を総理に立て、背後で内閣官房が画策>【淵源は2012自民党総裁選!党は主導権失っていた・・・。】


≪もはや。。いや以前から安倍総理は『スキャンダル』除いて《主役ではない》≫<『内閣総理大臣の役職』にのみ群がる悪党>【内閣官房の策謀で、創価学会協力票が作動してのみ戦える】


≪安倍総理のトップダウンではない、この体制≫<改憲団体と影の総理が手を組んで出来た>【その淵源は、民主党内閣で完成!野田内閣の不自然な延命は安倍総裁誕生を待っていたのだ!!】


≪国民・有権者の半分が安倍総理は有能な指導者と。。≫<こんなボンクラ国家も無い、外交経済ウマく行ってると?>【いい加減「弱い総理」であり、「自民党が劣化」していることに気付け】


≪少なくとも戦後日本の「議院内閣制」や「政党政治」が疑われている!≫<日本の学界やジャーナリズム、世論は気付いているのか>【安倍政権下で極めて深刻な事態が露わに】



日本会議の待望した安倍
 2012年総裁選には日本会議
  の要望が反映されたのだろう。。


しかし、日本会議だけでは
 翼賛体制は成立せず、また
  選挙にも勝てないのは確実


内閣官房と各省の結託
 そして土台に創価学会協力票


この体制が2012年9月には
 遅くとも完成していたのでないか


そして国民だけでなく自民党員
 すらも無視して突っ走る政権目論み




関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2147-7696a6e6