閣僚が次々造反 安倍政権は「麻生辞任」が終わりの始まり


閣僚をコントロールできなくなったら、政権の終わりは近い。

それは昭和・20世紀の論理
 少なくとも、麻生内閣~民主党
  そして
2012年末からの第二次安倍
   内閣以降はその論理は通らないはず!



アベ1強が続いた、この5年間、閣僚が安倍首相に逆らうことは皆無だった。独裁者に恨まれたら、どんな仕打ちをされるか分からないと怯えたからだろう。ところが、ここにきて空気が一変している。安倍首相が困ると承知しながら、自分の考えに従って行動し始めているのだ。



安倍一強とか独裁とか
 安倍首相に逆らえば、とか

  全然違うとずっと思っている

安倍「首相」も違う!政府委員
 に護られた政治リーダーなど
  他国首相と同じに考えたらダメで


安倍総理(内閣総理大臣)である!!




いま「いつ安倍首相を見放すのか」と注目されているのが麻生財務相だ。第2派閥を率いる麻生財務相が安倍首相に見切りをつけたら、安倍政権は完全に終わりだ。

それもどうかな?極めて疑問!
 もはや自民党派閥など烏合の衆
  2009年麻生内閣時の解散総選挙
   で衆院119議席に超大敗激減して


2012年総選挙で民主党敵失も有り
 政権が転がり込むのは確実な状況で
  創価学会協力票フル回転の上に


日本会議の改憲思想盛り込み
 大手マスコミ総動員で安倍政権待望
  内閣官房中核の翼賛体制始動して


290議席超に急膨張した訳で別政党に
 派閥など官邸影の総理に逆らえず
  その支配下に甘んじ続けた5年では
   なかったか!!とずっと言っている

  


≪現在の政権与党は、安倍自民党ではない!≫<官僚機構と官邸官僚そしてある勢力が憑依>【《米欧先進国並みの普通の国》になるには一度リセット必要!!】


《国民よ、ちったー目ぇ覚まして、しかと監視しろ!》≪今、日本の政治で行われていることは。。安倍自民ではなく≫【政府=省庁と検察・警察そして内調が自民党着ぐるみ着て】


≪日本の政治いや行政機関・国家機関は『自民党支持で安倍擁護』に御執心≫<笑われるかも知れないが本当だ>【安倍政権の力と思っている人は、平和過ぎる・メデタ過ぎる!選挙で投票した人は間違えたな!!】


《新疑獄!!》≪助成金詐欺で逮捕のスパコン社長、興味深い土産を引っさげて≫<安倍御用達記者山口敬之だけでなく経産省人脈>【弱い総理安倍を担ぎ上げる翼賛体制が生み出す歪み】


≪内閣官房と財務省他官僚機構各省が弱い総理安倍を担いだ内閣≫<何のことはない!脇甘い政権でやりたい放題>【日本会議の夢を乗せた安倍内閣がピンチに!!】


≪なぜ、第二次安倍内閣以降《5年超の長期政権》が可能だったのか≫<何から何までインチキの上に《国家転覆罪の疑い》すら>【選挙で多数派確保!政権は内閣官房が総理業代行!!】


では、御輿担ぐ各勢力はなぜ安倍か
 簡単である、脇が甘くウヨ改憲思想
  とんでもない悪法を多数派強行採決
   でも恥じず心傷まない神経の持ち主


こりゃ、内閣官房や官僚機構各省
 改憲志向宗教勢力は非常にやり易く
  またとない総理であり二度と出ない、と


このオール日本が担ぐ体制で
 なお政権が傾き始めているのは
  よほど真ん中がバカ!だということ

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2115-59f2b4a7