代表、幹事長の対立再燃=「渡辺個人商店」「辞めるのが筋」―みんな

『みんなの党の渡辺喜美代表と江田憲司幹事長が25日、党運営などをめぐって非
 難合戦を展開し、2人の対立が再燃した。
 江田氏は、参院選の候補者選定の一部が渡辺氏主導で行われ、手続きに問題が
 あったと問題視している。これに関し、渡辺氏は25日昼の両院議員総会で「公
 認プロセスに瑕疵(かし)があったことは、率直におわびしないといけない」
 と陳謝した。
 しかし、江田氏は総会後の記者会見で、党の資金の決裁手続きに不備があるな
 どとして、党改革の必要性を強調。「『渡辺個人商店』を株式会社(化)し、
 上場していくのが幹事長の使命だ」と語った。
 渡辺氏もこの後、会見し「(江田氏の指摘は)間違い。党改革は進めて来た」
 と反論。また、江田氏が細野豪志民主党幹事長らと勉強会結成を模索している
 ことに関し、「報告がない。個人的にやるなら幹事長を辞めてやるのが筋だ」
 と不快感を示した』




良い政策掲げてるのに
 全く以って残念なことだ


渡辺喜美・江田憲司
 公党の代表・幹事長で
  この喧嘩は子供だ


大きくなりたいなら
 結党の頃に立ち返れ
  両者目指すところは
   同じだと信じたい


みんなの党よ
中央府省庁
 天下り法人・特別会計
  今掲げるよりも徹底的に


ところが、維新と民主は
 この辺りの斬り込みはゼロ
  両党にここを攻めることを
   約束させることが絶対条件


維新・民主は
 自党の政策投げ打ち
  みんなの党に頭を垂れろ


みんな、維新、民主
 憲法改正、TPP、原発
  これらは捨て去れ
   自民党がここで割れる
    反主流派吸収すべきだ


それが出来ないなら
 この話諦め、無かったことに




江田けんじNET
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/209-7bb6129b