秋篠宮家・眞子さま婚約相手の小室家バッシングの背後に何があるのか



今回の一連の報道のきっかけは『週刊女性』12月26日号「眞子さま嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超“借金トラブル”」だった。

しかも同誌の見出し「母親の430万円『援助交際』トラブル」には驚いてしまう。

つまり、一連の報道には、皇室の尊厳を重んじる保守的な立場からの、この結婚に反対する意思が反映されているように思えてならないのだ。

そもそも
皇太子一家が公務よりも家族
を大事にしているといった批判
を週刊誌が一貫して投げつけて
きたのも、皇室の尊厳を叫ぶ人
たちの意思が反映されていたと
考えるべきだろう。

  何?!症状が進行したのか!


天皇・皇太子・皇室に
 付き従わない安倍政権
  それに引っ張られる報道


今度は直接皇太子批判をしたのか!




≪天皇皇后両陛下の思いをないがしろにする、首相安倍晋三≫【近代保守。。戦後日本保守の風上にもおけん!やはり辞めて貰わねば】


≪《官邸が》天皇のお言葉を事前に日本会議に漏らした!?≫<安倍自民は保守の看板を即刻降ろせ>【今井政務総理秘書官がやったのだ、安倍総理は力なんか無い】


≪日本会議と改憲勢力の御輿。。安倍政権≫<保守でも右翼でも天皇礼賛でもない総理>【天皇・皇室・皇太子の方が遥かに冷静沈着で深い知識だろう】


皇太子はかなり強力な象徴に
 なるだろうと予測している訳だが

  雅子妃が美智子皇后の役割を
   担えるかどうか、という心配・・・。


左派・リベラルの論者に
 天皇制への批判や廃止論がある

  しかし、それに与することは出来ん

マスコミが第二次大戦に
 日本を陥れた時同様に危険
  な状況・隙だらけ日本で。。


天皇・皇室に奮闘して頂かなければ
 改憲政党や官僚・日本会議の好き放題
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2041-56f3fee5