創価学会会長が平和提言 板挟み公明党は核廃絶か抑止力か


<核兵器を正当化する思想の根底には、人権の根本的な否定ともいうべき冷酷さが横たわっています>

 創価学会インタナショナルの池田大作会長が26日、平和提言を発表した。提言では、昨年7月に国連で採択された核兵器禁止条約に参加していない日本政府に対し、唯一の戦争被爆国として参加に向けた意思表示を行うよう呼びかけている。

「核廃絶は創価学会にとっては使命のようなものです。第2代会長の遺言で、池田会長も1000万人署名を行うなど力を入れてきました。これまで公明党は自公連立を優先するあまり、安保法制、共謀罪など学会のアイデンティティーを否定する政策に賛成してきたが、核兵器禁止条約にも後ろ向きなら、学会員の反発は避けられないでしょう」(現役の創価学会員)



俄かには信じ難いが
 そういう声が創価学会に
  充満しているとでもいうのか


しかし、それこそ信じない
 今まで何度煮え湯を飲まされたか


政府=官僚機構は勿論悪い!
 日本会議構成員の安倍議員を
  総裁にしてしまった自民党も悪い


しかし、それも選挙で勝ってこそ

圧倒的多数派を与え
 バカ議員を夥しく当選させて
  政府閣僚・副大臣・政務官に
   送り込む公明=創価はA級戦犯




そして、この話題の最中
 沖縄名護市長選で自民系に
  推薦を与え、またも協力票なのだ



名護市長選告示 変わる海、揺れる人 辺野古移設是非問う


前掲の池田大作氏だという人物の
 提言を読み上げたぐらいでは安倍
  総理や内閣には通じないのである


何しろ、知性にかけ鈍感極まりない




安倍政権を支える生長の家原理主義者たち


安倍晋三こそ、彼らが待っていた人物である。岸信介の孫、知性に欠け、現行憲法に対し似たような考えを持つ人物である。知性に欠ければこそ、どんなに筋の通らないことでも臆さず主張するし、非常識で強引なやり方を平気で実行できる。彼らが安倍晋三を支えて(踊らせて)、総理大臣にまで押し上げたのである、明治憲法を復元させるために。(筆者の判断で色を変えてあります)


小生も、何年も前から鈍感で
 脇甘い安倍でなければならない
  官も日本会議もそう考えている
   と何度も述べてきている訳だ・・。



≪公明党支持者=創価学会による批判票が突出して出現したようだ≫<公明党立候補選挙区で飛び抜けて多くの無効票>【これは、公明党というより安倍政権にとって《激震!!》事態である】


≪安倍政権・自民党の全てを支えている創価学会≫<評判イマイチの中田宏だが、これには同感>【創価学会公明党は自民ではなく多数派与党につく!】


集票力が落ちたとか
 様々言われるが。。依然
  爆発的投票組織は間違いない




≪国政で自民党と組み、都政では小池と組む。。安倍政権は創価のお陰で与党でいられる≫<創価票が足を抜けば100議席以上減らす自民>【一般国民は「創価と違う選択」をしよう!】


つい昨秋の東京都議選で圧倒的な
 威力を見せつけた公明党・創価学会
  安倍を生かすも殺すも創価協力票だ!
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/2039-0ed917e4