『テレビが政治をダメにした』鈴木 寛

『「政治には政策決定と選挙という2つの側面があります。政策決定と
 は様々な課題に優先順位をつけ、利害関係の複雑な問題を政治責任で解
 きほぐすこと。その一方、いまの選挙はテレビの影響が非常に大きい。
 だから与野党で熟議を重ねても、芸能事務所に所属するような『テレビ
 政治家』が人気取りの発言で協議を壊してしまう。そうして政策決定が
 行き詰まった場面ばかりが放送されるから、政治不信が広がっていく」』



通常の先進国なら、
 新聞。。雑誌。。
  書籍。。小説。。
   映画。。演劇。。舞台

 そして
インターネットは無限に
 様々な角度からのメディアが
  文化の一翼を担い、、また、日々
   新たに生み出されているようである

対する
稀に見るメディア貧困。。
 メディア過疎つまり
  テレビしか存在しない


テレビ大国日本
 




『日本人はテレビが好きだ。本書でも紹介されている「世界価値観調査」
 によると、テレビを信頼する人の割合は、80カ国中、中国、香港、イラ
 クにつぐ4位。信頼度は米国がマイナス35%、英国がマイナス34%なの
 に対し、日本はプラス37%。先進国では異例の高さだ。
 「これは日本がメディアリテラシー教育を極度にやってこなかったから
 です。テレビ報道は公正中立なものではなく、かなりのバイアスがあ
 る。そんな世界の常識が知られていません」』




テレビが創り出す国民世論
その根源は、新聞であり
 日本大マスコミ製造
  の国民世論、民主主義
   などとは程遠い様相
濃く





ネット出自の草の根保守層にとって安倍首相は“強さ”の象徴

『衆議院選挙戦最終日の12月15日、秋葉原で行われた安倍晋三・自民党総
 裁の街頭演説にはおよそ3000人が集まった。日の丸を手にした群衆で埋
 め尽くされた駅前ロータリーには、どのような人間が集まり、現場では
 何が起きていたのか? ジャーナリストの安田浩一氏が現場の状況をリ
 ポートする』 

『午後7時半。安倍総裁が盟友の麻生太郎氏とともに姿を現わすと、駅頭
 のボルテージは一気に高まった。日の丸の旗はなお一層激しく波打ち、
 電飾を施した「アイラブ自民党」のプラカードが上下に揺れる。まるで
 アイドル歌手のコンサート会場だ。小林よしのり氏が言うところの「紅
 衛兵」の群れに見えないこともない。

 街宣車の上で、安倍総裁は人差し指を左右に何度も突き出しながら、
 「最後のお願い」に熱弁をふるった。景気回復、教育改革、そして外
 交。民主党ではなし得なかった政策を必ず実現するのだと訴える。なか
 でも群衆を沸かせたのは、教育と外交に関する主張だった。


 「日本の教育を歪めているのは日教組です!」
 「竹島に外国の政治家が上陸した。自民党時代にはあり得なかったこと
 です!」

 規律のある強い日本を目指すそれを示唆する言葉が安倍総裁の口から漏
 れるたびに、割れんばかりの拍手と歓声がビル街に反響する。
 「そうだあ!」 「売国奴を一掃しろ!」
 文言だけを拾い上げれば、日夜、ネット言論で当たり前のように流通し
 ているものである。しかし、絶叫に近い生身の声を伴うと、それはさら
 に熱を帯びて耳に突き刺さる。これがいまの日本の「気分」なのだな
 と、私は受け止めるしかなかった。

 この場にいる人々が、必ずしも日本を代表しているわけではない。だ
 が、マスコミへの怨嗟と、安倍総裁に対する熱狂的な求愛は、間違いな
 く日本を覆う不安と不満を突破したいと願う「気分」を表わしている』





先進国なら。。文化大国ならば
ネットは、あらゆるメディアの集積
 その文化を生み出す大衆により
  育てられる
のが、ネット・メディア
   生かすも殺すも国民・大衆次第
それが民主主義なのだよ

日本が民主主義国ではない
 最大の理由は。。
有名人・芸能人・タレント
 ドラマ番組駆使・総動員

  テレビ
支配・統制され
 その根源は大新聞資本
それを管理するのが
 旧郵政省はじめ中央府省庁
主権者国民製造ではなく
 官製大マスコミ的国民世論
その官製大マスコミ製造世論
 が自民党を批判しない
  自民党に迎合するしか能が無い

   のだから、全く以って仕方なし


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/20-cb0b4ec2