リテラ > 社会 > 国際問題・戦争 > Jアラートは安倍首相のパフォーマンス 役立たず「Jアラート」を使ったのは北朝鮮危機を煽りたい安倍政権のパフォーマンスだった!



上空を通過したミサイルを「我が国に発射」というのは明らかに言い過ぎだし、「かつてない脅威」というのも事実ではない


ごもっともである


日本上空を越えてミサイルが発射されたのも過去に2回あり、1998年には今回と同様、事前予告がなかった。


が、実は事前通告が有った
 という話が専らなのであるが。



さらには、国連加盟国である
 北朝鮮ミサイルを迎撃すれば

   (実際は技術的に不可能だが)

国連憲章の敵国条項に
 記載される日本が国連安保理
  敢えて言うなら《連合国》から
   日本は攻撃される可能性がある




戦後70年、いまだに敗戦国扱いされる日本 国連とは第二次大戦の「連合国」の意味である



まさか!と思うかも知れない
 しかし、結構シックリ納得可能だ




≪現代21世紀。。米中対立という最悪のシナリオ≫<しかし、これには巨大な裏がある>【米国多国籍企業・軍需産業・軍産複合体の要請】



日本は、カネを出すから一応
 大目にみてもらえてはいるが
  金の切れ目が縁の切れ目・・・。

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1897-3f92d3eb