世間を騒がせた加計学園騒動 加戸前愛媛県知事の発言で世間の評価が急展開



今、加計ありきと突然言い始めた
 のではなく、
以前からずっと言って
  いたのだと。。元愛媛県知事は言う


いやいや、ずっと言っていたことが
 通る仕組・枠組が出来たのではないか


岩盤規制を打ち破る、ではなく
 加計を通す仕組みが出来た訳なのだ!


それこそが国家戦略特区なのだ!




≪森友学園(籠池)・橋下松井維新・安倍総理夫妻疑獄から加計超大疑獄へ≫<世界に無類の政府委員制度に注目>【〈財務省権力〉に相乗り内閣府〈影の総理権力〉の実態】




安倍首相の政権返り咲きで状況が一変!



ところが、安倍首相が政権に返り咲くと、その状況は一転。

 2015年12月に安倍首相は国家戦略特区諮問会議で、今治市を全国10番目の特区に決定。

 さらに2016年11月9日には、安倍首相が獣医学部の新設に向けて制度を見直すことを表明。



2013年関係分野の大臣を、国家戦略特区ごとに設ける統合推進本部から、外す考えを表明。
構造改革特区とガラリ一変の『地方からの要望』から【安倍による意思決定】に!これは、『官邸』というマスコミ用語で表現の安倍総理と一群の官僚機構、内閣府等で決定権独占。《チーム安倍》やりたい放題。



しかも安倍総理との遊行費用に
 1億は使ったらしい加計孝太郎

実弾工作資金=贈賄額は
 更に多額になる、と推測可能である


そして安倍総理と政権・政府=内閣府
 による強力な便宜=贈収賄要件充足!

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1867-7b090ecc