<参院選>公示後も自・共順調 リツイート数、民主苦戦

『毎日新聞と立命館大のネット選挙共同研究では参院選公示前、各党の立候補予
 定者によるツイッターの投稿(ツイート)を分析し、自民、共産両党の発信が
 効果的に拡散していることを指摘した。選挙戦に入った後の各党候補者のツイ
 ートを改めて分析したところ、組織的にツイッターでの発信を強化している共
 産党が突出。自民党も引き続き順調な一方、民主党の「苦戦」が際立っている』



共産党が突出
 面白い現象であるが



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<これは更に面白い>!!≪参院選候補者ツイッター≫。。《発信力・拡散力》共に、【共産党が政党別トップ】!

これ以上無い
 超追い風の自民党

  この結果は、あまりにも
   当然といえば当然
過ぎる。。

そうでなければ
 こんな好条件は
  自民党には二度と無い


日本共産党
 今まで。。古来
  置かれ続けてきた
   中央政界での冷遇環境


党所属議員の面々
 国会議員数
  共に自民党とは
   雲泥の差、条件違い過ぎ


にも拘らず。。
発信力・拡散力共に
 政党トップとは
  恐るべき事態だと
   言わざるを得ない


日本列島に”何か”が
 起こっているのは間違いない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『公示後1週間(7月4~10日)の各党候補者のツイート数と、それがツイッ
 ター利用者によって転送(リツイート=RT)された件数を政党別に集計(1
 00未満切り捨て)。ツイッターはRTによって情報が拡散する特徴があり、
 RT数が多ければ、それだけ効果的に多くの利用者に情報が伝わる。共同研究
 ではツイート数を「発信力」、RT数を「拡散力」の指標とした。

 共産党(ツイッター登録者56人)はツイート3900件、RT6万1000
 件で、いずれもトップ。「原発」「憲法」など政策の発信も目立ち、党の主張
 を有権者に伝える手段として積極的に活用していることが分かる』



これが有権者に伝わったのか
 そして投票行動に顕れるか
  反映されるのかどうか気掛かり


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/182-7ede8a6f