<えらぼーと>相性良い「自民」「維新」支持層 「公明」は「民主」と近く ボートマッチ回答分析

『毎日新聞がインターネット上で展開している参院選のボートマッチ「え
 らぼーと」の利用者6万9219人の回答を政党支持別に分析したと
 ころ、自民支持層と最も回答の傾向が近かったのは維新の支持層だっ
 た。自民と連立政権を組んでいる公明支持層は、自民より民主支持層と
 回答が近かった』




恐らく。。昨年の
 消費税増税法案可決
  自民党主導で、民主と公明
   この絡みでは、共通項あり

しかし。。そもそも
 増税反対の支持層
  公明・創価幹部が説得して。。





『これに対し、自民と公明の支持層で最多回答が一致したのは11問
 (42%)。消費増税やアベノミクスへの期待など、くらしに関わる設
 問では多く一致したが、憲法や歴史認識、格差問題などでは意見が分か
 れた。一方、公明と民主の支持層は21問(81%)で最多の回答が
 一致。自民と民主で一致したのは7問(27%)だけだった。

 えらぼーと利用者の回答を分析する限りでは、自民支持層が政治意識を
 共有する度合いの高い政党は維新で、公明とは価値観は異にしつつ、景
 気対策など実利的な政策で結びついていると言えそうだ』




公明支持層。。。創☆学会信徒
 政権にいなければならない
  組織を守るためにも、絶対に

ならば。。自民党でなくても良い
 と考えるが。。スッポリ入る器
  これさえあれば、良いのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<巨大組織と資金力>で『自民党を裏から支える』【公明党・母体創価学会】。。いつバスを乗り換えるのかね??

世界中に拠点を持つ
 母体は、当然自民党の
  国際政治上の地位すらも
   冷徹に読んでいるだろう

要は、自民党は
国際政治では
 全く通用せず

  非常に厳しい局面だ

ただ。。創☆学会も
母体組織の
 組織統制力がどうなって
  いるのか。。その点は
   考慮すべきではあるが

最近、とんと聞こえてこない
 集団指導体制には
  なっていると思われるが   

依然としていえるのは
資金力と
 人海戦術。。票とカネ
  もともと自民党などが
   敵う相手ではない

ということ

今の自民党には
 恐いヤツなどいない

公明党
 母体の強力・巨大さからしても
  共産党の如く、豊富な資金と
   組織力で全国津々浦々候補を立て
    全国政党になりたいところではある

しかし、実態を考えれば
 そうもいかない
  そろそろ、政策的にも
   ウマの合う勢力とタッグ組み
    直したいと考えているだろうが



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



公明党が
 政策中心で。。
  自民党から離れ
   政策で合うグループ
    入りする
その時

その背後の組織力が
 最も威力を発揮するはず




毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/169-2ac6b3aa