fc2ブログ
都議会のドンの先にある森喜朗氏とその利権構造とは
http://agora-web.jp/archives/2020265.html

こんにちは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。
昨日は増田寛也氏・宇都宮健児氏・小池百合子氏と、
「主要」と目される候補が次々と記者会見を行いました。

増田氏は予想通り、かつての自分の政治信条・政策との整合性をまったく説明できず、
饒舌に語るも極めて中途半端な内容で、全体的にかなり理解に苦しみました。

一方で三度目の出馬となる宇都宮氏のスタンスはブレず、
財源の裏付けやそもそもの方向性に個人的には疑問を覚えるものの、
都知事を目指す姿勢としては充分に理解できるものでした。

そんな中、やはり今日も際立っていたのは、この人。

自民党からの推薦を得るため(増田寛也氏を降ろすため)のチキン・レースを
仕掛けてると見る向きもありましたが、どうやらルビコン川を渡られたようです。

今日の記者会見は主に政策に関するものであったものの、
注目すべきはまたも出してきた1枚目のフリップの内容。

1点目の

「都政の透明化」

はまさにブラックボックスと化している都政・都議会に対する
宣戦布告に他なりませんが、果たして彼女が見ているのはそこだけなのでしょうか。

確かに、すでに名前も上がっている内田茂氏は大物です。
ですが、本当に彼「だけ」が都議会を牛耳っているドンなのか。

猪瀬氏が徳洲会事件で失脚した時のことを思い出してください。
すべての始まりは猪瀬氏が五輪組織委員会の会長人事において、
官邸主導で森喜朗氏の名前が取り沙汰された際に

「組織委は東京都とJOCで決める」
「森元首相の話はどこから出たか知らないが、全然議題に上がっていない」

と森喜朗氏の会長就任を全否定、トップに民間人を据えようと画策したことでした。
これが2013年9月~10月のことです。

これはまさしく、「オリンピック利権」に正面から切り込んだことに他なりません。
ほどなく徳洲会事件が表面化し、内田茂氏を中心とする都議会自民党によって
猪瀬氏は年末を待たずにスピード退陣することになりました。

となれば実は小池百合子氏が切り込もうと思っている「本丸」は、
フリップ2点目の

「五輪関連 予算・運営の適正化」

ではないでしょうか。

新国立競技場を始めとして五輪関連の予算膨張は留まることを知らず、
すでに当初予算の数倍に及ぶ2兆円~3兆円規模とも報じられています。
様々な報道が飛び交う中、都議会議員にすらその実態は説明されていません。

にも関わらず、どこからか出てきた数字が突然「予算化」され、
億単位の事業がトントンと進んでいく。まさに最大の「ブラックボックス」です。

これで話は終わらない。3月22日平成28年度東京都予算特別委員会最終日前日の、自民党秋田一郎都議会議員のしめくくり総括質疑にて、大会組織委員会が負担することになっている仮設会場有明体操競技場について、突如として都が方針変更、大会後は都が引き取り、中小企業振興の一貫として展示場とし、4億8千万円を負担することが判明した。国民やマスコミが注目しやすい、オリンピック・パラリンピック予算ではなく、産業労働局予算「国際展示場の運営費等」約200億円の中にもぐりこませていたのだ。

引用元:「タダ貸し」の次は「肩代わり」?オリパラにどこまで注ぎ込む都民の血税?!(上田令子ブログ)
http://blog.livedoor.jp/edomam/archives/52366667.html

オリンピック・パラリンピックに象徴される利権構造と、
そしてこの利権を都議会にもたらしているのは果たして誰なのか。
これが明らかにされない限り、都政の闇が晴れることはありません。

まあぶっちゃけ、森喜朗さん(及びその周辺)だと思うんですけどね。

だからこそ私は以前から繰り返し、
東京都こそ開催都市としてプレゼンスを発揮し、
五輪組織委員会の刷新を主張するべきだと訴えてきました。

先週の記者会見で述べた「利権追求チーム」の対象には当然、
この五輪組織委員会も入っていると思いますし、彼女が知事となってこの問題に取り組めば、
都議会ならびに自民党が抱える利権の本丸が炙りだされる可能性があります。

もちろん、それには大きなリスクが有ります。
率直に言って小池知事が誕生すれば、少なくとも半年~1年は都議会が混乱・停滞すると思います。
そのコストに対して都民が理解を示すかどうか、判断が難しいところです。

ですが、だからといってこれまでの東京五輪への歩みや、議会運営はどうだったでしょうか。
順調どころか、どちらに関してもトラブルばかりしかありませんでした。

東京五輪は前述の予算膨張、国立競技場の白紙撤回、エンブレム選考やり直し…
そして何より議会については、自民党(と公明党)が推薦・支援をした知事が2代続けて
不祥事に塗れて失職した揺るぎない事実から、何かしら抜本的な改善が必要なことは明らかです。

今はまだ潤沢な財政に支えられて様々な問題が表面化していない都政・都議会ですが、
東京五輪をきっかけに様々な矛盾や綻びが露呈しつつあります。

このままの体制では、2020年東京大会を円満に迎えることは困難だと思いますし、
その後に「ギリシャ化・アテネ化」する可能性は非常に高いのではないでしょうか。

2020年東京大会までもうあと4年、されど4年。
半年から1年の「足踏み」が生じても、ここですべての膿を吐き出しておくことに、
多くの都民は理解を示すように思えてなりません。

今日の各予定候補者の会見内容・公約と、
明日予定されている野党候補の動静を見ながら、
引き続き都民にとって最善の選択肢が示せる道を模索していきます。




宇都宮健児氏は昨夜、出馬を
 取り止める会見を行った訳である


自民党が推薦の増田寛也氏
 そして、自民推薦を辞退した
  小池百合子氏。。
野党共闘候補
   の鳥越俊太郎氏の三つ巴になる


注目は、小池百合子氏が自民党
 支持層・自民党票をどこまで食うか

  自民党票と言っても創価協力票が
   無ければ、大したことも無い浮動票


森喜朗を本星のように言う。。しかし
 森は党内に基盤を持たない元議員

  自民党。。自公連立が牛耳る都議会
   本星は安倍政権と断じて良いだろう




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪候補者擁立の過程で、与野党混迷≫<小池百合子の抜き打ち出馬>【いよいよ自民党本部の無力が露わになる】


桜井俊前総務事務次官は出ないだろう
 いや、出なくて構わん!出なくて良いのだ


石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一。。
 国会議員や有名人には到底務まらない


都道府県知事などという困難かつ
 高度な仕事は無理、が解った訳である


小生、元来。。都道府県制は廃止
 と言っている。そんな巨大なユニット
  管理も操縦も出来るヤツなどいない




小池百合子出馬表明! スクープ都知事選「ココでしか書けない全内幕」
http://blogos.com/article/181459/


「小池氏ならば都知事選は勝てる」と漏らす
 公明党幹部はあきれた表情を浮かべる。
  「安倍晋三政権は女性活躍を推進すると
   言っていたが、自民党は女性に壁をつく
    っているんじゃないのか」。
ココに注目!!

小池百合子の様子を観て
 自民党にはもう力など無い
  自前で選挙も戦えない党本部
   や都連幹部など恐くも何ともない


そう言っているように見えていた
 その通り!創価学会がついている?




真相世界(The truth world)
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/79bee57eeff73aec5130d6b851bd1078

「小池氏ならば都知事選は勝てる」と漏らす公明党幹部はあきれた表情を浮かべる。
「安倍晋三政権は女性活躍を推進すると言っていたが、自民党は女性に壁をつくっているんじゃないのか」。

………………………………

(´・Д・`) 要するに小池は創価学会推しだったということです。





東京都知事選 萩生田官房副長官「小池百合子元防衛相を有力な候補として対応を考えていく」(産経新聞)
http://xn--tck7crbj.com/comments.html/20160630-00000519-san-pol


萩生田光一官房副長官
 なぜ、日本政府の官房副長官
  が東京都知事選についてコメント?


不思議な気がするのであるが・・・。

とにかく自民党が折れた!やっぱり。。
 創価学会が推しているに違いないのだ

それにしても、やはり自民党は自前で
 選挙も戦えない腰抜けになったということ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後自民党は、増田寛也氏を推薦
 と決めたようだ。。
増田氏はつい先日
  まで東京電力の役員だったらしいから
   自民党が推すのも当然かも知れない


増田、小池、鳥越の三つ巴だが
 ここに名の出ない小杉隆氏は東京都
  などに起用は勿体無いと考える訳である




「もう党利党略はうんざり」「財源はある。私は知っている」
http://www.sankei.com/premium/news/160712/prm1607120007-n1.html

《舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選(14日告示、31日投開票)で、元ジャーナリストの上杉隆氏(48)が12日午後3時から、東京都庁で記者会見し、都知事選への出馬を表明した。これまでも歯にきぬ着せぬ物言いで話題になってきた上杉氏は、なぜ都知事選に出馬するのか》

 《漆黒のスーツに黒いネクタイを絞めた礼服姿の上杉氏が、やや固い表情で記者会見場に登場。いったん席に座ったが、報道陣の視線を集める中で突然、立ち上がった》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上杉氏「今、都知事選に名前が挙がっている人は個人的に見て本当に東京都政のことを考えてくれているのか。そういう人を見つけることができないんです。もう党利党略はうんざり。今、名前が挙がっている人の中に東京都のことを本当に思ってくれる人はいない。自民、公明は自分の組織のこと、民進は党勢拡大、どうでもいいじゃないですか。そんなことで東京都の人は生活していない。もっと身近な問題、東京の夢を抱えて生きているんです」

上杉氏「自民の東京でもない、民進の東京でもなければ、公明の東京でもない。共産の東京でもない。都民の東京です。当たり前のことがなぜできないのか。そのための政策論争と言っているが、石原都政のときの論争の欠片もありません。政策論争というなら、本当に論争という形になるようにしないといけないと生意気ながら思っていました」

 上杉氏「17年間の取材も含めて東京への思いは強いです。今までいろいろな人を批判してきました。少しでも東京がよくなればと思ってやってきました。5月にもう十分だと思ったのです。これまで17年間ジャーナリスト生活を過ごさせていただいた。記者クラブ、官房機密費、多様な言論空間を作ろうとしてきたが、若い人たちも出てきた。もう十分ではないか。都知事へ出馬することが恩返しだと思っています。何らかの巡り合わせでこの夏が必然なのかな。今、48歳です。年男、還暦まで12年間で何かをお返しできるのではないかと。あの都営アパートと都の奨学金、今度はジャーナリズムではなく、東京にお返ししようと思いました」

上杉氏「3つのゼロということで準備しました。このゼロという公約は必ず実行できると約束できます。知事給与、月額146万円全額返上する。これは年間2600万円、1期4年で1億円以上になります。2期目に入るときに『上杉はよくやった』という声があれば2期目からは給与を頂戴したい。給与(貯金)を切り崩せばできる。これは簡単にやればできるんです」

 上杉氏「2つ目は首都直下地震です。死者9700人をゼロにする、何よりも都民の命が大事。行政リーダーが自分の住民が死ぬことを前提するのは納得できないんです。舛添氏は(防災ガイドブックの)『東京防災』を配布するのに20億円かかった。私は一歩進めて最低限の防災グッズを配布します。水、ヘルメット、東京都の標準的なもの一式を全戸配布する。これは一つ9000円で合計500億円強でできます」

 上杉氏「3つ目のゼロは都内保育所の待機児童です。これは他の候補者も言っていますが、方法論を言った候補者は1人もいません。約7000人超の待機児童をゼロにするには財源が必要です。財源は練馬区長がやられている練馬方式を採用します。これは認定保育園の空いている部屋に幼稚園をつくる方法です。この方法であれば2年以内にゼロになります」

上杉氏「3つのゼロを基調として進めていきます。それから何と言っても東京五輪です。当初案では4500億円だったが、後の人たちがオリンピックを食い物にし、今では2兆円かかるとも言われています。とても都税では払えません。でも当初のコンパクトオリンピックに戻せばできるんです」

 《上杉氏の話はゴルフ競技の場所が東京から埼玉へ移ったことに言及した。ここまでで25分が経過していたため、記者クラブ幹事社が時間を短縮するように伝えると、上杉氏は「東京にとって大事なことなので」と反論。話を続けた》

 上杉氏「皆さんの税金負担を減らしたい。都民の税金が自分で使えない状況を変えることができるんです。地方法人税の再配分を凍結したい。これは当時の増田寛也総務相が『東京都は金がもうかり過ぎ。地方へ回すべきだ』ということで作った法律。年間3200億円が地方に行っているのはおかしい。都民が一生懸命払った税金がなぜ地方へ行くのか。3200億円あれば財源が生まれます。前の知事2人は国に廃止を求めたが、そんな無理は言わない。凍結してほしい。一部だけでもいい。財源はあります。私は知っています。どうすればいいかも知っています」

 《上杉氏の矛先は五輪組織委員会に。組織委が無駄な資金を使っている一方で都庁職員が優秀な働きを見せていることを強調した》

 上杉氏「東京は立て直すことはできる。組織委を解体すれば1カ月くらいかかりますが、みんなの手でオリンピックがやれる。もう一部の党や代理店がわが物顔でやるのはやめましょうよ」




上杉隆氏の論は素晴らしい
 都民ではない小生にとっても
  非常に好ましく頼もしい存在だ


東京は立て直すことはできる。組織委を解体
すれば1カ月くらいかかりますが、みんなの手で
オリンピックがやれる。もう一部の党や代理店
がわが物顔でやるのはやめましょうよ


一部の党。。自民党と公明党
 特に政権与党中核自民党だ
  一部の代理店。。電通だろう

   見てみたい、小杉都政。。しかし
    東京都だけで起用は勿体無い!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪日本会議・・・神社本庁と生長の家が日本の政治を動かす?≫<それは極一部の側面に過ぎない>【日本政府は議員の多数派で政策実現!それに安倍内閣と自公を利用なのだ!!】



≪神社本庁や日本会議が日本の政治を牛耳るという議論がある≫<が、議員政権が政治を司っているという間違った認識が土台>【官~電通~大マスコミの官報複合体に創価票で選挙支配】


「世界各国の最高首脳を(伊勢)神宮に引き連れてくる安倍晋三会長は特別な功労者になる。:山崎 雅弘氏」  天皇と近代日本
https://twitter.com/mas__yamazaki

神宮に執着する安部首相→ ジョン・ブリーン氏

伊勢神宮と靖国神社を国家機関として位置づける。
「この動きは「憲法改正」と一体で…占領が終わる
といよいよこれに乗り出した。


国会議員総理や閣僚が
 まだ幾分僅かにでも政治
  談合にしても少しはやっていた
   そういう時代なのかも知れない


しかし、少なくとも昭和が終わる
 その頃、平成~21世紀に入ると
  急速に国会議員の政治は消えた


神道政治連盟国会議員懇談会の
安倍晋三会長として当然の振る舞い
だろうが、神道政治連盟の元締めで
日本会議にも深く関わる神社本庁
から見れば、世界各国の最高首脳を
(伊勢)神宮に引き連れてくる安倍
晋三会長は特別な功労者になる。


行動が発展途上国レベル。

官僚機構が発案し電通が
 請け負い、大マスコミに伝播
  させて鉄壁の官報複合体構築


その中で、政治をしていない
 バカな議員どもと親衛隊が
  表面に出ようとすれば開発
   途上国・発展途上国・後進国
    の様相になるのは当然なのだ


≪《靖国参拝》本当の右翼でもないし、ましてや名家では絶対にない≫<靖国神社参拝推進の神道政治連盟の堂元は曲者神社本庁>【しかし靖国は、神社本庁所属ではなく単立】


靖国神社
九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。
境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。
単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない (ウィキペディア)


小生。。ここに引っかかりを感じる

「靖国神社は日本国の護持の神社であり、いつかは国に返すべきなので、特定の宗教法人の包括下に
 入るべきではない」という靖国神社・神社本庁双方の判断によるものである。このような経緯のため、靖
 国神社と神社本庁とは包括・被包括の関係にないながらも密接な協調関係を保っている。例えば神社
 本庁は靖国神社崇敬奉賛会の法人会員となっている」

また政治運動として、皇室の男系継承の尊重、首相の靖国神社公式参拝の推進なども行っている。また、
神道政治連盟や日本会議といった団体を通じて、自民党を中心とした一部の保守政治家にも影響力を持ち
政治活動を行っている(ウィキペディア)

    
神社本庁が靖国参拝を肯定している
 それで神道政治連盟なのか。。ならば
  神道政治連盟の堂元神社本庁をみる



戦前の日本においては、教派神道などの例外を除き、神道を国家神道とすることで日本国民の道徳の根源
として、事実上国教化していた。戦後改革の一環として連合国軍最高司令官総司令部は1945年12月15日、
国家と神道勢力が結合する形態は、政教分離の概念から問題があるとして神道指令を発し、神社を国家か
ら分離することを命じた。
そのため、1946年2月3日、皇典講究所、大日本神祇会、神宮奉斎会の3団体が中心となり、全国の神社の
総意により内務省の外局・神祇院の業務を引き継ぐ形で神社本庁が設立された。神祇院の後継的存在だが、
現在では宗教法人法にもとづく包括宗教法人の一つとされる



内務省1部局の後継が神社本庁

ならば、安倍内閣と自民党及び
 別働隊政党議員の後ろ盾で、支柱
  は、この神道政治連盟・神社本庁と
   日本会議なのか?
それが疑わしい!



第3次安倍改造内閣の面々に共通する「宗教」 2016年の参院選に影響も?
http://news.livedoor.com/article/detail/10707998/

仏教界が、靖国神社に反対している
 元来、靖国神社でなく伊勢神宮や
  新しいが東京なら明治神宮で良いはず


神社神道界も全面的に靖国参拝
 を支持し、安倍内閣の支柱には到底
  思えない訳であって。。既存宗教が
   安倍の靖国主義を尊重とは思えない


創価学会側が安倍さんが頼りに
 しているのはうちではなく、がむしろ
  極めてウソ臭く、カモフラージュに思える


日本会議。。その前身、日本を守る会
 ともに、発起人及び主要構成勢力は何と

神社本庁、解脱会、国柱会、霊友会、
崇教真光、モラロジー研究所、倫理研究所、
キリストの幕屋、仏所護念会、念法真教、
新生佛教教団、オイスカ・インターナショナル、
三五教等、宗教団体や宗教系財団法人・・・。


新興宗教ばかりと言って良い

また、安倍総理。。安倍内閣
 とか報道される政権
の正体は

財務省。。外交イデオロギーは
 外務省が主体なのであって、安倍
  総理は完全な操り人形というべきだ


国会議員政権=内閣や連立与党
 すなわち現安倍政権のお話である


日本政府=省庁が、政治=政策
 それを実現するためには国会での
  強行採決をする必要、故に多数確保





≪暗愚内閣首班の安倍晋三は勿論退陣すべし≫<無力な国会議員は当然悪い、ホントの記事を書かないマスコミ人は失せろ>【しかし自民党内閣と御用ジャーナリストを操るのは官僚機構だ】


昭和時代ならいざ知らず。。もう騙されんよ
 自民党派閥など、議員どもを纏めて動かす
  道具に過ぎない代物であるから。。総裁選
   官僚機構に忠実に法案通していく現総裁
    安倍続投が好ましいのは、誰の目にも明白


誰が動かす?日本列島主権者官僚機構だ
 自民党内で派閥抗争などフィクションだった


その中で。。こんな見当違いな
 また、陳腐な意見を恥ずかしげも無く
  曝すお人がいるようだ。。この人は
   全く以って恥じるという機能が無いのか


国会議員が頑張れば。。日本の政治は
 本来の姿に立ち返るとでもいうのだろうか

  答えはNO!というほか無い、といえる

自民党の派閥自体が、全く無力で
 既に。。いや。かなり大昔から官僚機構
  に支配され操縦され続けてきた歴史がある


自民党派閥が人事に。。総裁選びに
 力を持っている!とされたのは昭和

  もはやそんな都市伝説を信じる必要無し

いや、党三役や閣僚も官僚機構操縦
 内閣総理大臣も然り!は以前に述べた


日本の中央政治。。議員が、首相が、大臣が
 やっているのではなく。。官僚機構が全面的に

  ペーパー棒読み・丸読みはじめ国際会議でも
   セリフ一つ一つに至るまで、それが正しいか
    どうかはともかくレクチャーが入っている。。


と、なれば。。内閣総理大臣など
 如何につまらない存在なのかと思える


自民党は戦後派閥連合政党
 派閥から大臣が首相が生まれる
  といわれたが。。それも本当なのか


民主党は自民党の悪いところを
 全部真似して、政党政治が。。議員政治
  が機能していないことを暴露してしまった


官僚機構が、援助しなければ。。演技指導
 なければ。。いかなる政権もあのようになる!?


結局。。日本の政治とは何だったのか
 官僚機構がストレートにやった方が早い

ヘタに、政党政治や国会が機能していると
 思わされた国民がバカだったということか


小生。。戦後日本に政党政治は
 存在しなかった。。
といっている

その前提として。。まずいえることは
 内閣や政権党が替わっても。。法案は
  繰り返し。。我々の前に姿を現す
という
   ことを思い起こせば、納得が出来る

さらには、戦略会議や諮問会議、懇談会
 も焼き直し。。リバイバルが非常に目立つ


安保法制懇は、第一次安倍政権
 からの懸案。。焼き直しであり

  第二次安倍政権自体。。第一次
   からの懸案処理、焼き直しだ


こういう過去の前例ストック
 または、焼き直し・反復作業。。
  典型的な官僚機構の手口である


第二次安倍内閣は、第一次の焼き直し
 何と、6年もブランクがあるのにも拘らず
  焼き直し、リバイバルは官僚機構の
   常套手段であるが。。
骨太の方針。。
    これは小泉純一郎内閣で散々耳にした


骨太の方針。。が出てきた
 経済財政諮問会議。。橋本行革
  1996年からの橋本龍太郎内閣
   で、設置が決まった諮問会議だ


つまり、橋本行革とか小泉の聖域なき・・・
 を打ち出した経済財政諮問会議。。
  そして何と!民主党内閣で途切れていた
   経済財政諮問会議。。第二次安倍内閣で
    復活した!!ともいわれるが。。


その民主党内閣で経済財政諮問会議
 を廃止して、設置した国家戦略室。。改組
  して国家戦略局・・・これは小泉内閣時に
   構想が練られた。。これをどう理解するか?


前述したように。。日本会議の主柱
 新興宗教群が占めているようである


しかし、安倍内閣・議員政権
 安倍総理と信者・支持者が信じる
  勢力をガッチリと支え、与党として
   存在足らしめているのは他でもなく


あの日本最大の巨大団体票だった


小生が見聞きした記事では。。小選挙区
 自民党議員が獲得の創価学会票は2万票

  しかし、佐藤優氏は2万票から3万票とも
   ならば、自民党議員の依存度はさらに巨大


294議席のうち、半分は落選だった!
 とは。。大袈裟ではなく、議席は更に激減だ


実際、集団的自衛権の行使容認
 閣議決定事項は。。集団的とは程遠い
  個別的自衛権に極めて近いものだった

   という記事を小生も以前に。。先日
    青山繁晴氏がこれを強調しており
     小生の見解が裏付けられた気持だった


理屈でいえば。。
 全国数百万票とされる
  巨大創価学会票なのであり


創価学会が従える公明党が
 連立離脱。。自民党への選挙協力
  を止めれば。。即刻、自民党選挙
   が崩壊することは確実なのであり


主導権は、公明党・創価学会
 が握っていると解釈出来る訳だ


しかし!!
 現状はとてもそうは見えない


公明党はたかだか。。衆院30議席
 大したことなく恐くない!
支持母体の
  創価学会だ。。その巨大票がもの言う


現与党安倍議員内閣
 そして東京都とともに大阪!!
  ここは絶対に落とせない公明党
   そして創価学会という巨大組織票


どう動くか。。悲しいかな、それによって
 大都市地方選挙と国政選挙は決まるのが
  現状と言って良いのは間違いない訳だ


前半に出てきた神社本庁
 と日本会議、それが日本の
  政治を牛耳っているのだろうか


いや、これが議員どもの親衛隊
 に過ぎず、
でなければあの狡猾な
  までの嫌らしい扇動は説明つかない


複雑な法体系、米欧諸大国や諸外国
 との関係は官僚機構でないと扱えない


財務省の増税、経産省の原発、外務省の
 集団的自衛権行使や改憲は官僚の仕事


それを遂行するために、国会議員与党
 自由になる議員集団で多数派形成必要


その国会議員多数派形成に巨大創価票だ


ここで、官僚機構=日本政府が
 大手メディア=新聞・テレビ・評論家
  を使い、
政府の配下である政権=内閣
   の正当化、支持率向上、多数派確保

    このシステムが官報複合体だと判明




≪安倍政権を維持し、自民党を与党たらしめている要員の1つ≫<官報複合体の重要メンバー電通がパナマ文書に>【朝日新聞が早速擁護!しかしそれをすかさず否定!!】


電通・NHK、「パナマ文書」で風評被害 似た名が記載
http://www.asahi.com/articles/ASJ4R5W73J4RUUPI00B.html


NHKはもうどうでも良いわ
 官報複合体重要メンバー
  電通がパナマ文書に掲載
   さらえているらしい。。
が、早速

朝日新聞が擁護の記事掲載か
 朝日に関しては、もはや完全に
  信用などしていないので構わんが


ならば、読者や政権批判者は
 おや?そうだったのか、となる
  やはり新聞そしてテレビは日本
   国民世論には影響力大なのだ


しかし、すかさずをれを否定する
 秀逸な記事が飛び出してきた訳だ

やはり、期待に応えてくれるのは
 今や雑誌・週刊誌の方なのかもな




「パナマ文書に電通」は風評被害じゃない! タックスヘイブンに電通系ファンドと北京電通幹部の別会社が
http://lite-ra.com/2016/04/post-2197.html


≪パナマ文書。。安倍政権の根幹がヤラレる!?≫<菅官房長官が調査拒否も当然(笑)>【安倍が総理でいられる理由《官報複合体中核》暴露か】


パナマ文書、5月10日に法人の実名公表 日本企業名も
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160427-00000039-jnn-int



小生自身は、全世界の租税回避
 勢力の中で。。日本勢の占める地位
  など微々たるものだと、大して気にも




パナマ文書の暴露騒動、安倍政権が調査拒否へ!菅官房長官「日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10864.html


これは今月上旬のニュース
 さぞ、政治献金している財界
  日本産業界の企業各社の名も


ところが、そう単純な話でもなかった
 安倍政権。。いや自民党が与党で
  いられる最大要因2勢力の名が出る




NHK・電通・創価学会も「脱税・パナマ文書」に登場!言論の自由を抑え込む財閥の前線基地が電通である!
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/58f844e5d9765ec1410551c6d5590e97


NHK・電通・創価学会も

「脱税・パナマ文書」に登場!

言論の自由を抑え込む

財閥の前線基地が電通である!

「パナマ文書」は、国民の

政治への目覚めに貢献するだろう!



その元記事は


「ジャーナリスト同盟」通信
ブルータスお前もか<本澤二郎の「日本の風景」
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52136121.html



なるほど。。世界での比率としては
 今や落日の日本株式会社であるが


安倍政権にとって、創価学会と電通
 これらが欠けると安倍が総理でいら
  れる理由どころか、自民党が最大の
   議席を誇る圧倒的与党でいられない


1選挙区3万票ともいわれる
 創価の選挙協力票は何度も
  述べている。。自民党議員の
   生命線と言い切っても良い訳だ


そして官報複合体の中核、それが
 電通と言い切っても良いのである



官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪 単行本(ソフトカバー) – 2012/1/18
牧野 洋 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%98%E5%A0%B1%E8%A4%87%E5%90%88%E4%BD%93-%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E3%81%A8%E4%B8%80%E4%BD%93%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA-%E7%89%A7%E9%87%8E-%E6%B4%8B/dp/4062174820


しかし、官報複合体なる語は
 それ以前の2010年には存在していた

 


民主党議員よ、官報複合体に作られた「世論」に惑わされることなかれ
http://diamond.jp/articles/-/9325
http://diamond.jp/articles/-/9325?page=4



民主党菅直人内閣発足前夜
 2010年に官報複合体の語が


小生は恥ずかしながら、また誠に
 不勉強ながら、この語を最近知った




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年に出版の牧野 洋 (著)
 官報複合体 権力と一体化する新聞の大罪


それより以前2010年に【官報複合体】
 なる語を使用していたのが小杉隆氏である


2012年は民主党野田内閣終盤
 2010年は鳩山内閣~菅直人内閣


つまり、今華々しく花開いた官報複合体
 の機能していく淵源は、民主党内閣に既に


よって、官邸官僚=影の総理
 ~官僚機構、そして電通と大マスコミ
  この完全スクラム体制の下。。
旧民主党は
   自民党と兄弟政党だと言える訳なのである





関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1652-0226bdb6