fc2ブログ
舛添氏、リオまで在職意向…公明も不信任案検討
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160613-OYT1T50087.html?from=yhd

東京都の舛添要一知事は13日の都議会総務委員会で自らの進退について、知事選とリオデジャネイロ五輪が重なることを避けるため、少なくとも五輪後まで知事職にとどまりたい意向を示した。

 ただ、この日の知事答弁は従来と変わらず、知事与党の公明党も不信任決議案提出の検討を開始した。自民党も14日に対応を協議する。共産、民進(旧民主)などの野党は同日の議会運営委員会に不信任案を提出する方針を固めており、15日の閉会日に本会議で上程される見通しだ。

 この日の総務委の集中審議では、各会派が一問一答形式で問いただした。自民党は「知事は説明責任を果たし、自ら身の処し方、けじめをつけていただきたい」と進退について決断を促した。



舛添氏公私混同疑惑 公明、15日にも不信任決議案提出へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00000527-san-pol

公明党の山口那津男代表は14日午前の記者会見で、政治資金の「公私混同」疑惑が指摘される舛添要一東京都知事に対し、15日にも都議会公明党が不信任決議案を提出する方向で調整していることを明らかにした。

 舛添氏の説明責任について「十分に果たされているとは思っていない」と指摘。「(党として)辞任を求める強い意思ははっきりしているので、知事の意思も含めて明確にすべきタイミングだ」と述べた。

 公明党は13日の都議会総務委員会の集中審議で、舛添氏に「辞職すべきだ」と勧告していた。



自民党も公明党に倣い
 不信任提出するはずだ

  何しろ、国政と共に両党一心同体

リオ五輪になぜこだわる?
 舛添知事在任期間。。日程だ
  不信任可決・失職・選挙と。。
   それぞれ猶予期間が有る訳だ





よろず堂通信

舛添都知事の辞職はいつ?次期都知事候補に櫻井俊ほか著名人一覧!
http://yorozu-do.com/masuzoe2/


問題となのは、舛添さんが都知事を辞めるタイミングです。4年後の2020年には東京オリンピック・パラリンピックがあり、8月を中心に開催されます。

そして、都知事の任期は4年。今すぐ舛添さんをクビにすれば、オリンピックという大舞台を前に都知事が変わる=都知事選をしなければなりません。これは、諸外国に対してもあまり良いイメージではないうえに、都知事選→オリンピックという流れは、スケジュール的にも避けたいところでしょう(東京都の職員的にも)。

となれば、オリンピック終了後に都知事選ならなんとか対外的にもメンツが保てます。

ちなみに、公職選挙法では、都知事が辞任してから50日以内に都知事選を行えばOK。なので、オリンピック・パラリンピック終了後に合わせるなら、7月末に舛添さんが辞任すれば、50日後の9月半ばに都知事選となります。

※東京オリンピックの日程は7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6日(予定)です。



15日に自公不信任。ふにゃふにゃと16か17に可決、失職27日。
 50日後都知事選。フンガフンガとひと粘りで何とか五輪終了まで届く



いや、リオ五輪よりも参院選が
 その前にある!何よりも東京五輪
  汚職捜査のフランス検察の動きだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪2020年東京五輪招致に関する汚職疑惑!やっぱり再浮上してきた≫<完全に日本包囲網。。フクシマ汚染水ウソ問題もある>【国内自民党議員関連スキャンダルとは違い、政府と安倍も思うようにはいかない!!】



東京五輪招致で巨額の裏金疑惑浮上。2020年目指す若者に影響も?
http://news.biglobe.ne.jp/sports/0512/fot_160512_3140783293.html

英紙『ガーディアン』は11日、2020年の東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)招致をめぐり巨額の裏金が動いていたとする記事を掲載した。
 同紙によれば、招致委員会が元国際陸上連盟(IAAF)会長のラミネ・ディアク氏の息子が関係する秘密口座に130万ユーロ(約1億6000万円)を支払っていた疑いがあり、フランス当局が捜査に乗り出したという。
 また、記事内では裏金工作に関わった招致委員会側の大手広告代理店などが名前を隠すことなく指摘されている。
 ディアク氏はIAAF会長でありながら、1999年から2013年まで国際オリンピック委員会(IOC)の委員を兼任していた。そのため東京五輪開催を決める投票が行われた2013年9月のIOC総会でも一定の影響力を持っていたとみられる。
 だが2015年11月、セネガル国籍のディアク氏らIAAF幹部数人がロシアの組織的ドーピング問題で金銭を受け取って口利きをしていたとして捜査対象になりフランス当局に拘束されている。その影響でIOCから活動停止を言い渡され、11月10日に役職から退いていた。
 すでに新国立競技場やエンブレムなど数々の問題が持ち上がっていた東京五輪。今回の裏金疑惑に関する捜査が進めば、さらにひと波乱ありそうだ。東京五輪出場を目指していた日本の若者達にも影響が出るかもしれない。




2016年年頭以来
 甘利前大臣の汚職
  疑惑勃発にはじまり、多くの
   ことが勃発し過ぎて忘れていた


東京五輪招致を巡り
 1億6000万円巨額裏金!!


実は、2か月前にも表面化
 引き続き調査という論調だった
  やはり再浮上してきた訳なのだ





東京・リオ五輪招致で汚職の疑い、仏検察が捜査
http://www.newsjs.com/url.php?p=http://www.afpbb.com/articles/-/3078909?cx_part=txt_topstory

【3月2日 AFP】(更新)今年のブラジル・リオデジャネイロ五輪と2020年の東京五輪の招致活動に絡む汚職の疑いで、フランスの検察当局が捜査を行っていることが分かった。司法関係筋が1日、AFPに明らかにした。

 同関係筋によると、捜査は昨年12月に始まり、現在は不正行為があったかどうかの「実証段階にある」という。汚職疑惑に対する捜査は、国際陸上競技連盟(IAAF)のラミーヌ・ディアック(Lamine Diack)元会長とその子息のパパ・マッサタ・ディアック(Papa Massata Diack)氏に対する捜査の一環として行われている。

 セネガル人のディアック元会長は、汚職やマネーロンダリング(資金洗浄)、共謀の容疑が持たれており、現在は保釈中の身でフランスに滞在している。一方のパパ・マッサタ・ディアック氏は、選手を脅迫した容疑で国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)から指名手配されており、仏パリ(Paris)の検察が身柄拘束に向けて動いている。

 今回の疑惑を最初に伝えた英紙ガーディアン(Guardian)によると、ディアック親子は両都市と国際オリンピック委員会(IOC)の一部メンバーの仲介役を果たしたという。2020年大会の招致でディアック元会長は当初、トルコのイスタンブール(Istanbul)を支持していたが、日本のスポンサーがIAAFと契約を結んだことで考えを変えたとみられている。(c)AFP



≪今度は、海外遥か遠くフランスから飛んできた!衝撃の疑惑を掛けられる安倍政権!!≫<五輪版ロッキード事件なのか>【福島原発汚染を踏み台にした東京五輪招致】



2020東京五輪。。安倍政権前半に
 招致に成功したが。。
これは終始
  ケチがついたイベントと言わざるを得ない


何よりも、福島第一原発汚染水問題
 コントロールされている、と世界に向け
  大ウソをついていたということ!である


東京五輪招致に関して、賄賂疑惑
 これは1ヶ月半前から、いわれていた


そして、小生。。五輪招致決定当初から
 「アンダーコントロール」と言う安倍総理
  の謳い文句を徹底的に批判し続けていた





≪安倍内閣の支持率が未だ高いのは、知らされていない人が多過ぎる!から≫<新聞・テレビがダンマリの罪は重い>【そして情報を認識しない、見ても受け取り方が違う暗愚世論が存在】




今度はワイロ疑惑…「カネとウソ」にまみれた東京五輪
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/173447/1



安倍政権など、五輪組織委員会など
 誰も信じない。。
といっても疑わない
  人もいるということ、これがミソである


新聞・テレビが政権にマイナス
 なことを報じない、スルーなのだ





元首相たちの暴走から、本音が漏れてくる
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takedasatetsu/20131014-00028911/



森喜朗元総理、今や貴重な
 安倍政権の秘密を暴露してくれる
  重要な人材といっても良いだろう


福島第一原発汚染水はコントロール
 されている、アンダーコントロール
と言った
  安倍総理だったが。。確信犯的にウソを!!
   戦略として、真実を隠したということである


こういうことを新聞・テレビは言ったか!!


知らないから多くの国民は怒らない
 安倍政権は頑張っている、増税は
  仕方がないこと、財政が苦しいのだ


真実を知ったら怒る人は多い。。
 意図的に知らしていない新聞とテレビ

  官邸官僚(影の総理)と省庁から恫喝
   されているにしても戦犯は間違い無い


しかし。。知っても怒らない。。情報の
 受け取り方が根本から違う!という人々
  これは暗愚国民世論どうにも見込み無し


国内に疑惑・スキャンダル山積の
 安倍晋三政権だが、
国交省UR問題
  ご存知甘利前大臣関係の疑獄事件


そして、これは未だ大マスコミが隠蔽
 報道しない自民党山田賢司議員関連
  不審死・自殺偽装疑惑。。恐ろしい限り


今度はいよいよ、海外欧州フランス検察
 が捜査を始めた五輪招致汚職スキャンダル


遠く海の向こう、ユーラシア大陸の
 彼方から飛んできた国際的スキャンダル
  昭和のロッキード事件を彷彿とさせる・・・。


フランス検察が、具体的な金額
 1億6000万円裏金と事件概要
  に照準絞って動き出している訳で


国内自民党議員関連の膨大な
 スキャンダルには隠蔽や先送り
  している日本政府と安倍政権も


こればかりはどうにもならない
 完全サンドバック状態、ロッキード
  事件の再来を思わせるのである


さらには、アンダーコントロール
 という大ウソをついての招致が
  世界から批判される気配すら漂う



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裏金疑惑で「東京五輪中止」が現実味…フランス検察当局が執念を燃やす理由とは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00065881-playboyz-soci



そうなった場合、IOCの選択は以下の3案のどれかになる公算が大きい。(1)「JOC委員を全員罷免し、新執行委員会をつくるよう勧告」、(2)「IOC臨時総会を開いて東京五輪中止を決定。代替地にロンドンを推薦」、(3)「IOC浄化のため、今後の五輪開催予定を白紙化する」だ。

前出のガーディアン紙記者が続ける。

「ただ、(1)案はあまりもに甘く、フランス検察の追及がさらに厳しくなりかねない。おそらくIOCは(2)案か(3)案のどちらかを選択するでしょう」

もしも東京五輪の開催返上が現実になれば、日本は国際社会で恥さらしとなる。フランス検察がJOC関係者の喚問要求を突きつけるXデーは「革命記念日の7月14日から、リオ五輪開催日の8月5日の間」(前出・ユマニテ紙記者)と目されている。

このまま東京五輪は幻と終わってしまうのだろうか?




東京五輪汚職のフランス検察捜査
 安倍政権にも日本政府にもどうにも
  ならない厄介な代物は確実なのだ!




関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1632-47388e1f