同友会、東電後押し 福島第1原発を視察

『福島県いわき市で夏季セミナーを開いた経済同友会は13日、福島第1
 原発を視察した。長谷川閑史代表幹事は「経済状況やエネルギーの安全
 保障を考えれば、安全性が担保された原発はできるだけ早く再稼働すべ
 きだ」と述べ、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働を目指す東京電力を後
 押しした』


かつて
日本の企業研修では
 プロとは。。
  代わりのいない人

   と教えていたが。。

福島第一原発吉田所長
 は
  その意味ではパーフェクト
   だったかも知れぬ


しかし
 それでは困る


終身雇用・年功序列
 チャレンジャーとして
  特攻隊精神なら良いが


世界企業たるもの
 それでは困るのだ


システム・組織の論理が
 完全欠落しているといえる


吉田所長が
 仕えた上の世代も
  猛烈社員・名物社員


しかし、終身雇用制
 の下での社員だった訳

 
他企業に行けば
 通用しない
  使い物にならない


東電の役員連中
 福島原発の所長が
  務まるヤツなんか
   一人もいないではないか


財界首脳の面々も
 かつて大企業の経営者
  だったようだが。。


とんでもない、一企業の
 経営者でもこんなのは困る
  という連中が
   ズラリ名を連ねている


自らの成功体験
 だけを振りかざす


創業者・個人事業主なら
 いざ知らず。。サラリーマン
  にはホームランバッターなど
   要らない、存在し得ないのだ

バントヒッター・犠打の
 連続なのではないかね?
 

未熟な大企業・電力会社
 経済界メンバーの資本等
  原発なんか所有する権利
   一切無いことを自覚せよ
 
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/162-9d98a281