<安倍首相>演説で公示後初めて憲法改正訴え

『安倍晋三首相は6日、大阪市での演説で「誇りある国をつくっていくた
 めには、憲法改正にも挑んでいく」と述べ、公示後初めて街頭で憲法改
 正を訴えた。京都市でも「憲法改正にもしっかりと取り組んでいく」と
 主張した。ただ、改憲の発議要件を緩和する96条改正など具体的な内
 容には触れなかった』



思ったより早かったな
 想定外の早さで、アッサリ牙を剥いた


憲法改正。。
 それを大っぴらに言えば
  公明党の立場が無くなるのだ


96条も9条も
 関係無い、何を言いたいのか
  はハッキリと解る。。疑いない




集団的自衛権の行使容認には「断固反対」 山口・公明党代表

『公明党の山口那津男代表は6日のBS朝日番組で、自民党が集団的自衛
 権の行使容認を決めた場合の対応に関し、「自民党が国民から拒否さ
 れる。連立が可能かどうか、しっかり相談する。断固反対する」と述
 べ、政府の憲法解釈の変更に反対する姿勢を明確にした』



もう明らかだ!解っただろう
 自民党は憲法解釈と憲法改正
  言葉は違えど。。戦争に突進だ


公明党は、顔に泥を塗られた
 裏切られたのだよ、馬鹿にされたのだ


もう迷うことはない
 即刻連立解消すべきだ


平和主義の
 創☆学会が泣いている
  
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/144-90a6bf8b