「岸信介を傘下に納めた」日米双方の思惑が築いた蜜月関係
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00010001-nishinp-pol&p=1

『憲法改正を目指し、対米自立を望んだ岸信介元首相は、首相に就任する前から米国の
 冷戦戦略に取り込まれていた―。そんな認識を示す文書を、日米外交に深く携わった元
 米国務次官補が残していた。孫の安倍晋三首相の政治姿勢にも強い影響を与えた岸氏
 だが、背景を探ると、もう一つの顔が浮かび上がった』



戦後日本タカ派の創始者
 岸信介はアメリカに飼われていた


公的な新聞記事として
 インターネットに載っている
  のだから、衝撃が少ないもの


万人に受け入れられるショック度の
 少ないものなのは当たり前であり
  実態はもっと酷く衝撃的なのだろう



『文書はワシントン近郊のジョージタウン大図書館にあった。戦前戦後に在日米大使館で勤
 務し、1960年の日米安保条約改定時には極東担当の国務次官補を務めたグラハム・パー
 ソンズ氏の文書コレクション。パーソンズ氏は、退官後の80年代前半に書いたとみられる
 未刊行の自伝で、岸氏に関してこう語っていた。
 「戦犯(容疑者)だった岸氏は50年代半ば、大使館のわれわれによって傘下に納まった。そ
 の後、(自民)党総裁になり、信頼に足る忠実な協力者となった」』

『民主、自由両党の合同前に
 保守合同前夜の1955年7月9日午後、東京の在日米大使館。当時の民主党幹事長だった岸
 信介元首相は、大使館のジョージ・モーガン参事官に招かれた。「キングサイズのスコッチ・
 アンド・ソーダ」を片手に約3時間半。モーガン氏の質問に冗舌に答える岸氏の姿があった』

『民主、自由両党の合同はまだ時期が公になっていなかった。民主党を主導する岸氏は、合
 同が11月ごろになるとの見通し、新党首選びの状況、憲法改正や積極的な反共外交政策の
 採用、再軍備促進といった新党の政策などについて情報を「提供」(シャラー氏)。社会党の
 動向に関する推察も伝えた。いずれも米国側が欲していたとみられる』

『岸氏こそ米国の政策に合致
 岸氏は戦前、在日米大使だったジョセフ・グルー元国務次官とじっこんだった。同氏が日本で
 立ち上げたロビー団体の米誌東京支局長は、民主党幹事長時代の岸氏の英会話の家庭教
 師。支局長らは米政府に日本の政治状況などを報告、岸氏を売り込んでいたという。
 50年代、反共のとりでとして日本に安定した保守政権の誕生を望む米国の思惑をよそに、54
 年12月に退陣した吉田茂首相の後を継ぐ鳩山一郎、石橋湛山両氏はそれぞれソ連との国交
 回復、日中関係改善を志向。もともと反共・反ソで保守合同の強力な推進者、岸氏こそ米国
 の対日政策に合致する政治家だった。ロビー団体の人脈などを通じて、米国は岸氏をさらに
 「磨いた」とシャラー氏は語る。
 シャラー氏によると、50年代半ば、在日米大使館員が岸氏と会ったり、酒を飲みに行ったりし
 たとの記述も文書に散見された。岸氏がモーガン氏と会った当時の首席公使が、岸氏を「傘
 下に納めた」と記したグラハム・パーソンズ氏。大使館と岸氏とは深い結びつきができていた
 とみられる』

『蜜月関係が権力へ導いた
 シャラー氏は「岸氏は米国に取り込まれたというより、むしろ積極的に取り入ろうとしていたと
 私は考える」。日米安保条約の不平等性の解消を目指した岸氏だが、「米国の信頼を得なけ
 れば、それは成し遂げられないし、信頼されれば国内での自身の政治力も増すという計算も
 あっただろう」とみる。
 55年、鳩山政権からの条約改定申し入れを一蹴した米国は、57年の岸政権からの交渉提起
 には応じ、60年に改定は実現した。
 一方でシャラー氏は、岸氏が首相就任後、米中央情報局(CIA)と秘密の資金提供の関係を
 結んだと著書で明記した。「権力の座に駆け上がる過程で米国と築いた濃密な関係が、資金
 提供の土壌になったのもまた事実だ」と指摘した。

岸氏の戦略「独立のために従属」
▼「岸信介証言録」などの著書がある原彬久・東京国際大名誉教授
 「cultivate」の意味について、私は「米国は自分たちの望む方向に動くように岸氏を取り込ん
 だ」というニュアンスに受け取った。米国は岸氏を利用しようとしていた。彼らは岸氏を高く評価
 していたが、利害関係とは別のところで尊敬したり評価したりはしない。そんな生やさしい世界
 ではない。一方、岸氏も国内外の共産勢力と戦うため、米国を利用しようとしていた。だから米
 国の信頼を得るために情報を提供することもあろう。政治家として熟察し、いろんな計算の下
 で動いていたといえる。
 CIAから資金提供を受けることは道義的に問題ありだが、当時は革新勢力も旧ソ連から資金援
 助を受けていた。強力な保守政権を築き米国から何とかして自立したい、選挙で革新勢力に負
 けたくない、との思いから岸氏はきわどい政治判断をしたのではないか。
 逆説的な言い方だが、米国から独立するために従属する―というのが、皮肉にも岸氏の対米戦
 略だったと考える』



違和感全く無し。。というより
 物足らない気さえする訳だ


岸信介。。焼土敗戦被占領国
 戦後日本は、米国の同盟国では
  なく、植民地としてスタートしたが
   植民地経営の手駒の表現妥当!


現在、米国は日本など必要とせず
 眼中にも無いと言って良い状況だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《お盆特集》≪戦後日本に政治家などは存在しなかった≫【安保法制は米国の要請ではなく、タカ派・憲法改正派のプロパガンダ】


なぜ安倍首相は「安保法案」で生き急ぐのか?尋常ではない執念の背景
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150812-00076557-diamond-soci&p=1

一見、安倍普三総理の答弁手法
 を批判する書き出し。。
しかし、この
  人物も御用評論家、御用ジャーナリスト
   に分類されるのではないか?と疑う訳だ


良く言って。。左の御用ジャーナリスト
 左の?その通り!現代日本には右も
  左も無い。。日本国民を騙す扇動の一種



『安保法案の審議を俯瞰しながら禁じ得ないのは、日本および日本人が戦後70年の歳月をかけて築
 き上げてきた立憲主義や民主主義をはじめ、自由や人権、さらには法の支配をも含め、いわば戦後
 の日本型の近代民主社会の下で初めて平和と繁栄の二兎を追い続け、曲がりなりにも安寧な暮ら
 しを享受してきた社会基盤が浸食され、崩壊していくのではないか、との危惧である。

 とりわけ、安保法案が仮に成立した暁には、集団的自衛権の行使から、それに伴う海外派兵、さら
 には「日本と密接な関係にある」他国の戦争への参戦に至るまで、それまでの「しない」から「する」
 へ、真逆の大転換となる。「新3要件」を満たした場合に限られるとはいえ、実際には時の政権の「総
 合的な判断」に委ねられるため、極めて恣意的で、歯止めがないに等しい』


この一文の心情に関しては否定しない
 同感である。小生も全く同じ気分なのだ。。




『これは、明らかに憲法9条の下での専守防衛の日本的平和国家路線からの逸脱であり、日本及び日
 本人が世界に誇り得た「戦争をしない国ニッポン」の平和国家としての揺るぎない国際的なイメージと
 信用が一気に失墜する恐れがあり、この不安感も拭えない。

 そもそも何のための安保法案で、なぜ今、急ぐ必要があるのか。確かに、日本を取り巻く国際環境の
 変化は著しい。中国の経済力と軍事力の急拡大、それに伴う陸海にわたる膨張主義、北朝鮮の核開
 発、米国の相対的な覇権力の低下など、周辺地域での不安定要素は急増している』

『このたびの安保法案の主な狙いが、この環境変化に備えて日米同盟をより緊密化させ、日本が海外
 派兵や武力行使の可能性を拡大すれば、抑止力を高めて、日本を取り巻く安全保障をより強靭化で
 きるに違いないとする希望的な観測にあるとすれば、あまりに短絡であり、稚拙と言わざるを得ない』


ここから、扇動が始まっている
 本当に周辺地域での不安定要素
  が急増?本当にそうなのだろうか。。


日本の自衛隊が海外に繰り出す。。
 こんな危なく、”外軍”からみて組み易い
  ことは無く。。
日本列島を守りたいなら
   列島中に米軍基地を張り巡らせ。。カネ


米国は日本を護る気など無い!しかし
 自軍米軍基地は護る訳だから、列島中に
  米軍基地を張り巡らせ、カネは出せば良い


安保法制・戦争法案と比して
 どちらが血税の無駄遣いになるか

  どっちもどっちではないか、むしろ
   安全確率性は米軍基地化が絶対!!


国民よ。。気づくべきだ
 気づかない。。知りたくない
  国民は放っておけばよいのだ


安倍政権を打倒すべきである
 安倍首相を辞任に追い込むべきである
  次の首相がいない、といってきた
   しかし、政界目を凝らして探せば
    次の首相ぐらいいくらでもいる


いや、首相などいなくても
 日本経済は勝手に動いていく
  しかし、居座ってはいけない首相
   が続投することは経済だけでなく
    社会に悪影響を及ぼすものである


やがては、徴兵制へ結びつく
 今、ニュースなどにも興味無く
  政治は政治家がやるもの、と
   どこ吹く風の我々国民世論。。


いざ!!戦地へ送られてから
 気付いたとしても遅過ぎる訳だ


安倍晋三内閣を操る官僚機構が
 推し進める安保法制を戦争法案と
  言い換える文章をしばしばみる。。

   小生も一度はそう思ってみた訳だが

実は、戦争法案というよりも
 強制不戦殉職法案ではないのか


米国からの強い要請ではなく
 PKO/掃海艇/機雷除去/地雷除去
  要は戦争状態ではなくとも充分に危険
   平和維持活動といえば聞こえが。。
が!
    多大な殉死殉職者・重傷隊員が出る
     でそれは、自殺者と共に闇に葬られる


もっとヤバいのは。。米軍基地
 普天間飛行場の移設問題である
  これは、日本の議員などは当然
   官僚機構=政府にも発言権など無い


米国からの要請で安保法制。。
 これは、日本国民の親米・隷米・追米
  米欧至上主義を利用したプロパガンダ


実態は、米軍が日本自衛隊と共闘など
 せず、後方支援という名の機雷・地雷除去
  PKO、テロ組織攻撃による死者の肩代わり


米国ネオコンは後押しかも知れないが
 米政府筋は、米軍・米欧NATOとの共闘
  自衛隊にこれを要求していないはずであり


死者の肩代わりなら、選挙があるのだから
 民主主義がある。。こんな嬉しいことは無い
  歓迎するのは全く当たり前のことなのだ。。


安倍政権が、官僚機構。。
 特に財務省支配の政治政権
  だということは何度も述べてきた


ここで目に付いたのは

清和会と経世会の確執は、
 祖父の岸信介元首相の時代
  から続く長く根深いもの。。


岸信介~福田赳夫~安倍晋太郎
 そして三塚博、森喜朗。。

一方
田中角栄~竹下登~小渕恵三
 そして橋本龍太郎。。


岸信介の流れが親米・隷米
 田中角栄の流れが反米という
  議論が燻り。。よって田中派の
   流れが米国。。もしくは米欧に
    潰されたのだという論調が存在


岸信介が親米・隷米は頷ける
 しかし、田中角栄が反米だったか?


岸は逮捕(塀の向こうに落ちず)されず
 田中は逮捕された。。とか、不慮の死
  を遂げたのが田中角栄残党に多いとか


少し、買い被り過ぎていないか!!?
 
岸信介や中曽根康弘が
 逮捕されなかったのは、隷米議員
  であるのは当然のことながら
   主要因は戦闘機・軍用機疑惑である


米国政府・軍産複合体
 が絡むから逮捕されなかっただけ


田中角栄が逮捕されたのは
 やはり金権選挙糾合思想ゆえに
  カネに対してより。。下手な鉄砲
   的に、ダボハゼ的に食らったから


竹下登や金丸信は
 扱うカネの額がべら棒にデカイ
  疑惑報じられたり逮捕起訴は当然


田中角栄の派閥前任の佐藤栄作
 が、危なかったが何とか助かった
  のをみて解るように。。官僚出身
   だったことも一因としてある可能性。。
  

あと、福田赳夫や小泉純一郎
 ましてや森喜朗などは小物であり
  橋本龍太郎や小渕恵三が反米など
   絶対に有り得ない話と断言可能だ!


以上は、かなり以前の小生の記事だが
 修正は必要なのである。。
つまり、戦後
  間もない自民党内閣時代は、米国式の
   民主主義注入の時代であり、岸信介や
    池田、佐藤内閣ぐらいまで選挙を意識!


米国による直接操縦の日本政治が
 官僚機構による派閥活用による総理
  輩出システムへの移行期間に入って
   金権政治の中味も質が劣化なのであり


派閥という議員集団のカネ集め係りが
 直接自民党総裁=内閣総理大臣に就任

  というカネに直接関わった人間が総理大臣
   になってしまうという。。悪しき慣行が原因!


しかし、自民党派閥という表向きの
 政治運営団体も解散瓦解に近い状態

  議員の世襲化も進み。。更にレベル劣化
   官僚機構によるコントロールシステムも
    一段と進み、間接民主制は形骸化した


自由党と民主党が合併、保守合同
 昭和30年に結党された自民党である


これらのルーツを紐解くと
 戦前大日本帝国を世界大戦
  に導いた軍国政府と官僚・新聞
   その中で大きな役割果たした
    翼賛政治連盟にぶち当たる訳だ


小生も、長い間。。自民党は派閥連合体
 派閥が自民党を動かし、総理を生み出し
  日本の政治を動かしてきた!
と騙され
   続けてきたのであるが。。強い疑いが!


小生。。長い間疑惑を抱き
 いつ触れようか、と思い機会を

  それが最近疑惑から確信に
   変わってきた。。間違い無い!!


安倍晋三にとって、死んでも
 死に切れない屈辱かも知れない
  第一次政権。。かといって、何か
   を志した形跡も無い。。つまり


何としても、もう一度総裁=総理
 になりたかっただけ!人生の目標
  政治生命を総理大臣になり、中曽根
   康弘や小泉純一郎同様長く、に照準


そのために。。自民党派閥ではなく
 官僚機構に魂と政治生命を売り渡し。。

  国民のための国民寄りの政治はしない

自民党は派閥政治といわれた
 特に昭和時代までそう形容された

  が、しかし!我々は騙されたのだよ


結成直前の1954年(昭和29年)から1964年(昭和39年)まで、
アメリカ合衆国(以下米国、具体的にはホワイトハウスおよび
アメリカ合衆国国務省)の反共政策に基づいて中央情報局
(CIA)の支援を受けていた
(ウィキペディア)


自民党。。いや、自由党時代から
 米国政府。。諜報機関CIAの支援

  そうだ。。隷米・従米・属米これは当然
   日本は属国未満であり奴隷国家と
    して戦後出発した訳であるから。。


自民党タカ派の親分である
 岸信介が反米右翼かどうか


A級戦犯指定
 巣鴨拘置所収監
  釈放・公職追放後。。
   5年足らずで首相就任


CIAより、戦後日本メディア生みの親
 正力松太郎などとともに資金提供


岸信介内閣、池田勇人内閣、旧社会党
右派を通じ、秘密資金を提供し秘密工作
日本政界に対し内政干渉していた公式見解


内政干渉?内政?
 日本が独立した国家なら
  その言葉も当てはまるが 


岸信介は、絶対に反米ではなく
 属国日本の窓口であり、代理人
  だから、事実上引退後も昭和の
   妖怪として厳然たる権力保持可能


その後の中曽根、小泉両元首相
 も恐らく。。米国の後ろ盾存在
 

戦後日本が米国と同盟国
 戦争が出来る普通の国に
  憲法改正は米国の要請だ


というのは全て幻想に過ぎず
 米国世界戦略に邪魔なだけで
  カネを出せば良い!のが現実


湾岸戦争時、カネだけ出して
 尊敬されず。。世界から非難
  は。。タカ派勢力の扇動である


沖縄返還は、安倍首相の大伯父
 佐藤栄作政権時であるが。。
  天文学的思いやり予算の存在
   沖縄は本当に返還されたのか?


という状態でもあり
 正に、従米・属米・隷米の歴史


岸信介。。正力松太郎。。自民党
 大御所といわれた岸や、日本メディア
  の祖とされる正力松太郎にして米国傀儡


コードネームとやらを与えられたスパイ
 諜報機関出先に要請されたエージェント。。


その前に総理となった吉田茂や鳩山一郎
 も底が知れており、戦後日本のスタートは
  誠に他国に誇れるものなどでは絶対ない


田中角栄以来、中曽根康弘まで
 さらに派閥政治が強調された訳だが
  竹下登総理就任という醜態極まれりで
   ついに、日本に政党政治が存在しない
    ことが露呈する自社さ連立内閣誕生だった


日本の政治はどうなるのか。。いや
 政党政治、過去の派閥政治の存在すら
  怪しいことが解ってきた現代において


内閣総理大臣とは何か。。政権与党など
 官僚機構の操り人形に過ぎない訳である


ましてや、野党各党も全く以って頼りには
 安倍内閣倒閣の光が見えてきた訳だが
  次が居ない、ともいえる。。しかし操り人形
   に次が居ようと居まいと全く関係無いのだ


政党政治が行われていない、政治家など
 日本には居ないという事実を我々国民が
  理解しなければ何も始まらない訳なのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国が日本の同盟国。。この認識
 こそがオカシク。。日本は植民地いや
  列島は米軍基地なんだとまず認識せよ


その上で、日本に政党政治など
 一切存在しない、官僚機構傀儡
  なのだと我々は深く認識する必要


自民党が政権与党で。。野党中核が
 民主党などという誤解は今すぐ捨て去れ


これから。。今から。。日本に
 政党政治、”政治家”を育てなければ・・・。

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1434-368a6c62