参院選後は安倍降ろし、政界再編もありうる

『安倍首相は7月3日、党首討論会で「ねじれ解消を」と述べ、参院選の目標は非
 改選と合わせて与党で過半数獲得という考えを示した。自信があるから、勝敗
 ラインを明言したのだろう。衆参で過半数を握れば、安倍首相は3年以上の長期
 政権が視野に入る』


参院選圧勝ならば
安倍首相の
 長期というより
  並み(2年程度)の
   政権誕生となる!?

基本的に、その公算が高い
 ・・・残念そして退屈ながら(笑)
 





『参院選後も長期政権狙いで改憲路線封印、という見方もあるが、改憲が宿願の
 安倍首相は徐々に封印を解き、改憲に動き出すと見る。そうなると、改憲か護
 憲かではなく、憲法のあり方と中身をめぐる論点が新たな対立軸として浮上
 し、与野党の枠を超えて激動が始まるのではないか。野党では、日本維新の会
 は東西離縁に、それを機に大阪の維新とみんなの党は復縁に、と予想する。民
 主党もやがて分裂し、新党旗揚げとなる可能性がある』




大胆な。。そして
 面白い予測ではあるが
大いに異議あり!!

《国内に敵無し》の
安倍政権が
頓挫
するとすれば

それは外交。。米国絡み
 の案件なのは間違いない


米国の逆鱗に触れ
 架空概念といえる
  日米同盟に暗雲
   となってしまえば


日本政権など
 僅か半日で吹っ飛ぶ


米国から懸念が
 出現すれば改憲も
  またもや、一瞬で
   引っ込めるはずだ


その空気も
 読めないほど
  鈍いだろうか


日本維新の会東西分裂
 この可能性は高いとみる


が!!

大阪が、みんなの党と組む
 というのはハードルが高い


維新が。。国民の立場に立ち
 消費税増税法案凍結・廃案
  を掲げることが出来るのか


ここがポイントとなってくる





『自民党も無傷では済まない。安倍路線と穏健保守路線の対立が顕在化しかね
 ない。そのときは政権保持と党分裂回避の方向にベクトルが働き、自民党内で
 安倍降ろしが始まるかもしれない。対する野党側で、民主新党、維新、みんな
 の党などが大連合を組むという展開となれば、政党政治が生き返る可能性があ
 るが、そんな潮流が生まれるかどうか』




民主党の一部
 橋下系維新。。と
  みんなの党や共産まで
網羅した野党連合

 結成されることを祈る
勿論、簡単ではない

小沢一郎氏と創○学会
 の動き次第ではないか


自民党の安倍降ろし?
 その可能性は低い
  20世紀の自民党
   のような胆力・馬力
    あるヤツなどいない


懸案事項。。
 安倍首相にやって貰い
  その後。。が、関の山


原発続働・再稼動
 にも反旗翻す勢力も
  皆無なのだから。。


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/142-6b9620bf