fc2ブログ
原子力ムラの天敵・河合弘之弁護士 小泉元首相とマル秘頂上作戦〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150812-00000001-sasahi-soci

『九州電力の川内原発がいよいよ再稼働する。弁護団を率い、検察審査会で東京電力元会長
 らの強制起訴を勝ち取るなど、「リアル・リーガルハイ」と原子力ムラに恐れられる河合弘之弁
 護士を作家の大下英治氏が直撃した』

『――小泉純一郎さんと連携する?

 河合:赤坂の料理屋で僕が冗談半分で、来年の参院選挙に備え、『原発ゼロ』で新党を作ろう
 という案を出したのですが、今、国民の関心は安保法制などで、そのタイミングではない、とな
 りました。僕が小泉さんに『川内の次に再稼働しそうなのは伊方原発(愛媛県)ですよ』と話し
 たら、小泉さんは『よし、今度は松山市に乗り込もう。講演会をやるから一緒に行こう』と言い出
 した。その後、小泉さん側と何度か連絡を取り合い、9月16日、松山で講演会をやることに決ま
 りました。

 ――ついに2人のタッグが実現するんですね。

 河合:まだありますよ。10月には、小泉さん、細川護煕さんと北海道の函館へ行く予定です。『大
 間原発差止訴訟』の弁護団長を、僕が務めているからです。青森県下北郡大間町では、電源
 開発が大間原発建設を進めています。大間原発と函館市は最短でわずか23キロしか離れて
 ないんですよ。

 ――函館市は昨年4月、建設中の大間原発に対して、国と電源開発を相手取り、建設差し止め
 の訴訟を東京地裁に起こしました。

 河合:3人で函館市の工藤寿樹市長を激励してきます。

 ――朗報だったのは、福島第一原発の事故をめぐり、検察審査会が7月末、東電の勝俣恒久
 元会長(75)ら3人を、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴するべきだという議決を公表した
 ことです。昨年7月に検察審査会が「起訴相当」と議決したが、地検が不起訴として、今回は2度
 目の議決でした。審査を申し立てた「福島原発告訴団」の弁護団を率いた河合さんは、勝訴の
 自信はあったんですか。

 河合:議決書を受け取るまでは、ほんとにハラハラドキドキでした。2回も検察の決定を覆せる
 ものなのかなと心配しました。審査会には11人の審査員がいるんですが、7対4でも否決で、8対
 3以上でないと勝てなかった。そもそも、全てが秘密で、いつ議決書が出るのかという日時さえ、
 問い合わせても教えてくれなかった。

 ――ギリギリの勝負ですね。

 河合:検察審査会の審査員11人は、原発のことも法律のこともよくわからない市井の人なわけ
 です。そうした審査員の方々の質問に、粘り強く説明した『議決書の作成を補助した審査補助
 員』という立場の弁護士の存在があったんです。1回目の審査の時も2回目の審査の時も、たま
 たま素晴らしい弁護士が1人ずつ選ばれた。ほんとに僕は感動したね。検察は不起訴と言って
 いたわけだから、その理由はいっぱい書面に書いてある。そんなのを読んだら普通、補助員ら
 は嫌気がさして、不起訴でいいやとなり、審査員らの質問にも適当に答えてしまうものです。し
 かし、正義感が強い弁護士だったんだと思う。審査員らに起訴の意義などを根気強く説明して
 くれた。補助員の報酬はせいぜい10万~15万円です。日本の弁護士はカネ儲けばっかりして
 ロクな奴がいないとかいろいろ批判されているけど、捨てたもんじゃないと思いましたね。

 ――東電旧経営者3人を「起訴すべき」とした歴史的な意義は?

 河合:もし、否決されていたら、3.11の真の原因はすべて闇に葬られていました。福島原発事
 故の原因は、事故発生後ではなく、あくまで事故発生前に全部あったんです。そこを究明しない
 と、何でああいうことになったのか、誰が悪いのかということがわからずじまいになる。まさに、
 否決されたら、そういうふうになるところでした』



東京電力福島第一原発事故
 関連訴訟、そういう風になっていたか


それにしても。。小泉純一郎いろいろ
 キナ臭い噂もあった政権担当時代の
  罪滅ぼしなのか。。
ならば安保法制にも
   立ち向かうのが当然だと思うのであるが


いずれにせよ、小泉純一郎。。細川護熙
 国会にいる小沢一郎はじめ引退組古賀誠
  あまりに老兵過ぎて、痛ましい感すらある


昨年正月の記事


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪小泉純一郎を大将に。。頑張れ脱原発首長連合≫<国政野党全政党よ。。情けない、何をしているのか!>【腰抜け野党に代わって、狂った国内世論に渇を入れろ】


国会議員劣化の頂点
 それが、安倍首相と菅官房長官
  官房長官は、元来政府の要の職
   それが、都知事選の采配に関わる
    とはいったい何事なのか!


菅。。今が頂点、ピークに
 違いないが。。それにしても
  頭に乗るのもいい加減にしろ


異常な選挙。。都知事選
 自民党の剥き出しの執念

  それは安倍政権だけでなく

原発推進派・原子力ムラの
 生命線に関わる大事な選挙
  負ければ、一気に淘汰される
   だから必死なのである


しかし、具体的に反旗翻さない
 自民党国会議員・地方議員は
  全て情けない、全員同罪である


何もしなければ、安倍政権に力を
 貸しているのと同じことなのである


小泉元首相が、脱原発派
 全国首長選で応援演説か。。


それがもし本当なら面白い
 今から、地方首長を糾合して
  手始めの都知事選で応援頼め


日本の国政。。連立公明党
 民主党、日本維新、みんな
  結い、生活、共産、社民。。

全てダメだ!情けない
 全く無力!!いったい
  何をしている、役目果たせ


小泉純一郎引退して
 野党の本来の役割を
  果たしているといえる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご存じ。。小泉純一郎元総理
 政党政治が存在しない21世紀
  最初の総理大臣として長期内閣


政府の長を辞め、国会議員も辞め
 罪滅ぼしは良いが、総理大臣など
  官僚の操り人形をお役御免になった
   後。。その無力感が際立つ役職でも


現役組や地方、そして新規採用で
 官僚機構の意のままにならない
  政党立ち上げ。。苦しいが期待する


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪自民党に所属している小泉進次郎などに、期待することは何も無い≫【骨の髄まで<官僚機構に支配された自民党>を出てからだ】


確かにそうだ!我々一般国民とは
 かけ離れた陳腐かつ、理解し難く
  また。。国会議員をセンセーと呼ぶ
   ような恥知らずな感覚持ち併せた
    人種の代表格・代名詞の自民党


しかも、その内実たるや。。
 大臣になっても。。いや総理就任
  したとしても。。官僚作成答弁書を
   丸読み・棒読みするだけで職責全う
    と考えているような連中の集まりだ


その中で。。比較的我々でも理解同意
 可能な。。何とか肯定の発言が目立ち
  歯切れが良いのが小泉進次郎議員だ


ただ。。小生、一年半以上
 も前に言ったとおり、まだまだ
  いやいや全然期待には程遠い


衆議院議員の小沢一郎 その地盤を崩すとかで
  参院岩手選挙区の無所属
   を支援していったいどうするのか

小泉進次郎の言うとおり
 全くもって意味不明
  およそ政権党の戦略には
   到底思えぬが。。


小泉進次郎
彼が、戦力として
 本当の役者として
  舞台に登場するには
まだまだ時間がかかり
 ハードルも数多いのではないか


小泉純一郎
 大きく超えていって
  さぁ、どうかな?という程度


小泉純一郎元首相も

 若手。。中堅。。幹部になっても
  全然、海のものとも山のものとも
偶然・幸運・巡り合わせ
 それぞれが噛み合って尚
  奇跡が起こって首相になれた


小沢一郎。。

 やがてといわず、遠からず
  政界から消えていく
総選挙回数にして
 あと1回か2回なのか
となれば、生活の党
 藻屑と消える訳なのか
 

そして日本政界からは
 完全に役者が消滅する


まず。。自民党の政局に関して
 日本の大新聞・大マスコミ政治部
  が喜び描く
【国会議員主役天道説】。。
   激烈な【自民党内派閥抗争劇】。。

    小生、全く信用する気など無い!!


まぁ。。基本的に自民党総裁に
 内閣総理大臣に誰がなろうが
  閣僚にどういう人物が起用されようが
   我々国民生活や日本経済に1ミリの
    影響も無いことは何度も言っている。。


重要なことは、派閥の意向で総裁が選ばれ
 首相が閣僚人事や党役員人事を練るなど
  という昭和以来続いてきた都市伝説を絶対に
   信用すべきではないということである


人事は、政府=官僚機構の姿勢を表す

問題を明確にするために
 二年近く前の自民党総裁選。。
完全に
  自民党地方組織・自民党員の意向は無視
   されたということ。。
誰に?派閥にではない!


自民党派閥は。。官僚機構が
 日本の政治を動かし、支配する
  ために。。まとめて大量の議員を
   動かして自在に操る便利なツール!


このことに気づくまで
 どれだけ時間が掛かったか
  しかし、今こう考えれば全て
   辻褄が合ってしまう訳である


小泉進次郎。。面白い存在
 ただ。。自民党内に居る間は
  全く期待しないし、出来ない訳だ


そして大新聞がこぞって
 提灯記事。。御用報道の
  安倍晋三首相の大宰相論
   これも噴飯物で、実は。。


官僚機構支配に雁字搦め
 の歴代自民党政権の中でも、
特に
  官僚機構に何もかも丸投げの
   安倍内閣。。その代表安倍首相

    財務省に弱味を握られていた


このような日本国政の惨状
 その中心かつ大多数を占める
  勢力である自民党。。及び友好
   的な野党。。別働隊野党も含め


政党政治が行われていない
 ということを深く認識すべきなのだ


小泉進次郎。。悪しき自民党
 戦後日本政治の負の部分を
  丸ごと背負う自民党に居ても
   何も生まれないし、小生期待しない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安保法制に国民の目が行っている
 だから、政党立ち上げは見送ろう。。

  これじゃ期待は出来んね。。安保法制
   原発再稼働推進。。皆同じ穴の狢だ


「日本政府=官僚機構」の操り人形
 これが日本の政党の内閣総理大臣の
  省庁閣僚。。与党議員団の姿なのだ


せめて。。官僚機構という巨大スタッフ
 を協力させる程度に力つけた集団を
  育てないことには。。国民生活は破滅!!

 
関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1379-0edb7085