「これが民主主義か」=怒号飛び交う中強行採決―安保関連法案・衆院特別委

『「これが民主主義か」「強行採決やめろ」。
 安全保障関連法案は15日午後、衆院特別委員会で野党議員の怒号が飛び交い大混乱の中、与党の
 賛成多数で可決された。「国民の理解は進んでいない」と認めながら採決を強行した与党に、野党議員
 は「反対、反対」と大合唱を浴びせ、議場は騒然となった。
 午前9時から始まった特別委員会。野党議員からは「憲法違反」「審議不十分だ」とやじが上がり、審議
 はたびたび中断。安倍晋三首相の答弁が聞き取れないほどで、浜田靖一委員長は何度も「不規則発
 言は慎むように」と注意した。
 野党側は「必要な資料が公開されておらず、採決に移れない」と主張し審議続行を迫ったが、浜田委員
 長は正午すぎに採決に移ることを宣言。「数の横暴」「独裁だ」。野党議員は「アベ政治を許さない」「強
 行採決反対」と書かれたプラカードを掲げて委員長席の周囲を取り囲み、大混乱となった。
 もみ合いになりながら、浜田委員長は「賛成の諸君の起立を求めます」と絶叫。野党委員は退席し、法案
 は与党の起立多数で可決した。散会後、民主党の辻元清美議員は「自衛隊員が死んだら誰が責任を取
 るのか」と抗議。他の野党議員も「こんなものは民主主義ではない」「ふざけるな」と口々に吐き捨て、議
 場を後にした』



随分とわざとらしいねぇ。。
 こうなるのは誰も読めていたはず


大新聞・大マスコミも尤もらしく
 報道するが。。アンタらこそこの
  下らん茶番を演出してきた訳だ


自民党が野党に回っても同じこと
 強行採決は、昭和時代から。。また
  ゼスチャーの抗議、牛歩戦術等々
   お馴染みの光景ではなかったか?


米欧では、マスコミ・メディアが
 読み切れないギリギリ土壇場の
  駆け引き妥協。。大芝居もみられる

  
しかし、日本では
 『民主主義の本懐は数。。
  多数決こそが正しいのだ』
 『少数会派の意見など
  一切聞く耳持つ必要など無し』


が、隅から隅まで染み渡り定着だ
 万に一つの番狂わせも絶対に起こらん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪国会前でデモは素晴らしい状況。。しかし、あと<二ケタ増>ぐらいにならないと国は動かない≫【日本の政治は、国会議員数百人の頭数多数派で決まってしまう】
 

この国会前デモの風景は
 大新聞大マスコミからは
  一切報道されないという不思議


しかし

投票に行っても、どうせ国は変わらない
 諦めて投票に行かなかった結果がこれ


国会周辺で数千人デモ
 沖縄でも。。そして関西でも学生はじめ
  若者が数千人規模のデモを行っている


海外メディアは報じている
 沖縄は報じた。。そして朝日か。。


読売はどうした!
 産経は?なぜ報じないのか!!


腐った安倍内閣迎合新聞よ
 世界中から哂われているのを
  自覚しなければならないのであるが


これが、数千人から
 数万人に膨れ上がれば
  一気に動揺が走るに違いない


それもこれも。。野党各党がだらしない
 特に、民主党と維新の党が全然ダメ!!


いや、何より我々国民世論が
 鈍感。。節穴。。国会議員の偉い人たち
  がやっているから間違いは無い、いやいや
   自民党の安倍さんに任せておけば良いのだ


などと、ボケきった感覚を有しているから
 足元を見られている、安心させているのだ


国会前デモは15,000人
 に達しているというから、そろそろ
  面白い状況になってきたか?
いや
   まだまだ全然国は痛くも痒くもない


官僚機構が策を練り。。何も解らない
 議員どもを操って、法案採決へ誘導する
  ということは、もはや疑いようがないが。。


とはいえ、表面上国会決議で
 日本の政治が決まっていくというのも
  また如何ともし難い現実ではある訳で


まさか、日本の近未来を
 公明党・創価学会の動静を
  固唾を飲んで見守り。。挙句
   委ねることになろうとは思わなかった


安倍政権というが。。集団的自衛権の場合
 外務省が、裏で糸を引き。。首相・内閣を
  動かして。。閣議決定強行採決へもっていく


消費税増税は、勿論財務省だ
 原発推進・原発再稼働は経済産業省
  と電力会社・原子力ムラが背後に控える


国民が反対の意向を示している
 にも拘らず。。無視され踏み潰される
  なぜこんなことが起こるのだろうか


圧倒的多数派の政権与党
 これを総選挙・参院普通選挙で
  我々が作ってしまったことに他ならない


日本には、少数意見尊重・優先
 という文化は全く存在していない
  民主主義は多数決!!これしか無い


ならば。。ヘタなことをすれば
 政権から滑り落ちてしまうからヤバイ!

  そういう与野党伯仲の緊張状態を
   常時創り出すしか、方法は無いのだ


その状況を日本の為政者・官僚・新聞社
 は最も忌み嫌い。。愚かなことだと言い
  何としても避けようとするものなのである

  
「決められない政治」これは大新聞
 が創り出した造語かも知れないが
  真っ赤な大ウソであり、騙されるな!!


選挙にも行かず。。多数派形成
 許しておいて、今頃慌ててももう遅い!
  といってもそれこそ後の祭りだろうが。。


国会前デモが、百万人を超えれば
 全世界的なニュースになるのは確実



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、自民党安倍議員内閣に
 多数派を取らせては絶対にダメ
  と小生、何年も言い続けているのだ


ところが暗愚の国民世論は
 御用ジャーナリズムを信じて
  ものの見事に騙され続けてきた


この国民にこの政治、自戒を込め痛感




公明党の支持者の声が、今後の政局の「空気作り」に大きな影響力を持つ気がするけれどどうなんでしょう?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kataokahidehiko/20150715-00047539/

『私の身の周りには公党である公明党の支持を「公言」する人がいない。もっとも全国に支持者は多いはず
 なので、私に支持しているとは言わないだけで、実際には何人かいるのだろう。この公明党が政局の
 「空気作り」を担う可能性が高くなってきた。

 この「空気作り」というのは、今後の政局における政府や各公党のPR戦略を考える上で、非常に重要で
 無視できない要素である』

『先の衆議院の選挙の開票直後、公明党がキャスティングボードを握ったのではないかと直感的に感じた。
 もちろん、みんなの党や維新の会や次世代の党など、その他の党の存在もあったが、キャスティングボー
 ドは公明党だと感じた』

『今後の日本の政局の「空気作り」のキャスティングボードを握るのは公明党の支持者の方々になるのだろう』



全く仰るとおり、それは多くの人が
 知っている。。
しかし、自民党が1強
  と信じている人々もかなりいるはず!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪大新聞・大マスコミ・御用ジャーナリズムがフル稼働している!≫<《安保法制という名の植民島不戦殉死法案》強行採決の邪魔、国会前デモが目障りなようだ>【安倍議員内閣支持率低下もさることながら。。公明党連立離脱は望み薄?】


「安保関連法案」で安倍総理が犯した2つのミス
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150714-00074860-diamond-bus_all

『実をいうと、1つ目の失敗は、「希望の同盟演説」の中にある。(太字筆者。以下同じ)

 <日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。実現のあかつき、日本は、危機の程度に応じ、
 切れ目のない対応が、はるかによくできるようになります。この法整備によって、自衛隊と米軍の協
 力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑
 止力をもたらすでしょう。
 戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。>

  「この夏までに、成就させます」。これは、安倍総理が米国に「約束」したのだ。この約束が、「1つ目
 の失敗」である』


まぁ、これには異論は無い
 なぜあんなことを言ったのか

  原稿丸読みしか考えなかったか
   なら原稿作成者はいったいなぜ?


安保法制について大新聞辺りから
 日本でしきりに、垂れ流され。。また
  反対派からも、戦争法案などと・・・。


小生。。安保法制・集団的自衛権
 憲法9条改正全て反対なのである

  この法案は、不戦殉死法案なのだ!!


米軍基地は、集団的自衛権とは無関係
 米国の世界戦略のためだけに存在だ!




集団的自衛権と公明党
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11604

公明党。。その支持母体の創価学会
 がぶら下がり、しがみつく現世利益とは

  つまり、国会議員政権にものが言える

それがあるから、自民党との連立離脱
 は中々。。成されずに来たというべきだ


官僚機構が完全コントロール支配
 が事実なのではあるが。。
大新聞
  政治部や御用評論家の喧伝により
   自民党は、戦後日本政治の象徴だ

    それに意見が通るという庶民には
     夢のようなことが謳い文句なのだろう


それ見ろ!自民党でも中枢に近い
 官僚出身側近議員や、それ以上に
  官僚機構から派遣された秘書官は
   公明党との連立解消の恐さを理解だ

    1選挙区3万票の破壊力を知っている


別に公明党に期待する訳ではない
 創価学会あっての政党であるから
  背後の宗教法人創価学会の意向が
   気になるだけであるし。。
創価学会の
    唯一評価出来るのは、平和主義!!

     たったこれだけ!反自民・反タカ派
      にとって、それだけが頼りなのだ


一発で終焉を迎える安倍内閣の
 様子を是非とも見てみたい!訳だが

  しかし!またもや糠喜びに終わるのか。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公明党の揺さぶり。。いや連立離脱
 またもや糠喜びに終わりそうである

  しかし、もう国民世論に。。有権者に
   期待してばかりはいられないのだ


メガトン級の破壊力!自民党選挙から
 公明党支持層=創価学会票が落ちれば
  全く成り立たないどころか、議席3分の1!



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1358-c8a82782