自民党「総裁選」幻の立候補者を「安倍総理」が気にする訳〈週刊新潮〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150713-00010001-shincho-pol

『安倍総理は、60日ルールを使い、9月半ばの安保法案成立を狙っている。しかし、そう簡単に
 事は進むのだろうか。例えば、9月の自民党総裁選に手を挙げる人が現れたなら……。それは、
 安倍総理にとっても想定外だという』

『「(総裁選に)出馬の意向がある人がいるなら、今年初めから準備している。今のところそんな
 話は聞かない」

 安倍シンパの議員が今度の舌禍事件を起こす数日前、二階総務会長は、こう語っていた。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

 「ある安倍側近は、総裁選が国会会期中に行われると、安倍さんにとって有利だと言っていた。
 つまり、会期末ギリギリまで重要な安保法案を審議している最中、身内が対立候補として手を
 挙げ、党内をゴタゴタさせることは普通しない、ということ。これが、他の議員への牽制になって
 います」

 今のところ、総裁選は、9月8日告示、20日投開票との日程が有力だという。全国紙政治部デス
 クは、

 「総裁選に出る人が現れるかどうかは、今後の世論調査の数字次第でしょう。今度の舌禍事件
 に加え、衆院で安保法案を自公で強行採決したら支持率低下は避けられない。仮に30%を切る
 ような事態になれば、対抗馬が出る可能性もある」

 そうなった場合、有力候補は誰か。

 「内心やる気満々なのは野田聖子さんです。ただ、彼女は20人の推薦人を集められない可能性が
 ある。むしろ、谷垣幹事長や石破地方創生担当相を推す声が出るでしょう」(同)

 いずれにせよ、総裁選が行われることになれば、

 「安倍さんの計算は狂う。安保法案成立の不確定要素となるでしょう」

 とは、政治アナリストの伊藤惇夫氏。

 「これまでの慣例に従えば、総裁選の期間中、国会はストップする。一切、審議ができなくなってし
 まうわけです。むろん、慣例を破れば、審議を同時進行することもできますが……。審議がストップす
 る中、9月半ばに60日ルールを適用してよいのかどうか、議論が分かれるかもしれない」

 先の政治部デスクの話。

 「総裁選に勝利した後、60日ルールで再可決した方が無難でしょう。ただし、20日から23日までは
 連休。安倍さんは、28日からの国連総会に出席するため、25日には日本を出発しなくてはなりませ
 ん。とすると、衆院再可決は、24日か25日ということになる」』





如何にも、日本の中央政治
 自民党安倍総理の政権運営
  それに対抗する非主流派でも
   存在していそうな記事であるが・・


そんなもんは無い無い
 支持率30%を切ったら対抗馬?
  それも、どんなに贔屓目に見ても
   昭和時代までの話だろう、間違いない




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍晋三は、官僚機構にとって非常に都合が良かったのだ≫<二年近く前の総裁選>【官僚機構は、派閥を利用して安倍晋三を総裁にした】


まぁ。。基本的に自民党総裁に
 内閣総理大臣に誰がなろうが
  閣僚にどういう人物が起用されようが
   我々国民生活や日本経済に1ミリの
    影響も無いことは何度も言っている。。


重要なことは、派閥の意向で総裁が選ばれ
 首相が閣僚人事や党役員人事を練るなど
  という昭和以来続いてきた都市伝説を絶対に
   信用すべきではないということである


人事は、政府=官僚機構の姿勢を表す

問題を明確にするために
 二年近く前の自民党総裁選。。
完全に
  自民党地方組織・自民党員の意向は無視
   されたということ。。
誰に?派閥にではない!


実はこの総裁選が
 非常に解り易い絶好のケース
  となり、今となっては感謝している


派閥。。人の集まり。。拘束
 つまりまとめて議員を動かすことが出来る


官僚機構にとって都合が良い
 コントロールのためのシステムだったのだ


民主党野田内閣で
 自民党・公明党・民主党の
  三党合意で消費税増税が決まる


正式決定は、安倍内閣に持ち越された
 というのは表面的なことであり。。既に決定
  選挙がある国会議員には、党員を無視
   するような勇気は無い!官僚機構だ!!


地方組織・党員票で石破1位
 しかし、決選投票。。派閥で安倍晋三

  石破では都合が悪いのではなく
   安倍晋三が非常に都合に良かったのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「・・・・・派会長」といっても
 派閥の領袖とはいえない
  派閥という名の会社の社長
   サラリーマン社長ということ


安倍総理大臣にして、官僚機構の
 操り人形であるから。。各派閥の長
  や党幹部、内閣閣僚といっても、
   安倍総裁つまり官僚機構の後ろ盾
    を要する総裁に楯突くヤツなどは
     間違っても絶対にいない!訳だ・・・。



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1356-5ffce55e