消費増税と財務省人事の関係 悲願の増税に向けて
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150705-00043989-gendaibiz-pol

『財務省の悲願・消費増税
 昨年夏の財務省人事は、木下康司事務次官が退任し後任に香川俊介氏、主計局長に
 田中一穂氏といった布陣だった。これは、8%から10%への消費増税の決定にむけて、
 盤石の増税人事のはずだった。

 ところが、いま振り返ってみると、安倍首相はその時点で秋の消費増税延期、冬の解散
 総選挙の構想を描いていたようだ。

 そして今夏、消費増税ができなかった香川氏が1年で退任し、後任には田中氏が就任。
 財務官に浅川雅嗣国際局長、国税庁長官に中原広理財局長、主計局長に福田淳一官
 房長など、最新の財務省幹部人事が固まった』



御用学者か御用ジャーナリストの文だ
 財務省がプロデュースし、安倍総理に原稿
  渡し、そのまま棒読みさせた消費税増税。。


10%への再増税体制も盤石ではないか!
 景気条項は採用せず、つまり10%へ確実に増税
  決定します!と解散宣言で言わせたではないか!




『財務省の悲願は、'17年4月に予定されている8%から10%への消費増税をなにがなんで
 もやり遂げることだが、今回の人事は最強の布陣となっているだろうか。

 まず、ポイントは田中次官。安倍首相は田中氏を次官にするとしばしば漏らしてきたが、
 これは田中氏の力量を買っての発言ではなく、安倍首相自らの政治力を示したい意図
 が透けて見える。

 思い返せば、財務省のいうことを無視した政治家は、これまでたった一人しかいない。グ
 リーンカード(少額貯蓄等利用者カード)をつぶした故金丸信氏だ。金丸氏はその後、税
 法違反で政治家生命を絶たれた。その両者に関係があるのかどうかは定かでないもの
 の、政治家は財務省権力の強大さを思い知ったはずだ』




金丸信が、グリーンカードを葬り去っただと?
 死人を叩くのは忍びないが。。ウソもいい加減に

グリーンカードを導入は、1970年代から
 財務省の前身、大蔵省が推し進めてきた


しかしながら、1980年に入る頃、相次いだ
 KDD(現KDDI)事件や今は無き鉄建公団の
  乱脈経理事件等々、汚職・疑獄も噂された
   スキャンダルが相次いだ訳で。。
折りからの
    前川リポートや第二臨調による行革推進気風


一般消費税構想が大平内閣で断念された
 増税なき財政再建が歴代内閣の合言葉だった
  そういう時代だったから、
グリーンカードなど
   夢のまた夢で、やれば自民党は吹っ飛び
    日本は官僚機構のシャッポ不在、無政権に

     そういう背景だったのではなかったのかね?




『しかし、安倍首相は、消費増税延期の解散総選挙で大勝し、財務省にリベンジの隙すら
 与えなかった。

安倍政権のもくろみ
 次に興味深いのが、佐藤慎一主税局長だ。同氏は昭和55年入省の「55年組」。有力同
 期はほぼ退官しているので、55年組の唯一残った事務次官候補だ。

 一期上の「54年組」は、木下、香川、田中氏と3人も財務事務次官を輩出した。過去にも
 財務省(大蔵省を含む)で同期から2人の事務次官を出したことはあるが、わずかに「28年
 組」、「49年組」ぐらいだ。3人も出したのは、財務省の歴史始まって以来だろう』

『主税局長から事務次官になった例はあるが、数少ない。最近では、薄井信明氏('99年7
 月)、小川是氏('96年1月)、尾崎護氏('92年6月)があるが、いずれも国税庁長官を経由し
 ている。佐藤氏が直接主税局長から事務次官になれば、高橋元氏('81年6月)以来である。

 財務省の伝統的な考え方からいえば、来年7月の参院選で自民党が消費増税を公約し
 て、勝利することがいい。その際、民主党にも消費増税を公約させて、どっちに転んでも、
 消費増税になればベストである。その直後の人事で、佐藤事務次官誕生というシナリオ
 はありえる。

 ただし、安倍政権としては、佐藤氏に事務次官のニンジンを目の前にぶら下げて、消費
 増税を政治的な駆け引きに使いたいだろう。来年の参院選の勝利、つまり憲法改正のた
 めに、衆参とも連立与党を含めて3分の2以上のために、あらゆる手段を講じてくるはず
 だ。

 場合によってはダブル選挙もありうる。そのために、佐藤氏がどこまで安倍政権のため
 に働くか』




如何にも、安倍内閣総理大臣による
 政治主導が存在するかのように演出
  そういう文章だが、もうすっかり見飽きたよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪アーミテージレポートに忠実な安倍内閣。。しかし、その米国の言いつけを守るのは官僚機構外務省だ!≫<官僚機構支配政治からの脱却を図れ!>【大事なのは、議員政権与党が替わっても。。今のままでは全く同じことになるということ】


安倍晋三内閣総理大臣及び
 安倍議員内閣閣僚が率いる
  日本政府。。即ち官僚機構
   を使ってアーミテージレポート
    に忠実に安保法制構築と。。

     
田原氏及び他のジャーナリズム 
 も述べているようなのであるが・・・。


この2012年8月という時期に
 注目してみれば。。民主党野田内閣
  つまり、野田第二次改造内閣の最中
   野田第三次改造内閣にも突入してない


先に結論を言おう!外務省が
 米国レポートを受け取り。。忠実に
  遂行することを誓い、国会議員内閣
   を操って、国民世論を攪乱している


安倍晋三と国会議員政権与党
 が悪くないなどというつもりは断じてない

  国会議員がしっかりしてさえいれば
   こんな下らん世の中。。政治にならない


偉い偉い大学教授の論考に。。
 クソど素人の小生ごときが逆らうのは
  失礼極まりないことではあるが。。
敢えて

論者は、小泉純一郎内閣以降
 総理大臣権限が強まりトップダウン

  間接的に安倍晋三内閣を賛辞したい
   という訳なのだろうか?
しかし!だ。。

官僚機構の強権というものが
 日本の政治の最大の特色なのである


小生。。戦後日本に政党政治は
 存在しなかった。。
といっている

その前提として。。まずいえることは
 内閣や政権党が替わっても。。法案は
  繰り返し。。我々の前に姿を現す
という
   ことを思い起こせば、納得が出来る

さらには、戦略会議や諮問会議、懇談会
 も焼き直し。。リバイバルが非常に目立つ


安倍晋三首相の私的懇談会
 「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」
   (安保法制懇)
が、


集団的自衛権を全面的に容認し、
 国連の集団安全保障への参加
  も憲法上の制約がない
とした

これを。。安倍首相に

これまでの政府の憲法解釈
 とは論理的に整合しない。
憲法がこうした活動の全てを
 許しているとは考えない
、と否定させ。。

平和主義。。
 国民の命と安全を守るため。。を強調


安倍首相のお友達である
 タカ派の御用学者。。そして
  外務省タカ派の事務次官出身者
   によって固められた。。第一次安倍
    政権時にも創設された懇談会焼き直し


これにグッと強めに踏み込ませ
 それを安倍首相が否定してみせ

  正に手の込んだ芝居ではなく
   下手な芝居・安っぽい芝居だった


安保法制懇は、第一次安倍政権
 からの懸案。。焼き直しであり

  第二次安倍政権自体。。第一次
   からの懸案処理、焼き直しだ


こういう過去の前例ストック
 または、焼き直し・反復作業。。
  典型的な官僚機構の手口である


第二次安倍内閣は、第一次の焼き直し
 何と、6年もブランクがあるのにも拘らず
  焼き直し、リバイバルは官僚機構の
   常套手段であるが。。
骨太の方針。。
    これは小泉純一郎内閣で散々耳にした


骨太の方針。。が出てきた
 経済財政諮問会議。。橋本行革
  1996年からの橋本龍太郎内閣
   で、設置が決まった諮問会議だ


つまり、橋本行革とか小泉の聖域なき・・・
 を打ち出した経済財政諮問会議。。
  そして何と!民主党内閣で途切れていた
   経済財政諮問会議。。第二次安倍内閣で
    復活した!!ともいわれるが。。


その民主党内閣で経済財政諮問会議
 を廃止して、設置した国家戦略室。。改組
  して国家戦略局・・・これは小泉内閣時に
   構想が練られた。。これをどう理解するか?


ケンカ。。怒鳴りあい?いかにも
 政権党内。。与党内で国会議員が
  激しく議論していた風な言い回しだ

   しかし、根底から疑う必要がある!!


橋本龍太郎。。小泉純一郎
 安倍晋三。。いやそれだけではない
  民主党鳩山、菅、野田。。そして安倍

   全部繋がっていて、官僚機構が背後
    に控えて、全てをプロデュースしている


内閣が。。政権が。。党が
 替わっても、同じ法案、懇談会や
  諮問会議が出てくるのはそのためだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

法案。。懇談会。。諮問会議
 実に非常にリバイバルが目立つ
  日本の中央政治事情なのである


それは政権が替わっても。。政権党が
 交代しても一切変わらないから確実だ


日本の政治は国会議員がやってはいない
 官僚機構が主導し、やらせているのである


そういえば、グリーンカード。。民主党
 野田内閣に既にチラついていたよなぁ
  増税気運は菅直人からではなかったか


国会議員主導なら。。財務省主導で
 なかったなら。。そんなことは起こらない


  
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1347-9e3c64ec