「ぼく達は戦争に行かないぞ」 若者たちの反戦運動に違和感
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150704-00000015-pseven-soci

『各地で反戦集会が活発になってきた。だがコラムニストのオバタカズユキ氏は、安保法制に反対
 しながらも集会の声に違和感を持つ。なぜなのか、考えてみた。

 * * *
 このところ週末になると都心をはじめとした大都会の一部で、それなりの規模の反戦集会がおき
 ている。安倍政権が成立させようとしている安全保障関連法案に対する抗議行動だ。

 いわゆる安保法制は憲法違反だし、自衛隊の活動範囲を広げるならば、解釈改憲ではなく現憲
 法下での憲法改正を経てからすべきだと考えるので、私も安倍政権の安保法案には反対だ。

 でも、それに反対している草の根の声を聞いても、もやもやしたものを感じてしまうのだ。集会や
 デモなどの盛り上がっている様子がSNSに流れてくるたび、俺は君らにも同調できない、という気
 持ちになる。

 例えば、東京渋谷のハチ公前に大学生ら数千人が集まったという、6月27日(土曜)夕方の安保
 法案大集会。朝日新聞デジタルは動画つきでその様子を伝えた。動画を再生すると、壇上で、お
 そらく20代と思われる男性がマイクを片手に叫んでいる。

 <この国の法案が通れば、他の国の戦争に日本の若者が巻き込まれ、命を落としたり、あるいは
 人を殺してしまう危険性が高まるということです。そんなこと絶対、許してはなりません!>

 私は、この演説からしてすでに違和感を覚える。揚げ足を取ろうというわけでは決してないと断っ
 た上で言えば、他の国の戦争に巻き込まれて命を落としたり人を殺してしまう危険性が高まるの
 は「日本の若者」か? 違うだろう。それは「日本の自衛官」だ。細かな言葉の問題ではなく、これ
 は大きな認識のズレである』



いや、今現時点では自衛官かも知れん
 しかし、PKO/掃海艇/機雷除去等で
  大量に事故死。苦にした自殺等々で
   またそれに恐れをなした自衛官の脱隊

    
そうすれば、一般人からの補充になる
 就職無ければ自衛隊入隊の可能性は
  益々高まるばかりで、大いに可能性!!




「戦争法案じゃなくて、人殺し法案だ」憲法学者らが国会前で「安保法案」反対アピール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00003334-bengocom-soci

『集団的自衛権の行使容認を盛り込んだ「安保関連法案」に反対する憲法学者・研究者たちが7月3
 日、東京・永田町の国会議事堂前でリレー形式の演説をおこなった。時おり雨に見まわれながらも、
 10人以上の学者・研究者らが安保関連法案を廃案にするよう訴えた。

 安倍政権が成立を目指す安保関連法案をめぐっては、多くの憲法学者が「憲法違反だ」という意見
 を表明している。また、10代、20代の若者を中心したグループなどが「戦争法案だ」と反対する国会
 前デモを起こすなど、これまでの「護憲運動」を超えた動きが起きている。

 リレートークでは、清水雅彦・日本体育大学教授は「憲法のどこをどう見ても、集団的自衛権は認め
 れない。安倍政権は無理なことをしようとしている」と述べた。また、三輪隆・埼玉大学名誉教授は
 「正確に言うと、戦争法案じゃなくて、人殺し法案だ」と強調した』

『呼びかけ人の一人である石崎学・龍谷大学教授は「樋口陽一先生(東京大学名誉教授)の国会前
 アピールに心を打たれた。私でもやれることはないかと研究室を飛び出してきた」と述べた。登壇者
 の一人は「こんなところで話すのは恥ずかしいが、我慢できずにやって来た」と語った。

 荒天でときどき雨が降りかかる国会前には、学者や研究者、弁護士のほか、メディアや市民50人近
 くが集まった。また、社民党の福島みずほ参議院議員や、生活の党の山本太郎参議院議員ら国会
 議員も数人駆けつけて、改めて安保関連法案に反対していた』



戦争法案ではなく人殺し法案?
 いや、作戦や世界戦略には加われない

人殺しというよりも。。強制的に殺される
 強制不戦殉職殉死法制だということである

福島瑞穂や。。はたまた菅直人が出てきたら
 この運動も尻すぼみどころか。。滅茶苦茶だ

  山本太郎に何とか軌道修正をお願いしたい


せっかく、面白い動きがまだまだ
 つぼみの状態とはいえ、出てきた
  一歩、小さい一歩が踏み出された

   あとは連立が割れたら。。自民党が崩壊
 
と思いきや、またもやそれに水差す
 ケシカラン維新の動きがニュースに出た




橋下氏「大阪維新、自立準備を」 維新の党に不信感

『地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長が、4日夜に同市内で開いた全体会議の場で、
 出席した大阪維新所属の国会、地方議員に対し、上部政党にあたる維新の党からの「離脱」に向
 けた準備をしておくよう指示する発言をしていたことが、複数の出席議員への取材で分かった。

 秋にも行われる維新の党の代表選をめぐり、国会議員を中心とした維新の党執行部が、国会議
 員と地方議員の「持ち票」に差をつけようとしたことへの不信感が背景にあるとみられる。

 全体会議には大阪維新所属の大阪府議や大阪、堺両市議のほか府内選出の国会議員ら約10
 0人が出席。出席者によると、橋下氏は「維新の党の国会議員は、地方分権などの維新の精神を
 忘れている」と指摘し、「大阪維新が国政政党として、いつでも自立できるよう準備しておくように」
 などと呼びかけたという』



理由などどうでも良いのだ
 安倍内閣。。安倍総理大臣
  具体的には官僚機構の差し金!


昨年末の総選挙に向けた記事。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍自民党国会議員政体は、総選挙の議席を相当厳しい!と判断した≫【自民党別働隊。。選挙後、維新の党が分裂!!橋下維新が自公と連立組む】



確かにそうだ。。自公連立で過半数
 得られなければ、と言っているようだ


ならば、普通に考えて。。首相が辞任
 というレベルではなく。。自公が政権から
  転落する、という話になってくる訳なのだ


要するに。。安倍首相は、絶対に
 辞任などするつもりは無い、ということ


選挙で負けても、そのまま安倍総裁総理
 で突っ走るつもりだと、ということなのか?


しかし、それは自公連立両党から 
 すかさず牽制が入り、270議席に
  ハードルが上げられてしまった訳だ


ポスト安倍?そんなものはいない
 谷垣幹事長は、負ければ責任取るから
  総裁の声は無い!
ならば、TPPの甘利
   さんということ?いずれにせよ。。いない

    そうか、菅官房長官にバトン渡す?まさか

自民党は、今回の選挙。。相当厳しい
 結果を予想しているということなのか?
  10月時点では、再増税したとしても
   大勝ちに勝つという目論見だったはず


再増税見送りともなれば。。
 小生、自民党400議席に手が届く
  少なくとも、議席上積みどころか。。
   300議席台後半は堅いとすら読んだ


しかし、潮目が変わってしまったということ
 スキャンダル。。そして野党の共闘が
  思いの外進みそうな勢いすら出てきた


橋下徹。。及び松井一郎
 維新の党。。いや大阪維新の会の
  両リーダーは、実際出馬しないようだ


公明党。。その背後の創価学会と
 本気で真正面からの対決はしない

  大阪で。。創価学会を敵に回して
   大阪都構想も何も無いということだ


いや、それ以上の政略が隠されている
 と、小生。。みている訳なのであるが。。


維新の。。橋下、松井。。両氏は
 自民党。。特に安倍晋三の別働隊
  維新の党がいくら頑張ろうとしても
   江田憲司がどれだけ背伸びをしても
    この二人が、それを絶対に潰しにいく


小生。。以前からそう予想している訳だ
 だから、小沢一郎が目論む民主党中心
  野党共闘。。野党連合には乗らないのだ


つまり、安倍自民と公明の連立
 特に自民党が、予想以上の大敗を喫する
  ことになれば、橋下維新が自公と連立組む



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野党共闘。。野党連合。。残念ながら
 幻想だったし、望むべくも無い状況だ


しかし、橋下が安倍晋三別働隊という
 悪しき事実だけは俄然今でも生きている


悲しいかな、これが日本中央政治の
 現実であり、限界とみて良い訳である

  自民公明の連立が割れないとムリなのだ
   公明と背後の創価が離れるだけで良い!!


しかしながらそれも、極めて望み薄なのだ



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1346-07a4f1fe