ISIL(いわゆるイスラム国)身代金要求と安倍首相<前編>古賀茂明と日本再生を考えるメールマガジン Vol.117より
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150211-00042026-gendaibiz-pol

『こういう問題が起きたときに、世の中ではよくこういうときこそ国民は一致団結しなければ
 いけない。逆に言うと、安倍さんが一生懸命がんばるんだから安倍さんないし安倍政権
 として、政府として、がんばっているんだから、それをみんなでサポートはするのはいい
 けれども、決して批判をするようなことをしてはいけないというような雰囲気が出てくるん
 です』

『「テロとの戦い」というところまでは僕はこれは言わざるを得ない話だと思うし、それは正
 しい話だし、それからテロ一般ということであれば、それほどISILを刺激しなかったかもし
 れないんですけれども、安倍さんは「イスラム国」という名前を出して、そういうテロとの
 戦いにわれわれは一生懸命協力していくんだ。最大限できることをしていくんですという
 ようなことを言ってしまった。

 安倍さんのこの発言とともに、どういう映像が切り取られて流れているかというと、イスラ
 エルの国旗がななめ後ろに掲げられる中、安倍さんが胸を張って、テロとは戦うんだと
 いうようなことを言っている。イスラム国はわれわれの敵なんだ。あいつらと戦ってるん
 だというふうにとられるような編集で流れるわけです』

『安倍さんの発言っていうのは基本的に官邸で仕切るというふうになっているので、外務
 省がいろいろチェックして「安倍さん、危ないからこんなこと、やめてください」なんて、今、
 そんなことを言ったって、安倍さんの側から、お前×(バツ)っていうふうにつけられるだけ
 ですから、(外務省から)そんなことも言わないと思います。が、結果的にそこをうまく利用
 されて2億ドルという巨額の身代金要求になってしまった』

『これはいろんな意味合いで私は問題だなと思ったのはさっき言ったとおりで、安倍さんは
 いろんなことをわかった上で、つまり最終的には2人の日本人の命という大事な価値と、
 それからもう1つ、天秤にかけたもう1つの価値というのがあって、それは安倍さんの正義、
 そして安倍さんの世界における立場。結局、アメリカと私は一緒なんですよと。あるいは
 イギリスやフランスも含めた有志連合軍で自分は空幕はできないんだけれども、それと
 同じぐらい、みなさんと一緒ですよという名誉ある地位っていうかね、安倍さんから見れ
 ばですよ。要するにお前、何もできないんじゃないの。腰抜けじゃないのっていうふうに
 思われたくない。自分たちも最大限がんばってるよという名誉ある地位を占めるという、
 その価値ですね』

『それを天秤にかけて、2人の命っていうのは、この人たちは勝手に出かけていっちゃった
 わけだし、そういう人たちの命に危機が及ぶかもしれないというリスクを冒してでも自分
 の価値を優先したということだと思うんですよ。もちろんそれはそんなきれいごとでは済
 まない世界で、国際社会って、こんな戦争みたいなことになってるんだから、そんな尊い
 人命なんて言ってる場合じゃないとかいう人たちも、特にネット右翼の人たちはそういう
 ことを言っているんですけれども、そういう判断をしたということですよ。だからそれにつ
 いてわれわれ日本人はどう考えるのかというのが問われているんですね』



1月22日の古賀茂明氏の見解
 言葉を選びながらも。。政府と
  安倍首相の判断を批判している
   実に、バランスとれた理論である


小生も大間違いだと考える
 それだけでなく、日本政府と
  安倍政権が米欧露をはじめ
   いわゆる”国際社会”と
    同調可能なのか大いに疑問!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪二重に騙されている。。我々普通の日本国民!≫【冷静で正しい国民の判断を阻む<日本の大新聞&テレビ>の高い壁】


『安倍晋三は、二人の人質殺害をショックドクトリンに利用して、いよいよ年度内に緊急事態管理
 庁の創設に意欲を燃やし始めた。つまり、日本版FEMAだ。

 あまりにも無知な国民は、自分たちが死刑台に向かって歩いていることが理解できないだろう。
 しかし、残念なことに、そのネット右翼が真っ先に日本版FEMAのターゲットになるのだ。

 ネット右翼のどうにもこうにも破滅的な知能の低さの前には成す術がない。
 彼らには、もう、「そのときが来れば分かる」としか言う言葉がなくなってしまった。

 ISIL(+CIA)のテロは、憲法九条が改悪され、徴兵制が布かれて若い男女が戦争に駆り出され
 るまで続くだろう。
 これは、安倍晋三という後世に残るデストロイヤーと、ISIL(背後に米英+イスラエル・・・フランス
 も少し)のニーズが合致したことから起こる。

 こうしたことを書いても、今の若者は理解さえできないのだろう。絶望の一歩手前まで来てしまっ
 た。
 残された時間、せいいっぱいのメイクをして、原宿、表参道、銀座を闊歩しておいたらいい。きっ
 と懐かしい思い出になる。


 まず、外国勢は逃げ足が速い。「カタール航空が日本路線からの撤退を検討」-こういうことがど
 んどん出て来るだろう。

 どうも、日本の経済をダメにするのは安倍晋三本人だろう。

 このパニックの陰で、亡国の官僚たちがTPP妥結に向けてほくそ笑んでいる』


転載終了


米(英)欧イスラエルの仕組んだ壮大
 大胆・巧妙な仕掛けと芝居
が、日本を騙す

日本政府とはこの場合外務省。。そして
 議員内閣である安倍晋三政権がそれに乗り
  タカ派的軍国政策に日本を陥れる、とのこと


安倍政権を免罪する意思が
 皆無であることを強調するため
  小生。。敢えて上記言い方をした。。


ただ日本列島国民・若者。。戦争へ突入
 した日本国政府の犠牲に。。これは
  小生でも何度も予測警告した訳だ。。


つまり、米欧イスラエルの戦後
 世界秩序を装う勢力によって
  日本は戦争に向かうのだろうが


その際、天文学的な日本のカネが
 世界一の国家資産を含めた巨額な
  資金が
”戦争を偽装”した米欧
   イスラエル軍需産業に注ぎ込まれ


この混乱・危機を待ってましたとばかり
 安倍政権は、タカ派・軍国政策へ。。
  集団的自衛権行使・安全保障法整備
   が俄かに活発に・・それを支持しかねない
    初心な我々普通の日本国民の平和ボケ


カネだけでなく、米欧民主主義の建前
 戦死者も日本で相当量負担してくれ!
  ということなのは、何度も指摘してきた


要は、あるところまで徹底的に利用
 され続けた日本(政府・政権・国民全て)
  は最後は切り捨てられることになるだろう


国際社会と手に手をとってと
 思っているのは、日本政府・政権だけ

  米欧イスラエルは日本を同志とは思わない

日本国内の我々普通の国民の
 かなりの部分が、日本政府と安倍内閣
  は力が有って、正しいことをしている
   と、信じているようなのも間違い無い


つまり、日本国民が信頼している
 安倍内閣と日本政府も
米欧イスラエル
  に騙され、利用され尽くして捨てられる


我々普通の日本国民は
 二重に騙され、嵌められているという
  非常におめでたい構造になっている


せめて、今より冷静かつ正しく
 お人好し過ぎない判断を我々国民が
  下すのを阻んでいるのが。。
日本の
   大新聞とテレビの御用提灯報道である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ISIS・ISILを育てたのが
 米CIAや英MI6。。そして
  主力はイスラエルモサドという
   説はかなり根強いものがある!


その上で、イスラエルを米政府政権
 欧州各国やロシアも含めて距離を
  置き出しているとの見解も目にした


最悪の。。抜き差しならない
 イスラエルと同調という安倍政権
  政府外務省は戻れない道を突き進む。。


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1204-a6c7548e