<人質事件>政治家は対象外に…検証委、問われる実効性

『政府は10日、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)による日本人人質
 事件で、政府対応を検証する「邦人殺害テロ事件対応委員会」の初会合を首相官邸で開
 いた。3月末までに危機管理や邦人保護の強化策を盛り込んだ報告書をまとめる。ただ、
 検証対象に政治家は含まず、結果の公表も限定的になる見通しで、どこまで実効性ある
 内容となるかが問われそうだ。

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で検証対象について「政治家は考えていない」と明言
 した。安倍晋三首相をはじめ、菅氏や岸田文雄外相、ヨルダンの現地対策本部で指揮をと
 った中山泰秀副外相らは除き、首相官邸や関係省庁などの事務方職員のみを対象とする
 意向だ』



新聞・テレビがニュースの主情報源
 の人々には、
政治家を検証対象外に
  することは奇異に映るかも知れない。。

しかし、日本の政治は官僚機構が
 外交は外務省がやっている!

  以前から考えてきた小生には。。
   いよいよ、それを公然と為政者が
    認めてしまう時代になってしまった

     とむしろ別の意味で愕然とする思い




人質事件:政治家は対象外に…検証委、問われる実効性

『検証委は、事件対応に当たった杉田和博官房副長官を委員長とし、西村泰彦内閣危機管理
 監や外務省、警察庁など関係省庁の幹部がメンバー。政府の初動対応や情報収集体制の
 ほか、首相の中東歴訪時のスピーチも検証対象に加える。

 湯川遥菜(はるな)さんの行方不明を政府が把握した昨年8月以降について検証し、中東地
 域や危機管理の専門家など有識者からも意見を聞く』



菅官房長官が、発足の宣言。。
 しかし、官僚機構から与えられた
  原稿を読んだだけに違いないのだ


ズバリ!今さら言うまでも無く
 杉田官房副長官(事務)。。警察官僚の
  西村内閣危機管理監。。警察・外務省。。
   官僚機構の全体会合の如くメンバーだ


つまり、政治家を対象外にする
 ということは。。日本の政治・外交は
  官僚機構がやっている!
ことを
   日本政府=官僚機構が自ら認めた訳だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪官僚機構・大新聞が嫌がる政治集団が伸びないと光は見えない≫<根本・根底からの政治改革・有権者改革が必要なのだろう>【まぁ、こういう手合いの御用評論・提灯記事が罷り通るというのも・・・。】


屋山太郎氏。。小生、国会議員が政治
 をやっている、と洗脳されていた頃から
  好きな評論家ではある。。
なぜなら
   かなり本当に近いことを言ってくれる
    概ね正しい、正確なのだな。。と
     思わせてくれる。。それは今も同じ


ここまでの評論は、いわば昭和時代の
 中選挙区制での自民党派閥全盛期の話
  概ね正しい、と思ってしまう。。
ただ!!
   その時代でさえ、官僚に付け込まれやすい
    と。。面白い証言をしてくれている訳なのだ


また、派閥の親分か代貸しクラスに
 派閥をまとめてもらう、ともいっている

  つまり官僚機構の自民党支配にとって
   派閥というのは実に便利なツール!!

    と言ってきた小生の見解を裏打ちである


いわば、御用評論家に近い
 屋山氏にしてからが認めている
  自民党派閥全盛時代ですら、官僚
   機構支配!
ましてや、派閥消滅の今
    安倍弱体議員政体で官僚機構を
     抑えて政治主導など夢のまた夢だ


屋山氏は、御用評論家に近い
 と言っても、かなり面白い評論

  通り一遍にみえて、本当に近い
   ことも言ってくれる訳なのである

    ヒントを与えてくれる訳なのだ

小泉純一郎元首相が政権時代
 派閥を考慮せず一本釣り、
これが
  本当なのかどうか怪しいが。。
役者
   としての演技力はあったと考える


しかし、このころの派閥。。確かに衰退
 ただ。。その背後に官僚機構が20世紀
  より以上に支配的に侵入・侵略が始まる


次の安倍晋三第一次政権。。たったの
 数ヶ月でお払い箱になった安倍総理は
  官僚機構の牙の餌食になった訳だろう


民主党菅直人、野田佳彦が財務省
 に洗脳されて。。消費税増税政局と
  なってしまったことは何度も言っている


しかし、ここに大新聞の提灯扇動の
 増税肯定記事が踊りまくったことが
  破滅的A級戦犯であることを忘れる
   訳には絶対にいかないのである!!


それと最後の、財務省の操り人形
 麻生太郎と財務省最高幹部連の要求
  を安倍首相が強く拒んだ、
全く信用ならん
   これこそは御用評論家の面目躍如である


菅直人、野田佳彦と極めて近い
 レベルの国会議員。。
いや危険な
  ネトウヨ性を考慮ならそれ以下である


恐らく。。安倍首相の考えたことではなく
 財務省はじめ官僚機構から派遣の秘書官
  彼らの発想なのではないか?
エリート。。
   秀才といえば誤解されるが。。
バランス
    感覚はあるが、薄っぺらく。。過去の
     先例から紐解くことは得意だが、
それだけ

安倍首相という人称の時は、官僚秘書官
 の発案かつ根回し。。そして創られたストーリー


財務省は成敗した方が良い!
 小生は以前から言っているし
  財務省はじめ官僚機構の嫌がる
   人物が増えなければ国民生活
    は破綻するのが目に見えている


ただ。。麻生太郎が救いの手を?
 奴は、財務省の走狗でありシャッポ
  そんなことが出来るはずが無いだろう


財務省がこれは増税先送りやむなし
 廃案になるよりはマシ!
景気条項撤廃
  という付録は正に財務省の発想である


小生。。この屋山太郎氏の
 評論で、改めて合点し。。大いに
  勇気づけられることになる訳である


自民党は、古来。。派閥単位で
 最終的には自民党という政党ごと
  財務省はじめとする官僚機構に
   完全支配される悪しき情けない集団

    それを窺わせる記事がここにもある



「安倍清和会」×「麻生宏池会」自民党内派閥争いが始まる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141227-00041592-gendaibiz-pol&p=2

『町村派会長は、議長に棚上げ
 自民党の町村派(清和会)は12月25日、会長の町村信孝元外相が衆院議長に就任
 したことを受けて、後任に細田博之幹事長代行を選出し細田派に衣替えした』

『それはともかく、肝心なのは細田派である。そもそも町村衆院議長は安倍晋三首相
 (総裁)と波長(ケミストリー)が合っていなかった。

 自民党税制調査会(会長・野田毅元経企庁長官)顧問(インナー)として、野田会長と
 ともに消費税率10%への引き上げを強く主張していた。安倍氏の首相再登板のた
 めの2012年9月の総裁選に町村氏が出馬したことも快く思っていない。プライドが高
 く、上から目線と言われる町村氏は安倍首相にとって、目障りな存在であったこと
 は言うまでもない』

『そもそも安倍首相にとって「清和会」は、源流は祖父・岸信介元首相が率いた岸派で
 あり、自分の派閥との想いが強い。相性が悪い町村氏がいつまでも会長の座にい
 るのは許せなかったのではないか』

『衆院議長と派閥という観点から見れば、89年の衆院議長人事との類似が参考にな
 る。当時の最大派閥の竹下派(経世会)の顧問格として竹下登首相や金丸信竹下派
 会長に歯に衣着せず苦言を呈していた田村元・元通産相を衆院議長に祭り上げた
 人事だ』

『安倍長期政権が確実視される中で、安倍首相が18年9月の総裁任期切れまでに首
 相在任中2回目の衆院解散・総選挙を断行することは間違いない。16年夏の衆参ダ
 ブル選挙であれ、17年4月の消費税10%実施前の通常国会冒頭解散にしても安倍
 首相は憲法改正を自らの手で行うかどうかの判断と深く関わってくる。その時は、名
 実共に「安倍派」になっているはずだ。その際に町村氏の清和会復帰の可能性は皆
 無である』



ここまでは、ほんの前段であり
 話の筋のための前振りに過ぎず
  こんな安倍提灯記事に用は無い

そもそも。。派閥全盛時代と今を
 同じ尺度で記述の記事が多過ぎる


なぜ、こうにも。。御用報道・提灯記事
 が氾濫しているのだろうか。。
それは
  新聞記者上がりの、または議員秘書
   出身の評論家やジャーナリストが
    また現役記者が、自らの飯のタネ
     食い扶持が減る、または消滅する
      ことを恐れて国会議員世界を美化


よって、固い石頭の。。過去の洗礼に倣う
 ことしか出来ないような。。秀才の官僚機構
  に支配されるような下らんことになるのだ!!

  
薄汚い贈収賄で彩られたカネで支配の
 派閥オーナーと現在のサラリーマン然
  でもある取締役社長のような派閥会長を
   同じレベルで論じることがバカげて
    いるだけでなく。。岸派と現清和会は
     全くの別物なのである!この党内
      最大派閥になったのは小泉のお蔭



 
『いずれにしても、事実上の「安倍派」の誕生によって、今後は党内の派閥再編が加速
 化されよう。麻生太郎副総理・財務相は自らの為公会、岸田文雄外相率いる宏池会、
 そして谷垣幹事長率いる有隣会(谷垣グループ)の大同団結、即ち「大宏池会」構想を
 胸に秘めているとされる。

 そのトップに岸田氏を据えるにせよ、谷垣氏を起用するにしても、自民党内の“安倍・
 保守党”と拮抗できる“麻生・保守中道党”をイメージしているのではないか。その成
 否は未だ見えないが、今回の町村氏の衆院議長棚上げはその序章である』



谷垣グループ、谷垣禎一。。そして麻生派の
 麻生太郎。。そして町村派の町村信孝。。
  皆、財務省の操り人形でありシャッポだねぇ


岸田派の岸田文雄も宮澤派の名残。。
 しかし、旧大蔵(省)族にはなり切れず
  外交・米国通の宮沢としてしか。。
ただ
   大平正芳は、大蔵省出身ながら
    大蔵族というより一般消費税で
     洗脳されたクチ!大蔵スキャンダル
      によって。。国民には幸いながら
       法案は可決されることは無かった


結局、自民党は。。官僚派とか党人派
 とか御用評論家やジャーナリズムが喧伝も
  派閥ごと党ごと財務省(旧大蔵)はじめ官僚
   機構の操り人形・道具にされてきた訳だ

    おだて上げながらか、あからさまかの違い


官僚機構が、派閥オーナーや会長
 を使って、自民党ごと支配して操縦
  コントロールして、法案可決やあろう
   ことか内閣総理大臣も輩出してきた


しかし、そんな自民党の役割は
 20世紀で。。いや昭和時代で完全に
  終焉を迎えた!そうバブル時代で終わり!!


もう官僚機構が自由に奴隷のように。。操り
 政策・法案・総理大臣決定。。そして増税まで
  やってのけることは、止めにしようではないか


官僚機構・大新聞・財界が嫌がる
 議員集団が政権獲りに向かうべきなのだ


まず。。我々国民・有権者が意識を
 改革していかないと話にならない

  政治は議員がやっている。。首相・大臣
   は偉い人であり権力者!の誤った信仰


これを捨てきらないとダメである
 お上に逆らわず忠実な国民性。。
  為政者からは便利だろうが、民主主義
   とは対極にあるに違いない訳なのだ


そもそも。。安倍晋三がそんな優秀かつ
 狡猾なやり手で。。という提灯報道・・・。
  しかし、そんな訓練受けた鍛え抜かれた
   人物だと思って信じる方がどうかしている


第一次安倍政権時、数ヶ月で逃げ出した
 情けない男としての記憶、これが本来の姿




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

邦人人質事件 安倍首相は拘束知らず「イスラム国」批判?
http://dot.asahi.com/wa/2015021100002.html

『国会では4日と5日に集中審議が開かれ、政府は事件の対応について野党から追及を受け
 た。そこでは疑問点も浮かび上がってきた。

 まず、後藤さんがシリアで行方不明になったことを政府が知ったのは昨年11月1日。後藤さ
 んの妻から連絡があったという。それが、何者かに拘束されたと認識したのは12月3日。「犯
 行グループからメール接触があったと連絡を受けた」(岸田文雄外相)。

 ここで一つの疑問点が浮かぶ。政府は、後藤さんが何者かに誘拐されたことは把握してい
 た。ところが先月17日には、安倍晋三首相はエジプトでの演説で、

 「イスラム国と闘う周辺各国を支援する」

 と、強い表現でイスラム国を批判。そして3日後の1月20日、イスラム国は湯川さんと後藤さ
 んの最初の殺害予告動画を公表した。政府は殺害予告が出るまで、後藤さんを拘束した組
 織がイスラム国だと特定できなかったという』



この朝日のニュース。。普通に読めば
 安倍首相。。岸田外相を盾にする
  日本政府=外務省の責任逃れの弁!


政府・政権に対する
 朝日の提灯迎合報道である


じっくり読めば。。絶対にオカシイ!
 後藤さんの奥さんは、メールを受け取った
  相手が何ものかは知っていたはずである

   百歩譲って、拘束がISISの仕業と特定
    出来なかった、というのは無能の証明だ


消えた「政府関係者」 - 後藤健二とメールの謎をめぐる捏造と隠蔽

日本の政治・外交は官僚機構がやっている
 以前から。。何度も言い続けてきてはいるが
  それを公然と認めて。。検証対象から議員を
   外す、というのは。。国民がバカにされている


何もかも、官僚機構がやっており
 責任取って辞任する役の国会議員大臣
  法案を議決するためだけの衆参国会議員
   これらの代表議員閣僚や総理大臣が

    もはや無用の存在になったことを裏付ける

憲法違反!!議院内閣制の見直し!!
 という議論が国民から。。いや報道機関から
  湧き起こらないことを見越した暴挙なのだ!!
   

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1203-30740a49