「日米関係おかしい」=小沢氏

『生活の党の小沢一郎代表は26日、インターネット番組で、英国での主要国首脳
 会議(サミット)に合わせた日米首脳会談が見送られたことについて「実は米
 国に断られた。これは異常なことだ」と指摘した。「日中、日韓はもちろん、
 肝心要の日米関係がおかしくなってきており、安倍政権を危うく見ている」と
 も語ったが、米国に断られたとする具体的根拠は示さなかった』



日米関係おかしい
 というよりも

米国に
 見放されかねない


日米首脳会談
 米国側から断られた

  
ということは、10日前に・・・。
小生ですら。。いっている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



やっぱりそうか!<G8サミット>で『安倍首相』は、【米国から日米首脳会談。。断られた】訳だ

日米首脳会談見送りに 首相「経済政策の議論を優先」

『安倍晋三首相は16日夜(日本時間17日未明)、主要国首脳会議(G8サミ
 ット)の機会に予定していた日米首脳会談を見送ることを明らかにした。首相
 は「ドイツを含め『経済政策を議論したい』という国があるので、そちらを優
 先する」と説明。ワルシャワで同行記者団に語った。

 G8サミットは17、18両日に英国・北アイルランドで開かれ、オバマ米大
 統領との個別会談も調整していた。ただ、オバマ氏とは13日に電話で30分
 間にわたり協議したこともあり、今回の会談は見送る方向となった』




日本の首相が、日米首脳会談
 を断ることが有り得るのか?


非常に違和感があった

ニュースになれば
 大マスコミの記事になれば
  普通に納得してしまう
   我々日本国民ではあるが。。


小生のような、クソど素人
 であっても少し興味を
  持っていればピンと
   きてオカシクない局面



ここで興味深い
 見解がある。。





自作自演の疑いがある日米電話首脳協議
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20130614-00025693/

『何とも不自然な日米首脳電話協議に関する報道だ。今頃になって、すなわち6
 月13日になって、オバマ大統領と安倍首相が電話で6月7、8日にカリフォ
 ルニアで行われた米中首脳会談の内容について話し合ったという。8時間に及
 ぶ米中首脳会談と比較すればその軽さはあまりにも明らかだ。問題はこのよう
 な「電話首脳協議」がなぜこのタイミングで行われたかということだ。そして
 その電話協の内容を各紙が一斉に取り上げたかということだ。この報道は、さ
 きの米中首脳会談において日米同盟関係がないがしろにされたのではないかと
 いう懸念を打ち消すために、政府が仕組んだ電話協議であり、政府の一方的な
 発表を大手メディアが検証もせずに垂れ流した結果ではないのか。私が一番注
 視しているのは、果たして安倍首相はロンドンサミットの際にオバマ大統領と
 まともな首脳会談をしてもらえるのかということである』



天木直人氏
 元外交官、つまり専門家が
  激しく懸念を表明している


そして、同氏は更に三日後の昨日





サミットでオバマ大統領に首脳会談を断られた安倍首相
http://www.amakiblog.com/archives/2013/06/16/

『メディアはみな知っているのに安倍首相に悪いから書こうとしなかった。

 しかしとうとうきょう16日の産経新聞が、 「G8 日米首脳会談見送り」
 という見出しで、次のように書いた。

 「・・・日米両政府は15日、(G8にあわせて行なう予定だった)安倍晋三
 首相とオバマ大統領の会談を見送る方針を固めた。13日の電話会談で対中政
 策などについて十分な意見交換が行なわれたことから、両首脳は実利を重視
 し、サミットでは他国との会談を優先させる方針だ・・・」

 産経新聞はよく書いてくれた。

 しかし、それでも嘘がある。

 日本にとって日米首脳会談ほど重要な会談はない。他国の首脳との会談を優先
 するのはオバマ大統領であって、日本は首脳会談を頼み込んだに違いない。頼
 み込んだのに断られたのだ』




いや、全くその通りに違いない
 恐らく。。米国政府側からは

日本と首脳会談の予定は無い
 ついては。。欧州との首脳会談
  でもセットしてみればどうか


欧州諸国の意見も
 よく聞いてみたまえ
  その結果は、もしかしたら
   立ち話程度の数分の時間は
    有るかも知れない


それが実現するかどうかは
 君たちの意気込みと熱意次第だ


こう通告されたに違いない

安倍政権、いよいよ長くはない

自民党首相で
 派閥から見放された
  総裁が失脚はよくあった話

しかし、外交関連で
 米国政府との絡みで
  どうしようもなく
   無念の政局政策
    行き詰まりで失脚


これは、考えられる限り
 戦後日本政権史上
  初めて。。もしくは
   鈴木善幸以来ではないか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


外交案件が影響
 安倍政権の眼前に
  巨大な試練が出現している


米国との関係
 過去、今ほど危険な
  時代も無かったはず
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/116-e4896366