これが安倍カラー?1対1面会、ダントツの官僚

『第2次安倍政権では、政策決定や各省庁の幹部人事で「官邸主導」が強まって
 いる。

 特に、幹部人事には安倍首相の意向が色濃く反映している。

 防衛省では、通常国会半ばの3月に、民主党との距離が近いとされた金沢博範次
 官(当時)が交代した。外務省でも、河相周夫次官が就任1年に満たない異例の
 短期間で退任するが、河相氏も民主党の野田政権で官房副長官補を務めていた』




事務次官人事
 勿論、官僚機構
  中央府省庁の頂点


何処の省でも
 過去、首相・政治屋による
  ゴリ押し人事で順番・慣例
   を崩され。。”首相・大臣”人事
    と、事件のように報道・書物にも


しかし、次官人事
 から外れた方は
  きっちり、天下り人事で
  『それ』に見合う褒美を貰って
   元を取ってしまっている




『後任の外務次官となる斎木昭隆外務審議官は、日本人拉致問題などで首相と緊
 密に連携をとってきた。政権発足後、首相と「1対1」で面会した官僚を調べ
 ると、斎木氏は11回で河相氏の4回を大きく上回っている。

 また、安倍政権は成長戦略の柱に「女性の活躍」を掲げた。これを受け、厚生
 労働次官には村木厚子社会・援護局長が起用される。旧労働省系の次官が2代
 続くことになり、厚労省にとって異例の人事だが、省内では「幹部人事は完全
 な政治主導で仕方ない」との声が上がっている』




省内では、
『幹部人事は完全な
  政治主導だから仕方ない』

といいながら

恐らく皆、
 ほくそ笑んでいるはず


各中央府省庁。。事務次官は
 頂点であり、顔。。総司令官
  実際の戦闘部隊は、課長補佐
   そして課長・審議官・局長。。



首相・政治屋への
 凄まじい洗脳が始まる


女性次官も同様

 それ以上に

大蔵省時代の齋藤次郎
財務省時代の勝栄二郎
 などを代表として、野心溢れ
  先頭に立って、官邸・財界に
   自説押し込み。。コントロール


公僕の立場忘れ
 そういう輩が
  何年かに一度出現する


外務省斎木昭隆新事務次官
 も、そういう類なのは間違いない


ウィキリークスの2011年公開
齋木がアジア大洋州局長時代の2009年9月
米国国務次官補カート・キャンベルとおこなった会談、
次のような発言をおこなったとする


公電は、
『当時の民主党政権(鳩山由紀夫内閣)が「対等な日米関係」を唱えて
 いたことについて、齋木が「すでに対等なのに、鳩山総理や岡田外務
 大臣が何を考えているのかわからない」と述べたとしている。また、
 「与党経験のない民主党は官僚をコントロール下に置き、アメリカに
 挑戦する新しい大胆な外交政策を打ち出すイメージの必要性を感じた
 のだ」としたうえで、「そのような考え方は馬鹿げたもので、学ぶこ
 とになるだろう」とも発言』


民主党政権
 がバカなのは
  日本列島が知っている


しかし、齋木の
 「米国とはすでに対等なのに」
   民主党首脳以上にバカで
    あまりに危険な思想の持ち主

どこが、どう対等なのか
 正に、属国未満の仕打ち
  を受けているのが歴然なのに


その齋木外務省新事務次官
 が、今最も安倍晋三と人を介さず
  二人で会っている
、らしい

元々、
危険思想の安倍首相

 齋木外務次官の洗脳にまたも
  要らぬ気を起こして。。


韓国・中国・ロシア
 と一戦交え


宗主国米国の逆鱗に触れる

その画が容易に想像出来る
 安倍政権、一気に短命内閣
  への道を驀進中、とみて良い



安倍首相と1対1で面会した官僚
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/114-f181f4a4