万歳三唱めぐり混乱=衆院解散【14衆院選】

『衆院が解散された21日の本会議で、万歳三唱をやり直す珍事があった。伊吹文明
 議長が解散詔書を朗読し、「日本国憲法第7条により、衆議院を解散する。ぎょめ…」
 と言った時点で、議員席から「万歳」の声が上がり、三唱後に沈黙。伊吹氏は改めて
 天皇の署名と押印を意味する「御名御璽(ぎょめいぎょじ)」と発言し、日付と安倍晋
 三首相の副署も朗読した上で、「万歳はここでやってください」と促し、万歳三唱がや
 り直された。
 2000~12年の間の5回の解散では、議長が「衆議院を解散する」と読み上げた後に
 万歳が始まり、本会議散会となっており、伊吹氏が先例を破った形。伊吹氏は解散後、
 国会内で記者会見し、御名御璽を読み上げた理由について「解散は天皇陛下の国事
 行為だ」と説明した』



2000年から2012年。。21世紀になってから
 衆議院を解散する、で終わって万歳らしいが
  この21世紀がむしろ。。前例を破っている訳だ

伊吹文明が、前例を破ったのではなく
 本来の形に戻したということなのである!



≪衆議院解散≫
大日本帝国憲法下の帝国議会と日本国憲法下の国会において、
総選挙を行うために衆議院を解散すること。解散によりすべての
衆議院議員は、任期満了前に議員としての地位を失う

議長が「ただいま内閣総理大臣から、詔書が発せられた旨伝えら
れましたから、朗読いたします」と発言すると、議長及び全議員、
国会職員が起立する(総員起立)。議長が「日本国憲法第七条に
より、衆議院を解散する」と詔書の文章を読み上げて衆議院の解散
を宣言する。この瞬間に正副議長も含め、全衆議院議員が失職する

詔書が朗読された直後、衆議院議員が万歳三唱することが慣例と
なっている。詔書が読み上げられて衆議院議員が万歳三唱を行う際
には、議員以外の職員、記者、一般傍聴人は、議場の秩序維持の
ためにこれに呼応した万歳及び喚声を上げてはならないとされてお
り、解散が決定すると、あらかじめ傍聴席などに衛視を配備して警
備を強化すると言われている。なお、万歳三唱の由来は天皇の国事
行為に対する万歳説や前祝説等諸説あり定かではないが帝国議会
からの慣例として続く慣習である (ウィキペディアより)

天皇の国事行為に対する万歳
 自民党が、天皇陛下に崇敬の
  念を持っているとはとても思えず
   単に政治利用するだけの輩たち
    まことにケシカラン政党である


伊吹文明が、幹事長経験者
 そして現衆議院議長。。相応しいか
  どうかは知らないが。。20世紀に戻した
   という点では、間違っていないといえる


解散。。万歳三唱
 一見、つまらんことのようだが
  国会議員という古風な堅苦しい
   集団の中では、これを踏襲して
    申し伝えるのが、組織として重要


要は、自民党だけでなく。。国会議員
 特に衆議院議員が劣化している中で


今回の万歳フライングは、自民党席から
 起こったらしいことは報道済みなのである


自民党。。1993年に結党以来
 初の政権からの転落を経験し
  野党生活の悲哀を味わい、反省
   することなく。。間もなく政権復帰


それも。。こともあろうに社会党との
 連立という超禁じ手での政権復帰だった


21世紀に入り。。小泉内閣で得た
 300議席を無駄に使い果たして
  第一次安倍、福田。。そして麻生内閣
   で再び。。歴史に残る超大敗で政権転落

衆議院議席数は119という3分の1近くに
 激減させての凋落ぶりとなったのであるが


またもや、民主党という不相応な
 与党議員政権の出現。。敵失に助けられ
  労せずに、政権復帰してしまったのが不運


安倍晋三が二度目の総裁となった
 自民党が294議席という大議席を得てしまった


つまり、現自民党は。。2年前の総選挙で
 初当選した若手、新参、陣笠議員ばかりなのだ
  道理で、決まった人間ばかりが閣僚・幹部に
   何度も顔を出し、名を連ねるはずなのである


自民党は図体ばかりがデカくて
 組織としては、慣例・歴史・経緯も理解しない
  安っぽい議員ばかり。。そして幹部も曲者が
   落選・引退したあとに幸運にものし上がってきた
    およそ、その資格無き連中がのさばっており
     若手への教育や申し送りも碌にやってない。。


自民党のタガの緩み。。組織としての
 統制が利いていないことの何よりの証拠
  非常に注目すべき興味深い出来事といえよう

    
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1123-3763be71