生活 参院選公約「96条堅持」「脱原発」「TPP反対」

『生活の党は24日、参院選の公約を発表した。「『いのち』と『暮らし』と
 『地域』を守る」がキャッチフレーズ。憲法改正の発議要件を定めた96条の
 堅持や脱原発、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加反対を柱に据えた。
 鈴木克昌幹事長は記者会見で「国民と地域が主役の体制を確立する」と主張し、
 参院選で2ケタの議席獲得を目標に掲げた。主な項目は次の通り』




そもそも
 野党連合・野党共闘
  実現出来なかった各野党
   の責任。。自業自得
だろう

自民党躍進の責任は
 各野党の体たらくにある


まぁ。。現状流れみる限り
 参院選も、自公という名の
  自民党安倍政権が優勢なのは
   間違いない


このままいくだろう
 問題は、次回衆院選だ





『【憲法】96条の改正手続き規定を堅持▽「プライバシー権」「知る権利」
 「国による環境保全の責務」を憲法に規定▽9条を堅持し、平和主義に基づき
 自衛権を行使▽国会の行政監視機能の強化▽国と地方の権限の明確化

 【行財政・国会】消費税増税の凍結▽天下り禁止▽「一票の格差」について、
 国勢調査の結果に基づいて自動的な是正措置が講じられる制度を創設

 【経済】可処分所得を1・5倍に引き上げ▽高速道路料金、電気料金の値下げ
 に向けた抜本改革▽TPPには反対し、「国益にかなう経済連携」は推進

 【エネルギー・環境】原発の再稼働、新増設を一切容認しない▽発送電分離に
 よって地域分散型エネルギー社会を構築

 【少子化対策】中学校卒業まで子供1人あたり年31万2千円の手当を支給
 ▽高校授業料無償化の堅持

 【外交・安全保障】真の日米同盟の確立▽拉致問題の早期解決▽自衛権の行使
 は専守防衛に限定▽国連平和維持活動への積極参加』





外交・安全保障以外は、賛成だ
 特に、行財政・国会はもっとヤル
  べきだ。天下り禁止。。そんなもん
   じゃ。。


天下り法人を解体せよ!

小生。。以前から言っている

日米同盟の根幹は、
 日米安保条約継続
  で決まっている
   日本列島は米軍基地


日米同盟というならば。。
 日本の最先端技術産業
  の競争力・販売力を磨け


政策が決まれば
 次にやることは。。

何故、小沢一郎氏に?
今、日本政界で
 これから挙げる項目
  出来る人間が他にいないからだ


ズバリ!野党共闘・野党連合
 の器(連立)を創り出すこと




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《この仮定を当てはめれば様々なものが見えてくる》!「自民党」≪安倍晋三大勝政権≫を<形作る要件>。。。『大マスコミ扇動報道』『中央府省庁の指導・財界の協力』『国民世論の動向』・・・そして【創☆学会】とすれば。。


この自民党の
 議席数の割りに
  少ないとされた得票数
   ではあるが。。やはり他党を
    引き離しての第1党


まず、大マスコミの
 扇動報道・プロパガンダ

  が有る。。

そして、財界の資金面の
 応援もある。。政治献金


それらを糧に
大きな政党規模と
 いうことは可能だ


この大きな政党・大きな器
 が今回のキーワードとなる



1996年
 自民党が興味深いことを言っている
「いま、わが国の政治にとって最も憂うべきは、
 宗教団体・創☆学会が新進党という政党の皮
 をかぶって国民を欺き、政治の権力を握ろう
 と画策していることである」



創☆学会がその
 1000万票以上を活用
  自民党という皮をかぶり
   お抱え政党の公明党と連立


と考えた方が、
 自然な気がするのである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


民主党政権は、
 国民が自民党政権に
  嫌気さし、期待し過ぎて
   滅多に無い山が動いてしまった

    ただ、それだけ

その通り!
 創☆学会の
  爆発的圧倒的
   集票力が無ければ

非自民非共産八党連立
 も自自公連立も、現在の
  自公連立内閣も不可能だった


創☆学会・公明党
 安倍政権の路線には
  反対なのは明白だ
政権獲れる器
 さえあれば。。
  間違いなく動く


創☆学会が隠れられる
 だけの器を創り出せば
  良い!それが出来るのは
   小沢一郎氏だけ。。



関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/112-32a8cacc