消費再増税延期は朗報?トンデモ時限爆弾仕込む財務省の愚行、露呈した専門家らの出鱈目
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141115-00010003-bjournal-bus_all

『今週、政府が2015年10月に予定していた8%から10%への消費再増税を延期する方向
 で最終調整に入っており、安倍晋三首相は再増税延期の是非を国民に問うために衆議
 院を解散する意向だと一斉に報じられた。ただし、現在首相は外遊中で帰国は17日であ
 り、首相の公式発言からはこうした話は一切聞こえてこず、憶測だけが一人歩きしてい
 る状態だ。だが、衆院議員の中にはすでに選挙事務所などを確保している人も多く、も
 はや解散は止められない様相を呈している。

 こうした中で、これまで再増税一辺倒であった民主党も一転して延期容認に傾いている
 という報道も出てきており、野党も急な選挙で混乱状態に陥っている。何しろ民主党は先
 の総選挙から2年も経過するにもかかわらず、全選挙区の半分にも候補者を立てられて
 おらず準備不足だ。日本維新の会との連携も不調であり、頼みの野党間での選挙協力
 も期待できず、あたふたと方針を変更している。日本経済にとっては、民主党を方針転
 換させただけでも政府の消費再増税延期は評価できる。自民党内の増税派も姿勢を変
 えるだろう。

 そもそも、経済悪化の下での増税はセオリーでない。経済が悪い時には減税、良い時
 には増税が常識だ。何しろ4月の3%から5%への消費増税は、従来の消費増税と異なり、
 他の減税なしでの増税だった。引き上げ幅も3%と諸外国に比べて大きかったので、筆者
 の予想通り景気は悪化した。安倍首相は経済を重視しているので当然の判断ができる
 わけだが、再増税をしたい財務省に媚びて誤った内容を伝えるエコノミストやマスコミが
 多すぎる。そういった人たちの邪推を打ち砕く意味でも延期の意義は大きい』




再増税一辺倒の民主党も延期容認?
 民主党が。。野田政権・菅政権が、
  
財務省の、官僚機構の操り人形だった
 ことは間違いないが。。
それ以上に
  自民党。。現安倍政権が官僚機構
   特に財務省の腹話術なのは確実だ


民主党の愚かさは論ずるまでもない
 野田前首相の”約束違反”発言などは
  噴飯物で、
真剣に言うべきことか?
  「君ら、全く同類でしょうが」と言いたい


民主党の増税一辺倒が
 とりあえず矛を収めたとはいえ
  彼らが財務省支配から脱却する
   可能性はゼロであり、
それは
    自民党も同等といえるのは確実




『今、財務省と首相官邸との間では激しいやりとりが行われている。財務省は、1年半の再
 延長を認める代わりに消費増税法に含まれる景気条項を削除せよと要求しているのだ。
 景気条項とは、再増税の条件として判断時の景気を見極めることを明記するものだが、こ
 れを削除するということは1年半後がいかなる経済状況でも自動的に再増税される時限爆
 弾といえる。経済政策としては信じ難い内容だが、経済が生き物だということを肝に銘じな
 がら、弾力的な対応ができるよう法整備をしておく必要があることはいうまでもない』



財務省と官邸がせめぎ合いとか
 首相・官房長官が財務省に抵抗
  とか。。その論調には強烈な違和感!


財務省に媚びて誤った内容を伝える
 エコノミストやマスコミが多すぎる、

  この筆者(財務省出身)が言う通りなら
   猶更、現国会議員政権・官邸には
    その財務省支配に抗う意味など無い


官僚機構中心の護送船団方式
 つまり大新聞・経済団体・評論家
  あろうことか野党までもが本当のこと
   を一切言っていないという状況で

    
安倍議員政権が国民のために。。
 正しい政治の在り方のために
  財務省に逆らう可能性はゼロ!!




沖縄知事選、投票始まる=普天間移設に影響

『米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が最大の争点となっ
 た同県知事選は、16日午前7時に投票が始まった。午後8時に締め切られ、即日開票され
 る。移設反対派の新人、翁長雄志前那覇市長(64)と3選を目指す推進派の仲井真弘多
 知事(75)=自民、次世代推薦=らによる戦い。結果は日米両政府が進める現行移設計
 画の進捗(しんちょく)に大きな影響を与えるのは必至だ』



そんな中。。沖縄在日米軍
 普天間飛行場の辺野古移転が
  争点となっている。。沖縄県知事選


本日投開票のようである
 巷には、この知事選敗北が
  濃厚なので。。それを煙に巻く
   ための衆議院解散総選挙!

    などという信じ難い論調も存在

本当にそんなことが有り得るのだろうか?
 ただ。。日本の政治・内政版のタブーは
  財務省・官僚機構支配の実態であり

   戦後日本政治最高最大のタブーが
    在日米軍問題であるならば。。
あながち



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪戦後日本政治最大のタブー≫【米国。。在日米軍基地・・・こればっかりは】


戦後日本の政治
 最大のタブーは米国
  そして在日米軍基地


自民党安倍政権としては
 選挙があるから、地元の
  意見を聞きながら。。と
   言わざるを得ないのだろう


しかし、実態は
 普天間基地の移設について
  辺野古埋め立てで強行する
   これを変更するなど出来ない


名護市民の民意よりも
 日本政府の方針よりも
  優先するのは。。。


米国米軍世界戦略
 在日米軍基地としての
  日本列島。。特に沖縄!!


日本政府・政権に
 選択や考慮の余地など
  無いといって良いし


政権が吹っ飛んでも
 やらなければならない
  重要事項に違いない訳で


基本的に米国の前に
 日本は無力なのであり
  

米国政府は
 元来、日本政府・国民
  沖縄県民・名護市民の
   ことなど眼中に無いのだ


沖縄は返還されてなどいない
 日本国に主権など存在しない

それを確認するには
 沖縄返還。。敗戦。。いや
  第二次世界大戦にまで遡り。。



《沖縄返還》

米軍は沖縄を占領。。
 戦後は沖縄施政権を入手。。
  沖縄中に次々と基地建設。
米軍の都合が完全優先
 当然だ、沖縄は米国なのだ


米軍の土地の収用。。軍の犯罪
 住民の不満を高まり。。
  本土復帰目指す住民数万人集会


米国政府にとって。。沖縄施政権は、
 軍の基地の機能維持に必ずしも必要
  ではなく、沖縄の返還は可能と結論


佐藤栄作政権は、沖縄の
 核抜き本土並みの返還を目指す


しかし!!
米国政府・米軍にとって
 沖縄本島そのものが基地

いや、米国にとっては
 日本列島そのものが米軍基地


そこに100万人の日本人が
 住んでいることが、面倒なのだろう


いわゆる非核三原則。。それが、
 後に米国との密約を結ぶ一因か


沖縄返還共同声明には
「米国政府の立場を害することなく」
  の文言。。この表現は、在日米軍が
   基地使用を自由に行うことを可能に


さらに、有事の際米国は、
 沖縄に核兵器の持ち込み
  通過、貯蔵ができるという


これは日本列島に置き
 換えても良いのではないか


第二次世界大戦
 日本敗戦。。戦後
  平和条約により独立


独立・主権回復。。
 これは建前ではないか


連合国による日本列島
 分割統治案(廃案)が
  米国国立公文書館に現存



《真珠湾攻撃》
第二次世界大戦への
 米国参戦の絶好の口実


ヒットラードイツを叩きたい
 米国は、中々誘いに乗らない
  ナチスドイツの同盟国日本を


ハワイオアフ島真珠湾
 を攻撃へと誘い込んだ。。


米国情報機関(CIA前身)は
 大日本帝国軍の暗号を解読済み
  米国政府は真珠湾の奇襲を知り
   ながら、真珠湾は奇襲を受けて
    米国民世論結束を勝ち取り
     第二次世界大戦へ参戦した


リメンバーパールハーバー
 (真珠湾を忘れるな)の
 スローガンが掲げられた。。


21世紀の政治において
 タブーなどがあってはならない
  それは正論なのであるが。。


米国は米欧露戦後世界秩序の代表
 日本の宗主国!これは否定しようがない
  日本政府は、政治政権はものが言えない


粋がって、抗議するなどというのは
 ウソであり、ゼスチャー・パフォーマンス
  米国政府の意思決定次第という実情。。


正に、戦後日本政治最大のタブーが米国
 そして、日本列島においては米軍基地
  これを超える大問題は存在しないといえる

 
日本の政治・議員政権・野党
 まず、日本官僚機構との距離感
  力関係をどうするのか。。そこから
   解決していくのが筋というものだろう

 
官僚機構の天下り問題も解決すら
 出来ないで。。行政改革すら出来ないで
  いや、日本国会議員の議席定数是正
   という、小さな懸案解決すらも出来ないで。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我ながら。。過去良いことを言っている(笑)

巨大なタブー・欺瞞をいくつも抱えて。。
 どこの政府にもそれはあるだろうが。。
  タブーは見え難いのが元来であって
   ここまで透けて見えているのも珍しい


消費増税は財政健全化のため
 真顔でそうヌカす御用評論家ども
  そして大新聞と系列テレビ局報道。。


在日米軍基地問題を通して
 日本が敗戦後主権を認められない
  国家であり、米国・米軍に物言えない

   
これが完全に白日の下に曝される
 ことを煙に巻くために、衆院の首を切る


どちらも。。また他のメディアタブーも
 全く有り得ないことなどではない、と思える


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1117-c9f66857