fc2ブログ
小渕、松島・女性閣僚ダブル辞任で本当に救われた閣僚は誰か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141023-00060999-diamond-soci

『「未来の首相候補」とさえ言われた。26歳で初当選し、働き盛りまでに当選回数を
 重ねることができる。親の地盤と財産を継ぎ、選挙は盤石だ。清新なイメージもあ
 る。それだけのことで「首相候補」とされるのがこの国の政治だ。包み紙が綺麗で、
 箱がしっかりしていれば、中味はどうでもいい。長老にかわいがられる美徳はある
 というが、小渕優子としての見識や指導力が立派という話は耳にしたことはない。

 個人としては素直で芯の強そうな人に見えるが、政治に付きまとう生臭い下半身
 を家臣に丸投げして、さわやかな個性が成り立っていた。それがほころび出ただけ
 である。

 家臣の暴走は、主君を見くびるときに起こる。先代の元首相に仕えていた秘書が
 「若くて女」ということで見くびったとしたら、「輝く女性の象徴」という看板は重すぎた』

『ウチワを配った松島みどり議員は、小渕氏の対極にいる政治家だ。TBSを辞め、後
 援会に担がれて政界に出た小渕と違い、松島氏は自民党の候補者公募に受かり、
 朝日新聞を辞めて東京14区から立候補した。出身は大阪で、なじみも地盤もない
 東京の下町(両国周辺)で落選・当選を繰り返し閣僚まで這い上がった。

 高校生の頃、今は亡き土井たか子氏の演説を聞き、女性でも立派な政治家になれ
 る、と漠然と思ったのが後に政界に入るきっかけだった、という。東大では初代チア
 リーダー、朝日新聞では女性の経済記者の草分けとして鉄鋼業界や大蔵省などを
 担当した』

『安倍内閣は5人の女性閣僚でスタートした。真っ先に問題になったのが高市早苗総
 務相だった。ネオナチ思想に共鳴する極右団体の活動家と2ショットの写真が問題
 になった。「国家社会主義日本労働者党」(NSJAP)と名乗る団体で、国家社会主義
 思想や反ユダヤ主義を掲げ、ホロコーストの否定や外国人労働者の排斥などを訴え
 ている。

 自民党政調会長になった稲田朋美氏、副幹事長の西田昌司氏を含め3人とのツー
 ショットがNSJAPのサイトに掲載された。高市は「雑誌のインタビューに来た出版社の
 方についてきた人で、頼まれて写真を撮っただけ」と釈明したが、この雑誌は極右論
 壇誌「撃論」。在日特権を許さない市民の会の主張などを紹介する雑誌である。

 次に問題になったのが山谷えり子国家公安委員長・拉致問題担当相だった。在特会
 の幹部との長年の交際が明らかになった。在特会のヘイトスピーチは目に余るものが
 ある。大阪鶴橋のコリアンタウンでは「南京虐殺でなく鶴橋大虐殺を実行しますよー」
 と絶叫する女性が喝采を浴びたりしている。

 国連の人種差別撤廃委員会は8月「適切な捜査と起訴ができる法制度」を日本に勧告
 した。政府も在特会を「威力業務妨害、名誉棄損の疑いがある」として、取り締まりの
 対象にしている。その警察を監督する国家公安委員会の頂点に、安倍首相は山谷氏
 を就任させた。

 外国特派員協会での記者会見では山谷氏に対し「記念撮影した相手は長年の交際が
 あると言っている」「国連・米国国務省・警察庁が問題にしている団体だ」などと在特会
 との関係に質問が集中した。山谷氏は「在特会の関係者とは知らなかった」「組織につ
 いてはコメントできない」などとあいまいな答えに終始した。

 山谷氏、高市氏、稲田氏らは安倍首相の同志である。抜擢した右派女性閣僚に国際的
 なスポットライトが当たりそうになった時、このグループと距離を置く小渕・松島両氏のス
 キャンダルに火が付いた。救われたのは山谷氏らである。火種はなお残る。

 海外が関心を寄せるのは、ウチワや明治座ではなく、政権の思想であり目指す針路な
 のだ』




小渕。。松島両大臣が辞任。。
 安倍首相を護るためにサッと辞任
  させたのだろうか?背後の官僚機構


山谷えり子拉致問題担当大臣
 北朝鮮拉致被害者の帰国が遠のいた
  から、古屋氏から山谷氏に交代という
   話があったが。。ここへきて現実味が


高市早苗は、山谷氏同様。。安倍晋三
 シンパであって、右派議員だというし。。


安倍晋三国会議員内閣の体質に
 海外メディアの関心が集まるとしたら
  今回の小渕・松島辞任は始まりに過ぎない


折りしも、宮沢喜一元首相の甥で
 小渕氏後任の宮沢洋一新経済産業大臣
  なにやら、電力会社の株式大量保有。。
   そりゃ、原発再稼動推進だろうねぇ!そこへ
    降って湧いたように、宮沢スキャンダルも



「SMバー」に交際費支出=小渕氏後任の宮沢経産相

『宮沢洋一経済産業相の資金管理団体「宮沢会」が2010年9月、広島市の「SMバー」
 に、交際費名目で政治活動費を支出していたことが23日、同会の政治資金収支報
 告書で分かった。宮沢氏は、前任の小渕優子氏が政治活動費の不明朗会計問題
 で辞任したことを受け、21日に就任したばかり』



国会議員大臣なんか、行政府の省庁の
 トカゲの尻尾切りであって。。本丸にあらず


しかし、一般国民にはインパクトがあり
 解り易いから。。
これを機にあのスキャンダルも
  もう一度蒸し返して、大いに追究したらどうか!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍政権崩壊近し!≫<【超ド級のスキャンダル】パソナ仁風林接待>【小生のカンでは別の巨大スキャンダルが火を噴く可能性】



パソナ接待施設仁風林
 に招かれていた安倍政権
  閣僚。。8人だといわれる


安倍晋三首相                 
菅義偉官房長官
田村憲久厚労相           
下村博文文科相
林芳正農水相            
甘利経済再生担当相
石原伸晃環境相           
新藤義孝総務相


あれ?小生の勘定では
 8人プラス安倍首相・菅官房長官
  で10人。。ま、どっちでも良いか(笑)


あ!そうそう。。小野寺防衛相は?
 栩内香澄美に言い寄ってふられた


日本の政権の大臣は
 エスタブリッシュメントなんだ
  その程度の接待は当たり前


などという考え。。まさか
 現代日本では通用しない

  日本の政治は官僚が全て担当

それに官僚機構各省幹部職員
 多数が招かれて。。いや入り浸って


いずれにせよ。。職務権限
 が絡む。。パソナ関連法案
  便宜図られたのが確実なら
   立派な贈収賄事件であるから。。


まぁ。。基本的にはスキャンダル隠しの
 内閣改造なんか絶対に許してはいけない


閣僚在任中に。。ビッグスキャンダルが
 複数火を吹けば。。第一次安倍政権と
  同じような構図になることは確かである


しかし。。この田村とかいう厚生労働大臣
 ワルだねぇ。。札付きだねぇ。。
以前にも
  そう。。まだ余韻冷めやらぬ徳州会スキャンダル
   現職所轄大臣として、飲食接待疑惑が存在だ


この田村厚生労働大臣はじめ
 現職の内閣閣僚が。。なんと8人!

  昔懐かしい東京佐川急便事件を
   彷彿とさせるような。。いやいや


さらに昔のリクルートスキャンダル
 これを思い出す程の安倍政権丸抱え


これらを在職中に一網打尽にすれば
 第一次安倍政権どころではなく。。
  とんでもないストロングスキャンダルだ

   接待に行くのが悪い?当然、揃いも揃って
    現職大臣が参加。。不自然、何かある!


これは面白い!小生。。
 何も力など無い政治屋に興味なく
  各省の次官・局長クラスの高級官僚
   が”特殊”接待に参加していたのを
    興味深く。。また重要視したい訳で


つまり。。本丸は、政府中央府省庁
 官僚機構各省にまたがる事務次官
  局長、課長にまで及ぶ高級官僚群

   何で。。各省の幹部官僚達までが!!


つい、先日までは。。田村厚生労働相
 と小野寺防衛相が脚光を浴びたようだ

  しかし、ここへきて石原伸晃環境相が
   急浮上してきている!例の金目発言だ


と、なれば。。
 田村厚労大臣はパソナ
  &徳洲会。。
石原環境大臣は
   パソナ&金目でともに麻雀で
    いえば。。2飜(リャンファン)である


彼ら安倍内閣閣僚が、見た目
 聞こえで、派手であり解り易いが

  実質職務権限は官僚機構幹部だ

大臣なんて、シャッポ・お飾り
 田村や石原はシャッポにもならん
  足引っ張ってばかりだからだ


次々と、安倍政権の前に不祥事
 スキャンダルが出てきている。。
  これは、安倍政権を潰そうという
   パワーが日本列島に充満の証拠


政権が倒れたら、日本経済はどうする!
 まさか!!日本の経済など米国に
  引っ張られてどうにでも動くのだよ


政権なんて吹っ飛んだ方が
 要らぬ法案が官僚機構の腹話術
  で国会通過せずに済むと言う訳だ


小生のカンでは、パソナ疑惑
 だけでも充分な贈収賄事件を構成
  まだ別の巨大スキャンダルが火を
   噴く可能性すら感じさせる訳であるが



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに。。安倍内閣。。第二次とか
 いいながら、この第二次が未だに
  納得いかない訳なのであるが・・・。


一昨年の発足以来、まだ2年足らずながら
 かなり問題閣僚が相次いでいる訳だよ
  全然順風満帆なんかではないのだから。。


6月以来、パタッと。。音沙汰無しの
 例のパソナ仁風林スキャンダル!!
  ASKAの件はやっぱり入り口に過ぎず
   政官界接待スキャンダルに違いない訳だ


この件も。。勢い無くなった安倍国会議員内閣
 次が居ないとか、そんなこといわずにだな
  ここは国民の疑問に答えて、今一度蒸し返し
   掘り返して、ついでに第一次時代の疑惑も


いや、もしや!?それ以上の
 政官界激震超弩級スキャンダルでも
  控えているというのならば待っているよ・・。


   
関連記事
スポンサーサイト



TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1086-db8d99f6