[田村秀男]【総理、増税包囲網に屈するな】
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140917-00010000-jindepth-pol

『「さすがにこの人だけはよくわかっているな」と印象付けられた。安倍晋三首相の
 14日のNHK番組での「経済がガクッと腰折れしたら思惑通りに税収は上がらな
 い」との見解である。
 テーマは、来年10月から消費税率を予定通り10%に引き上げるべきかどうかに
 ついてで、財務官僚に洗脳された不見識なメディアはほとんど無視した画期的な
 発言だ。

 対照的に、谷垣禎一自民党幹事長をはじめ、与党幹部の発言はまず増税ありき
 とする財務官僚の描くシナリオを何の疑問もなくなぞらえているのは、何とも情け
 ない』



産経新聞特別記者編集委員
 田村秀男氏。。あの財務省から
 「おたくの田村はヒドイな」と名指しで
  圧力が掛かったという。。
産経でも
   唯一注目する記者とみたてていたが


さすがにこの人だけはよく解っているな
 と安倍晋三首相のことを言っているのか

  それならば大間違いというべきなのだよ

何の特別な訓練も受けていない。。
 財務省の弱点を把握しているとも
  思えない安倍首相が。。なぜ、さすが?


まさか。。提灯記事ではあるまいな!!
 財務省に洗脳された不見識なメディア
  その先頭を走るのが読売であり産経だ


谷垣禎一幹事長は、過去長年財務大臣
 だから、洗脳され。。代弁者・代理人・走狗
  しかし財務省のことを少しは解っている


安倍首相は、閣僚経験皆無に等しく
 国会議員としても訓練されていない部類だ
  さすがこの人はわかっている、とはならない!




『拙論は1年前の消費税率の8%引き上げ最終決定時にも「消費税増税で財政収
 支は好転しない」という論陣を産経新聞紙上などで張っていた。某実力者を通じ
 てそのデータとグラフが安倍首相にも伝わるようにしたが、3党合意で関連法案
 も成立していた増税を覆すほどの材料にはならなかった。今回ばかりは安倍首
 相がその点を深く認識し、公式見解としたように思える。

 仮に安倍首相が来年の10%への税率引き上げを見送る決断をしたとしても、す
 でにことし4月からの増税に伴って、4~6月期の家計実質消費は戦後最大級の
 落ち込みを示している。五月雨式に発表される7、8月の消費関連のデータをみ
 ても5,6月を下回る有り様で、政府、民間エコノミスト多数が主張してきた7月か
 らの「V字型回復」なぞ幻想に近いことは否定しがたい事実だ。

 楽観論ばかり報じてきた日経新聞もさすがにまずいと思ったのか、最近では景
 気への警戒論を繰り返し報じるようになった』




田村記者の論説が。。仮に安倍首相に
 伝わったとしても、だ。。首相は理解しない
  アベノミクスで、株価が上向いたと吹聴
   とても経済を。。財政を。。相場を理解して
    いるとは、絶対に思えない人物なのだ!!


もしも、消費税再増税を首相が思い留まる
 とすれば、それは財務省筋が経済がヤバイ
  との判断を内外の提言に従う形でしたときだ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪財務省支配の日本政治≫<安倍首相と政権閣僚は当然>【自民党派閥・グループ領袖でも《財務省はじめ官僚機構》に逆らうヤツなどいない】


なにやら。。安倍晋三信奉の
 御用新聞産経らしい意味不明の記事


財務省の意を受けた谷垣禎一氏
 が財務省の野望を叩き潰そうとする
  安倍首相の思惑を牽制、
とでも
   読めるような文章が並んでいるが。。

全然違うと考えるべきだ!


安倍首相及び政権。。つまり政治屋内閣
 財務省がガッチリ支配し。。それに外務省
  と経済産業省辺りが食い込んで操縦し。。

   と考えた方が実に正確!!といえそうだ


経済界・産業界。。そして
 経産省が旗振りして、大新聞も
  日本列島で大合唱の法人税減税


小生自身も、法人税が高いから
 日本経済は停滞したというのは
  間違いであって、そもそも法人税率
   が高いというのも分析し直しが必要
    と以前から考え。。いってきた訳だが


その法人税減税が、中々実現せず
 財源確保が前提条件でやっと来年
  から実現の見通しという超難産ぶり


日本列島内。。日本政治での
 財務省権力の強大さが如実に顕れている


つまり、安倍政権は財務省
 はじめ官僚機構が支配している様が
  特に露骨に滲み出ている内閣であり


自民党の派閥・グループ領袖
 も当然ながら官僚機構に逆らったりしない

   
消費税再増税を妨げるものは
 自民党内には存在しないのであり

  もし、再増税見送りの局面が訪れるなら
   財務省がここは一度見送った方が得策
    いくら何でも再増税はヤバ過ぎると
     自嘲したときのみに限られるといえる


産経にせよ。。読売にせよ
 時事通信にせよ。。NHKにせよ
  大マスコミが庇う政治政権。。
これは
   不自然であり何かある!と疑うのが
    全く以って当然なのであって


政権を持ち上げ。。それも政治政権
 ではなく官僚機構が真の操縦者である
  ことを隠して、なおかつ。。大マスコミが
   ホントのことを言えない日本列島


民主主義国の言論とは到底
 言い難いだけでなく。。
場合によって
  民主主義・資本主義国と表面上
   取り繕う分、中国や北朝鮮よりも劣る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『安倍発言はまさにこのポイントを衝いている。消費税再引き上げどころの事態では
 ないはずだ。論じるべきは、再増税合理化のための「景気対策」ではなく、再増税
 延期と現役世代に対する所得税減税のはずである。

 首相が極めてまともな見識を示していると言うのに、冒頭に挙げた谷垣氏は公明
 党の山口那津男代表、民主党の野田佳彦元首相と、消費税率引き上げを決めた
 「3党合意」当時の党首と12日夜に都内で会合し、来年10月の消費税率を10%へ
 の引き上げを再確認する始末だ。麻生太郎財務相兼副総理、二階俊博総務会長
 や稲田朋美政調会長も増税派だ。

 首相は消費税増税に関しては言わば「四面楚歌」にさらされている感があるが、
 卓越した指導力とその洞察力で包囲網を突破してもらいたい』



田村記者も、自らの身が可愛いのか。。
 安倍首相持ち上げの、提灯報道振りだ。。


増税派の勢力に囲まれ四面楚歌
 それでもそれを跳ね返す安倍首相か。。

  どこかで見た構図。。そうだ!集団的自衛権




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪外交問題では、安倍首相の背後でコントロールするのは外務省≫<外務省のドンは柳井俊二元次官・駐米大使>【やっぱり、安倍首相はシャッポだった】


インチキ外交か。。黒幕?
 外務省のことだろうが。。
  黒幕というより全部やっている


日本の政治は官僚機構。。
 外交は外務省がやっている
  そもそも安倍外交などは無い


安倍晋三の野望。。
 それも確かにあるだろう

しかし、何もかもが安倍首相
 主導とみてしまったら
  対処法を誤るのではないか


『安保法制懇』の面々
 特に座長の顔を見て。。

  これはきっと外務省タカ派
   が糸を引いているに違いない
    と感じたものであるが。。


とにかく、ヒドイ会見の有り様だった


安倍晋三首相の私的懇談会
 「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」
   (安保法制懇)
が、


集団的自衛権を全面的に容認し、
 国連の集団安全保障への参加
  も憲法上の制約がない
とした

これを。。安倍首相に

これまでの政府の憲法解釈
 とは論理的に整合しない。
憲法がこうした活動の全てを
 許しているとは考えない
、と否定させ。。

平和主義。。
 国民の命と安全を守るため。。を強調


安倍首相のお友達である
 タカ派の御用学者。。そして
  外務省タカ派の事務次官出身者
   によって固められた。。第一次安倍
    政権時にも創設された懇談会焼き直し


これにグッと強めに踏み込ませ
 それを安倍首相が否定してみせ

  正に手の込んだ芝居ではなく
   下手な芝居・安っぽい芝居だった


しかし!これをラジオで聴きながら
 小生。。国民世論はきっと騙される
  と暗鬱たる気分になったのは勿論である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官僚機構の頂点、財務省の悲願
 再増税への布石。。新聞記者篭絡


財務省。。増税派の自民党議員や
 閣僚。。幹事長を抑えて、増税見送り
  これは、絶対に有り得ないとみている


大勢に影響無い。。微々たる譲歩を
 現出してみせて。。実は、安倍首相の
  功績と称え、奉り。。これは大新聞の
   定石であり。。マッチポンプの御用報道





  
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1043-86638cf8