支持率上昇に野党ショック「敵ながらあっぱれ」

『読売新聞社の緊急全国世論調査で改造後の安倍内閣の支持率が10ポイント以上
 も上昇し、6割を超えたことに、野党内ではショックが広がっている。

 民主党の海江田代表は4日、高知市内で記者団に対し、内閣支持率について「目先
 が変わって色んな注目を集め、上がったということだろう」と、言葉少なに語った。自
 民党の支持率が46%に上昇した一方、民主党は1けたに低迷している現状にも、民
 主党内は危機感を募らせている。党幹部は「想定以上の(内閣支持率の)上がり方
 だ。景気浮揚が続くなか、衆院解散を打たれたらとんでもないことになる」と語った』



まず。。今回の内閣改造・党役員人事で
 安倍政権の支持率がそんなに上昇した
  のかどうか。。それを疑ってかかる必要


まぁ。。この日本の国民世論であるから
 下がったということはあるまい。。若干でも
  内閣の支持は上昇したのだろうが。。


民主党に危機感?
 民主党という政党。。議員集団が
  残っているだけでも、不思議なのであり
   日本国民世論故に生存を許されている


あの悪夢の政権担当時代に
 取り返しのつかないとんでもない
  ことをしてしまったのだと認識しろよ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪財務省支配の日本政治≫<安倍首相と政権閣僚は当然>【自民党派閥・グループ領袖でも《財務省はじめ官僚機構》に逆らうヤツなどいない】


経済界・産業界。。そして
 経産省が旗振りして、大新聞も
  日本列島で大合唱の法人税減税


小生自身も、法人税が高いから
 日本経済は停滞したというのは
  間違いであって、そもそも法人税率
   が高いというのも分析し直しが必要
    と以前から考え。。いってきた訳だが


その法人税減税が、中々実現せず
 財源確保が前提条件でやっと来年
  から実現の見通しという超難産ぶり


日本列島内。。日本政治での
 財務省権力の強大さが如実に顕れている


つまり、安倍政権は財務省
 はじめ官僚機構が支配している様が
  特に露骨に滲み出ている内閣であり


自民党の派閥・グループ領袖
 も当然ながら官僚機構に逆らったりしない

   
消費税再増税を妨げるものは
 自民党内には存在しないのであり

  もし、再増税見送りの局面が訪れるなら
   財務省がここは一度見送った方が得策
    いくら何でも再増税はヤバ過ぎると
     自嘲したときのみに限られるといえる


自民党小泉内閣
谷垣禎一財務大臣

≪財政危機≫に対して
 消費税増税煽る
  同じく奴隷の
   野田毅税調会長も


谷垣氏3年に及ぶ財務大臣で
 スッカリ洗脳されたようだ


≪震災復興≫のため
菅直人が洗脳されたのも
 記憶に残っている
  財務大臣在任中だ


≪社会保障≫
石原伸晃だった
 とは思えない
  自民党幹事長を
   洗脳したのだよ

・・・勿論、財務省が

そして
≪社会保障と税の一体改革≫
野田佳彦政権
 彼も財務副大臣~大臣
  在任中に完全洗脳された


谷垣禎一自民党総裁
 第2次安倍晋三政権


≪公共事業・国土強靱化≫

いつ交したか≪国際公約≫

東京五輪招致の≪お土産≫

国債暴落の≪リスク対応≫

社会保障は勿論
 財政危機も増税の
  理由付けに過ぎない


全部ウソで、結局は
 各中央府省庁への
  予算バラマキ権力
   

財務省省益・主計局局益
 特別会計・天下り法人解体
  など、全く論外なのだろう


国民生活など眼中無し
 省益有って国益無し
  局益有って省益無し


それでも消費税増税
 に賛成するのですか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の中央政治・国会議員政党
 日本の国内政治の欠陥を語るとき
  また何を思うにしても。。
この
   消費税増税キャンペーン・扇動
    により協力した大新聞・大マスコミ


民主党・公明党・自民党の三党合意
 を完全プロデュースした財務省主計人脈

  そして彼らに見事に瞬殺された政党政治
   特に、自民党・民主党の無力さは。。
    忘れ避けることの出来ない汚点事項だ!


また、みんなの党にも
 小生。。お人好しにも
  一瞬ながらでも大いに期待した

   これは、小生自身の未熟ゆえの
    大失敗談として忘れ得ないこと


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【みんなの党・生活の党・社民党がまず組め】<とても先進国とはいえない日本中央政治>≪特別会計・天下り法人解体≫【テーマがテーマ、3年掛けて人集め・組織作り】


特別会計・天下り法人解体
 中央府省庁支配打破・脱原発


テーマがテーマだけに
 日本政界でも出来る人物は
  5人と居ない。。


ハードル下げても3人か

だから、現時点で
 人数少ないのは当たり前


何人も居れば
 日本政治は
  こうはなってない


ただ。。
 今のままではいけない
  話にも何にもならない


理念無き野合には
 ウンザリ
だ、ということ

やるなら、相当な覚悟
 が必要
であるのは間違いない

国民・有権者は
 自民党安倍政権の
  やり方が良い、と
   思ってしまっている


そういう政治がある
 ことを知らないからだ


ズバリ!騙されている
 搾取されていることに
  気がついていない訳だ


国民には結集軸がみえていない?

いや、消費税増税推進
 脱原発も言わない
  集団的自衛権解釈可能


民主党。。維新の会よ。。

自民党安倍政権別働隊
 自民党タカ派亜流の
  財務省・中央府省庁の
   傀儡・奴隷政党には
    用など無いのだよ


特別会計・天下り法人解体
 都道府県制廃止・地方政治改革
  聖域なき構造改革の総仕上げ


これぐらいが視野に無い
 ような連中には、さすがの
  ノンポリ国民も振り向かない


統一会派結成後は
 みんなの党にも
  水面下でも話しすべき


渡辺喜美・浅尾慶一郎
 とも是非頭つき合わせるべき


小沢一郎氏は
 人数集まり
  組織が出来れば
   それを糾合する力有る


残念ながら人気が無い
 参謀が必要だ!
  そして何といっても

   シンボルが必要

現在思い描くような人材は
 日本中央政界には皆無
  選挙は人気だ
   3年掛かって
    日本列島人材発掘だ


最後の御奉公
 というならば。。
  それぐらい考えて
   当然だと思うが。。
 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても不可解な・・あの
 渡辺前代表の豹変ぶり。。自民擦り寄り
  今となっては、傷を負わないうちに
   気付かせてくれた、と感謝するのだが


小生のお人好し、未熟さゆえに
 あれをようやく最後として。。日本の政治
  日本には政党政治など存在しない!ことに
   遅れ馳せながら確信出来たという訳である

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍政権。。みんなの党。。現役与野党議員の質の悪さ。。ここに極まれり!!≫<現代国会議員の劣化の証明>【集団的自衛権行使容認に「前のめり」の。。みんなの党渡辺代表は、今や完全に敵である】


自民重鎮慎重派を渡辺みんな代表牽制 「迷宮会の人たちがうごめき始めた」

『集団的自衛権の行使容認問題をめぐり、みんなの党の渡辺喜美代表が批判の矛
 先を行使容認に慎重な自民党重鎮らに向け始めた。公明党が行使容認に慎重
 な中、この問題は与党の組み替えに発展する可能性もあり、渡辺氏は安倍晋三
 首相の背中を一貫して押し続けている。発言の背景には、重鎮らの抵抗で首相
 が決断を先送りするようなことになれば、存在感を示す機会を逸しかねないと
 の危機感もあるようだ』




本来であれば、国民の命
 を守る義務がある国会議員
  その自覚があれば。。軽々に
   集団的自衛権行使など。。


火の無いところに
 煙を立てて。。火事を起こす
  集団的自衛権行使解釈改憲論
   は、そういった危険をはらむ


自民党重鎮。。引退議員の
 慎重論こそが、自民党も
  国政政党なんだと思い直させる
   唯一といって良いポイントである


それを単に自らの存在感だけ
 のために、妨害しようとする
  野党みんなの党渡辺嘉美代表
   全く以って存在してはいけない
    ヤカラ議員であることの証明だ


全く。。この男の倫理観は
 どうなっているのだろうか


特定秘密保護法案
 以来、信じ難い言動の数々


一瞬でも期待してしまった
 ことを心から悔やむ次第だ


自民党岸田派、額賀派
 いわばハト派旧宮沢派や
  旧竹下派の後継派閥


大したことは無い議員ばかり
 そして。。古賀誠や青木幹雄
  現役時代はとんでもないヤツ
   だと思っていたものであるが


いやはや。。首相安倍晋三や
 官房長官菅義偉。。年寄りの癖に
  戦争知っている世代なのに
   タカ派強硬論ぶつ石原慎太郎
    そして何より渡辺喜美という悪党


彼らに比べたら
 ずっと人間味溢れ
  大いに見直す存在だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米欧先進諸国では
 官僚機構の情報。。事務能力
  そして政治リーダーの決断・実行


これらが車の両輪として
 機能している風なのであって
  政治リーダーも官僚機構に
   むやみやたらと刃を向けない
    それが美徳・常識なのであって


最先進国には、強力なシンクタンク
 の存在が何よりも決定的なのであり


そもそも官僚機構というのは
 また、政党政治家という存在も
  それほど高い社会的地位を 
   有していないというのが特徴だ


日本のように、政治議員をセンセー
 などと呼び。。媚びへつらいおだて上げ
  挙句何もかも見逃してしまう世論と
   大新聞・大マスコミという悪しき存在


日本は、財務省を頂点とする
 官僚機構が完全に仕切っている
  それでいて、日本特有の控えめ
   装い。。センセー方が主役ですと
  

米欧先進諸国と同じ尺度で
 論じることがそもそもオカシ過ぎるのだ


政党政治がその存在を誇示したいなら
 野党が与党自民党に勝ちたいのなら
  自民党が絶対に出来ないことをするべき


民主党は。。まず三党合意を捨て
 消費税増税が間違いだったと認めろ


みんなの党は、行政改革を前面に出し
 全国行脚でキャンペーンを大々的に展開
  させるべき。。
両党ともそれぐらいしないと
   そこからスタートせずに禊は終わらない。。
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1031-4c83a201