潰し、棚ぼた、リベンジ。安倍内閣改造の暗闘
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140904-00047093-toyo-bus_all&p=1

『「第二次安倍改造内閣」が9月3日発足した。

 安倍晋三首相が自ら「実行実現内閣」と命名した通り、これからが正念場となる
 だろう。10月には福島県知事選、11月には沖縄県知事選の「難関」が控えてお
 り、年末には消費税を10%にするか否かの決断をしなければならない。来年に
 は通常国会での集団的自衛権の審議と統一地方選が待っている。

 そうした懸念を払しょくすべく、安倍首相は人事権を断行した。焦点はまず、党幹
 事長ポストだ。以前から石破茂氏の幹事長更迭は規定路線になっていた』


上記は、東洋経済の記事。。

安倍首相は。。と日本の大新聞
 そして各マスコミは口を揃えるが

  ラジオの記者会見等を聴いても
   安倍首相の主体性。。当事者の
    発言とは到底思えないのである




『では次期幹事長は誰なのか。読売新聞は8月31日、「小渕(優子)幹事長で調整」
 と報じている。

 だが党内ではこれを信じる人は少数だった。ある自民党関係者はこう話す。「小
 渕氏に幹事長職は重すぎる。そもそも安倍首相の本命は、財務相を務めたことも
 あり消費税増税賛成論者の谷垣禎一氏だ。でもそれは最後まで隠しておきたか
 った。そのために官邸は読売にリークし、小渕幹事長説を流させた」。

 そしてこう付け加えた。「小渕幹事長説で石破氏続投の可能性は皆無になった。
 見事なまでの石破潰しだ。これで石破氏が次期総裁選に出る芽までなくなった」』



第一次安倍政権。。あの不自然な辞め方
 組閣・所信表明をした直後の辞任劇とは
  如何にも、不思議極まりないと思えてならず


そんな人物が狡猾にも
 石破外し。。石破潰しを出来るのだろうか

  この安倍首相は。。とか官邸が。。を
   官僚機構。。ズバリ!財務省と置き換え
    れば、非常にシックリくる気がする訳だ


面白いサイトを見つけた

諏訪哲人のジャパノロジー
http://blog.livedoor.jp/koniyasu/archives/2430609.html

で、ベテラン新聞記者の手記を
 引用するかたちで紹介されている

  

政治を裏で操るオオクラ官僚(主流派)たち
山田厚史 [ジャーナリスト 元朝日新聞編集委員]

 勝栄二郎次官は異例の在任3年目に突入
 財務省も懸念する消費税増税“完勝”の結末

 「政治家まで動かす主計局は野田政権になって、さながら
 政局の参謀本部・・
  『税と社会保障の一体改革といえば、多くの人は社会保
 障を充実させるために税金を上げる、と思うだろう。しかし
 現実はそうならない。・・』」

 「40代の官僚である。きちんとした財政ビジョンを示さずに
 『このままでは破綻する』という浅薄なキャンペーンで突っ走
 ったことの咎めに、やがてぶち当たるのではないか、というの
 である。」

 財務省OBの民主党議員はこういう。

 『税と社会保障の一体改革というのは、増税しその上で社会
 保障を削るということです。無駄な社会保障にメスを入れない
 限り、財政再建はできない』

 『財務省内では常識です。しかしそれを言えば消費増税は通ら
 ない。世の中はやがて気付き、財務省に騙された、と思うでし
 ょう。その時が大変ですが、イヤなことは考えない。それはそう
 なったときに何とかすれば、というのが上層部の姿勢です』

 「前出の官僚は言う。『自分たちは正しいことをしている。だが
 大衆は目先のことしか考えない。本当のことを伝えると賛成を得
 られない。大事なことは知らせず、我々の責任で遂行するしかな
 い――』。」

 財務省権力の源泉
 「勝次官は主計局長の頃から「影の首相」と云われてきた。霞ヶ
 関・永田町に張り巡らされた情報ネットワークが財務省権力の源
 泉だ。予算配分権と人事権を握り官僚機構に君臨する。官邸に
 は首相・官房長官らに秘書官を送り込み遠隔操作する。国会や
 選挙で責任を問われない官僚が、国会の外に長期政権を築き統
 治する。これが日本の特徴である。」

 財務省の周到な政治家養成

 「自民党政権は、自民党と官僚の連立だった。民主党は「脱官僚」
 を掲げながら何もできず、官僚に取り込まれ官僚との連立を組まさ
 れた、と言っていいだろう。党内対立や野党対策で落ち着かず、政
 策は官僚に丸投げし、国会対策まで財務省に頼り切る結果となっ
 た。」

 「権力者の経験がない民主党には野党対策のノウハウはなかった。
 財務省は自民党時代から政治家と表裏一体になって国会対策を支
 えてきた。財務大臣に国会対策委員長だった安住淳を抜擢したのも
 「使える」と勝が判断したから、と言われる。

 野田佳彦は藤井裕久民主党最高顧問による「一本釣り」だった。財
 務省OBの藤井は飲み友達だった野田を財務官僚に引き合わせ、政
 権交代で藤井が蔵相になると主計担当の副大臣に起用した。」

 「民主党は野田、自民党が谷垣。今を逃したら消費税増税のチャンス
 は回ってこない、と財務省は舞い上がった。谷垣自民党とは話がつい
 ている。あとは民主党内の反対を押し切るだけ。税調会長の藤井、財
 務相の安住、さらに岡田克也を副首相にして、野田を含めた4人を神
 輿に載せて突っ走った。」



全く違和感が無い文章。。
 小生も指摘してきたことが
  大筋で合っている!としか
   思えず。。裏付けられた!!


首相だけではない、自民党幹事長
 もシャッポに過ぎず。。創られた虚像



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪自民党幹事長が選挙を取り仕切るというのは、都市伝説だった≫<小生の持論が、いよいよ証明されるときが来たか>【幹事長になる人物が見当たらない】


安倍首相と石破幹事長
 顔を合わせても、人事の話は一切
  出なかった?左様でございます?


来月早々、あと数日後に
 迫っている政権閣僚や与党役員人事
  これに関して、両者言葉を交わさずか!


正に、見事に露呈してしまっている
 内閣総理大臣も自民党幹事長も
  人事練ったり、選挙取り仕切る能力
   を持ち合わせていない、ということだ


如何にも、内閣総理大臣=総裁
 と与党幹事長の間で神経戦が激化
  ともっともらしく、面白く仕立てようとする
   大新聞扇動・プロパガンダではあるが。。
    もう、論理矛盾・物語の崩壊は覆い様も


何の意味も無い、外遊。。各国歴訪
 それに首相がかまけ呆けている間に。。

  誰かが一生懸命考え。。そして発表
   出来る状態に仕上げていくに違いない


日本政府・中央府省庁の上に
 シャッポとして座る大臣・安倍内閣
  閣僚の入れ替え。。つまり内閣改造だ


併せて行われるであろう
 政権党自民党役員人事

  
内閣改造は、安倍首相が
 そして党役員人事も総裁である
  安倍首相がやるというのが
   昭和時代からの共通認識事項だ


が!!ホントにそうなのか!?
 小生。。かなり以前から。。
  特に安倍政権発足以降すぐから
   大いに疑いの目でみてきた訳で


仮に、首相と幹事長の会談が
 行われようとも。。関係無いのだ
  セレモニーに過ぎず。。第一、アイツ等
   仕事しているようには全く以って見えん


見る影も無くなった自民党派閥
 元々力など無かったのかも知れない


その僅かに残った派閥。。領袖
 といっても、輪番制の企業社長
  の如く形骸化の極み、派閥会長


主要閣僚に配置済みの
 麻生派、岸田派会長。。そして
  首相が属する最大派閥町村派は
   会長が病身らしいし。。それに次ぐ
    額賀派会長は、現在無役らしいが


また中小派閥や谷垣グループ
 は適度に内閣閣僚に封じ込め
  られてしまって、反抗不可能だ


あと、7ポストしか無いのではなく
 役職に当てはめる人材がいないのだ!!


内閣の重要閣僚及び官房長官
 全て留任の方向らしい。。
石破氏
  を幹事長から外すとすれば。。
後任の
   幹事長にはいったい誰を補充なのか?


お嬢。。小渕優子衆院議員
 小渕恵三元首相の娘、当選5回


カネ(政治献金)は集まる
 かも知れないが。。により派閥領袖
  解らんこともない、いや解らん(笑)


それと自民党幹事長
 というのとは、別問題だと
  小生の感覚なのであるが。。


次期総裁候補。。
 派閥の領袖クラス
  

といった大物議員が就任し
 カネと人事権を掌握して
  党務全般を仕切る選挙の
   最高責任者である幹事長


これは昭和時代の幻想なのか


女性登用。。血筋。。人柄。。
 選挙向け。。
客寄せパンダと
  言っては失礼なのか。。


少なくとも、従来の幹事長の
 資質と思われた議員像とは乖離


と考える小生は認識が
 足らないのかも知れないが

21世紀小泉純一郎内閣
 での安部晋三幹事長抜擢
  以来、客寄せパンダなのだろう


この安倍晋三以来少なくとも
 派閥領袖クラス、党の実力者が
  幹事長に必ずしも就任していない


とすれば。。党幹事長の
選挙活動を指揮し、勝利
 立候補者に対する公認権
  党財政も管理。。公認と資金
   両面から党内で絶大な発言力
 

これはいったいどうなったのか!
 党総務局長。。幹事長代理。。
  選対委員長などに委譲されたのか


21世紀。。自民党の変質
 それは日本の政界の変質だ


もしや。。立法機関としての
 役割。。政府の首相・閣僚の
  答弁ペーパー。。党の政策立案
   とともに、
幹事長職も官僚機構に

ひょっとして、ずっと昔から
 幹事長職というのは幻想なのか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それで。。東洋経済は
 元々小渕優子議員ではなく
  谷垣禎一法相、元財務相が本命
   だったというのだが。。その理由


財務相を務めたこともあり
 消費税増税賛成論者としている


それでは辻褄が合わないのではないか!
 安倍首相が、消費税増税に待ったを
  それを危惧して、財務省の代弁者の
   谷垣禎一氏が予定通り10%に!と。。


安倍首相は、財務省の代理人
 代弁者。。シャッポ!洗脳組の
  谷垣氏を幹事長に据える、つまり
   安倍首相は、元々官僚の操り人形!
    これを認めれば、非常に納得出来る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪これは驚いた。。あまりにも露骨な直球ど真ん中の《幹事長人事》≫<派閥の論理?安倍首相の思惑?全く関係無い!>【ズバリ!財務省による消費税再増税人事!!】


安倍首相が、自らの足もと固めに
 とか。。派閥領袖クラスを閣僚として
  また今回谷垣氏を幹事長として取り込み


敢えて、思想の違う非主流派の
 谷垣グループ率いる氏を幹事長で厚遇
  とか。。大新聞各社・NHK・時事通信


昨夜から、今朝にかけ。。噴飯物の
 解説で国民世論を煙に巻くことに四苦八苦


ちゃんちゃらオカシイし。。全然違う!

当然、大新聞・大マスコミ。。いやいや
 政府の本体である官僚機構は阿吽の呼吸
  ハッキリと認識しているはずなのだよ


財務省による財務省のための
 消費税再増税宣言!の幹事長人事だ!!


安倍首相及び政権。。つまり政治屋内閣
 財務省がガッチリ支配し。。それに外務省
  と経済産業省辺りが食い込んで操縦し。。

   と考えた方が実に正確!!といえそうだ


安倍政権発足当初から
 首相秘書官などで、経済産業省が
  突出しているという報道
があったが
   これも財務省によるプロパガンダであり
    自らの影響力を隠すために、大新聞に
     書かせたのではないか
、と疑っていた


財務省による傀儡政権
 民主党菅直人、野田佳彦そして
  安倍晋三と続いており。。
この安倍内閣
   で財務省はクロージングを図っているはず


安倍政権。。現在だけではなく
 政権発足当初から、
財務省はじめ
  官僚機構に包囲され、洗脳されてきた


安倍首相。。安倍内閣
 首相秘書官、大臣秘書官
  に財務省はじめ官僚機構
   の精鋭が送り込まれていた


つまり、安倍政権は財務省
 はじめ官僚機構が支配している様が
  特に露骨に滲み出ている内閣であり


自民党の派閥・グループ領袖
 も当然ながら官僚機構に逆らったりしない

   
消費税再増税を妨げるものは
 自民党内には存在しないのであり

  もし、再増税見送りの局面が訪れるなら
   財務省がここは一度見送った方が得策
    いくら何でも再増税はヤバ過ぎると
     自嘲したときのみに限られるといえる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前にも言った。。黒幕財務省が
 消費税再増税10%を断念。。
  スポークスマン安倍首相が
   如何にも手柄と。。再増税見送り
    を宣言するときは、これをむしろ!


米欧金融筋から促されて
 財務省筋が決断したこととはいえ。。

  日本経済が極めて危ない状況に
   ある証拠だと。。合点すべきなのだよ

関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1028-d77a90cb