田原総一朗:ジリ貧になる前に「衆院解散」も、その真の狙いは何か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140903-00000000-fukkou-bus_all

『8月29日金曜(25時25分~)に放映した「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)では、
 「激論! アベノミクスと日本人の幸せ」と題して日本経済の問題を議論したが、
 慶応義塾大学教授の竹中平蔵さんが「消費増税による影響は想定以上に深刻。
 消費増税は失敗だった」とはっきり述べていた。

 今年4~6月期の国内総生産(GDP)は実質でマイナス6.8%(年率換算)となった。
 かなり大きなマイナスなのだが、それでも甘利明経済再生担当相は9月1日の閣
 議後会見で、「今のところは想定内で推移している。7~9月にしっかりした回復
 基調に乗ることが大事」と述べた。この「想定内」という言葉に納得できる人はど
 れだけいるだろうか』

『今年12月に安倍晋三首相が引き上げの是非を最終判断する方針だが、消費税率
 10%への引き上げは既定路線と言ってもいい。もし引き上げを凍結するのであれ
 ば新たな法案を国会で成立させる必要があるが、これには大変なエネルギーが
 必要になり現実的には不可能に近い。

 では、安倍首相はどうするか。ここに来て事情通の間で言われ始めているのが「衆
 院解散」説である』

『株価が1万6000円を上回り、拉致被害者問題でサプライズを起こせれば、安倍首相
 はタイミングを見て衆院を解散するだろう。今解散すれば選挙対策がまったくできて
 いない野党は負け、自民党が議席を増やす可能性がある。

 自民党の議席が増えれば、来年の通常国会での集団的自衛権関連法案の審議、
 沖縄の米軍普天間基地移設問題、原発再稼動を進めるのに有利になる。言ってみ
 れば、「集団的自衛権隠し、沖縄問題隠し、原発再稼動隠し」の衆院解散である』



なるほど。。充分に有り得る
 解散総選挙!自民党は議席
  を増やすのはほぼ間違いない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪いくらなんでも、自民党これ以上の議席積み上げは・・・≫<国際関係・金融相場一切無関係に>【解散総選挙。。遅かれ早かれ、安倍晋三体制で延々とこのまま行くだろう】


自民党総裁=総理大臣派を主流
 として。。反主流派の反逆・反撃
  党内抗争・派閥間駆け引きという
   プロパガンダ・扇動報道はバブル
    経済まで。。竹下登政権を最後に


全く描けなくなっているのではないか
 日本の大新聞・大マスコミも苦しいだろう


集団的自衛権・原発再稼働・消費税
 全部隠しての早期解散総選挙。。
  これで議席の更なる上乗せ??
   衆院290超から300以上へなのか


現在の野党のあまりのだらしなさ
 を考えれば、有り得ないことも無い

  ただそうなってしまえば、かえって危険だ
   求心力も無いのに多数議席はさすがに。。
    世論に半端無い不満が充満する訳だ


そして、選挙が来年にずれ込んでも
 野党の弱さを考えれば。。高水準の
  自公連立の多数派議席。。つまり
   現在状況で横滑りするのは確実だろう


石破幹事長が待てど暮らせど
 総裁=総理の禅譲などは無い
  現在主流派の岸田外相や甘利
   経財担当相も帯に短し。。襷に・・・


要するに安倍晋三が、官僚機構にとって
 一番都合が良く、役者が枯渇した現在の
  政界では、駒を案山子を入れ替えるような
   危ない賭けを政府はしないはずなのだ


政府とは誰か。。当然官僚機構を指している


バレバレ。。ウソ丸出しの
 現在のプロパガンダ・提灯報道
  官僚機構の指令を受けての
   大新聞の報道姿勢ではあるが


安倍晋三で、政権として。。1年半以上
 自民党総裁としては2年近くも誤魔化し
  続けてきたのであるし、替えるのは危険

   このまま行こうとするのは間違いない!


一強状態の安倍政権
 その理由は、他が弱過ぎるから
  それだけといって間違いない!


かといって
日本維新の会橋下徹
 結いの党江田憲司が
  目論む野党合流は、野合
   に過ぎないのも確実なのだ


自民党の中でも
 派閥の弱体化と
  有力リーダー不在
   安倍政権に面と向かって
    歯向かう者もいない


ズバリ!世論調査で
 一部タカ派系の読売
  などでは、支持率5割
   を越えたとかいっている
    自民党内他勢力。。そして
     野党が弱過ぎる結果


これも、ライバルがいない
 それどころか、首相・閣僚候補すら
  思い浮かばない惨状なのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年冬。。前回衆院選から
 東京都議選。。参院選。。そして
  東京都知事選と。。為政者側に
   正に徹底的にしてやられてしまった


野党各党が、全く以って
 弱過ぎて、不甲斐ない結果による
  訳であるが。。
またもや解散総選挙
   となってしまえば。。それ以上のこと
    が起こり。。史上最悪の惨状となる!




<自民党執行部>派閥均衡と「安倍色」両立

『財務相経験者でもある谷垣氏は財政再建を重視している。3日の会見では、消費
 税率10%への引き上げについて「人間なので、首相と(考えが)100%一緒とい
 うのはあり得ない。よく議論し、最後は首相の考えを基本に一致結束していく」と
 述べたが、首相周辺には引き上げへの慎重論も根強いだけに、今後の路線対立
 につながる可能性もある。

 二階派会長の二階氏はベテラン議員からの信頼が厚く、3日の会見では「長く築
 いてきた公明党との信頼関係を一層発展させたい」と語った。谷垣氏の起用と並
 び、首相が与党協調に努める姿勢の表れだ。ただ、二階氏は1日、安全保障法制
 担当相を辞退した石破茂前幹事長と首相のあつれきについて「大騒ぎしなくたって
 いい」と双方に苦言。首相に直言も辞さない二階氏の登用は、今後の「官邸主導」
 のあり方にも影響を与えそうだ。

 稲田氏は首相と同じ保守派で、外交・安全保障などの政策で首相と足並みをそろ
 える。また党内では「政策能力が高い若手」と定評があり、行政改革担当相として
 の記者会見で自説を抑制し、政権の「失点」も防ぐ柔軟さも持ち合わせている』



大新聞のこんなプロパガンダ
 提灯報道など、まともに信じる
  必要は一切無い!と思うが。。


これが、ノンポリ国民世論には
 極めて効果を。。威力を発揮する



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪今、先進国では珍しく。。《政府・政権迎合の提灯・御用報道》に騙される国民が増加中という《狂った日本国》≫<左翼が弱過ぎるのだよ>【主権者国民寄りのシッカリした勢力を結集すべきなのに】


日本維新の会と結いの党
 合併政党の政策素案か。。


道州制。。首相公選制。。
 主権者である我々国民には
  一切関係の無い事柄である


集団的自衛権。。消費税再増税
 原発再稼動等は棚上げ???

  ヤル気無いのなら、やめとけや


今、提示しない案件は
 後でやるということではなく
  申し訳程度に、がやっとということ
   やらないのと同じことなのだよ


自民党と同レベルか
 それ以下のことしかいえない
  維新と結いの合併勢力。。


いずれは、自民党に再合流
 したいとしか思えないのである

  別に良いよ、投票対象にならんから


何度でもいうが、先進国というのは
 メディアの追究も、国民世論の監視も
  もっと遥かに鋭く、激しいはずなのだ


日本の野党各党は
 維新も結いも全くダメで話にならず
  左翼度が全然足らないということだ


我々国民・有権者は
 政府政権迎合・御用提灯報道
  自民党亜流には飽き飽きしている



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当選3回のタカ派女性議員が
 党3役に抜擢されるなどという
  暴挙を許してしまったのは
   野党の弱さが大きく影響なのだ


閣僚人事・与党役員人事。。
 そして選挙戦略・票読みまで
  全てを担う官僚機構は。。やはり
   政治屋達よりはやや賢いのかも?


綿密に野党各党との力関係
 大新聞各社と連携してプロパガンダ
  扇動報道を繰り返しながら。。
   我々国民世論のバカさ加減も見据え
    入念に作戦を練っているはずなのだ


谷垣氏が、リベラルであると報道
 公明党とのパイプが太いとされる
  二階氏らとともに。。連立組む公明を
   繋ぎとめ。。創価学会票で議席安泰


保守派などという、タカ派議員
 も党役員や閣僚で取り込みに成功
  と報道されてしまえば。。維新や
   みんなの党、次世代の党も不要に


自民党内で主流派と非主流派
 がせめぎ合いの様相すら演出され
  共産・生活・民主党も全く無力となる


自民党は。。安倍政権は決して強くない
 しかし、選挙は相対的な勝敗である
  ノンポリ層が他に入れるところがない
   と自民党に投票し、左翼層が自民に
    投票はとんでもない!と棄権する。。


投票率は極めて低いながらも
 自民党の衆院議席は400に届く可能性!


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1027-644df80a