石破氏入閣へ=自公党首が午後会談―内閣改造

『安倍晋三首相は29日昼、9月3日の内閣改造・自民党役員人事をめぐり、首相
 官邸で石破茂幹事長と約1時間半会談した。石破氏は首相を支える考えを伝え、
 引き続き緊密に連携していく方針で一致。首相は、新設する地方創生担当相な
 どの閣僚ポストを石破氏に提示し、協力を要請したとみられる。石破氏はこれを
 受け入れたもようだ。
 首相は、石破氏との会談後、公明党の山口那津男代表と官邸で協議する。山
 口氏は、同党の太田昭宏国土交通相の留任を求める見通しだ。
 石破氏は会談後、官邸で記者団に「腹蔵なく虚心坦懐(たんかい)に話ができ
 た」とした上で、「これから先、首相を全力で支える。より緊密に連携していく。
 組織人としてトップの決定に従うのは当然のことだ」と述べ、首相の判断を尊重
 する考えを示した』



全く以ってケシカラン報道だ
 時事通信、読売、朝日、産経、毎日
  大手新聞揃いも揃って同じような姿勢。。


協力を要請したものとみられる?
 石破氏はこれを受け入れたもようだ?
  山口代表は大田大臣の
   留任を求める見通しだ?


ふざけるな!と言いたい!!

主権者国民に包み隠さず詳細に
 事実を伝達することすら出来んのか!


だいたい。。首相とか幹事長とかいっても
 それ以前に国民有権者の負託を受けて
  国会に送り込まれた立法機関人なのだ


特権階級人・国家元首か何かと
 勘違いでもしているのではあるまいな!




発言しないのが常識=麻生財務相が石破氏批判

『麻生太郎財務相は29日の閣議後記者会見で、内閣改造をめぐる石破茂自民
 党幹事長の処遇問題について、「普通、この時期に話題に出てくる人は発言
 しないものだ。(政治家になってから)30年間の俺の中で培われている常識だ」
 と述べ、安全保障法制担当相への就任を固辞する意向を公に表明した石破
 氏を批判した』



この麻生太郎にいたっては。。ケシカラン
 を通り越えて、呆れ笑えてしまうぐらいだ


財務大臣として、国内政治支配者
 財務省の走狗。。代弁者。。大臣では
  なく代人(だいじん)とでも置き換えるか?


発言しないのが常識?どこの常識か!
 こういうヤカラが過去首相をやったとは
  今からでも信じ難いぐらいなのである


と。。小生、怒りながらフト思い当たった
 な、もようだ。。とか と、みられるとか
  見通しであるとか。。なぜ、先に解るのか


発言しないもの。。喋るな。。結局
 中身が無い。。いや、議員は何もやっていない


つまり、官僚機構が何から何までやっていて
 筋書きが全て先に解って。。いや決まっている
  答弁書や閣議・所信表明と同じく。。ペーパー
   はとっくに出来上がっていると解釈可能だ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪益々確信に近くなった!総理大臣も自民党幹事長も、人事を絶対に自分でやっていない≫【黒子。。いや実務者が別の組織として存在する】


何の意味も無い、外遊。。各国歴訪
 それに首相がかまけ呆けている間に。。

  誰かが一生懸命考え。。そして発表
   出来る状態に仕上げていくに違いない


日本政府・中央府省庁の上に
 シャッポとして座る大臣・安倍内閣
  閣僚の入れ替え。。つまり内閣改造だ


併せて行われるであろう
 政権党自民党役員人事

  
内閣改造は、安倍首相が
 そして党役員人事も総裁である
  安倍首相がやるというのが
   昭和時代からの共通認識事項だ


が!!ホントにそうなのか!?
 小生。。かなり以前から。。
  特に安倍政権発足以降すぐから
   大いに疑いの目でみてきた訳で


衆院当選5回が入閣適齢期組だと?
 もう、多選議員など自民党にいない!
  と言い切って良いのではないのかね?

当選三回の女性議員に党三役や
 重要閣僚で登用の説もあるではないか


こういう説が出る時点で
 閣僚や党役員。。大した仕事も無く
  前で踊っているだけであって。。
   結局客寄せパンダに過ぎない証拠だ!


この記事にもあるではないか
 麻生太郎が幹事長だと!!
  首相経験したから出来るとでも
   いうことなのだろうが。。首相時代
    ですら、何もやっていないのだから


当時の300近い衆院議席
 に乗っかって、早く辞めりゃ良いのに
  首相の座に居座り、自民党が政権から
   転落して民主党などに与党になられる
    という状況への決定的きっかけ作った


麻生太郎が、過去に幹事長やったとは
 いえ、そんなもん一切関係無い!

  彼が選挙を取り仕切り。。党公認や
   選挙資金を支配・采配を背負うというのか


次期総裁候補。。
 派閥の領袖クラス
  

といった大物議員が就任し
 カネと人事権を掌握して
  党務全般を仕切る選挙の
   最高責任者である幹事長


これは昭和時代の幻想なのか


女性登用。。血筋。。人柄。。
 選挙向け。。
客寄せパンダと
  言っては失礼なのか。。


少なくとも、従来の幹事長の
 資質と思われた議員像とは乖離


と考える小生は認識が
 足らないのかも知れないが

21世紀小泉純一郎内閣
 での安倍晋三幹事長抜擢
  以来、客寄せパンダなのだろう


この安倍晋三以来少なくとも
 派閥領袖クラス、党の実力者が
  幹事長に必ずしも就任していない


とすれば。。党幹事長の
選挙活動を指揮し、勝利
 立候補者に対する公認権
  党財政も管理。。公認と資金
   両面から党内で絶大な発言力
 

これはいったいどうなったのか!
 党総務局長。。幹事長代理。。
  選対委員長などに委譲されたのか


21世紀。。自民党の変質
 それは日本の政界の変質だ


もしや。。立法機関としての
 役割。。政府の首相・閣僚の
  答弁ペーパー。。党の政策立案
   とともに、
幹事長職も官僚機構に

ひょっとして、ずっと昔から
 幹事長職というのは幻想なのか


立法機関人として選挙区の有権者
 後援会などから推され、国会議事堂に
  送り込まれながら。。一切立法せず!


国会議員といいながら
 法律作らず何もかも官僚に仕切られ
  一定の当選重ねたら、即座に大臣拝命
   省庁の監視など夢のまた夢で
    ペーパー棒読み、丸読みで挙句
     責任とって辞任するだけの存在だ


内閣総理大臣にすら
 その疑惑が湧き起こるのも当然で
  所信表明から予算委員会答弁
   全て官僚丸投げ。。それにとどまらず

    内閣改造・党役員人事までも誰かに。。


内閣閣僚人事。。これは政府機関だ
 国民の了解も当然必要な重要なことだ
  私党とはいえ、政権党の役員人事
   これも本来なら極めて重要な事柄


そんな重要なことを
 人事構想を首相が。。安倍首相が。。
  何の訓練も専門知識も無い
   首相が自分で、1人で。。鉛筆
    舐め舐め練るとでもいうのか!!


バカも休み休み言いたまえ!(笑)
 まぁ、官僚機構が行政・立法を完全に
  牛耳り。。さらには、首相決定権まで
   握ったと思われる現代日本の政治だ
    閣僚や党役員人事。。どうでも良いが(爆)


まず。。小生、議院内閣制に大疑問
 国会議員が閣僚に大臣に就任必要無し


立法機関人として、法律を作る
 国民生活を良くする、世の中の
  浄化のためと信じられて国会に
   送り出された議員。。
立法に専念
    するべきなのは当然!筋である!!


にも拘らず。。行政だけでなく
 立法機関=国会すら官僚機構に
  牛耳られている事実は広く知られる


新聞社も。。テレビも。。また
 ラジオ放送までもプロパガンダ
  提灯報道に余念が無いが。。


そんなことしたって、いくら
 カモフラージュしたってダメなのだよ
  小生の目は、絶対に誤魔化せない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大新聞。。大マスコミ各社よ
 そんなカビが生えたような報道を
  今頃していては絶対にダメなのだ


子供騙しの報道は、高度成長期
 ぐらいまで。。百歩譲っても昭和まで


21世紀になってまでしていてはダメだ・・。
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1020-365a80f3