崩れる双頭態勢 石破氏、譲れぬ安保論 首相「無役は党で埋没」

『安倍晋三首相(自民党総裁)と石破茂幹事長の「双頭態勢」が崩れそうだ。
 9月の内閣改造・自民党役員人事で、石破氏が安全保障法制担当相への
 就任を固辞し「無役」となる可能性が濃厚となったからだ。来年9月の党総
 裁選を見据えた首相と石破氏の思惑の違いも浮き彫りになっている』



安倍晋三首相と石破茂党幹事長
 で双頭だったと思ったことは無いね


中央府省庁。。つまり
 財務省、外務省、経済産業省
  が中心の官僚機構が内閣を通じ
   安倍首相・菅官房長官を盾に
    コントロールし。。構成してきた
     日本政府と解釈可能であるから


首相と官房長官というのが適当か




『首相が総裁再選を確実にするには、経済再生や地方創生など重要政策の
 着実な実行が必要だ。来年の通常国会は安保関連法案審議が焦点となる
 だけに、安保政策に詳しく答弁が安定している石破氏の協力は不可欠とさ
 れる。

 「完全な無役になったら、それこそ党で埋没してしまう」

 首相は周囲にそう語っている』



今、石破幹事長は。。党で埋没
 することすら狙っているのではないか


下手に存在感あれば。。とばっちり
 責任を擦り付けられかねない訳だ


評論家で元外務省の天木直人氏。。


石破幹事長が安保法制担当相を固辞する本当の理由
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140825-00038536/

『石破氏は馬鹿ではなかった。

 うまく逃げた。

 安倍首相のような集団的自衛権行使についての考え方では、とても野党
 の国会追及は乗り切れないからだ。

 しかし石破氏が逃げたもう一つの理由がある。

 それは今度の改造内閣は貧乏くじ内閣になると見越したと思われるからだ。

 すなわちもし石破氏が次のように考えて入閣を固辞するなら、石破氏は馬
 鹿ではなかったどころか賢明だったいうことになる。

 すなわち夏休み明けになったら安倍政権はあらゆる難問に直面する。

 どれ一つとっても、いまの安倍首相とその側近たちには解決出来ないもの
 ばかりだ。

 だから安倍改造内閣から距離を置いたほうが得策だ。

 ひょっとしたら安倍政権は行き詰まるかもしれない。

 だからといって野党が息を吹き返すことは100%ない。

 つまり自民党の中で安倍おろしの動きが出てくるということだ。

 その時チャンスがくるかもしれない。

 下手に動くより安倍首相に追い出された形で距離を置いたほうが安倍内閣
 が行き詰まった時に有利に働く。

 もしそう思って石破氏が入閣を断るなら、石破氏は馬鹿どころか賢明だった
 ということである。

 果たして事態は石破氏に有利に動くのだろうか。

 それはもうすぐわかる。

 私は、時の流れは急速に安倍首相に不利な方向に向かって動き出すような
 気がしてならない。

 安倍改造内閣は貧乏クジ内閣に終わる気がしてならない(了)』




まず。。安倍晋三内閣が強い政権
 というのは完全に間違いである


そして、石破茂一派が強力な対抗馬
 になるとも思えないのも事実である


とても野党の国会追究は乗り切れない?
 野党がそんな鋭い国会追及など
  果たしてするとでもいうのだろうか?


行き詰まるとすれば
 政府・政権側の失策、オウンゴールぐらい
  しか考えられない。。それほど悲劇なのだ


だから野党が息を吹き返すことは
 100%考えられないという訳なのだ


安倍政権はあらゆる難問に直面
 安倍政権は行き詰まるかもしれない


これには、大いに賛同。。いや
 このまま為政者側の都合が
  罷り通るはずなど絶対に無いからだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪集団的自衛権行使容認の根拠は崩れた!≫<国民も公明党・創価学会もこれで賛成するのか>【日本の自衛隊から膨大な死者が出るぞ】
   

どこかバーチャル? 「集団的自衛権」問題で「戦死」議論がなかった理由〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140704-00000003-sasahi-pol

『放送大教授(政治学)の御厨貴氏と東大教授(社会経済学)松原隆一郎
 氏が対談し、今国会の争点になった集団的自衛権の行使に関して、自
 衛隊の「戦死」論議が必要だったという』

『御厨:安倍さんが絶対に口にしないことがあって、行使容認され日本の自
 衛隊が出動したら、向こうから攻撃されて死人が出るだろうということ。こ
 の死人が出るっていう議論を絶対に安倍さんはしない。

 松原:ひとことも触れていないですね。

 御厨:野党もたまに追及するんだけど、安倍さんは一切言わない。つまり、
 勝負してないんです。本当に勝負するんだったら、人が死にますっていうこ
 とをきちんと言わなきゃいけない。逃げているんですよ。ここが最も弱い。

 松原:それは通したいから隠している?

 御厨:そうだと思う。

 松原:万が一、自衛隊員が亡くなったりすれば大変な話で、靖国神社に祀
 (まつ)るのかという議論もしておかなければならない。その話は手付かず
 です。

 御厨:詰めてないね。だから情念なんですよ。

 松原:泥縄でやってはいけない大きな問題なのに、それを詰めないのは本
 当にまずい』




驚いた!政治屋の議論を絶えず
 観ている訳ではない。。
  まさか、戦死者の件について
   安倍首相。。公明党。。そして
    野党までが触れていないのか!


小生ですら
 自衛隊による戦死者肩代わり
  の件は、以前から言っている



「米艦で邦人救出」想定、過去に米は拒否 集団的自衛権

『大詰めを迎えた集団的自衛権の行使をめぐる与党協議で、朝鮮半島
 での有事(戦争)で「避難する日本人を乗せた米艦を自衛隊が守る」と
 の想定が、注目を集めている。しかし、過去の日米交渉で米側はこの
 場合の日本人救出を断っていた。首相がこだわり、行使に慎重な公明
 党もこれなら容認できるとみる想定だが、現実には「日本人の米艦乗
 船」は極めて困難だ。


 「近隣諸国で紛争が起こって、逃れようとする邦人を輸送する米国の船
 が襲われたとき、その船を守れなくていいのか」

 11日の党首討論。安倍晋三首相は朝鮮半島の有事を念頭に訴えた。
 集団的自衛権行使の検討を表明した5月15日の会見でも、この例をパ
 ネルで示して強調。公明党も「この例に絞るなら集団的自衛権を認めら
 れる」(関係者)として、「限定容認」する方向で調整に入った』



集団的自衛権限定容認
 で、公明党が落とされそうだ


なるほど。。これは面白く
 平和ボケ我々日本国民には
  スクープといえるかも知れない(笑)


我々日本人は軍事・外交
 情報・諜報オンチなのであり
  外交交渉に赴くはずの国会議員
   首相・閣僚皆同じく超ド級オンチだ



『北朝鮮と向き合う韓国に在住する日本人は約3万人。「米艦による日本人
 救出」とは、戦争が起きた時に日本への避難民を運ぶ船や飛行機が足り
 ないとみて、米軍に輸送の一部を依頼する想定だ。首相や公明がこの例
 に着目するのは、日本が直接攻撃を受けていない時に米軍を守るのは集
 団的自衛権の行使に当たると主張できる一方、日本の近くで日本人の命
 を救うと訴えれば、国民の理解も得やすいと考えるからだ。

 しかし実際には、朝鮮半島の有事で現地から日本の民間人らを米軍が避
 難させる計画は日米間で一度議論されたものの、最終的に米側に断られ
 た経緯がある




この大新聞朝日の記事では
 理解し辛いかも知れない訳で。。


日刊ゲンダイが報じていた
 のでみてみると。。恥ずかしくなり


そして何といっても、集団的自衛権
 米国の強い要請などではない!


イラク戦争でも数千人の米軍兵士
 の死者が出ている。。米国政府も
  ここに頭を悩ませている訳であり


日本が「肩代わりしましょう」と
 言えば。。それは迷惑などではなく
  歓迎するという種類の話なのである


米国政府としても
 民主主義の監視や鋭い
  メディアの指摘があり。。対応を
   誤れば一瞬で支持率を失う訳だ
    ズバリ!選挙があるからなのだよ


集団的自衛権行使で自衛隊出動
 となれば。。膨大な死者が出る可能性
  高いということを絶対に忘れてはならない



≪御用ジャーナリズムが、またもや安倍首相を擁護か≫<どうにも誤魔化しが利かなくなり、行使容認の場面も無いのに閣議決定と>【自公連立はバカか?これは個別的自衛権だ!】

田原総一朗:集団的自衛権、閣議決定の曖昧さと安倍首相の意図
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140709-00000003-fukkou-bus_all#!bbRBW9

日本の大新聞各社など。。
 主義主張は真っ向から対立も
  どこも似たり寄ったりであるといえる


日本の国内政治について
 官僚機構に唯一立ち向かう
  ことのできる大新聞・大マスコミの
   はずなのだが。。
劣化が激し過ぎる

米欧露戦後世界秩序から
 大きく遅れをとり。。相手にされない
  状況が21世紀さらに拡大してしまった


主に外務省タカ派長年
 画策し続けてきた憲法改正

  彼らも戦争を知らない訳なのであり
   戦争になっても、戦地へは行かない


たまたまそういう思想を
 理解もせずに保持する安倍晋三

  などという首相が登場したために
   利用して一気に何もかもやってしまえ

その外務省の思惑に
 バカウヨ新聞記者も片棒担ぐ


そのインチキに。。自民党だから
 安倍総理だからとまんまと騙された
  国民世論の甘さが最も危険なのである


もう一度言おう!
 米欧先進各国政治リーダー
  軍産複合体は自国軍。。NATO軍
   でいきたいのはヤマヤマ。。
が、戦死者
    これがあるから。。頭を悩ませている


北朝鮮が相手ではない
 シリア。。イラン。。国際テロだ
  日本自衛隊よ、代わりに死んでくれ
   こういうことに相違いない訳だよ。。


つまり米軍。。米欧軍
 NATOの要請には応えられない
  日本の集団的自衛権行使もどき


これは即座に。。いや最初から
 米欧露戦後世界秩序としては
  読み切っていた可能性がある


自民党は公明党。。背後の
 創価学会の選挙協力を断ち切れない
  自民党が崩壊消滅しかねないからだ


そのための個別的自衛権行使
 容認について自民公明の合意か


何という腰砕けの連立内閣か!
 これが、現時点で日本国政の
  最強タッグ?他の野党は軽
   く捻られ、一体何をしているのか!


自民党は選挙が恐いから。。
 個別的自衛権なのに集団的
  自衛権行使容認決議したと吹聴


公明党は、創価学会の逆鱗に
 触れたくないから、押し切られたのに
  実は個別的自衛権であって。。
   以前と何の変わりも無いのだと。。


しかし、ことはそう簡単ではない
 国際的に表面上は日本は右傾化
  攻撃的になったとみなされている


ターゲットになる。。攻撃対象にされる


ひとつ訂正しておこう

国民を騙すために。。と孫崎氏
 しかし、騙すための策謀は官僚機構
  外務省の専門部局職員ぐらいまでだ


国会議員は恐らく。。いや確実に
 本気でそう考えていたのではないか


これは、PKO/PKF論議と
 極めて似通った議論であるが。。

  病状はこの20数年で更に進行!

ちょっと調べれば解る?
 しかし、国会議員が調べている
  はずなどないのは。。それこそ
   ちょっと考えれば誰でも解ること


日本は軍事・産業。。
 諜報・情報スパイ天国
  これは戦後ずっと言われてきた

我々一般国民と同様
 サラリーマンであったり
  議員秘書などから政界へ


元来、専門的な訓練も
 受けていない訳であるから
  諜報・情報・軍事・外交。。
   出来なくて当たり前なのである

    といっている場合ではない!

国家にとって一大重要法案
 がこの程度の基準だけで
  バカな国会議員によって
   決められてしまおうとしている!


日本が、国際政治・外交で
 米欧先進国から相手にされない
  状況は今後も続き。。
さらに最悪
   な状況が生まれつつある、ということ


中東。。イスラム過激派
 国際テロ組織からの明確な
  ターゲットに認定されるのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最悪の。。いや悪夢の
 民主党政権という三年半を
  みてしまって。。
しかし、さらに
   状況は悪化し、傷が深まった
    安倍晋三内閣が1年半以上。。


官僚機構。。そして大新聞
 何よりも我々国民世論の盲目
  がこの政権を肥大化させた。。


これから、1年ぐらいはタップリ
 時間を掛けて、あらゆる超難題
  に直面右往左往・意気消沈。。
   全てが誤りであり。。選択間違い
    を痛感し、日本政治を反省すべし


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://y366158.blog.fc2.com/tb.php/1014-4f406ede