戦後日本には政党政治なんか
 存在しなかった!
国会議員が
  政治家である、などという迷信
   から一刻も早く脱却すべきである


大新聞・テレビ他の大マスコミ
 による報道は。。今やいよいよ
  信頼出来ないものと落ちぶれた


この視点により、検索してみたら
 小生。。知ってはいたが、不覚にも
  組み合わせて目を通すことを失念


非常に興味深い3つの記事
 併せて読めば、日本政治の黒幕が・・・。


改めて、自説が誤りではない
 ことを再認識した次第である


重要なので転載させて頂きます



総選挙をめぐる、政党の合従連衡の背後にあるもの
http://alternativereport1.seesaa.net/article/409355642.html

総選挙が始まると、野党は、これまでの個々の主義主張の対立を「平然と無視」し、合従連衡を開始した。

多数派の自民党に勝つためには、合従連衡しかないという、これまでの野党間の主義主張の対立は「無かった」かのような無節操な動きが始まっている。

 福本邦雄。東京の画商「フジ・インターナショナル・アート」社長。それは表向きの顔であり、自民党の竹下登、渡辺美智雄、安倍晋太郎、中曽根康弘、宮沢喜一、中川一郎等、歴代自民党・超大物政治家達の政治団体「全て」の代表を務めてきた、自民党の「影の総裁・実力者」である。この派閥も経歴も異なる自民党大物政治家達は、実態的には、福本の「指揮下にある、操り人形」でしかなかった。

この福本が、戦前の日本共産党の指導者・福本和夫の息子である事は、自民党と共産党の「通底部分」を、カイマ見させる。

既報のように、戦前の共産党の伸長を強力に支援したのが、やがて日本と戦争を行う事になる米国=CIAであってみれば不思議は無い。同様に、自民党もCIA資金で創立され、動いて来た。福本親子が、そのCIA資金の対日パイプ役である。

福本が、こうした政治団体の監査役として任命してきたのが、野村雄作。大阪方面で中堅企業60社を支配するコスモ・タイガー・コーポレーションの社長であり、歴代大阪府知事の「お目付け役・相談役」である。79年には自治省の官僚であった岸昌府知事の後援会「昌蒲会」を創立し、余りに露骨に表立って府知事に「命令を下した」ためマスコミに総攻撃を受け、その後は、裏方に徹してきた。

野村雄作の父・周史は、戦争中、中国の満州帝国で満州鉄道の運営に関わり、日本の旧運輸省とのコネクションを強く持ち、そのため大阪で大手タクシー会社を経営してきた。それが雄作の権力の経済的基盤となる。このタクシー会社には民主党の旧社会党系の労働組合を基盤とした国会議員達が、顧問として軒並み名前を並べて来た。

ここに、与党=自民党、野党=民主党の旧社会党グループ、共産党の国会議員達が、その財政基盤を「1つ」にしている事が暴露される。

2011年、かつて自民党の「本流」を占めていた小沢一郎が、旧社会党系の労働組合の「強力な、バックアップ」によって、民主党の最大派閥を形成し、労働組合の「ボス」輿石が幹事長に就任していた事態の源流は、ここにある。この「呉越同舟」は、野村のタクシー会社の「経営顧問に顔を並べた、自民=社会党の国会議員」の顔ぶれの中に原型を見る事が出来る。

かつて社会主義政権を目指した社会党。反社会主義を掲げ、経済界の代理人となってきた自民党。この両者が「同一支持母体」によって支えられている構造には、「思想・主義・主張は、ドウデモ良い、金を与えてくれる人間の命令に従う」という汚職の構造が明確に見えている。ワイロを授受したか、どうかと言う収賄問題等ではなく、存在の在り方そのものが汚職である。


 福本と野村のコンビは、大阪・梅田から阪急電車で1駅の中津駅周辺の「地上げ」で有名である。平屋に住む高齢者に脅迫・暴行を加え、家屋を買収し、そこに高層ビル、ショッピング・モール等を建設したのである。現在でも、生まれ故郷の家屋を奪われた高齢者達が痴呆症になり、中津駅周辺を徘徊し、自分の帰る家がないと嗚咽する姿が見られる、と言う。

この「開発事業」には、倒産した東邦生命を始めとした日本の生命保険会社の群れが、巨額な資金を投資してきた。この強引な土地買収では、福本・野村と共に買収に参加し、中津駅周辺の建設工事の主役を務めた東急グループの総裁・五島慶太の部下と、暴力団山口組系の古川組の組長・古川真澄が脅迫の罪で警察に逮捕されている。かつての東急デパートの総帥・五島慶太、通称「強盗慶太」である。

強盗同然で買収した土地に高層ビルを建設し、それを担保に資金を生命保険会社から高利で借り、さらに、その資金で土地を買収、建設工事を推進する。利益は、並み居る生命保険会社群に分配され、こうして日本国内で、CIAエンジンである日本の生命保険業界により「自己増殖」されたCIA資金は、福本・野村を通じ、自民党、民主党の旧社会党グループ、共産党に流れ込む。

福本・野村の、この「動き・暗躍」は、現在、その2代目に継承されている。当然、その操り人形の国会議員達も、2代目になっている。

このグループの足元には、かつて竹下登=金丸信が居た。現在ではその後継者が小沢一郎である。

この小沢と対立した橋本龍太郎も、このグループに居た。橋本は竹下の後継者でもあった。この橋本の秘書であった後継者が、橋下徹の維新の党との合流を果たした国会議員・江田憲司である。

そして、このグループには、故・渡辺美智雄が居た。その後継者が、消滅した「みんなの党」の渡辺喜美である。

そして冒頭に記載した福本邦雄の「部下」=安倍晋太郎の子息=安倍晋三・首相、そして中曽根康弘が、この「呉越同舟」に加わる。

親から子供へ、「地盤・カンバン・カバン」は継承され、顔ぶれだけは変化した。

大阪府知事の「相談役」野村を経由し、元・大阪知事=現市長=橋下徹、「みんなの党」、「維新の党」、安倍晋三の連携・談合・内輪モメが日本の国会を動かす「原型」が、ここにある。

親から子供へ、「地盤・カンバン・カバン」は継承され、顔ぶれだけは変化した。そして「談合と汚職=汚れた政治資金問題」だけは、変化していない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上転載

自民党の竹下登、渡辺美智雄、安倍晋太郎、中曽根康弘、
 宮沢喜一、中川一郎等、歴代自民党・超大物政治家達

  政治団体「全て」の代表を務めてきた・・・
福本邦雄


が、しかし!2000年に中尾栄一元建設大臣が
 収賄容疑で逮捕された若築建設事件
の共犯者
  として逮捕される(処分保留、起訴猶予で釈放)


逮捕して起訴猶予釈放というのがいかにも。。
 政権ではないね、政府しか出来ない芸当だ


後半では、安倍晋三。。橋下徹
 そして渡辺喜美の名前が出ている
  のが非常に興味深い訳なのである


話の書き出しは、昨年の
 総選挙。。野党共闘を目指した
  動きから始まっているが、失敗!


それについて、直後の年末
 Electronic Journalさんの記事


こちらも転載します




●「野党統一戦線ができなかった理由」(EJ第3932号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/410300688.html

 安倍政権が解散に踏み切る判断をするのにさいして、一番気に
していたのは、小沢一郎生活の党代表の動きだったといいます。
何しろ295議席を放り出しての解散です。野党が結束されたら
大幅に議席を減らすことが十分考えられるからです。
 「バラバラの野党に何ができる。まとめ切れる剛腕なんていな
い」と官邸はタカをくくっていたのですが、一抹の不安もあった
のです。それは「小沢一郎」の存在です。「オザワならやるかも
しれない」と考えたからです。
 しかし、今や小沢氏の率いる生活の党は1ケタの弱小政党であ
り、民主党とは絶縁状態、維新の党の江田・橋下共同代表とは意
見が合わないと考えられ、小沢氏が水面下で動いていたことはあ
る程度わかっていたものの、どうせまとまらないと見て安倍首相
は解散に踏み切ったのです。
 しかし、事実は自民党の思惑とは異なっていたのです。小沢氏
は、民主党や維新の党と何回も接触し、新党結成の必要性を説い
ていたのです。そして、誰かが既成政党の枠から飛び出して「こ
の指とまれ」といったら、大同団結、統一戦線ができるはずだと
強調したのです。自民党に代わる受け皿を作るために、統一戦線
がどうしても不可欠だったからです。
 実際に維新の党の橋下共同代表は、民主党の前原、細野両氏ら
を念頭に、小沢氏の使った「この指とまれ」という言葉を使って
新党結成を呼び掛けています。私は橋下氏の街頭演説をテレビで
聞いて驚いたのです。しかし、民主党の若手は、既成政党から飛
び出す決断ができず、新党作りは失敗に終わっています。
 だが、その副産物としてかなりの選挙区で野党の候補者調整が
進んだのです。それは、民主党、維新の党、生活の党、社民党の
間で野党が共倒れしないための調整です。それは、バックで小沢
氏が動いたからこそ実現したのです。もっともそれによって自民
党に勝てるかどうかは別の問題ですが、この経験はきっと次の選
挙で生きてくると思います。
 『週刊ポスト』12月12日号における武富薫氏による小沢氏
とのインタビューにも野党統一戦線の事情が小沢氏によって語ら
れています。
―――――――――――――――――――――――――――――
武富:民主党内には「小沢抜き」で大同団結をやろうという意見
もあった。
小沢:僕がどうかっていうのは問題じゃない。「新しいひとつの
傘」で大同団結するときに、ほかの人たちが「小沢は嫌だ」って
いうなら、俺は無所属でいい。一人でいいんです。ところが、民
主党はそうじゃない。来たい奴は「民主党の枠」に入れてやって
もいいけれど、小沢だけは駄目っていう話なのよ。だけれども、
「民主党」という傘では国民の支持は得られない。一度失敗して
「敗れ傘」になっちゃったわけだから、新しい傘を用意すること
が必要なのです。   ──『週刊ポスト』12月12日号より
―――――――――――――――――――――――――――――
 民主党の幹部たちは、いまだに自分たちのしたことがどれほど
国民の怒りを買ったかということがわかっていないのです。「小
沢が悪い」と思っているフシもあります。小沢氏のお陰で政権を
担わせてもらったことが分かっていないのです。それは、14日
の投票で結果が出ると思います。
 武富薫氏は、12月3日の報ステの古館キャスターと同じよう
な質問を小沢氏にぶつけています。
―――――――――――――――――――――――――――――
武富:あなたは二大政党制にもとずく政権交代可能な枠組みを提
唱しているが、定着していない。
小沢:要するに「官僚主導から政治主導、国民主導」と唱えてい
る政治家自身が明確にそれを認識していないところに民主党政権
の失敗があった。一党独裁の政権が続くと、必ず腐敗と癒着を生
むんです。与党が国民生活を害する政治を行えば、野党にとって
代わられる。その取って代わる野党が常に存在するのが民主主義
の基本のあり方です。油断したら政権交代になるぞと、緊張感を
持って政治活動するのが、民主主義の本来の目的にかなった機能
でしょう。だけど、それがあまり日本では定着せず、現在のよう
な経過をたどってしまって、「新たな55年体制」みたいな雰囲
気になっているのは非常に危険です。
武富:「民主党政権ができたときに小沢一郎はやれなかったじゃ
ないか」という国民の声にはどう答えるか。
小沢:忘れないでほしいのは、僕はあのとき、どれほど旧体制権
力の迫害を受けていたかということ。党内からでさえ排除の論理
に晒され、あの状態じゃ、まともに政治に参加できなかった。
武富:旧体制派にとっては自民党政権が都合がいいのか。
小沢:旧体制の中心である官僚機構は自民党歓迎です。大きなメ
ディアも同じなんでしょう。
           ──『週刊ポスト』12月12日号より
―――――――――――――――――――――――――――――
 旧体制の手先であるメディアには大きな責任があります。彼ら
は、体制の小沢排斥の手先になり、ありもしない疑惑を小沢氏に
被せるのに協力し、多くの国民を騙すことに一役買っています。
 しかし、体制側が総力を挙げても小沢氏を潰し切れず、無罪に
なると、今度は徹底的にメディアに小沢氏を無視させる作戦に出
て、国民との公約に反する消費税増税に反対して党を割った生活
の党の議員も民主党と一味として、選挙で大敗させてしまったの
です。最後に小沢氏は国民に対し次の警告をしています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 特定秘密保護法は、政治行政の権力が政治家ではなく、官僚の
手にあるからこそ危険である。僕なんか、特定秘密保護法がなく
ても官僚組織にあんな攻撃を仕掛けられた。この法律は官僚が個
人情報のすべてを握るわけだから、これほど怖いことはない。
―――――――――――――――――――――――――――――
            ─── [検証!アベノミクス/14]

≪画像および関連情報≫
 ●国民の「09年の経験」に望み/小沢一郎氏は語る
  ―――――――――――――――――――――――――――
  武富:首相が操り人形でも、アベノミクスが失敗でも、それ
  を変えようという動きには力がない。あなたは以前から「日
  本の改革が進まないのは、国民に飢餓感が少なく、変わらな
  きゃいけないという危機感がないからだ」と語っていた。
  小沢:本質的には変わってないでしょう。日本はまだまだ豊
  かに食べている。だけれども、徐々に苦しくなり、今の生活
  が維持できないのではないかという意識は広がっていると思
  う。日本は太古の昔以来、豊かな国だった。戦後もアメリカ
  の傘の下で過ごして平和だった。けれども、やっぱりそれだ
  けじゃ駄目だと。「自立した国家」「自立した国民」になる
  という意識が育たなければ民主主義は育たない。要するに、
  お上頼みでは駄目っていうことです。残念ながら、日本人に
  はまだその性癖が残っている。ただし、以前と違う状況もあ
  る。僕は「09年」にそれなりの意味を見出している。自分
  たちの一票で、長期政権の自民党を倒せた。その意識は日本
  人の頭の中に植えつけられたと思う。あのときは、清水の舞
  台から飛び降りるような気持ちで、おっかなびっくり民主党
  に一票を入れたのでしょう。だけれども、「結局、駄目だっ
  た」「やはり寄らば大樹」といったもとの体質に、戻ってし
  まった。それでも当時の経験が国民の頭の中にはあるから、
  僕はそこに一縷の望みを託しています。政治の個が受け皿を
  用意できれば、国民は必ず応えてくれると思う。
           ──『週刊ポスト』12月12日号より



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上転載

生活の党と山本太郎となかまたち代表
 自民党時代にはいろいろあった
  非自民非共産8党連立政権でも
   実力者とされた。。
しかし、消費税
    関連で民主党からの不自然な追放


何よりも、あの”小沢裁判”の趨勢



以前も引用させて頂いた
 論談さんの三宝会名簿

    
論談 “永田町のフィクサー” 福本邦雄がまとめた三宝会・会員名簿

小沢一郎排除には三宝会
 こういう記事は小生も以前に

  
しかし、必ずしもそればかりではない

三宝会の名のもとに
 経済界。。大企業。。が仲良く
  がん首揃え、
中でも大マスコミが

福本邦雄がまとめた。。名簿
 大企業と大マスコミを結集可能
  なのは竹下登でも福本邦雄でも・・。
 

三宝会は、福本邦雄が主催した
 歴代総理の中でも特に親しかった
  竹下登を最高顧問として。。
しかし!

福本邦雄はアッサリと逮捕
 起訴猶予釈放となったとしても
  
また、竹下登を田中角栄後継の
 自民党のドンのように扱う向きも
  しかし、彼は官僚機構の走狗だった


中には、全ての黒幕を米国に
 求める見解もあるが。。米国が
  日本にそこまで興味持っていない


イザッとなれば日本など一気に潰せる


石井紘基刺殺事件

を例に挙げるまでもなく
 小沢一郎。。最近はややピントが
  ボケた気がするが、天下り法人
   それを生む特別会計の見直しなど


困るのは官僚機構のはずである

それらを激烈に追及した
 石井紘基議員刺殺事件。。
  小泉純一郎政権下だった


そこで小泉元総理あたりに
 照準合わせた記事もあるが

  福本邦雄逮捕はその前の
   森喜朗内閣下の出来事では?


いや、逮捕に至る準備期間
 を考慮すればその前の小渕恵三
  内閣かも知れない訳なのである


審議会・懇談会・諮問機関
 内閣や政権党が代っても
  リバイバルで次々と再び世に


やはり、国会議員総理及び
 政権政党は官僚機構の操り人形





スポンサーサイト
岡田氏「民共政府」拒否、選挙協力は模索継続

『民主党の岡田代表が、共産党が掲げる連立政権「国民連合政府」構想を拒否する姿勢を強めている。

 共産党との共闘路線に反発する党内保守派の突き上げに配慮したとみられる。ただ、来夏の参院選で
 の共産党との選挙協力を模索する姿勢は崩しておらず、党内の火種は残りそうだ。

 岡田氏は29日の記者会見で、「(選挙協力の)前提として国民連合政府が条件になると難しい」と語り、
 事実上、政権構想の撤回を共産党に求めた。28日の講演では「政権構想の前提を外さないと(選挙協
 力の)話は進まない」「政策に相当開きがあり、有権者に説明できない」と語った』



有権者って誰のことか。。
 少なくともネトウヨ層からは
  マスコミ造語ではあるが
   左派政党と見られているし・・。


これもマスコミ造語だが、仮にも
 保守政党だと自称するならば

  タカ派官僚機構の走狗は自民党
   だけで充分!2つも要らないのだ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】



外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である


つまり、じっくりと。。内容の濃い
 説明を国民に向けて実施してない

  100時間だの。。掛けた時間は
   全く参考にも何にもならない訳だ


日本の政治・国会のルールでの
 予定通り。。筋書き・台本通りに
  議員どもの頭数の多少だけ重視

   
多数決至上主義の議会制民主主義
 この悪しき慣行での採決を強行採決

   
で、田崎史郎の面を想像する
 までもなく。。安保法制・原発推進
  は、消費税増税の官僚支配の構図
   これを連想することで容易に理解可能


再び。。共産党が呼び掛けた
 野党共闘に対する民主党をみる



『志位氏はこの後の記者会見で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で
 合意できれば調整する」と述べ、安倍政権を退陣に追い込むため、安保法制で共闘した民主、
 社民など5党1会派に選挙協力を呼びかける考えを示した。その上で国民連合政府構想に触
 れ、「まず戦争法を廃止して立憲主義を取り戻す政治的合意が必要だ。その合意を実行する
 ために連合政権を一緒に作ろうという政権合意も必要だ」と述べた。

 志位氏の国民連合政府構想を受け、野党各党は色めきだった』

『ただ、民主党には共産党アレルギーは根強い。

 来夏の参院選で改選を迎える金子洋一参院議員は20、21両日、「共産党などとの協力には
 大反対だ。根本的な考え方が違う」「決して共産党などとの連携をしてはいけません」などとツ
 イッターに書き込んだ。

 長島昭久元防衛副大臣も19日、ツイッターに「民主執行部はこの呼びかけにも応ずるのだろ
 うか? いろんな意味で共産党の方が上手だな」とつぶやいた。

 民主党最大の支持母体である連合傘下の組合でも共産党への警戒感は強く、共産党との連
 携の動きは、民主党内の亀裂をさらに広げる可能性が大きい』


金子洋一参院議員 長島昭久衆院議員
 何と、ともに消費税増税を推進してきた
  最後に出てきた連合は原子力ムラである


国民をバカにしている?
 そうだろう、バカにしているのだよ

  政策なんか、国会の行方なんか
   に禄に興味示さないバカな国民
    世論だから、為政者=日本政府
     である財務省もこんな質疑させている


国会の与野党論戦・攻防というが
 答弁書から質問内容何もかも全て
  財務省はじめ官僚機構のプロデュースだ


民主党の野田前首相。。が安倍政権と
 敵対?まさか!官僚機構の操り人形と
  いう点では全く敵対も対立もしない!!


民主党と自民党。。いや元々自民党は
 官僚機構に操られてきた政党であり
  そこから派生した民主党は同類なのだ


藤井裕久元財務相は、財務省出身議員
 よって財務省の走狗・代弁者であり
  財務省に対して従属的なのは勿論だ


ここに財務省の文字が一切出てこない
 ことこそが、極めて不自然で意図を感じる


ついでにいえば、安倍首相が
 財務省と対立することも一切無い
  完全な操り人形でありシャッポは確実!!


財務省がプロデュースし
 実行する消費税の再増税。。


上記の記事は非常に端的に
 かつ解り易く、面白いものである

日本の政治の実態をかなり正確に
 言い表しているといえる。。なぜなら
  この記事の執筆者は元財務省官僚


つまりは、こういうことだ
 消費税の再増税とは。。

財務省の悲願であり、絶対に
 越えなければならないハードル


そして他の各中央府省庁も
 増税前提で予算が編成されている


また地方自治体も然り。。
 財界・経済界も増税の見返りとの
  名目で、法人税減税を首を長くして


そして、日本経済のコントローラー
 という表面上の役割担う日銀すら
  増税前提のインフレ政策らしい


大新聞各社つまり御用新聞。。
 御用学者・御用ジャーナリストも
  増税ありきでやってきているし
   御用学者・評論家は死活問題!!


何より、与党自民党議員は
 やっと巡ってきた政権の旨みは
  消費税増税含みで考えている!!


つまりは、政官財界。。マスコミ
 全ては、消費税増税を待ち焦がれて
  いや、増税あってこそ!の心境だろう


日本の。。政官財マスコミ、御用ジャーナリズム
 財務省を頂点とした官僚機構。。そして新聞社
  それらに寄生するジャーナリスト。。操り人形の
   国会議員政権。。というのが、日本の構図だ!


自民党、民主党、公明党。。
 別々の違う政党であり、かつ
  与野党に相塗れて意見を
   戦わせたはずの各党首が
    同窓会とはバカか、ふざけるな!


しかし、実態は当たらずとも遠からず
 財務省→各官僚機構→大新聞社→
  それらに操縦される与党政治政権が
   国民を煽って騙して統治する日本列島


この構図はピラミッドを形成しており
 財務省という頂点からすれば、自民も
  民主も公明も支配される同志であり戦友



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党を自民党に対抗しうる
 保守政党だと考える人々も
  健全な野党だと考える人々も
   日本政治の病巣を理解してない


同じく橋下徹率いる大阪維新も
 民主党非常に似ている訳である


あの勢力を改革者だと
 考える人々がまだいるのには
  改めて非常に驚かされる訳だ




「維新の党」分裂の事の発端 「柿沢未途」前幹事長がぶちまける! 「橋下徹大阪市長の嘘八百とイチャモンに呆れた」〈週刊新潮〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151030-00010004-shincho-pol

『ツイッターで人を罵ることにかけては、政界一の橋下徹大阪市長(46)。袂を分かった維新の党の国会
 議員も形無しである。しかし、ついに柿沢未途前幹事長(44)が重い口を開いた。橋下市長による数々
 の嘘八百、イチャモン、朝令暮改には呆れるほかないというのだ。

 ***

 端的に言ってしまえば、今の橋下さんは、自分の都合のために嘘をついて、イチャモンを付けているに
 過ぎません。全く無理筋の要求を突き付け、(維新の党の)執行部を困らせ、騒ぎを大きくしようとする。
 当初は分党を求め、今でこそ解党すると言い出しましたが、こんな騒ぎを続けてもしょうがないから、
 幾らか貰って解決するつもりだった。これでは、強請(ゆす)り、たかりをやっているのと同じではありま
 せんか』



松野維新の党に全面的に肩入れ
 するべきかどうかはともかく。。
  橋下維新の不自然なけんか腰
   には、安倍政権の影を連想した


いや、官僚機構が糸を引いている

今、大阪ダブル選で大阪自民党や
 公明党・創価に牙をむくゼスチャー
  も、芝居がかっていて目を覆うばかり



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《新事実キャッチ!》≪大阪維新の橋下徹と松井一郎には、最初から維新の党をぶっ潰す命が下っていた≫【野党共闘を絶対に許さず、安保はじめ政府専横法案を全て通すためだ】


維新の党を離党した橋下徹と
 松井一郎の大阪維新コンビ。彼らは
  いとも簡単に改革に専念などと
   抜け抜けと言うのである。。

    しかし、果たしてそうなのだろうか

橋下・松井を安倍晋三総理の
 別働隊とかねてから言ってきたが

  今回の離党・国政政党結党の動きは
   最初から仕組み目論んできたことだった!

    柿沢問題はきっかけで、むしろ小躍りした




維新の党「仮面夫婦」の破局は仕組まれていた
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150829-00082324-toyo-bus_all&p=1

この記事を昨日目にして。。やっぱり!と
 小生、以前から橋下・松井の大阪維新は
  安倍総理の別働隊であって。。必ずや
   維新の党を割る!
と言い続けてきたし
    それは江田代表時代から不変だった


時系列をハッキリとさせるため
 そもそも、8月14日のことである


柿沢氏が民主・共産・生活・社民の
 野党4党の推薦候補への応援に行った
  維新が推薦していないにもかかわらず


というのが表向きの騒ぎの発端
 橋下・松井は仕方なく窮余の一策
  で離党。。そして国政政党結党へ。。

   新聞・テレビの報道はこういう論調だ




『そもそも橋下氏らは「維新の党」にさほど未練があるわけではない。党名は昨年8月に
 日本維新の会と結いの党が合併した時、妥協して名付けたものだ。地方議員のための
 「大阪維新の会」を残したのも、何か起こった時のリスク分散と見てよい。その例は過
 去にもあるからだ。

 それは公明党だ。同党は1994年12月に新進党が結党した時、新進党への合流組と地
 方議員及び一部の参院議員で構成する公明の2つに分かれている。現行の小選挙区
 比例代表並立制が導入された1996年の衆院選で同党系の議員数を減らしたものの、
 現在まで一定の議席数を維持できているのは、公明の存在ゆえに党としてのアイデン
 ティティを失わなかったからと評価できる。

 ちなみに公明の代表は東京都議だった藤井富雄氏が務めていた。藤井氏は創価学会
 の黎明期を支えた人物で、1955年から2005年まで50年にわたって練馬区議と都議を務
 め、「国会議員よりはるかに実力がある」と言われていた。

 ■ 柿沢問題は「邪魔者」を排除する材料だった? 

 だが、大阪維新の会の実質上のオーナーである橋下氏の党内の影響力は、藤井氏が
 公明で保持していたよりもはるかに大きいものといえる。

 思うに橋下氏と松井氏は、年内にこうした形になるよう、絵を描いていたのではないだろ
 うか。8月19日に関西維新の会を結成し、実質的に大阪維新の会の下部組織としたのも、
 その準備ではなかったか。さらにいえばそのひとつの過程として、柿沢氏の問題が埋め
 込まれたのではないか。要するに、江田憲司氏、松野氏、柿沢氏という「邪魔者」を排除
 するための材料として、今回の問題は利用されたのではないだろうか』



上記記事を全て肯定する訳には
 いかない。。
例として提示の公明
  の存在ゆえにアイデンティティを・・・
   と評価出来る?
公明党・公明は
    母体創価学会が全てだからである


また、この記事では。。柿沢問題は
 かねてからの行動のきっかけとして
  利用されたのではないだろうか。。と


推定の域を出ないものでしかないが
 具体的証拠が既にとっくに出現済みだ


橋下・松井の離党騒ぎは
 あまりに唐突で柿沢問題は
  きっかけに過ぎない、ことは
   小生も既に述べている訳だ


これって。。普通に考えて、党を割るような
 問題ではないと思える訳なのだが。。
是が非
  でも維新の党をぶっ潰す密命が下っていた!


としか思えないし、そう考えた方が納得可能
 誰から?安倍自民党政権と言えば、解った
  ような気になるかも知れないが。。
官僚機構だ

なぜなのか?野党共闘は絶対にさせたくない
 野党共闘に繋がりかねない候補への応援
  柿沢氏が行ったことをことさら大きくとらえて
   騒ぎにして。。それを理由に党を割るということ


橋下・松井。。いや松井は裏方で
 橋下徹あってこその維新なのであるから
  これで維新の党はガタガタになってしまう


橋下。。松井の大阪維新は安倍別働隊
 これはもうずいぶん前から言い続けている


維新の。。橋下、松井。。両氏は
 自民党。。特に安倍晋三の別働隊
  維新の党がいくら頑張ろうとしても
   江田憲司がどれだけ背伸びをしても
    この二人が、それを絶対に潰しにいく


小生。。以前からそう予想している訳だ
 だから、小沢一郎が目論む民主党中心
  野党共闘。。野党連合には乗らないのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

共産党との連立を拒む民主党
 松野維新に喧嘩売った橋下維新


極めて似通っている、いや!
 双生児と言って良い、つまり


安倍自民党と民主党、橋下維新
 は兄弟勢力とみなすべきなのだ


民主党と橋下維新合併すれば?
 その方がスッキリするが。。ただ
  官僚機構の走狗勢力は自民だけ
   で充分なのも確かな訳である


共産党や生活の党を排除し
 松野維新を潰しにかかる民主党と
  橋下維新の背後には官僚機構である


消費税増税・原発再稼働・集団的自衛権
 これらに賛成の議員どもが、今民主党から
  離党していっているというのが真相だ!!


<原爆症>17人を認定、新基準導入後で最多 東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000105-mai-soci

『原爆症の認定申請を却下された東京都などの17人(うち3人は提訴後に死亡し遺族が継承)が、
 国に却下処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(増田稔裁判長)は29日、全員を原
 爆症と認め処分を取り消した。国が2013年12月に認定の範囲を広げたとする新基準を導入し
 た後、不認定とされた被爆者による同種訴訟で原爆症と認定する判決は6例目。一度に認められ
 た人数としては最多となった』


この裁判について。。NHKラジオでは
 解説委員が国が負けそうだと言っていた


しかし!!



原爆症認定訴訟・一転認定しない判決~大阪高裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000066-mbsnewsv-soci

『長崎で被爆し、その後肝臓がんになった男性をめぐり、大阪高裁は原爆症と認めた一審判決を一
 転、取り消しました。

 男性は、一審のあと、亡くなっていて裁判を引き継いでいる息子は判決を「非常に残念」と批判して
 います。

 裁判は、亡くなった武田武俊さん(当時83)が原爆症の認定を求めていたものです。

 武田さんは、原爆投下の6日後から4日間、長崎市内に滞在しがれき処理などを手伝って、その後
 76歳で、肝臓がんを発症したといいます。

 国に原爆症の認定を申請しましたが却下されて提訴、去年3月の一審判決では、原爆症が認定さ
 れましたが国が控訴していました』



国とは、日本政府=官僚機構である
 与党国会議員内閣は、厳密には
  政府と這い難く。。操り人形であり


むしろ、国民の側に立って政府=官僚
 を監視しなければならないはずが・・・。


ずいぶん前から感じている
 地裁で国民の側に立った判決が出ても
  高裁・最高裁でははね返され逆転判決


原発再稼働・国会議員定数。。
 枚挙にいとまが無いとはこのことで
  どうも、最高裁には官僚機構にも似た
   闇の期間=黒幕が居たようである

    日本はやっぱり先進国ではないようだ

小沢裁判。。よく小沢一郎は切り抜けた
 もの、とその強靭さには目を見張る気分




裁判をダメにする元凶「最高裁事務総局」の正体
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/02/08/9509/

『実は、陸山会事件以外でも、過去に東京地検特捜部が摘発し、2000年以降に判決が出た有名な
 刑事事件を担当した東京地裁、東京高裁の裁判長の多くは、エリート裁判官に共通する経歴を
 持つことがわかった。果たして、これは単なる偶然なのだろうか?

 「東京地裁や東京高裁にはもともとエリート裁判官が集められますから、経歴が共通するのは当
 然かもしれませんね」(前出・西川教授)

 また、起訴、控訴された事件がどの裁判長の担当になるのかは自動的に割り振られ、特定の裁
 判長が“指名”されるような作為は働かないともいわれる。

 しかし、人事をはじめ、裁判所内部でどのような意思決定が行なわれているのか、裁判所は情報
 公開法の対象にはなっていないので、国民にはその実態がまったくわからない。

 だが、東京地検特捜部が摘発した事件では軒並み有罪判決が出ているのに比べ、大阪地検特捜
 部、名古屋地検特捜部が摘発した事件では意外にも何件かの“無罪判決”が出ているのだ。

 そして、地検特捜案件で無罪判決を書いた大阪地裁&高裁、名古屋地裁の裁判長の経歴を見る
 と東京とは明らかに異なる点があることがわかる。一部の裁判官を除けば、ひたすら実務裁判官
 の道を歩いてきた裁判長ばかり。つまり、エリートとはいわれない人たちなのだ。

 もちろん、ひと口に地検特捜案件といっても、事件の性格や背景は異なる。判決内容と裁判官の経
 歴を簡単に関連づけることはできないのも確か。

 「これは民事の話ですが、以前、東京地裁民事第3部に藤山雅行裁判長がいました(現在、横浜地・
 家裁川崎支部長)。彼はエリートでありながら、公共事業に関する訴訟で国側が負ける判決をたび
 たび書いた。『国破れて3部あり』といわれたほどです。エリートコースを歩きながらも骨のある、権力
 べったりではない裁判官もいます」(前出・西川教授)

 とはいえ、地検特捜部が描いた構図をそのまま鵜呑みにした判決を、最高裁事務総局から“選抜さ
 れた”エリート裁判官が書く。特に東京ではその傾向が強いと疑われる判決が出ていると見られて
 も仕方ないだろう。

 そうした傾向を裏づけるかのような別の指摘もある。それは合憲か違憲か、憲法判断をめぐる裁判
 で、裁判内容がその後の裁判官に及ぼす影響についての研究だ。

 塚原英治弁護士が1990年に『法律時報』(日本評論社)で発表した論文によれば、公職選挙法の戸
 別訪問禁止規定は合憲だとする最高裁判決に反して違憲だとする判決を書いたある裁判官は、地
 裁支部勤務を9年という“異例の長さ”で経験させられ、「例を見ない差別」を受けたと指摘している。
 そして、〈そのような(最高裁判決に反した)判決をした人が冷遇されていることが、部内にいる人に
 は一目瞭然だとすれば、それは裁判内容の統制につながるだろう〉と指摘しているのだ。

 『犬になれなかった裁判官 司法官僚統制に抗して36年』(NHK出版)の著者であり、元裁判官の安倍
 晴彦氏も戸別訪問禁止は違憲との判決を書いたひとりだ。その結果、ほぼ一貫して地方の裁判所
 や支部、家裁での勤務を余儀なくされたと、09年の本誌連載記事の取材時に語っていた。

 さらに、安倍氏は検察官による被疑者の勾留請求をかなりの割合で却下する裁判官としても知られ、
 裁判所と検察庁との“和を乱す存在”だったことも人事面で冷遇された一要因だと語っていた。

 前出の西川教授の研究によれば、全国の裁判所には明らかに“優劣”があり、人事を見れば自分が
 エリートコースに乗っているのかいないのか、裁判官にはわかるのだという。これではヒラメ裁判官が
 生まれるのも当然であろう。

 これまでに3300件以上の裁判を傍聴したジャーナリストの今井亮一氏が語る。

 「多くの人は裁判所の役割について、悪い人を処罰するところ、真実を明らかにするところ、有罪か
 無罪かシロクロつけるところと考えていますが、裁判の現場を見続けた者にとっては、そんな考えは
 幻想としか思えません。裁判の役割は、検察と一体になって犯人を処罰し、国家の治安、秩序を守
 ることと裁判官は思い込んでいるように見えます。被告人側の主張については疑って疑って疑い抜
 き、検察側の主張についてはなんとか信用できる理由を探して、拾い上げてやる。そして、もっとも
 らしい有罪判決を書く。そういう傾向が明らかに見て取れます」

 政治家や高級官僚がらみの事件だと、検察から盛んにリークが行なわれ、マスコミが“悪徳政治家”
 “悪徳官僚”と書き立てる。国民も「有罪になって当然」と思い込んでしまう。そこで裁判官も「多少無
 理して有罪にしても国民から批判されないだろう」と思ってしまうのではないか。

 しかし、われわれ国民は何か法的な問題が起これば、最後の判断は裁判所に頼るしかない。その
 裁判所の裁判官がヒラメでは、公正な裁判は期待できない。では、マトモな裁判官になってもらうた
 めにはどうすればいいのだろうか。

 ■“裁判所情報公開法”で国民が監視できる体制に

 裁判官の人事制度を見直すべきと指摘するのは前出の西川教授だ。

 「一部のエリート裁判官が東京地裁、東京高裁に集中する一元的な人事制度を見直すことが必要
 です。同時に、3年から5年ごとに広域的に転勤させるやり方も変えないと、裁判官が常に次の異動
 先を意識して裁判を行なう風潮は改まらないと思います」

 さらに、裁判官の人事や昇給がどのような基準で行なわれているのか、外からはまったくうかがい知
 れないことに問題があると言うのは前出の新藤氏だ。

 「裁判所に関する情報公開は、最高裁が決めた『要綱』しかありません。そのため、行政機関と同様、
 裁判所にも情報公開の法的な義務を課す“裁判所情報公開法”を制定すべきです。最高裁事務総
 局会議や裁判官会議には議事録があるはずだし、そこでは裁判官人事に関する議論などが行なわ
 れているはずなんですが、絶対に表に出ることはありません。その厚いベールに包まれた裁判所の
 内部を、裁判所情報公開法によって国民が監視できるようにするのです」

 だが、最高裁が自らの権力を縛るような、こうした改革を行なうとは考えにくい。そこで、当面は被疑
 者の取り調べを録音・録画する可視化を進め、警察&検察がウソの調書を作成していないか、ヒラ
 メ裁判官でも“助け”られない仕組みを作り上げるしかないだろう。

 冒頭でも紹介したが、仮釈放後の記者会見で鈴木宗男氏は次のように力説した。

 「大事なのは被疑者の取り調べだけでなく、証人や参考人として将来、法廷で証言を求められる可能
 性のある人すべての聴取を含めた全面的な可視化です」

 そうしなければ裁判の公正が保たれないのも情けない話だが、今のままでは裁判所は国民の信頼
 を失い続けるだけだ。検察の「国策捜査」を支える「国策司法」でしかないと―。

 そのなかで、注目されるのが、自らの資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる政治資金規正法
 違反の容疑で強制起訴された小沢一郎氏の裁判だ。昨年12月16日の公判で、元会計責任者を取り
 調べた元検事の前田恒彦受刑者(「郵便不正事件」で証拠を改ざんし実刑が確定)が、「特捜部の捜
 査は見立て違いの妄想だった」と証言するなど、検察捜査の問題点が浮かび上がっている。今年4月
 には判決が出る予定とされるが、さて、東京地裁の大善文男裁判長はどのような判決文を書くのだろ
 うか。

 ちなみに、大善裁判長は早大卒、初任地は東京地裁。司法研修所教官や高松高裁事務局長の経験
 を持つなど、一応エリート裁判官らしいのだが……。』




まず。。新聞・テレビなどでは
 時折、検察を『司法』と表現するが
  これは間違いであり。。行政機関だ


検察と裁判所が一体!というなら
 検察も裁判所も行政府というのが
  実態から正確な表現ではなかろうか


それと後、この記事は2012年初頭
 民主党内閣下である。つまり現安倍
  晋三内閣と同じ官僚機構支配下では
   あるが。。政府=官僚機構が国民を
    欺く政治・行政を行うのは安倍晋三を
     総裁・総理に仕立て上げてから一段と


この記事は、東京と大阪・名古屋という
 切り口になっているが時代はさらに悪化した


今や、大岡越前のような裁判所は
 せいぜい地裁までしか期待は出来ない


全高裁!そして最高裁などは
 日本政府=官僚機構と同じ”国”である!!


つまり、日本は。。”政治家”と信じられている
 国会議員が操り人形であって立法が存在せず


裁判所が官僚機構と同じ行政機関化
 先進国としての国家の体を為していない!!


「いわば「問答無用」で、政権迎合の空気が社会を覆う:山崎 雅弘氏」  憲法・軍備・安全保障
https://twitter.com/mas__yamazaki

http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new

『はき違えた中立性という病(明日の自由を守る若手弁護士の会)http://bit.ly/1k6amfJ

 「日本の社会は、なぜか『政治の話はタブー』という閉塞感いっぱいの空気がただよい、自由活
 発な議論を封じようとする圧力を感じます。その圧力の一番の『大義名分』が『政治的中立性』」
 ふつうの市民が個人として「判断を留保する」

 「態度を今は明らかにしない」のは権利として認められると思うが、公共施設の管理者や、権力
 監視の役割を担うはずのジャーナリズム業界の人間が、当座の保身という理由で社会的な責任
 を放棄して「見かけ上の形式的中立」で権力に迎合する風潮が増えている』

『ここ数年の流れを見ると、公共施設に貸し出しを拒否されたり、イベントなどで地方自治体が当
 初予定していた後援を撤回した事例は、ほぼ全て、安倍政権の政策に批判的・不都合なものば
 かりで、百田尚樹氏の講演や日本会議のイベントは政治思想的に著しく偏っていても、後援や
 貸し出しが認められている。

 社会全体で見れば、「判断留保」や「見かけ上の形式的中立」という形式をとりつつ、実質的には
 「暗黙の政権迎合」が社会に蔓延しつつある。

 暗黙の、つまり「表向きは無いこと」にされているので、その是非が表の場所で堂々と議論される
 こともない。

 いわば「問答無用」で、政権迎合の空気が社会を覆う。

 「言論の自由」という概念も、言葉による暴力を正当化する文脈で使われる事例が最近増えてき
 た。

 SEALDsが嫌がらせ対策としてブロック補助ツールを導入したことに対し、「言論の自由の否定だ」
 などと全く筋違いの批判を書き込む人間がいるが、言論の自由とは「他人に嫌がらせする自由」
 ではない。

 安倍政権の政策を支持するなら、自分のアカウントで好きなだけツイートすればいい。

 政権を批判する人間のアカウントに粘着して罵詈雑言や不快な画像等を送りつけて精神的に疲
 弊させ、政権批判を標的にやめさせる行為にエネルギーを注ぐ人間は「言論」ではなく「他人の言
 論を封じる活動」を行っている。

 他人の家の窓から屋内の住人を口汚く罵ったり、飲食店で他の客に絡んで「俺が大嫌いな料理
 を食うな」と大声で恫喝するような人間が警察に連行されて「俺の言論の自由が侵害された」と叫
 んでも同意する人間はいない。

 しかしネット上ならそんな行動をとっても許されると錯覚する、傲慢な人間は結構多い。

 特定の相手にブロックされて過剰に反発する人間は、それによって何か不都合なことが起きてい
 るのかもしれない』




政権迎合。。大新聞・テレビの
 大マスコミにこそ言えると考える


外国メディアが指摘しているのに
 涼しい顔してそんな報道などは
  最初から無かったかのように・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪大新聞・テレビの大マスコミにはもう期待しない!≫【<国の借金解消にはまず政府資産売却!>この議論の拡散を望む】


財務省が「国の借金」を80兆円も下方修正。消費増税不可欠と国民に思わせ続ける財務省とマスコミの罪
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150217-00042147-gendaibiz-bus_all&p=1


大マスコミからでは勿論ないが
 政府資産売却が筋!!この議論
  出てきた意味は極めて大きいのだ


自民党迎合。。特に安倍晋三議員を
 大好きでたまらない産経新聞さん。。

  さすが御用新聞・安倍政権広報部の
   面目躍如といったところか。。
いや
    今日はそんなこと言ってる暇など無い

安倍晋三首相が導き出しただと!?
 首相には何にも無い!中身は空洞だよ
  官邸官僚。。つまり首相秘書官その背後
   に控える財務省はじめ官僚機構が考えた


まず27年度税制改正大綱
 財務省が勿論徹頭徹尾やっている
  自民党、公明党もそれに掛かって
   といっても。。自民党担当財務官僚や
    公明党付き財務官僚がいて。。
完全な
     マッチポンプのような状況であろう


恐るべき安倍政権迎合・提灯記事だ
 安倍首相が消費税8%への増税で
  景気への悪影響を懸念していた?

   それも無いと否定しておくべきだろう

株価を日本経済の指標とみて
 政権の通信簿にするといった人だ
  景気や経済に含蓄などあるはずが無い


2020年東京五輪に気を取られ
 油断した隙に8%への増税を宣言
  させられてしまったとか。。
報道される
   安倍首相だが、
8%増税宣言したこと
    は致命的な大ミスとなっただけでなく

     財務省の操り人形を証明してしまった

それだけでなく、解散発表会見で
 次回10%への増税時景気条項撤廃

  これが財務省傀儡政権でなくて何なのか!

結論。。10%への増税などもっての外
 8%への増税も大間違いだったということ

  20年近くも前の5%への増税すら。。いや
   消費税導入の20数年前の政策が間違い!!


直接税と間接税。。直間比率の是正
 は古来燻っていはいたが。。怪しいもの

  何より、社会保障費やあろうことか
   財政再建のための消費税増税は大ウソ!


財源は腐るほどあるということだよ
 騙されてはいけない、我々国民は
  完全に騙されているということだよ


恐らく。。昭和の時代から官僚機構は
 伸び伸びやっていた。。
が!遅くとも
  自民党が1993年に初めて政権から
   転落して以降。。一党支配ではない
    国会議員を支配していけば良いのだ


という空気が漲り始め。。21世紀になって
 特に、小泉政権後。。第一安倍内閣以降
  国会議員政権・首相・大臣は使い捨てで
   邪魔になれば、スキャンダルで葬れば良い


麻生内閣の頃には議員政権は
 完全に無視された状況。。
そこであの
  民主党政権となった訳であるから。。
   気合い充分の財務省はじめ官僚機構
    にとって、民主議員政体潰しは赤子の・・・。


予算編成は、財務省が独占している作業
 予算が出来なくて良いのか?と脅された
  民主党政体。。
しかし、これは自民党政体
   の生き写しともいえる。。極端に出ただけ


予算編成一つ。。いや他の政策・法案・法律
 財務省はじめ官僚機構に丸投げでやっている
  から。。恫喝されたら一溜りもないということだ


ズバリ!財政再建や規制改革には
 既得権益と戦い説得する必要がある

  既得権の最高峰は官僚機構の
   天下り法人やそれを生む特別会計

    
自民党にはそれが出来なかった
 民主党政権下で、大新聞報道はじめ
  世論固めに全精力注いだ財務省権力
   大新聞・大マスコミは片棒担いだ訳だ


財政再建や規制改革が出来ないから
 最も弱者である国民に何もかも擦り付け
  背負わせる増税という方法を選んだ。。

   新聞・テレビを使って国民騙すのは簡単
    その通り!弱者と戦う最低・最悪の方策だ


世界最大の政府資産!日本!!
 少なくとも、その規模は700兆円


これを外資に売却。。国内民営化
 特別会計にメス・天下り法人解体
  政府が疲弊した国民・被災地経済テコ入れ
   震災復興・世界最悪原発事故作業員への
    潤沢な賃金へ回すことが重要であり


福島原発廃炉への道筋。。業者・作業員
 確保への特効薬になるのであり。。急務!!


全ての根源は、日本の中央府省庁
 そして、彼らのみの身の保証しかしない
  天下り法人の激烈増殖を生む特別会計が
   日本経済。。血液である財政を硬直化させる!


民主党政権下で、増税やむなし
 とはいかないまでも。。増税は有り気運

  そして自民・民主・公明の三党合意が
   結ばれたことにより、増税機運も無理
    やりに盛り上げられたとさえいえるのだ


しかし、自民党安倍内閣に政権交代
 我々国民レベルでは、表向きにでも
  政権が変わったのだから。。三党合意
   を破棄して、増税を流してしまうこと
    これは可能だったのではないか、と


いや、政権交代などしていなかった
 自民党から民主党へ。。そして自民へ
  議員政体が変わっても、官僚機構その
   筆頭財務省という政府は不変であり
    その悲願、消費税増税は流せない!!


というところが、安倍首相はじめ議員政権
 及びその周辺の至上命題だったと思われる


安倍首相が、増税に慎重。。懸念示し
 反増税論者である。。これは大ウソだ!!


財務省に物言える総理などでは絶対になく 
 財務省の操り人形であり、傀儡政権である


つまりは、こういうことだ
 消費税の再増税とは。。

財務省の悲願であり、絶対に
 越えなければならないハードル


そして他の各中央府省庁も
 増税前提で予算が編成されている


また地方自治体も然り。。
 財界・経済界も増税の見返りとの
  名目で、法人税減税を首を長くして


そして、日本経済のコントローラー
 という表面上の役割担う日銀すら
  増税前提のインフレ政策らしい


大新聞各社つまり御用新聞。。
 御用学者・御用ジャーナリストも
  増税ありきでやってきているし
   御用学者・評論家は死活問題!!


何より、与党自民党議員は
 やっと巡ってきた政権の旨みは
  消費税増税含みで考えている!!


つまりは、政官財界。。マスコミ
 全ては、消費税増税を待ち焦がれて
  いや、増税あってこそ!の心境だろう


消費税再増税は、一旦見送り
 しかし、景気条項は今後取っ払って
  次回は確実に再増税を実施する!!


安倍首相にそう言わせたのは
 間違いなく財務省に他ならない


元財務省官僚が、消費税増税について
 論じて。。それを阻止したのが安倍首相
  などといえば。。大抵の人々が信じてしまう


しかし、騙されてはいけないということ
 そして今回の総選挙は安倍政治の審判
  消費税増税以外に、集団的自衛権行使
   原発再稼働。。そして特定秘密保護法案
    やがては、目論まれる憲法9条改正に
     我々国民世論が審判を下すのである!


増税。。財政では、勿論財務省の傀儡
 原発再稼働では、経済産業省と原子力ムラ
  集団的自衛権・憲法9条改正では外務省
   正に日本の官僚機構縦割り行政のシャッポ

民主党政権下で、機運が盛り上がった
 消費税の増税。。それも社会保障から
  国家財政再建まで!目的変遷させながら


しかし、実際に。。8%へ増税を実施し
 次の10%への再増税、しかも景気条項
  取っ払うとまで言い。。宣言したのは
   自民党安倍政権下であり。。決定的役割


そう、その通り!国会議員政権は本来
 官僚機構の情報を吸い上げ、政治をすべき

  しかし官僚機構支配を完全に許し、丸投げ
 
この官僚機構。。その筆頭財務省支配を
 許した戦犯として、
21世紀以降の自民党
  が貢献度90点以上、そして民主党は95点

   ふたたび政権自民党安倍内閣は100点だ


何度でも言う。。消費税増税は大間違い
 一番弱い国民に何もかも被せる方策で
  本当に改革しなければならない既得権益
   改革はゼロである。。財源はいくらでもある


社会保障も財政再建ももとはと言えば
 政府の失敗が原因で、窮屈になっている
  政府の失敗は政府が後始末!
政府資産
   政府系法人。。腐るほどあるではないか


2015年、安倍政権が繰り出す方策
 法案。。政策。。全て官僚機構に言わされ
  国民のためのものは何一つ無し、と悟るべし


消費税増税やむなしの扇動
 原発再稼動政党の扇動。。
  集団的自衛権・特定秘密保護
   そして憲法9条改正の扇動。。

    全てが繋がっているように見える



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『中国では政府に雇われたネット工作員が一件いくらの契約で政府批判者を罵倒攻撃する仕事に
 従事しているが、そういう人間はクライアントに指示された標的にブロックされれば収入が減少する。

 他人への嫌がらせや攻撃的行動が原因で、ツイッターのアカウントが凍結/停止されても、それは
 自分の責任でしかない。

 自分の言いたいことは、自分のアカウントで書けばいい。

 特定の誰かにブロックされても、言論の自由が侵害されたことにはならない。

 他人に迷惑をかけない限り、というのが自由の基本。

 今日は昼過ぎから某新聞社(大手紙)の記者が家に来られて取材を受けた。

 掲載日等が確定したら改めて告知します。

 『戦前回帰』の内容とも絡めながら、現在の日本の状況や様々な問題への対処法、今後の展望など
 についての意見を述べました。

 私だけでなく、何人かの話を組み合わせた記事になる模様です。

 辺野古問題で制度乱用…今度は行政法学者93人が安倍政権に「NO」(日刊ゲンダイ)
 http://bit.ly/1LSWUmP

 「そもそも、行政不服審査法は『国民=私人』の権利利益の救済が目的。それを無視して、『国』が
 『国』に対して助けを求めること自体、メチャクチャな話」

 「政府がとっている手法は制度を乱用するものであって、じつに不公正であり、法治国家にもとるも
 のといわざるを得ない」

 「今の日本は法治国家ではなく、解釈も放置するし、憲法も放置するし、民意も放置する“放置”国
 家です。このままいけば民主主義は崩壊していく」

 法を蔑ろにする動きが止まらない。

 権力者が憲法を無視し立憲主義を踏みにじる態度を取れば、憲法学者が立ち上がり抗議・批判する。

 権力者が行政法を悪用すれば、行政法学者が立ち上がり抗議・批判する。

 では、国会が議事録を捏造したり内閣法制局が重要な意思決定の記録を残さないことに、歴史学者
 は立ち上がって抗議・批判しているか?』




株価も、偽りの可能性が無いか?
 株価を政権の通信簿にする、よって
  株価を上げる。。年金資金を使って


中国の話ではなく、日本の話である

中国はそういう国と世界中が思っている
 だから良いとは言わないが。。
日本は
  西側先進国の一員という信仰が列島を
   広く覆ってしまっているが、実は間違い!


先進国かどうか、は。。GDPや人口ではない

日本はアジアの開発途上国なのではないか!?


特定秘密保護法の存在を
 むしろ歓迎して理由にしている・・。


「経済で、結果を出す。」自民が新ポスター発表

『自民党は27日、第3次安倍晋三改造内閣の発足を受けた新ポスターを発表した。キャッチコピー
 は「経済で、結果を出す。」。来夏の参院選を見据え、経済優先で政権運営に取り組む姿勢を強調
 した。約10万枚印刷し、来月から全国で張り出す予定。

 首相の党総裁再選が正式に決まった両院議員総会で演説している写真を使用した。ポスターの下
 部に「1億総活躍社会へ。」の文字を入れ、新内閣の目玉政策もアピール。背景は黒色で、文字を
 白色にして目立つようにした。

 木村太郎広報本部長は記者会見で「アベノミクス第2ステージのもと、これまでの3年間を超える結
 果を出す決意を広く国民にアピールしたい」と強調』



戦後日本、昭和時代以来
 長らく日本列島を覆っている。。

  
総理大臣が日本の舵取りをしている
 という誤った信仰から脱却すべきなのだ


戦後主に自民党が担当してきた
 政権下において。。新聞・テレビ他で
  広く流布され続けてきたプロパガンダ


自民党中心の内閣総理大臣
 さしずめ今なら、街行く国民・有権者が
  安倍さん弱者に優しい政策を。。とか
   子育てし易い世の中をお願いします。。


という全く無駄な実現することなど無い
 要望をマイクに向かって述べる人々多い


無理からぬことなのかも知れない
 政治に興味や知識が無い人々にとって
  総理大臣は。。プロ野球監督にも似て
   あらゆる政策を駆使して日本を良い方向へ


それを実施している、救世主的指導者
 そう信じ込まされ続けてきているのだから


プロ野球の監督は、なるほど。。
 様々なデータや数字が頭に入り
  ゲームの一瞬一瞬に対して判断する


しかし!!国会議員総理は
 何もかも官僚機構に任せ切り。。
  政策立案・記者会見・各人事・・・。
   安倍内閣は全て丸投げ・操り人形!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理と議員政権の本当の姿が、今頃やっと出てくるのか≫<官僚事前作成カンペ丸読み暴露!も記者クラブからは報道無し>【安保法制が直接の引き金。。しかし、消費税増税の民主党内閣時から出ていなければならなかった!!】


米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見
http://www.npo-iasia.org/archive/2015/10/abe-conference.html
これが元記事なのか。。

米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見 質問を事前設定か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00010000-asiap-soci


『安保法案の成立後、ニューヨークで国連総会に出席した安倍首相。帰国前に現地で記者会見を
 開き、国連の安保理常任理事国入りに言及したことなどが日本でも華々しく伝えられた。しかし、
 その会見をめぐって外国の記者から強い批判が浴びせられたことは、日本では伝えられていない。
 そこで外国人記者が感じたのは、日本のメディアと政権との癒着だった』

『「もう1つ、質問が有る。あなたはシリアの難民問題で支援を表明したが、なぜ難民を受け入れな
 いのか?」

 ロイター通信の記者がこう質問すると、通訳を通して質問を理解した安倍首相の表情が強張った。
 実は、その質問に慌てたのは安倍首相だけではなかった。会見場にいた日本人記者全員が「予
 定外」の質問にざわめきたったのだ。

 日本時間の9月30日朝に行われたニューヨークでの安倍首相の会見。「予定外」の質問とはどう
 いうことなのか。アイ・アジアが入手した首相官邸の資料や取材に応じたアメリカ人記者の話に
 よると、この会見では、質問者も質問内容も予め決められていたのだ。つまり、出来レース会見だ
 ったのである。

 アイ・アジアが今回入手した資料は会見前に準備されていたもので、それによると、日本のメディ
 アの記者と外国メディアの記者が交互に、5人まで質問することが決まっていた。極めて興味深
 いのは、その資料には、質問者の名前とともに、質問内容まで書かれていたことだ。

 まずNHKの記者が、日ロ関係について質問、続いてロイター通信の記者がアベノミクスについて質
 問、続いて共同通信の記者が内閣改造について質問、そして4番目に米公共放送NPRの記者が、
 普天間基地の移設問題について質問し、最後が、テレビ朝日の記者で、国連改革について質問、
 となっている。

 これについて、初めて日本の総理の会見に出たというアメリカの雑誌記者は驚きを隠さない。

 「質問事項をあらかじめ提出しろということですから驚きました。そんなことは、アメリカでは記者倫理
 に違反する行為です。ところが、それは日本の政府と記者との間では常に行われていることだという
 ではありませんか。本気かよ?と思ったのは私だけじゃありませんよ」

 そして、前述のロイター通信の記者の「予想外」の質問となったわけだ。
 予め決められていた質問は、「アベノミクス2.0の新しい3本の矢は、なぜこれを選んだのか。また、具
 体的に何をしようと考えているのか」で、安倍首相が準備されていた内容を答えている。

 その記者が続けてシリア難民の質問を始めた際に、慌てたのが安倍首相だけでなかったことは前述
 の通りだ。結果的に、安倍首相は難民問題全体に対する取り組みの必要性を強調し、広報官が次に
 控えている共同通信の記者に振ったので、会見は荒れることもなく進んだ。しかし、それで終わらなか
 った。

 共同通信の記者が想定通りの質問をし、安倍首相が想定通りの答えを行った後、今度は米公共放送
 NPRの記者が質問に立った。記者は最初、「普天間飛行場移設問題について、現状では日本政府と沖
 縄県との対立があるが、日本政府と沖縄県のどちらが責任をもって対処する問題なのか。妥協策を含
 む、政府の今後の対応は?」と質問。

 これは予め、予定されていた質問だ。それに対して安倍首相が準備された答弁をし、広報官が予定され
 ていたテレビ朝日の記者に振ろうとした時、NPRの記者が続けざまに、(辺野古)移転後に環境汚染が
 起こらないと保証できるのかと畳みかけた。

 想定外の質問に、安倍総理は明確な返答が出来ず、その後、テレビ朝日の記者の質問は行われずに
 会見は中止となった。納得がいかない外国メディアの記者たちと対照的に、日本人記者たちは、広報官
 に挨拶をするなどして足早に会見場を立ち去ったという。

 前述のアメリカの雑誌記者が表情を曇らせながら語った。

 「アメリカで今、日本のメディアは安倍政権に牛耳られていると報じられているのを、日本の記者たちは知
 らないのでしょうか?記者会見というのは市民を代表してジャーナリストが権力者に挑む場だというのは、
 アメリカにおいては一般の人も知っている常識です。しかし、残念ながら、日本の権力者の会見はそうでは
 なかった。質問内容は権力側が予め検閲し、その答弁は予め準備されており、会見はその通りに行われ
 る...ちょっと信じられません」

 NHKと共同通信の記者の質問は、総理官邸が作った資料と一字一句違わなかったという。企業の粉飾問
 題などが発覚するたびに「国際的な基準に照らして問題がある」と批判する日本の新聞やテレビだが、実
 は自分たちの姿こそ「国際的な基準に照らして問題がある」ことを自覚すべき時ではないか』




小生ですら、以前から感じていたし
 知っていた訳なのだから。。当然!


米欧メディアの記者や
 ジャーナリストは皆知っていたはず




≪安倍首相の会見台詞を。。官僚上がりの専門家が、真剣に分析すべきでない≫<《悪いけど彼には何にも無い》だから、小生。。先行き不安なのである>【もう、そろそろ。。官僚作成答弁書「棒読み丸読み」を完全暴露すべき】


安倍首相の衆院選翌日会見に抱いた違和感の正体
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141219-00063994-diamond-bus_all&p=1


岸 博幸氏。。現在の肩書きは
 慶応大学院教授、しかし!
  元経産省官僚で大臣補佐官や
   秘書官。。政府と関わり深い
    役職を経験してきた論客の1人


恐らく、来た仕事を遂行の
 ため仕方なく、生真面目に
  だとは思う訳ではあるが。。


安倍首相の台詞をこんなに
 細かく厳密に詳しく真剣に
  分析する必要もあるまい!


米欧先進諸国の
 政治リーダーとは全然違うのである


官邸の官僚が用意した
 原稿を棒読みした結果
  なのでしょうが。。
か!!

そら当然政府閣僚の
 補佐官や秘書官を歴任だから
  充分過ぎるほどに理解している


ただ。。同じ棒読み丸読みでも
 安倍首相が内容を理解している
  か全く理解していないかでは
   天と地ほどの差があるのは確実


原稿要約に失敗しているところを
 考えれば、どうやら理解など全く・・・・。




安倍自民圧勝の“最大の協力者”は民主党・野田前首相だった 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155768/1

『総選挙に圧勝した安倍政権は平和憲法をかなぐり捨て、戦後体制を転覆させる……
 これが今、現実に起ころうとしていることだ。この“クーデター”の最大の協力者は民
 主党の野田前首相という見方もある』

『「民主党の中でも、野田前首相や前原元外相といった松下政経塾出身の政治家は、
 安倍首相と根っこは一緒。特に野田前首相は、自民圧勝という最悪の結果を招いた
 戦犯です。政権交代にかけた国民の期待を裏切って、“自民党野田派”と呼ばれる
 ほど自民党化し、最後は民主党をブッ壊して、安倍独裁政権を誕生させた。野田前
 首相のヒドイやり方のおかげで、2年経っても民主党への信頼は少しも戻っていま
 せん。民主党を壊滅的な状態にした松下政経塾が安倍首相に“大政奉還”をしたよ
 うなものなのです」(本澤二郎氏=前出)

 政治ジャーナリストの山田厚俊氏は、別の観点から、野田氏と安倍首相はそっくり
 だとこう話す。

 「野田前首相が11年の民主党代表選に出馬する際、『出るから、みんなで政策を
 作ってくれ』と言ったという逸話は有名ですが、安倍首相にも似たところがあります。
 本人に政治哲学がなく、政策は丸投げになる。保守勢力からすれば、自分たちの
 政策を次々と実現してくれるのだから、こんな使い勝手のいい権力者はいないでし
 ょう。安倍首相が気に入りそうな、保守的な政策を吹き込んで、『歴史に名を残す』
 などとおだてれば、深謀遠慮のない首相は、すぐにソノ気になってやってくれる。そ
 うやって、国民が気づかないところで、戦前回帰が進んでいくとしたら、恐ろしいこと
 です」


 こうなると野田氏から安倍氏へ、政党を超えた首相の連係プレーに何やら陰謀めい
 たものを感じてしまう。野田氏は、安倍勢力が送り込んだ「トロイの木馬」だったのか
 も知れない』



この件は。。小生、全く違和感無く
 読むことが出来た!
そうか、やっぱり
  解る人には何もかも解っていたのだ


米欧の大統領や首相の
 発言や思惑。。彼らもシンクタンク
  官僚機構・学識者の練り上げた
   政策・見解を代表で喋る政府の顔


日本の首相・大臣の原稿丸読みは
 それらとは全く趣の異なる現象である


首相職も。。。国会議員政体首班職も。。
 在職2年近くにもなってくると
  官僚作成ペーパーの読み方も
   それなりに上手くなってくるなぁ、と。。


安倍首相の記者会見をこれまで
 何度か聴いてきて、気になったのが
  幹事社。。
恐らく、大新聞・大マスコミ
   記者クラブ。。首相番記者所属メディア


これらを表す言葉なのだろうが
 「これより記者会見を始めます」
  「まず幹事社よりお願いいたします」
   というのが定番になっていたのであるが


昨日のAPEC首脳会議後の内外記者会見
 もまず『国内社からの質問が優先』で始まる


質問に受け答えする首相。。
 上手に喋っている印象を受け
  それまで聴いていたラジオから
   テレビに切り替えた。。やはり下を向き
    答弁ペーパーを読んでいたのだった・・。


質問があって。。ペーパーを読みながら
 質問に答える首相。。当たり前だが
  事前に質問の概略。。
ではなくて!
   
詳細な質問内容が文書で申告申請され
 その上で、官僚機構=分野別省庁が
  ペーパーを作成し、首相にレクチャー
   それを如何にも自分で、という風に読む



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうことをいうと。。ネトウヨ
 いや、誤った信仰に毒された人々は


今の時代を「官僚主導」などと言っているのは、
 明らかに時代遅れの錯覚。内閣機能の強化
  によって、明らかに「政治主導」になっている。

民主党政権がダメだったのも、ダメな政府・
 与党首脳によるダメな「政治主導」だったこと
  を思い出せば、最早「官僚主導」など幻想なのだ


という反論を垂れ流すのを見聞きする

民主党内閣は確かに。。反吐が
 出るほどダメな、議員政権だった


しかし、この言われるような現象を
 本来は補佐して手足となることが理想
  の官僚機構の反感を買い、マスコミも
   結託して、梯子を外したからああなった


現在の安倍内閣は、官僚機構が
 全面的にやって肩代わりして。。
  新聞政治部・御用ジャーナリストが
   提灯記事の汚泥を日々垂れ流して


いかにも、上手く安倍政権が機能
 していると国家を挙げて演出している
  梯子外されたら、民主党以下になる!!


と考えれば。。非常に辻褄も合う

国会議員など、特に与党議員など
 飾りであって。。立法行為もしていない


ならば。。選挙に行く必要が無いのか?

いやいや。。我々が為すべきことは
 省庁の息のなるべくかかっていない
  勢力を増やして与野党伯仲を実現


そうなれば。。さすがに主権者官僚機構
 も、国会議員を操って好き勝手は出来まい


 
税調会長交代人事に透ける安倍政権の思惑 なぜ宮沢氏が必要だったのか?
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151025-00045956-biz_gendai-nb

『自民党税調会長が、野田毅氏から宮沢洋一氏に交代した。

 この人事をめぐっては、野田氏が欧州型の軽減税率導入に慎重派で、公明党と対立。公明党
 との軽減税率に関する協議をすすめるため、安倍晋三首相が「聖域」だった税調の人事をいじ
 くったとされている。

 が、実は話はそう単純ではなく、この人事には別の思惑が隠されている』

『とはいえ、 74年に大蔵省に入省した宮沢氏は、省内でメインストリームを歩んできたわけでは
 ない。金融や国際関係など、いつ政治家に転出してもいいように、すぐに穴埋めができるポスト
 が多かった。

 政治家になってからも、順風満帆とはいえない。 00年に元首相の宮澤喜一氏の地盤を引き継
 ぎ、初当選。この時点で 93年から政治家になっていたいとこの岸田氏には、大きく水をあけられ
 ていた。

 さらに 09年総選挙では民主党の和田隆志氏に敗れた上、比例復活もならず、 10年参院に鞍
 替えせざるをえなかった。ちなみに和田氏は元財務官僚で、かつては宮沢氏の部下。宮沢氏
 には「選挙に弱い」というイメージが定着した。

 その宮沢氏を今回の人事で税調会長という大役に抜擢。これは、宮沢氏の「選挙に弱い」とい
 う特徴を活かすためにほかならない』

『宮沢氏はいま参院議員だが、来年7月に改選となる。さらに来年は、 17年4月からの消費再増
 税の是非を判断する。宮沢氏はその上で、参院の改選選挙に対応しなければいけない。

 つまり、4月までに何としても与党内で軽減税率案をまとめなければ、選挙の準備ができないの
 だ。

 安倍首相は財務省にも圧力をかけている。彼らは軽減税率をできる限り避けたいと考えている
 が、消費増税とセットとなれば話は別。安倍首相は消費増税をエサに出す代わりに、軽減税率
 を飲ませるよう動いている。

 さらにこんな背景もある。

 前述したとおり、税調には首相でもなかなか口を出せなかった。しかし安倍首相は、昨年の解散
 ・総選挙で、党の公認権を背景に、消費増税の延期に強硬に反対する野田氏を一発で黙らせ、
 賛成に転じさせてみせた。

 もし軽減税率をまとめられなければ、宮沢氏は参院選挙でどうなるか。それがわかっているから
 こそ、宮沢氏は必死に軽減税率をまとめるだろう。

 安倍政権は、与党と財務省の協議を見守っていればいい。さらに、消費増税と軽減税率で与党
 ・財務省がまとまっても、参院選の前にどのような公約を作るかは、安倍政権のさじ加減というフ
 リーハンドを残す。今回の人事から、そんな安倍政権のスタンスが透けて見える。

 宮沢氏の選挙事情の弱みなどをうまく使い、財務省と与党を協議させながら、消費増税の最終決
 断は確保するという、絶妙な人事をした』



まぁ。。酷いもんだ、とんでもない
 安倍総理への提灯記事も甚だしい!


宮沢洋一。。とっくに落選・引退してて良い
 だいたい、財務省出身で財務省駒使い
  完全に財務省寄りの考えしかない議員



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

税収減、1兆円いかず=消費税の軽減税率、対象絞る方針―宮沢自民税調会長
http://news.merumo.ne.jp/article/genre/3581804

『自民党の宮沢洋一税制調査会長は20日、時事通信社などのインタビューに応じ、生活必需品に
 かかる消費税への軽減税率の導入について、税収減の額は「1兆円規模でないのは確かだ」と
 述べ、数千億円規模に抑えたい考えを示した。公明党は、税収減が1兆3200億円とされる「酒
 を除く飲食料品」を対象にするよう主張しているが、対象品目を絞り込む方針とみられる。
 自民、公明両党は11月中旬の大筋合意を目指して近く協議を始めるが、対象品目をめぐる綱引
 きが激しくなりそうだ』


議員になって久しいのに
 未だに財務省の一員、走狗

  そしてスキャンダル前科者だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪日本の政治は完璧に官僚機構が牛耳っている≫<日本政府とは内閣を指すのではない>【官邸に派遣の官僚秘書官と背後の省庁の前に、国会議員などは無力】


決め手は官邸か大臣か(人事消息地獄耳)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150320-00010002-chuokou-pol


内閣人事局発足時に
 経済産業省の局長を財務省
  主計局長か主税局長に就ける
   構想?
夢想であり、幻想だろう

誰が構想したのか知らないが
 安倍晋三議員総理というのは
  プロパガンダであり。。麻生財務大臣
   でも有り得ない。。
今井総理秘書官?

彼なら、実現は到底不可能ながら
 夢想することは充分に有り得ると考える


恐らく。。官僚主導政治。。特に酷い安倍政権
 の実態が、もしや?とちらほら囁かれ始めており


一般国民に、まさかの官僚作成答弁書の
 棒読み・丸読み。。首相や大臣が政治なんか
  やっていない信じ難い現実が広く流布されては
   大変!長谷川氏にそれを跳ね返す記事を書け
    と省庁や新聞上層部から指令が出たのか。。


しかし、実態は小生が述べる方が当たっている!!


『経産省には二年前に次官人事をひっくり返された苦い経験がある。

 当初、エネ庁長官の高原一郎(七九年)を提示したものの、白羽の矢が立ったのは
 官房長以外に局長経験がなく、下馬評にも上っていない立岡だった。経産省の人事
 慣行からすれば極めて異例な決定の陰には、今井の存在があったとされている。今
 回も、官邸を牛耳る今井の意向が強く働くのは間違いないだろう』


宮澤洋一経済産業大臣が
 人事を牛耳ったりは不可能だろうが

  
今井総理秘書官なら。。大新聞の
 扇動報道を味方につけているから
  有り得る話でもあるが。。
相手は
   官僚機構なのだよ。。柳の下に
    ドジョウは、の類ではないのか?


ましてや、今井秘書官にとっては
 出身省庁なのだから。。余計に困難だ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

軽減税率は。。安倍総理が決断して
 指示をしたのでは絶対にない!訳だ

  そんな知識など無いのは、普通解る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理が政治主導で、軽減税率に舵を切った。。というのはやっぱり大ウソだった≫【当初からの見立て通り、あの団体の恫喝に震え上がったのだ】


<元TBS・社会部長が辛口批評>今のジャーナリズムはテレビ/新聞よりラジオが面白いのはなぜだ?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00010000-mediagong-ent&p=1

新聞・テレビ系ネット配信ニュース
 で。。しきりに安倍総理が政治主導
  によって、(国民のために)軽減税率
   を検討するよう党税調に指示した。。など


何をバカなプロパガンダ・扇動発するのか!
 と小生。。当初から、相手にもしていなかった


安倍総理と官邸が公明党と橋下維新
 を天秤にかけた?
かけて橋下をとれば
  良かったのに!
また、「後に還付方式」
   を採用してくれたら良かった。。なぜなら


それで自公が決定的な決裂になったのだから

だいたい公明党及び背後の支持団体
 と橋下維新じゃ力量・破壊力が雲泥の差
  天秤にかけること自体バカの所業である


まず。。安倍総理が財務省を抑えて
 消費税再増税を昨年末延期したとか
  政治主導で軽減税率適用を指示とか


大ウソも甚だしい訳なのだよ。。




消費増税延期 安倍首相対財務省の攻防は本当に存在したのか
http://www.news-postseven.com/archives/20150214_301816.html


小生にしてみれば。。これでも、ヌルい
 1から10まで財務省に丸投げだったのだ


また、今回の軽減税率適用への
 指示も。。実は、あの団体からの・・・。



軽減税率めぐる野田氏更迭の舞台裏 創価学会が猛烈抗議 「首相と菅氏が不仲」説流布にも激怒

『軽減税率導入に向けた協議が本格化する直前のタイミングで「自民党最大の聖域」とされてきた党税
 制調査会の会長交代が一挙に行われたのは首相官邸の強い意向によるものだった。消費税増税時
 に導入するとした財務省の還付制度案をめぐり、公明党と同党の支持母体の創価学会から猛烈な
 抗議を受け、財務省案に固執する野田毅前税調会長の続投は困難と判断。同時期に安倍晋三首相
 と菅義偉(すが・よしひで)官房長官の「対立説」まで流れ始めたこともあって野田氏更迭を急いだ』

『更迭の流れが決定づけられたのは、山口氏が軽減税率導入を求め首相に行った9月25日の直談判
 だった。

 「突破口はこれだけ」

 官邸に向かう山口氏は決意を固めていた。官邸側が「電話で話そう」と断ろうとしたが、山口氏は会談
 を強引にねじ込んだ。

 会談後、山口氏は記者団に「首相と認識を一致させた」と説明。財務省案に傾きかけた流れが軽減税
 率に戻り、逆に確実に制度を導入するため、野田氏更迭へのカウントダウンが始まることになった』


消費増税巡る、官邸と財務省の高度な「駆け引き」~安倍首相の「サプライズ」人事に隠されたメッセージとは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00045868-gendaibiz-pol&p=1


野田毅は、秘書逮捕!!スキャンダル
 それも。。安倍総理筋というよりも
  連立組んでる公明党の支持母体から
   グサッと刺されたんじゃないの?と疑念


だいたい、国会議員総理が人事など
 絶対にやってないと何度も言っている


人事や法律。。これは官僚機構の
 専売特許と言って良い訳なのであり
  訓練受けてない国会議員になど無理!!


宮澤洋一税調会長で大丈夫か?
 ホントに良いのかね?またカネの
  スキャンダルが勃発するんじゃないの?


読売は、国会議員自民党寄り
 の報道に偏り過ぎている感が否めず


日経辺りの報道が正しいね。。それより
 
野田税調会長スキャンダル更迭
 そのスキャンダルの出所すら怪しい

   
自民党税調会長 宮沢氏に交代、
 対公明で首相決断。。菅義偉官房長官
  は13日午前の例会見10%に引き上げ
   るのと同時に軽減税率を導入すべき!か。。


総理や官房長官、税調会長抹殺
 財務省まで黙らせてしまう、恐るべき
  創価学会の力ってそんなに強いのか!?


しかし、小生。。そもそも消費税増税
 自体に大反対、いやとんでもないと考える
  立場なので。。軽減税率であろうがどうでも


いや、公明党支持母体創価学会
 そんなに強力なら安保法制なぜ潰さない!?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この人事は、「官邸」と表現報道される
 今井秘書官と官邸官僚の所業であり

  安倍総理は、高みの見物どころか。。
   最初から何もしていないし丸投げだ!!


それも歴代の議員総理の比ではない
 とんでもないカンペ棒読み・プロンプター
  丸読みの世襲国会議員総理なのである


この人事の妙、というか陰険陰湿さ
 あの人物の仕業とすぐにピンと来た


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理及び自民党を牛耳り、河野太郎を封じ込めた今井尚哉秘書官≫<かつて滋賀県嘉田知事と橋下徹大阪市長を恫喝したとされる>【今度は小泉進次郎を踏み潰すか】



もう、言うまでもないが。。自民党人事
 日本政府のシャッポ議員政権閣僚人事


ともに、安倍総理大臣がやっているのでも
 官房長官でも、ましてや党幹事長がやって
  いるのでも絶対にない、と言い切って良い!



首相政策秘書官 今井尚哉 -安倍政権を裏で支える「官界の超サラブレッド」
http://president.jp/articles/-/13541

この記事を全て真に受けたりは出来ない
 今井主導を安倍主導に見せる。。ここだ

もうひとついえば、
 あらゆる分野の戦略を総理の耳元で囁く。
  決断するのは総理だが。。
は違う!!
   決断して実行まで、今や全てやっている
    とみている。。国会議員総理は操り人形


民主党議員たちよお手本とするがよい
 
これも不正確ではないか?なぜなら
 民主党内閣時代にすでに。。経産省
  幹部として、大きく関わり。。
地方の
   知事や市長を恫喝して落としている


3年半も前の記事だが


原発再稼動の黒幕がやっているコト (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/672.html


◆滋賀県知事が「脅された!」

政府が勝手にゴーサインを出した大飯原発の再稼働。連日、メディアを使って、「再稼働させないと電力
不足に陥るぞ」とヤクザまがいのドーカツをかけているが、チンピラのような官僚が女性知事を脅して
いたことも明らかになった。今月7日、嘉田由紀子・滋賀県知事が講演などで、こんな話を暴露したのだ。

「関西電力は需要は大きく、供給は小さくして、電力の需給ギャップを埋めようとしていません。(そうやっ
 て、関電や官僚は)『原発再稼働をしないで電力不足となって病院の電気が止まったらどうするのです
 か』と言ってくる。(私は)毎回、脅されています」
 そのうえで、説明に来た官僚が資源エネルギー庁次長の今井尚哉氏であることを明らかにしたので
 ある』



今年の頭の記事でも



「安倍政権に危機感を持ってるハト派の官僚は実はたくさんいるんです」
『東京ブラックアウト』若杉冽×古賀茂明 対談 【後編】
http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/42019


嘉田知事が脅されて。。橋下市長が
 落とされた。。その張本人が今井尚哉
  安倍総理秘書官だという訳なのである


河野太郎が国家公安委員長に封じ
 込められ。。次はTPPで火だるま必死の
  自民党農林部会長に押し込められた
   小泉進次郎、ご存じ小泉元総理次男



鍵握る小泉純一郎&進次郎 電力自由化で脱原発シナリオ〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151022-00000002-sasahi-pol


彼も踏み潰されてしまうのだろうか・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経産省出身の今井総理秘書官
 が手掛けた、自民党及び内閣閣僚人事


嘉田知事や橋下市長を恫喝して潰し
 河野太郎を封じ込め、小泉進次郎に襲い
  掛ろうとしている。。周到・手回しの良さ。。


そして、宮沢洋一税調会長は財務省ベッタリ
 創価学会は選挙支援は絶対にしないだろう


落選!使い捨て、元々スキャンダルで消える身




「松野氏を刑事告訴」=大阪系が週明けに―橋下氏

『橋下徹大阪市長は24日、自身のツイッターで、馬場伸幸衆院議員ら維新の党を除名された
 大阪系議員らが、26日にも同党の松野頼久代表を有印私文書偽造・同行使罪で刑事告訴
 する方針だと明らかにした。
 
 橋下氏は「松野氏はつい最近、政党の事務所所在地などを変更する書類を維新の党の代
 表者として作成し、関係各署に提出した」と指摘。これに対し、馬場氏を代表に選んだ大阪
 系「維新の党」が、週明けに松野氏を告訴すると決定した、としている』



今や。。橋下徹も含めた維新の支持率は
 何と!社民党よりも下、が世論調査の結果


しかし、「喧嘩屋」橋下徹は支持率0%に
 落ちぶれてもしぶとく息を吹き返すだろう


もう古い話になってしまったが
 民主党、日本維新の会、みんなの党
  による「DRY(ドライ)の会」の結集談合


民主党の細野豪志、維新の松野頼久
 国会議員団幹事長、みんなの江田憲司


松野の後ろには大阪の松井一郎・橋下徹
 が控えていたのは明白だったわけだが。。
  今や、江田憲司を表舞台から葬り去り
   松野頼久代表を告訴するとまで息巻く


大阪維新の橋下徹と松井一郎
 とんでもない壊し屋であり喧嘩屋である


自分たちは野党連合を結集させ
 ”改革”にまっしぐらと
大ウソつく
   橋下・松井の大阪維新は国民
    大阪府民・大阪市民を裏切り安倍
     政権に忠誠誓う偽りの集団は確実だ



身内で固め、淡々と「維新解党」 橋下氏「勝負あり」

『24日にあった維新の党の「臨時党大会」。橋下徹大阪市長は前夜のリハーサルで周到に
 準備し、不測の事態に備え、当日も自ら会場施設内で待機した。身内で固めた大会は波
 乱もなく、約2時間10分で終わった』



来月の大阪府知事・大阪市長の
 ダブル選。。
橋下は自民党と対決姿勢
  しかし!!大阪自民党と安倍政権は別物


橋下徹は、外務省が操る
 安倍国会議員内閣と結託している
  大阪府民・市民のことなど考えてない


府民と市民はこれに気付くべきである
 しかし、実際気付いているのは3割もいない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《官邸官僚と官僚機構が操る安倍内閣》と、大阪自民党は別物!≫<共産党はそれが解っている>【橋下維新は安倍内閣別働隊!絶対に叩け!!】


大阪市長選 共産党、柳本氏の支援を示唆「維新政治を打ち破る有力候補」

『11月の大阪市長選で、自民党大阪府連が擁立を決定した柳本顕(あきら)市議団幹事長
 について、共産党府委員会は20日、「(橋下徹市長が率いる大阪維新の会による)『維新
 政治』を打ち破る有力候補」と評価するコメントを発表し、支援の可能性を示唆した。今後、
 党本部や連携する市民団体などと協議し、最終的な態度を決定するとしている。

 自民府連と共産府委員会は、5月の「大阪都構想」の住民投票では、ともに反都構想を訴
 え共闘した。両党は国政では、安全保障関連法をめぐって激しく対立したが、同府委員会
 の柳利昭副委員長は、産経新聞の取材に「大阪では、維新政治に終止符を打つことが最
 大の焦点だ」と話し、自民との連携に意欲をみせた』



日本共産党は、大阪自民党と
 安倍内閣とは別物!!だと認識
  気づいている訳だ。。良い判断だ


安保法案可決成立。。さらに大阪都
 構想住民投票敗北直前の記事である




橋下徹、政界引退か連立入りか 大阪都構想「住民投票」の行方は
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150513-00010002-jisin-pol

これ以上何も言うことはない
 橋下徹は、大阪都構想なんか
  関係無く。。中央に出てくる


国政与野党。。政党政治なんか
 存在しない上に、役者も居ないのだ


≪「大阪都構想の住民投票」の結果が。。間違いなく安倍内閣の針路に影響する≫<まずは、大阪都を絶対に阻止せよ>【<大阪都>が通れば。。確実に集団的自衛権。。そして憲法9条改正へ!!】


安倍晋三内閣総理大臣が
 本日、閣議決定いたしました!

  と金科玉条の如く重視する
   閣議。。
原稿・ペーパー棒読み
    これは何度も述べてきたことだ


そして。。ここで取り上げられた
 集団的自衛権行使容認について

  今度の日曜に住民投票が行われる
   大阪都構想の行方が影響するのだ!


大阪都構想。。不要なのは
 これまた何度も述べてきた


道州制。。と並び、大阪府市を
 解体して更に大きな括りにする
  つまり、現行でも各区が24ある
   それを特別区に再編する。。
    1つの区は必然的に巨大化


そんな大きなユニットを管理
 コントロール出来る人材は。。
  日本にはいないのである!
   官僚機構の天下りポストを
    増やすだけ、も述べてきた!!


結局、橋下徹一派。。維新の党
 安倍自民党の別働隊。。そして
  民主党とも合併出来るという体質だ


大阪都構想が住民投票で多数派
 形成出来たならば。。その後は
  国政の場で、大阪都に名称変更
   するための法整備が必要になる


その時だよ!!安倍晋三と橋下徹が
 ガッチリ手を組むのは。。自民党
  国政と地方は全くの別物なのである


集団的自衛権行使容認
 は勿論。。憲法9条改正まで
  一気に突き進むだろう!勿論
   橋下維新の絶大な協力により。。


大阪都構想は、大阪で息の根を
 止めることこそが最低条件である!


そして大阪市住民投票で敗北した
 大阪都構想は、一旦敗れ去った訳だ


安倍晋三内閣総理大臣が
 本日、閣議決定いたしました!

  と金科玉条の如く重視する
   閣議。。
原稿・ペーパー棒読み
    これは何度も述べてきたことだ


そして。。ここで取り上げられた
 集団的自衛権行使容認について

  今度の日曜に住民投票が行われる
   大阪都構想の行方が影響するのだ!


橋下徹。。大阪都構想
 実現が行き詰まり、
  市長選目論むも、各党
   が乗らず窮地に立っている


小生。。基本的に
 大阪都構想は勿論
  道州制。。一切不要と考え
   都道府県制・政令指定都市制
    も不要で廃止すべきだと考える


理由は、人材である
 そんな広いエリアを
  管理統括出来る人間が
   いないということである
    市町村制を固め直すべし


ただ。。大阪府民・市民
 いや国民はそんなことは考えない
  政策など、よほどでなけりゃ別に
   どうでも良い、といって問題無い


たとえば、安倍晋三首相の
 掲げる政策・路線。。
  大政翼賛会残党といって良い
   タカ派・軍国主義・欧米への
    挑戦。。これはよほどの部類


では。。かつて橋下徹が
 一世を風靡した理由は何か
  颯爽とした若き挑戦者の姿
   それだけといって良いはずだ


大阪維新の会を率いて
 既存政党に挑戦し、破壊者
  既成概念の打破に期待した
   中味はどうでも良かったのだ
    その程度なのは確実なのだよ
 

大阪府市統合本部
 かつていた古賀茂明
  他のブレーンもそれに
   期待して、裏切られた


ならば。。今、何がダメなのか
 権威を笠に着て、府民・市民は
  騙して選挙に持ち込めば勝てる
   それが透けて見えている訳だ


何より、自民党と同類・別働隊
 これもハッキリ言ってバレている


橋下徹。。本来自民党ではないはず
 松井一郎が自民党であり。。国政
  では、石原慎太郎が自民党タカ派


自民党は安倍晋三で政権与党
 それも圧倒的多数占める政権
  そんな安倍政権に尻尾振る
   ヤツに。。そんな橋下徹に
    用は無いということなのだよ


政策として良いものを
 掲げていたのに、今ひとつ
  人気が開花しなかった
   みんなの党。。なぜ
    議席で維新に負けたか?


代表渡辺喜美に 
 颯爽とした挑戦者の姿が
  無かった。。見えなかった
   のが理由。。それも自民に
    擦り寄って完全に終わった
 

日本人は、若き颯爽とした
 挑戦者が好きなのだ
  政策なんか、少々独裁
   でもそんなことは関係無い


消費税率の10%への引き上げ
 今のままの景気状況では反対する
  これは結いの江田憲司の意見であって
   橋下徹と維新の党の見解ではない


ここでハッキリ言っておく
 景気云々は全く関係無い!
  政府の失敗のツケを増税で
   国民へ押し付けるのが間違い!!


橋下徹は、消費税増税に反対ではない
 原発再稼動にも不透明な意見。。そして
  集団的自衛権行使にも賛成なのだよ


自民党となにゆえ別政党を構成
 しているのか。。全く理解出来ない


いや、民主党ともどこが違うというのか
 感情だけで民主党批判しているとしか。。
  労働組合に憎悪しているだけなのだよ

   しかし、政策的には民主党と違いは無い


野党として。。自民党と対峙
 政権獲りを目指すならば。。最低
  江田憲司の見解を採用すべきである


小生としては。。江田憲司の見解でも
 大いに不満であり、物足りなさを感じる


橋下徹。。自民党安倍派と。。民主党と
 いったいどこが違うというのか!しかし
  それでも橋下維新には一定程度の票と
   議席が約束されるから日本の世論は謎だ


結局、橋下徹一派。。維新の党
 安倍自民党の別働隊。。そして
  民主党とも合併出来るという体質だ


本来ならば。。大新聞が。。官僚機構が
 もっと優秀で、世論がもっと賢明ならば
  大阪都構想はダブルスコア以上で否決
   されて当然の政策・法案だったのである


しかし、なぜここまで拮抗。。
 接戦になってしまったのだろうか


外務省が操り、御用学者や大新聞
 という。。御用ジャーナリズムが煽る
  安倍国会議員内閣はじめタカ派勢力
   が大いに足を引っ張り。。つまり!!


大阪の自民党が本部の協力を得られず
 また、公明・民主・共産党までが雑居状態
  の大阪都構想反対勢力は結束出来なかった


言い換えれば、この最悪の状況下で
 大阪都構想を葬り去った大阪市民の
  賢明な判断にまず感謝したい。。ただ
   これからだ!憲法9条改正の悪の
    目論見を完全に駆逐絶滅させるのは・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は、小生の過去の記事である
 しかし、こんなにも早く舌の根の
  乾かぬうちに。。橋下徹が復活
   舌戦!喧嘩屋の面目躍如とは・・。


呆れるほかないし、大阪は
 絶対に維新に勝たせてはいけない




首相、大阪ダブル選で推薦証 自民「一枚岩」強調

『11月の大阪府知事、大阪市長のダブル選で、自民党が知事選に擁立する栗原貴子府議
 (53)と大阪市長選に擁立する柳本顕(あきら)市議(41)が20日午前、東京の党本部で、
 安倍晋三首相(党総裁)から推薦証を手渡された。「お墨付き」を得て、首相に近いのは橋
 下徹大阪市長率いる大阪維新の会でなく、自民擁立の候補者だと訴える戦略だ』

『高村正彦副総裁や谷垣禎一幹事長ら党幹部も勢ぞろいする中、首相は栗原、柳本両氏に
 「頑張って下さい」と声をかけ、記者団の写真撮影にも応じた。

 栗原氏は「国を動かせるのは総理から直々に推薦証を頂いた私であり、柳本さん」と政権
 与党の強みを強調した。柳本氏は「自民党は一本。党本部も大阪も一丸で取り組みを進め
 ていることを改めて知ってもらう機会になった」、府連幹部は「公式に総理が応援している
 という形が整った。ほっとした」と漏らした』



大阪府民・市民は”大総理”安倍晋三が
 お墨付きの大阪自民党に絶対勝たせるべき


しかし、安倍晋三は。。本心では
 この写真撮影、橋下徹・松井一郎と
  スリーショットにしたかったはずなのだ


ここまで日本の政治は腐り切っている訳だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪橋下徹と渡辺喜美が密談。。なるほど安倍別働隊の国賊同士≫【国民のための政治をしない官僚機構の操り人形の二人】


敵の敵は味方? 橋下氏、旧みんなの党渡辺元代表と会談

『離党した維新の党を「解散」させると宣言した橋下徹大阪市長が20日、名古屋市内で、旧みんな
 の党の渡辺喜美元代表と会談した。旧みんなは、渡辺氏と江田憲司衆院議員の内紛の末に分
 裂し、その後に解散した。橋下氏は維新の党の分裂劇で江田氏側と対立しており、渡辺氏から
 解党をめぐる助言も受けたという。

 橋下氏は19日に自身のツイッターで「解散」を宣言。使い残している政党交付金を国に返す考え
 を示し、「みんなの党で先例がある」と指摘していた。

 両氏は政界再編などについても、意見交換したとみられる。橋下氏の盟友の松井一郎大阪府知
 事は20日、記者団に「行政改革の話をするために会談した」と説明した』



最近特に、誤報が多いと噂の
 朝日の記事に乗って良いものか

  いや、この記事にかこつけて

小生。。橋下徹と渡辺喜美には
 強く言いたいことが山ほどある訳だ


もう4年以上も前だったか
 小生、まだ政治に疎かったとはいえ
  橋下大阪維新の会や渡辺喜美
   率いるみんなの党に一瞬でも期待
    してしまったことは激しく後悔している


彼ら二人は単なる安倍別働隊。。つまり
 安倍総理や自民党閣僚や派閥領袖
  党執行部と同様。。官僚機構の走狗だ!!


日本の国会議員はじめ
 政党政治屋。。有名人物でも
  振付師・・・つまり官僚機構
   御用ジャーナリズム・新聞政治部
    彼らの入れ知恵通りにしか動けない


自分の頭で考えて
 行動なんかしていない
  背後で絵を描いている
   人間がいるのは確実である


特に、維新橋下徹。。改革者のフリした
 操り人形は間違いなく、自民党別働隊だ


一方の、渡辺喜美。。特別会計
 天下り法人切り込みや消費税増税
  の前にやることがあるだろう!などと
   掲げていただけにより始末がタチが悪い


特定秘密保護法案に賛成するだけでなく
 安倍総理にすり寄り、自民党渡辺派に
  なりたいなどと。。橋下徹とどっこいどっこい


最初から、消費税増税に真っ向から
 反対などせず、地方税化などと
  国民のためではなく、大阪都構想か
   カジノ推進のための軍資金としてしか


全く以て国民のための政治など
 掲げたことが無い橋下徹大阪市長と


特別会計や天下り法人改革は
 単なる釣りの政策であって、全くやる気
  など無く。。
実は自民党へ帰りたいだけ
   だった渡辺喜美は。。実にウマが合うのか


安倍総理・菅官房長官別働隊
 いや、管邸の正体秘書官団及び
  背後の省庁の走狗である二人が
   ツルむともなれば。。碌なことはない


大いに警戒すべきなのは当たり前である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公明、市長選自主投票で調整も…柳本氏を「実質支援」か

『11月8日告示、22日投開票の大阪市長選への対応をめぐり、公明党が「自主投票」の方向
 で調整を始めたことが14日、関係者への取材で分かった。ただ、市議団を中心に、5月の住
 民投票で反対多数となった大阪都構想の練り直しを掲げて立候補する大阪維新の会の吉
 村洋文元衆院議員(40)を敬遠する声が強く、実質的には無所属で立候補する柳本顕市議
 (41)=自民党推薦=を支援することになりそうだ』



大阪ではない他府県。。他市町村
 非関西には、非常に解り難く複雑だろう

  小生も大阪人ではないが。。理解した訳だ

公明党と創価学会は、今までの
 方程式なら。。迷うことなく自民党に乗る


しかし、安倍晋三と菅義偉が
 橋下維新を応援しているのを知っている


大阪自民党に力注ぐことは、安倍を裏切る
 ただ。。公明党の母体創価学会員には
  橋下と安倍の深い縁に勘づいている人々も


組織を挙げて、橋下に乗るなどとんでもない
 かといって、大阪自民党にあからさまには。。

そこで自主投票という苦渋の決断だが
 軍国安倍官邸と橋下に勝たせるよりは
  共産党も明快な判断で乗る大阪自民に乗れ!



<元TBS・社会部長が辛口批評>今のジャーナリズムはテレビ/新聞よりラジオが面白いのはなぜだ?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00010000-mediagong-ent&p=1

『杉崎一雄[元・TBS社会部長/元「ニュース23」編集長]


 TBSで長い間報道の職場にいた人間として、また人生70年を迎えたものとして、今のジャーナリズム
 にいろいろ言いたいことが出てくる。

 まずジャーナリズムの問題として次のようなことが挙げられる。

 *安倍政権の安全保障、外交、防衛政策、民主主義のあり方などをめぐって、いま日本のジャーナリ
 ズムは、読売、産経、日本テレビ、フジテレビと朝日、毎日、東京、TBS、テレビ朝日とにはっきり分断
 されている。安倍総理も前者にはテレビ出演等、あからさまな協力的姿勢を取っている。双方が悪口
 を言い合うのは、戦後初めてだ。
 *テレビ新聞のジャーナリズムが持つ本来の力、社会を革新する力を失っている。
 *それはなぜか?記者クラブのもつ談合的体質、そこを通じて出てくる官邸発、官庁発のネタが金太
 郎飴のように出てくる。
 *記者会見が質問者と総理など当事者の間で、出来レースになっていて双方に緊張感が見られない。
 要するにツッコミが足らない。
 *記者の不勉強か、あるいは人員不足か、若すぎて経験に乏しいのか、ジャーナリズム本来の「調査
 物」「追跡物」が少ないし乏しい。

 常日頃、政治、経済、外交などのニュースに不満な「隠居じじい」にとって、いま、溜飲が下がるのが、
 ラジオの番組だ。若さと力と希望にあふれた分析力を持っているとは言えないまでも、今、鋭い分析力
 と開放性を持っているのがラジオだともいえよう』



読売、産経、日本テレビ、フジテレビと朝日、
 毎日、東京、TBS、テレビ朝日とにはっきり分断

記者クラブのもつ談合的体質、そこを通じて
 出てくる官邸発、官庁発のネタが金太郎飴のように


全くその通りなのでね。。
 また、不充分ながらラジオから
  たまに出てくる情報の方が有益




『*伊藤惇夫・政治評論家(文化放送「くにまるジャパン」)
 「深読みジャパン」にて、政治評論家・伊藤惇夫さん。軽減税率について安倍首相と公明党と維新との
 関係について一句「大阪と公明比べ軽減へ」安倍首相が軽減税率について急いで指示を出したのに
 は、大阪(維新)と公明(党)を比べ、どちらを取ったら得か、ということが背景にある

 公明党は前回衆院選で、消費税10パーセント引き上げの時「軽減税率」導入を自民党と共通公約にし
 ていた。財務省が還付方式の案を示したのに対し、こんなの「軽減税率じゃねえ」と怒り狂って、次の
 参院選挙では、協力しねーと自民党に一種、恫喝した。

 安倍首相はこれまで「維新」との連携を深めて来た。大阪の「都構想」住民投票で「維新」が勝てば、自
 民党は「維新」と組む。そうすれば公明党は渋々ついてくる。それが、負けた。今度の分裂騒ぎでも、
 「おおさか維新」が多数を占めれば、頑張ってもらおうと思っていたところ、東京組の方が多数になりそ
 う。

 「おおさか維新」は元気がないなー。それなら公明ともう一度やり直そう。それが安倍さんが軽減税率に
 指示を出した背景じゃないか。勘ぐりにしても、浅い勘ぐりでしたネ、伊藤さん』




新聞・テレビ系ネット配信ニュース
 で。。しきりに安倍総理が政治主導
  によって、(国民のために)軽減税率
   を検討するよう党税調に指示した。。など


何をバカなプロパガンダ・扇動発するのか!
 と小生。。当初から、相手にもしていなかった


安倍総理と官邸が公明党と橋下維新
 を天秤にかけた?
かけて橋下をとれば
  良かったのに!
また、「後に還付方式」
   を採用してくれたら良かった。。なぜなら


それで自公が決定的な決裂になったのだから

だいたい公明党及び背後の支持団体
 と橋下維新じゃ力量・破壊力が雲泥の差
  天秤にかけること自体バカの所業である


まず。。安倍総理が財務省を抑えて
 消費税再増税を昨年末延期したとか
  政治主導で軽減税率適用を指示とか


大ウソも甚だしい訳なのだよ。。

  


消費増税延期 安倍首相対財務省の攻防は本当に存在したのか
http://www.news-postseven.com/archives/20150214_301816.html

『「いったい誰が、あんな話を広めているんでしょうね……」

 安倍晋三首相が、親しい内輪の席でこう言って苦笑したという。安倍首相が言うところの「あんな話」
 とは、昨年末の解散総選挙を巡る、安倍首相と財務省のやりとりについてのものだ。そのことに関し
 て、世の中的には以下のような“解説”が定着しつつあると言っていいだろう』

『そもそも安倍首相が、予想外とも言えるタイミングで解散に踏み切るきっかけとなったのは、2015年
 10月に予定されていた消費再増税を延期したことだった。景気回復のテンポがあまりにも鈍かった
 ことを理由として増税延期を決断した安倍首相の前に大きく立ちはだかったのが、財務省だった。

 こうした安倍首相の動きに対抗する形で、財務省が、与党の国会議員を個別に訪問し、増税の必要
 性を説いて回るなど猛烈な巻き返し工作をした結果、安倍官邸は増税派に包囲されて身動きがとれ
 なくなってしまったというのだ。そして安倍首相は、こうした“包囲網”を突破するために、伝家の宝刀
 を抜いて解散に打って出た……、というのが世に広まっているストーリーに他ならない。

 とは言え本当に、安倍首相と財務省は、言われているような激しい攻防を繰り広げたのかどうか。そ
 もそも本当に増税を巡って「安倍官邸vs財務省」なる対立の構図があったのか、ここ一連の動きを検
 証してみると、はなはだ疑問に思わざるを得ないのだ』

『2015年10月の消費再増税の可否を判断する上で、最も重要な指標となるのが昨年7~9月期のGDP
 統計だったことは知られた話だ。当初財務省はその数値についてプラス4%程度になる見込み、と安
 倍首相に報告していた。ところがいざ結果が出てみると、マイナス1.6%(速報値)と、財務省の想定を
 大きく下回ることになってしまった。

 そこで安倍首相は財務省に対して、「話がちがうじゃないか」と激しく叱責したという。しかしむしろその
 ことで、再増税を先送りする流れが出来あがったと見ていいだろう。財務省にしても、自らの予測が大
 きく外れた以上、再増税が難しいことは百も承知だ。つまり安倍首相と財務省が対立しなくてはならな
 い理由は、どこにも無かったのである。

 がしかし、「あの財務省に勝った安倍首相」というストーリーが広く流布したことで、間違いなく首相の
 株は上がった。首相側近が仕掛けたイメージ戦略は、実に巧みだった』



小生にしてみれば。。これでも、ヌルい
 1から10まで財務省に丸投げだったのだ


また、今回の軽減税率適用への
 指示も。。実は、あの団体からの・・・。



軽減税率めぐる野田氏更迭の舞台裏 創価学会が猛烈抗議 「首相と菅氏が不仲」説流布にも激怒

『軽減税率導入に向けた協議が本格化する直前のタイミングで「自民党最大の聖域」とされてきた党税
 制調査会の会長交代が一挙に行われたのは首相官邸の強い意向によるものだった。消費税増税時
 に導入するとした財務省の還付制度案をめぐり、公明党と同党の支持母体の創価学会から猛烈な
 抗議を受け、財務省案に固執する野田毅前税調会長の続投は困難と判断。同時期に安倍晋三首相
 と菅義偉(すが・よしひで)官房長官の「対立説」まで流れ始めたこともあって野田氏更迭を急いだ』

『更迭の流れが決定づけられたのは、山口氏が軽減税率導入を求め首相に行った9月25日の直談判
 だった。

 「突破口はこれだけ」

 官邸に向かう山口氏は決意を固めていた。官邸側が「電話で話そう」と断ろうとしたが、山口氏は会談
 を強引にねじ込んだ。

 会談後、山口氏は記者団に「首相と認識を一致させた」と説明。財務省案に傾きかけた流れが軽減税
 率に戻り、逆に確実に制度を導入するため、野田氏更迭へのカウントダウンが始まることになった』



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪あっちもこっちも、日本のマスコミの扇動報道は酷い!≫<読売は軽減税率で泣きついただけ、真の実力者はアソコ>【何の影響力も無い、安倍総理と内閣へのヨイショ報道ばかり】


消費増税巡る、官邸と財務省の高度な「駆け引き」~安倍首相の「サプライズ」人事に隠されたメッセージとは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00045868-gendaibiz-pol&p=1


野田毅は、秘書逮捕!!スキャンダル
 それも。。安倍総理筋というよりも
  連立組んでる公明党の支持母体から
   グサッと刺されたんじゃないの?と疑念


だいたい、国会議員総理が人事など
 絶対にやってないと何度も言っている


人事や法律。。これは官僚機構の
 専売特許と言って良い訳なのであり
  訓練受けてない国会議員になど無理!!


宮澤洋一税調会長で大丈夫か?
 ホントに良いのかね?またカネの
  スキャンダルが勃発するんじゃないの?


読売は、国会議員自民党寄り
 の報道に偏り過ぎている感が否めず


日経辺りの報道が正しいね。。それより
 
野田税調会長スキャンダル更迭
 そのスキャンダルの出所すら怪しい

   
自民党税調会長 宮沢氏に交代、
 対公明で首相決断。。菅義偉官房長官
  は13日午前の例会見10%に引き上げ
   るのと同時に軽減税率を導入すべき!か。。


総理や官房長官、税調会長抹殺
 財務省まで黙らせてしまう、恐るべき
  創価学会の力ってそんなに強いのか!?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、小生。。そもそも消費税増税
 自体に大反対、いやとんでもないと考える
  立場なので。。軽減税率であろうがどうでも


いや、公明党支持母体創価学会
 そんなに強力なら安保法制なぜ潰さない!?



鍵握る小泉純一郎&進次郎 電力自由化で脱原発シナリオ〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151022-00000002-sasahi-pol

『福島の原発事故以来、閉塞した状況を一変させる可能性を秘めた“ビッグバン”が来春に迫る。
 8兆円の市場をもたらすとされる電力完全自由化だ。だが、最大のリスクは再稼働を急ぐ安倍
 政権の原発回帰政策──。小泉純一郎、進次郎親子はそれに待ったをかけられるか?』

『正念場を迎える公正なルールづくりの最大の障害になりそうなのが、安倍政権の原発回帰政
 策だ。安倍政権は7月に、30年度の電源構成を正式決定したが、依然として原発をベースロー
 ド電源とし、原子力の比率を20~22%と定めている。

 「この比率を維持しようとすると、必然的に原則40年の運転期間を超えた10基前後の老朽原
 発を動かさざるを得ない。安倍首相は口では『電力自由化、原発依存度の可能な限りの低減』
 と言いながら、逆行している」』



かといって、経済産業省が原発再稼働に
 反対しているのか。。そうではないだろう


各省にも、反主流派がいて
 経産省にも脱原発派もいるときく
  そういう人々の中の誰かの発言だろう




『露骨だったのが、10月の内閣改造の人事だ。党内の数少ない脱原発・再エネ推進派とみられてい
 た河野太郎衆院議員が行革相・国家公安委員長として入閣。同時に、歯に衣着せぬ言動で政府
 のエネルギー政策を批判してきた同氏のブログ「ごまめの歯ぎしり」が閲覧不能となり、リニューア
 ルされたブログからは、以前の記述が削除された』



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪河野太郎よ。。なぜ今閣僚なのか!?≫<足場が次々と崩れ。。崩壊に向かっている安倍国会議員内閣になぜ入る?>【こうして自民党の唯一の光が無くなった】


「現政権は怖ろしいほど抑制が働いていない:山崎 雅弘氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/18550.html#readmore

『河野太郎行政改革担当相、ブログ再開(時事)http://bit.ly/1RxOV2C

 「ただ、頻繁に更新してきたブログは8日の記事しか閲覧できず、安倍政権の原発再稼
 働方針に異論を唱えてきた過去の主張は『国政報告紙』に残されているのみ」

 言論の自由度ランキングで日本はまた低下する』


初入閣の河野太郎氏が早くも変節か 党内では「やっぱり」の意見
http://news.livedoor.com/article/detail/10691051/

『内閣改造で初入閣した河野太郎国家公安委員長兼行政改革担当相(52)が早くも変節
 した!? 脱原発派で、官邸や党執行部に注文をつけてきた“うるさ型”だったが、大臣
 就任した途端にトーンダウン。党内では「やっぱり」の声が上がった』


同時投稿 河野太郎氏を応援する 池田 信夫
http://agora-web.jp/archives/1657247.html

池田信夫が応援している。。これで
 迷いが無くなった、河野太郎やっぱり
  全然ダメだわ。。この数日迷っていたが



河野太郎の初入閣。。小生も第一報
 聞いた時には違和感があった。。
つまり
  なぜ今なのか。。崩壊に向かうはずの
   財務省と外務省はじめ官僚機構が操る
    安倍国会議員内閣で今入閣なのか!!と


カモフラージュに使われるだけ、なのに
 河野太郎なら大臣・閣僚になどならなくても
  充分に国会議員として政治がネタのタレント
   生命はこの先いくらでも保持していけるのに


小泉進次郎と共に自民党国会議員
 として、また日本の国会議員として
  圧倒的な得票数を誇ってきたのに・・・。


国会議員政党の自民党が
 唯一”自浄”出来る可能性
  わずかな光が完全に消えた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、言うまでもないが。。自民党人事
 日本政府のシャッポ議員政権閣僚人事


ともに、安倍総理大臣がやっているのでも
 官房長官でも、ましてや党幹事長がやって
  いるのでも絶対にない、と言い切って良い!



首相政策秘書官 今井尚哉 -安倍政権を裏で支える「官界の超サラブレッド」
http://president.jp/articles/-/13541

『首相政策秘書官 今井尚哉(いまい・たかや)
 1982年、通産省(現経済産業省)入省。今井敬元経団連会長と今井善衛元通産事務次官の
 2人を叔父にもつ。

 もともと経済産業省の一役人が今では、安倍首相の側近中の側近。官僚ブレーンとして政治
 を動かす。政局対応、官邸広報、国会運営、あらゆる分野の戦略を総理の耳元で囁く。決断
 するのは総理だが、その影響力は計り知れない。

 まず、安倍前政権で事務秘書官として官邸に派遣された。元経団連会長と元通産事務次官
 を叔父にもつ血筋の良さが、世襲政治家である安倍氏を引きつけたのか、すっかり意気投合
 するが、政権は1年で崩壊。理由の一つは稚拙なメディア戦略。安倍氏は「お友達記者」だけ
 に情報を流す。これを快く思わない多くのメディアが反安倍となって支持率を急落させた。

 深く反省した今井氏だが、「再起のチャンスはある」と見た』

『政権復帰後、今井氏は政務秘書官に抜擢された。影の大番頭だ。

 かつて反安倍だった古手の記者を無視する陰険さも見せるが、今の担当記者たちには、満遍
 なく小ネタを与える。マスコミの幹部には総理との食事をセッティングし、プライドをくすぐる。効
 果あってか、反安倍だった社もすっかりおとなしい。一方、首相は休息も十分取り、ゴルフもす
 る。広島土砂災害では一時帰京し、危機管理をアピールする。これらはほとんど今井氏の筋書
 き通り。

 今井主導を安倍主導に見せる腕前は天下一品だ。失敗から学ぶ知恵も素晴らしい。特に民主
 党議員たちよ、お手本とするがよい』



この記事を全て真に受けたりは出来ない
 今井主導を安倍主導に見せる。。ここだ

もうひとついえば、
 あらゆる分野の戦略を総理の耳元で囁く。
  決断するのは総理だが。。
は違う!!
   決断して実行まで、今や全てやっている
    とみている。。国会議員総理は操り人形


民主党議員たちよお手本とするがよい
 
これも不正確ではないか?なぜなら
 民主党内閣時代にすでに。。経産省
  幹部として、大きく関わり。。
地方の
   知事や市長を恫喝して落としている


3年半も前の記事だが


原発再稼動の黒幕がやっているコト (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/672.html



◆滋賀県知事が「脅された!」

政府が勝手にゴーサインを出した大飯原発の再稼働。連日、メディアを使って、「再稼働させないと電力
不足に陥るぞ」とヤクザまがいのドーカツをかけているが、チンピラのような官僚が女性知事を脅して
いたことも明らかになった。今月7日、嘉田由紀子・滋賀県知事が講演などで、こんな話を暴露したのだ。

「関西電力は需要は大きく、供給は小さくして、電力の需給ギャップを埋めようとしていません。(そうやっ
 て、関電や官僚は)『原発再稼働をしないで電力不足となって病院の電気が止まったらどうするのです
 か』と言ってくる。(私は)毎回、脅されています」
 そのうえで、説明に来た官僚が資源エネルギー庁次長の今井尚哉氏であることを明らかにしたので
 ある』



今年の頭の記事でも



「安倍政権に危機感を持ってるハト派の官僚は実はたくさんいるんです」
『東京ブラックアウト』若杉冽×古賀茂明 対談 【後編】
http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/42019


『『東京ブラックアウト』『原発ホワイトアウト』の著者で現役キャリア官僚の若杉冽氏と古賀茂明氏の対談。
 前編では、官僚の生態を中心にお届けした。後編では、2冊の著書のような破滅への道から日本の軌
 道を修正する方法はないのか。永田町、霞が関の人材について本音トークが炸裂する』


『小泉進次郎は期待できるのか?

 古賀茂明: 再稼働が進んだ原発がテロで狙われれば、『東京ブラックアウト』のように、日本はとんでも
 ないことになっていく可能性がありますね。自民党でも民主党でもない勢力が、台頭しなければ、原子力
 ムラは安泰、再稼働が進み、若杉さんのようなキャリア官僚も、改革には動きづらい。小説では、大泉元
 首相が「原発即ゼロ」でがんばりますが、現実では小泉進次郎さんあたりが「脱原発」で、立ち上がらない
 かという期待もありますがなかなか難しい。

 若杉冽: 小泉進次郎さんというのは、国民の多くが、小泉純一郎元首相の面影を感じ、連想したところ
 から、人気が始まっているんですよね。純一郎さん自身が「自民党をぶっ壊す!」と言った変革者であっ
 たわけだから、進次郎さんも変革者であり続けないと本当は失速するわけで、彼はそれをどこまでわか
 っているかですよね。

 古賀: 人間、どうしても放っておくと守りに入っちゃうでしょ。小泉進次郎さんだって、人気絶頂のところ
 から始まっているから、この人気は保ちながら着々と少しずつ自民党の中で地位を上げていこうかと、タ
 イミングをうかがっている感じですよね。あそこまで人気があったら、自民党をいきなり飛び出して、どん
 どん勝負に出てっちゃったらいいじゃんと思うけれど、コケたくはない。そろそろみんな、何だ何もやらな
 いのかと、感じ始めてくるんじゃないかと思うんです。

 若杉: 最近、週刊誌もあおってますけどね、自民党を飛び出して、進次郎と純一郎で親子新党を作れ!
 ですから。守りということで言うと、武雄市長だった樋渡啓祐さんが佐賀県知事選に出て、彼はやっぱり
 県知事に乗り換えるタイミングでオスプレイと原発再稼働に、官邸との関係でコミットした。変革者という
 よりも、変人として人気を博していた人間が、ある日、気がついたら県知事の切符と引き換えに体制側
 に回って、それで失速するという本当に非常に象徴的な例だったと思います。

 古賀: 橋下徹さんを思い出しますね。

 若杉: ほぼ同じですよね(笑)。

 古賀: 似てるところがありますね。

 若杉: 再稼働容認で失速です。

 古賀: そう。あれで相当みんな、がっかりしました。僕は全然、恨みには思ってないんだけど、相当だまさ
 れちゃったって感じで。今回、『東京ブラックアウト』を読んでいて、橋下さんの大飯原発再稼働のこと思い
 出したんです……。

 最初、大飯再稼働に反対するとき、「みなさん、福島の事故を見たでしょ。あの事故を見て、まだ原発を動
 かしたいと思っている人はロボットだ。なぜなら人の心がないんだ」、そこまで言っていたんです。それなの
 に、ある日突然、「やっぱり動かしてもいい」って言ったんですから。周囲の期待をこんなに高めてくれただ
 けに失望も、思い切り大きかったという結末でした。

 若杉: なぜ橋下さんは、変わったんですか?

 古賀: 僕らに対しては「いやあ、古賀さん、ごめん、ごめん」っていう感じで。「やっぱり大阪市長っていう
 のは大阪市民の生活を預かっているんだ。古賀さんとか飯田哲也さんとか佐藤暁さんとか、原発の専門
 家から話を聞いて、確かにうまくやれば原発なしでもいけるような気もした。でも万が一、原発ゼロにした
 結果、電力供給不足で停電になって、いろんな支障が起きるっていう可能性を、どうしても自分として排
 除しきれなくなった。政治は結果だから、万一のことが起きたらっていう、そこがやっぱり怖くなっちゃった
 んですよね」っていう言い方。端的に言えばビビッたんです、関電とか経産省にいろいろ脅かされてね。
 やはり今井(尚哉・現首相政策秘書官)さんですよ。

 若杉: そうですよね。あの時、資源エネルギー庁次長だった今井さんが、橋下さんを説得したということ
 なんでしょうか。

 古賀: 今、安倍官邸で一番権力を握っているわけですけれど、前原さんのところに今井さんが足繁く通
 っていました。前原さんはもともと原発推進の超タカ派の人ですが、前原さんと橋下さんがすごく親しくて、
 橋下さんは将来、国政に出ていったとき組合を切り捨てた民主党という形ができれば組める、その民主党
 のリーダーは前原さんだろう、と。まあ、反りも合うんでしょうけどね。

 その前原さんのところに今井さんがいつも行って理論武装させて、橋下さんが月に1回ぐらい前原さんの
 ところの勉強会に行くんですね、東京の。そのたびに今井君が一緒に説明して橋下さんの心が揺れるわ
 けですよ。きれいなカラー刷りの資料を見せられて。そうこうしているうちに最後は細野豪志環境大臣が
 出てくるんですよ』



嘉田知事が脅されて。。橋下市長が
 落とされた。。その張本人が今井尚哉
  安倍総理秘書官だという訳なのである


河野太郎が国家公安委員長に封じ
 込められ。。次はTPPで火だるま必死の
  自民党農林部会長に押し込められた
   小泉進次郎、ご存じ小泉元総理次男




鍵握る小泉純一郎&進次郎 電力自由化で脱原発シナリオ〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151022-00000002-sasahi-pol

『進次郎氏は人事直前の9月末、東京都内の講演でエネルギー政策について「どう原発をやめていけるのか
 という方向性で考えていくべきだ」と、安倍首相の原発回帰路線に異を唱えたばかり。そんな進次郎氏を、
 事実上“干した”格好だ』




彼も踏み潰されてしまうのだろうか・・・。


ただ、ここで気になったことがある



『「世界の潮流を見れば、脱原発と再エネの普及は表裏一体の関係。再エネが普及すれば、脱原発も実現
 する。ドイツやデンマークであれほど脱原発政策が進んだのは、国民や経済界が再エネに対し、安全で
 経済合理性もあると十分信頼しているからです」

 それにいち早く気づき、主張してきたのが小泉氏だと河合弁護士は言う。

 確かに、小泉氏が続けている全国行脚のルートを見ると、単に脱原発を訴えるだけでなく、再エネにゆか
 りの地を選んでいることがわかる。昨年11月には大分県の九州電力八丁原地熱発電所を視察。今年3月
 には福島県の太陽光発電会社「会津電力」の招きに応じて喜多方市内で講演した。

 6月には、鹿児島市七ツ島で京セラ子会社が運用するメガソーラー施設や、新潟市で県と昭和シェル石油
 が共同プロジェクトで運用する「新潟雪国型メガソーラー」を精力的に視察した。

 今月29日には新たに、北海道函館市で再エネについての講演を行う予定だ。

 「函館から津軽海峡を挟んでわずか23キロ先には、建設中の大間原発がある。事故が起きたらあっという
 間に放射性物質が飛んでくるため、函館市の工藤寿樹市長が建設差し止め訴訟を起こしています。小泉氏
 の函館訪問はその激励の意味もあります」(事務局関係者)』



何でも一人称で記事にする
 日本のマスコミの悪い癖だが


力など無いとはいえ腐っても
 国会議員総理を辞め、一個人の
  小泉純一郎氏が、こんなことを
   1人で考え行動することは不可能


元来大雑把な人だというから尚更だ

背後に組織がついているとみて間違いない


野党で反安保+脱原発連合構想が浮上〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151021-00000002-sasahi-pol

『東京・永田町の憲政記念館で10月、2人の男が短い会話を交わした。一人は、かつて「小沢一郎の
 知恵袋」と呼ばれた平野貞夫元参院議員、もう一人は共産党副委員長の小池晃参院議員だ。

 この日は、来年夏の参院選に向け、反安保や脱原発などのリベラルな政策に共鳴する政治家の
 結集を訴える集会に出席していた。自他ともに認める保守本流の政治家の平野氏は、集会後に
 小池氏にこう水を向けた。

 「最近ね、赤旗の日曜版から取材を受けたんだよ」

 小池氏は、顔に笑みを浮かべながら言葉を返した。

 「これからもご協力をお願いします」

 「しんぶん赤旗」は共産党の機関紙でありながら、最近は保守系の自治体首長や地方議員が登場し、
 安倍政権批判をしている。過去には、加藤紘一氏や古賀誠氏など、自民党の重鎮が登場したことも
 ある。また、共産党の志位和夫委員長が、安保法の廃止を目指す野党による「国民連合政府」構想
 を発表した後、それを高く評価した小沢一郎氏の談話を、10月3日付の政治面で詳しく紹介している。
 平野氏は、その目的をこう解説する。

 「保守政治家の意見を掲載するのは、共産党の党員の中には、いまでも国民連合政府構想に反発
 する人がいるから。その人たちに、保守系ながらも安倍政権を批判する人の意見も聞かせたいので
 しょう」

 反安保をはじめ、脱原発や反TPPなどの急進的でリベラルな政策を訴える共産党の志位委員長は、
 一気に野党再編のキーパーソンになった』



小沢一郎と親しい平野貞夫氏が
 保守本流なのかどうかは知らない

  そもそも戦後日本の保守本流とは
   何か!?について議論の余地あるが
 

現在、暗黒の日本政治の中で
 一筋の光明が、共産党の妥協策
  小生も今唯一期待出来る事柄だと思う




『一方、野党第1党の岡田克也民主党代表はどうなのか。ある民主党議員は嘆く。

 「本来は安保法が強行採決された直後に、成立の責任をとって党執行部が総退陣を表明して、その
  場で野党再編を訴えるべきだった。結局は共産党に先を越されて、野党再編の主導権を失った」

  もはや民主党は、リベラル層の受け皿になれないのか。

  参院選の準備も、遅れに遅れている。参院選の勝敗の帰趨を決める32の1人区のうち、現時点で
  民主党の候補者が決まっているのは8選挙区のみ。ふがいない状況に党内の不満も高まって、候
  補予定者からは「民主党は解党すべきだ」との声もある。リベラル系の民主党議員は、すでに独自
  案も考えている。

 「次の選挙は、反安保を中心に、脱原発や反TPPも訴えないといけない。それが、執行部には電力会
  社にパーティー券を買ってもらっている人や、都市圏選出で農村の実態を知らない人も多い。だか
  ら脱原発も反TPPも言えない。こうなれば、1人区限定の新党を作るか、無所属で候補者を出して、
  他の野党と一緒に応援するしかない」

  日本の未来を大きく変える来年夏の参院選。反安保と脱原発勢力などの結集を目指す保守派とリベ
  ラル派が水面下で動き始めている』




民主党の腐敗ぶりは、そんな生易しい
 ものではないことは何度も述べてきた訳だ


安倍自民党とグルなのだよ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】


外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である


ご存じ御用記者の田崎史郎
 彼のことなんか全く知らなかった
  が、消費税増税の論調の頃から
   胸くそが悪くなるほど大嫌いなのだ

  
まるで、民主党が騒いだから
 妨害行為に仕方なく。。採決に
  とでも言いたげな論調であるが


自民党と公明党の連立与党が
 安保法制でやったのは強行採決
  これは間違い無いことなのである


つまり、じっくりと。。内容の濃い
 説明を国民に向けて実施してない

  100時間だの。。掛けた時間は
   全く参考にも何にもならない訳だ


日本の政治・国会のルールでの
 予定通り。。筋書き・台本通りに
  議員どもの頭数の多少だけ重視

   
多数決至上主義の議会制民主主義
 この悪しき慣行での採決を強行採決

   
で、田崎史郎の面を想像する
 までもなく。。安保法制・原発推進
  は、消費税増税の官僚支配の構図
   これを連想することで容易に理解可能


再び。。共産党が呼び掛けた
 野党共闘に対する民主党をみる




『志位氏はこの後の記者会見で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で
 合意できれば調整する」と述べ、安倍政権を退陣に追い込むため、安保法制で共闘した民主、
 社民など5党1会派に選挙協力を呼びかける考えを示した。その上で国民連合政府構想に触
 れ、「まず戦争法を廃止して立憲主義を取り戻す政治的合意が必要だ。その合意を実行する
 ために連合政権を一緒に作ろうという政権合意も必要だ」と述べた。

 志位氏の国民連合政府構想を受け、野党各党は色めきだった』

『ただ、民主党には共産党アレルギーは根強い。

 来夏の参院選で改選を迎える金子洋一参院議員は20、21両日、「共産党などとの協力には
 大反対だ。根本的な考え方が違う」「決して共産党などとの連携をしてはいけません」などとツ
 イッターに書き込んだ。

 長島昭久元防衛副大臣も19日、ツイッターに「民主執行部はこの呼びかけにも応ずるのだろ
 うか? いろんな意味で共産党の方が上手だな」とつぶやいた。

 民主党最大の支持母体である連合傘下の組合でも共産党への警戒感は強く、共産党との連
 携の動きは、民主党内の亀裂をさらに広げる可能性が大きい』


金子洋一参院議員 長島昭久衆院議員
 何と、ともに消費税増税を推進してきた
  最後に出てきた連合は原子力ムラである




消費増税 賃金が物価上昇に追いつかず弱者が皺寄せを受ける
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141014-00000019-pseven-soci


全く驚くべきことではない
 全て予想されたことだろう
  消費税増税は大間違いだ


今頃、何を言っているのかと言いたい
 しかし、言うだけずっとマシともいえる

  大新聞・御用ジャーナリスムは、増税
   を否定する報道すら一切しないのだ!



『片岡氏は社会保障の充実は反故にされただけではなく、逆の方向に進んでいるとも指摘
 する。

 「増税で社会保障を充実させることで社会的弱者への再分配機能が見込めるといわれて
 いた。しかし現状は、賃金が物価上昇に追いつかず、しわ寄せを受けているのは若者、
 高齢者などの弱者で、実質賃金が上昇したのは大企業の正社員が中心。社会保障制度
 を支える多くの勤労者を苦しめて本当に制度維持ができると思っているのか」』




全く仰るとおりだが。。自民党安倍政権
 と三党合意の当事者民主党には全く
  通じないようである。。
いや、だから
   与党政権と野党第一党でいられるという
    悲しい現実が日本の政治にはある


黒幕は官僚機構。。その中の頂点
 財務省である!増税は財務省権力の源泉だ


約束違反とはいえない?
 消費税増税決断会見。。
  安倍首相は、財務省に
   言わされてのものは確実で


谷垣前総裁時代から自民党は
 国土強靭化を打ち出しており
  確信犯的に無視したということ


もっとも、社会保障のために
 増税するというのも正しいとは
  絶対にいえないのも間違いない


消費税増税。。目的、動機。。
 コロコロ変わってきたのであり

  何のことはない、ただ単に
   増税したかっただけ。。
その通り
    財務省の目論みは確実である


まず。。国民は
 本当に不満募っているのか
  極めて疑わしい、と考える


国は。。政府は。。官僚は。。
 そして政治は概ね正しいと
  騙されているに違いない


要は。。増税を国民にお願いする限り
 政府・官僚機構。。天下り法人・特別会計
  世界一の政府資産700兆円を整理売却

   して尚。。ダメな場合に、頭下げてやるべき

順序が逆。。いや、最初にやるべきこと
 を全く何もせずに、いきなり増税かよ!!


結局、湯水のように使われた
 天文学的予算も全く
  生かされていなかった

国があけた巨大な穴を
 税金で補填しよう
  とする政党は全てNO


国家の公共工事予算は
 行政改革・天下り法人・埋蔵金から


消費税増税だけではない
 死亡消費税。。俗に死亡税
  マイナンバー制度で国民から
   絞るだけ搾り取る。。
取ることだけ


死亡消費税。。俗に死亡税。。
 死亡時点で財産から一定の徴税

  死人に鞭打つ自民党と官僚機構


そもそも。。バブル経済崩壊後
 100兆円程度の国家債務は
  20年ちょっとで、1000兆円に

社会保障に金がかかる
 とか。。少子高齢化で
  税収がとか。。最大の要因は
   政府の政策失敗と天下り法人増殖

    そして、世界最大700兆円の
     政府資産構築なのである



政府の失敗なので。。まずは
 中央府省庁・天下り法人解体
  そして政府資産の売却が先決だ


日本の政治は財務省が支配し
 自民党。。続いて議員与党政権民主党
  どちらも財務省及び官僚機構の傀儡だ


そして。。原発推進・原発再稼働
 民主党支持母体連合は原子力ムラ
  の構成員だとも過去に述べた訳だ


産経新聞の記事にまともに反応して
 良いものかどうか。。
何しろ安倍自民の
  機関紙・広報誌とさえいわれる同紙である


労働者派遣法改正案。。6月の採決
 今の同一労働同一賃金推進法案も6月
  それに対する取り組みを理由に維新の党
   と民主党の合流に反対。。
連合よ、ウソつけ!


橋下・松井がいた頃の維新は
 確かに民主党。。そして労働組合を
  こき下ろしてきた訳だが。。
それを除けば
   連合&民主党と安倍自民党、そして
    橋下維新の違いが全く解らないぐらいだ


そして、連合は。。消費税増税の土台
 を築いた野田佳彦総理時代の民主党
  そして今も厳然と自民党と違いが無い
   民主党の最大支持母体であるだけでなく


原発推進!原子力ムラの擁護者!!
 野党の支持母体とは思えない勢力である


あの東京都知事選の頃から
 連合は信じない!民主党はそれ以前から!


労働組合。。組織は古ぼけ
 労働者による加入率も減少

  電力総連が属する連合を支持
   母体にする民主党では。。

    主権者国民政党たり得ない


民主党なら、自民党と変わらない
 全く同じであり、分派政党といえる
  これでは選挙にならないのは当然


しかし、政策など見ない有権者
 だからこそ何とか恰好がついてしまう


本来なら、生活の党か。。最低でも
 共産党の政策に摺り合わせないと
  安倍政権批判にはならないのである


日本の労働組合の
 ナショナルセンター
  連合。。民主党の支持基盤


都知事選で、細川護煕氏
 を支援しないという
  大歓迎である!出来れば
   民主党も応援声明取り下げ
    を是非ともお願いしたいところ


連合会長は
 細川氏から政策協議
  の呼びかけが無い


を理由にしているようだ
 が!!本当の理由は別にあった


なるほど。。失念していた
 最大の労働組合。。連合は
  電力総連も構成員として抱え
   連合東京会長は東京電力労組


連合は原子力ムラの一員だった


連合を最大支持団体
 とする前政権民主党


あの忌まわしき消費増税
 民主主義・政党政治崩壊
  の稚拙な官僚支配政治


原発再稼動決断という
 失政の連続。。なるほど
  連合と表裏一体なら納得


だいたい、民主党なんか
 とっくに無くなっているべき
  それを都知事選に支援表明
   候補の方が迷惑する訳である


東京都知事選
 脱原発で原子力ムラに渇
  だけでなく、それを支える
   財界。。官僚機構。。そして
    官僚傀儡の政治・国会議員


先進国中最悪確実の
 戦後日本統治システムに
  有権者が決別宣言する選挙



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田原総一朗:共産党が仕掛けた野党共闘の勝算
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151021-33789012-collegez-pol&p=1

『9月19日に成立した安全保障関連法(安保関連法)について、多くの国民が反対したにも関わらず、
 安倍内閣の支持率はそれほど落ちていない。

 ●安保関連法反対でも安倍内閣は支持

 マスコミ各社が10月に実施した世論調査によると、安倍内閣の支持率は、朝日新聞では「支持す
 る」が41%、「支持しない」が40%。読売新聞では「支持」が46%、「不支持」が45%。NHKでは「支
 持する」が43%、「支持しない」が40%だった。どの調査でも、「支持」が40%を超えて「不支持」を
 上回っている。

 安保関連法成立後に実施した世論調査では、法案に対して朝日新聞が「賛成」30%、「反対」51%。
 読売新聞では「評価する」31%、「評価しない」58%、産経新聞とFNNの合同調査では「評価する」
 が38.3%、「評価しない」が56.7%だった。つまり、賛成している人が3割、反対している人が6割近く
 というところだ』



内閣改造。。新政権発足とともに
 ご祝儀の意味での支持率上昇は
  昭和の時代から恒例ではないか


田原総一朗が知らないはずはない

今朝のラジオで、田中秀征氏が
 いみじくも言っていたが。。ご祝儀の
  割りには、回復し無さ過ぎたと。。


だいたい、暗愚の一般国民世論にして
 この程度なのは言うまでも無い訳だが



『おそらく、安保関連法には反対だけど、投票するならば自民党しかないと考える人が意外に多い
 からではないかと思う。対案を出さずに反対する野党が頼りないから、自民党に入れるしかない
 と考える人が多かったのだろう。国民が安倍自民に反発していても、その受け皿がないのだ。

 今、共産党が興味深い動きを見せている。野党の中で最も勢いがあるのは、実は共産党だ。共
 産党は2013年の参院選で3議席から8議席に、14年衆院選は8議席から21議席に伸ばした。そこ
 で共産党の志位和夫委員長はこの勢いをかって、今回の安保関連法案に反対で共闘した野党
 に、来年夏の参議院選挙で協力し合おうと呼びかけている』

『もっとも民主党はこないだまで政権政党だった。本来なら自民党に代わって政権を狙わなければ
 ならない政党のはずだ。しかし、その民主党が安保関連法案について、ついに対案を出さなかっ
 た。対案を出さずに、「反対だ、廃案にすべきだ」とだけ主張しているだけだった。

 安保関連法は成立させてしまったが、実際に集団的自衛権を行使する事態は避けたいというの
 が共産党の考えだ。そのためには、民主党をたきつけて、選挙協力をして、来年の参院選を有利
 に闘おうというわけだ。

廃案にすれば60年の日米安保条約に戻るだけ
 もっとも参院選に向けて、野党が共闘して対案を出してくるとは考えにくい。今回の安保関連法案
 の際にも対案を出せなかったのに、今度は共闘して対案作りをするのは難しいからだ。

 仮に対案なきままに、安保関連法を廃案にするだけだとしたらどうなるか。1960年に、岸信介内閣
 によって改定された日米安全保障条約(日米安保条約)に戻るだけだ』



田原総一朗。。御用ジャーナリスト
 の本領発揮!というところである。。


たまに面白いことを言ってくれるが
 今回は極めて酷い代物なのである


対案など。。バカか!と言いたい
 安保法制は憲法違反!!多くの学者も
  対案は安保法制を認めた土俵に乗ること


対案ではなく、廃案・破棄が正しい



本人志の「安保法制反対は平和ボケ」「対案出せ」に尾木ママが反論! “対案厨”が陥っている勘違いとは?
http://lite-ra.com/2015/08/post-1408.html


発言があったのは、11日に投稿された〈「反対だけでは平和は守れない」「反対言うなら対案出す
べき」論の落とし穴!?〉というタイトルのブログ

尾木ママはこう批判する。

「これらの論点の根本的間違いは
 この法案自体が
 憲法違反であり
 提案するのなら
 民主主義国家らしく
 ・憲法改正してから法制化するべきではないでしょうか!?
 憲法違反の安保法制化案は
 強行採決じゃなくて
 「廃案」
 しかないのではないでしょうか!?
 議論のボタンかけ違えているように思います…
 が…
 どうかしら!?」



まさか、尾木ママの見解を
 引用することになろうとは思わなかった
  が、
全く以て明快で正解だと考える訳だ


再び田原総一朗の弁である



『日米安保条約というのは、日本が他国から攻められたら、米国が日本を守る。ただし、米国が攻め
 られても、日本は何もしないという、一種の片務条約だ。冷戦が終わる頃になると、日本は集団的
 自衛権を行使しないけども、安全保障の対価として、米軍に駐留費用を「思いやり予算」として負担
 するようになった。あるいは防衛大綱の見直しなどをすることで、米国に配慮していた。

 果たして、安保関連法を廃案にし、片務条約である日米安保条約でいいのだろうか。いいと考える
 国民は、ほとんどいない。実は野党も、それでいいと思っている野党もほとんどいない』



それでいいと思っている野党も
 ほとんどいない?
ならば全党消えてくれ!!

外務省とその指令通りに大新聞
 が報道している様から一歩も出ていない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《お盆特集》≪戦後日本に政治家などは存在しなかった≫【安保法制は米国の要請ではなく、タカ派・憲法改正派のプロパガンダ】


なぜ安倍首相は「安保法案」で生き急ぐのか?尋常ではない執念の背景
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150812-00076557-diamond-soci&p=1

一見、安倍普三総理の答弁手法
 を批判する書き出し。。
しかし、この
  人物も御用評論家、御用ジャーナリスト
   に分類されるのではないか?と疑う訳だ


良く言って。。左の御用ジャーナリスト
 左の?その通り!現代日本には右も
  左も無い。。日本国民を騙す扇動の一種



『これは、明らかに憲法9条の下での専守防衛の日本的平和国家路線からの逸脱であり、日本及び日
 本人が世界に誇り得た「戦争をしない国ニッポン」の平和国家としての揺るぎない国際的なイメージと
 信用が一気に失墜する恐れがあり、この不安感も拭えない。

 そもそも何のための安保法案で、なぜ今、急ぐ必要があるのか。確かに、日本を取り巻く国際環境の
 変化は著しい。中国の経済力と軍事力の急拡大、それに伴う陸海にわたる膨張主義、北朝鮮の核開
 発、米国の相対的な覇権力の低下など、周辺地域での不安定要素は急増している』

『このたびの安保法案の主な狙いが、この環境変化に備えて日米同盟をより緊密化させ、日本が海外
 派兵や武力行使の可能性を拡大すれば、抑止力を高めて、日本を取り巻く安全保障をより強靭化で
 きるに違いないとする希望的な観測にあるとすれば、あまりに短絡であり、稚拙と言わざるを得ない』


ここから、扇動が始まっている
 本当に周辺地域での不安定要素
  が急増?本当にそうなのだろうか。。


日本の自衛隊が海外に繰り出す。。
 こんな危なく、”外軍”からみて組み易い
  ことは無く。。
日本列島を守りたいなら
   列島中に米軍基地を張り巡らせ。。カネ


米国は日本を護る気など無い!しかし
 自軍米軍基地は護る訳だから、列島中に
  米軍基地を張り巡らせ、カネは出せば良い


安保法制・戦争法案と比して
 どちらが血税の無駄遣いになるか

  どっちもどっちではないか、むしろ
   安全確率性は米軍基地化が絶対!!


米国からの要請で安保法制。。
 これは、日本国民の親米・隷米・追米
  米欧至上主義を利用したプロパガンダ


実態は、米軍が日本自衛隊と共闘など
 せず、後方支援という名の機雷・地雷除去
  PKO、テロ組織攻撃による死者の肩代わり


米国ネオコンは後押しかも知れないが
 米政府筋は、米軍・米欧NATOとの共闘
  自衛隊にこれを要求していないはずであり


死者の肩代わりなら、選挙があるのだから
 民主主義がある。。こんな嬉しいことは無い
  歓迎するのは全く当たり前のことなのだ。。


結成直前の1954年(昭和29年)から1964年(昭和39年)まで、
アメリカ合衆国(以下米国、具体的にはホワイトハウスおよび
アメリカ合衆国国務省)の反共政策に基づいて中央情報局
(CIA)の支援を受けていた
(ウィキペディア)


自民党。。いや、自由党時代から
 米国政府。。諜報機関CIAの支援

  そうだ。。隷米・従米・属米これは当然
   日本は属国未満であり奴隷国家と
    して戦後出発した訳であるから。。


自民党タカ派の親分である
 岸信介が反米右翼かどうか


A級戦犯指定
 巣鴨拘置所収監
  釈放・公職追放後。。
   5年足らずで首相就任


CIAより、戦後日本メディア生みの親
 正力松太郎などとともに資金提供


岸信介内閣、池田勇人内閣、旧社会党
右派を通じ、秘密資金を提供し秘密工作
日本政界に対し内政干渉していた公式見解


内政干渉?内政?
 日本が独立した国家なら
  その言葉も当てはまるが 


岸信介は、絶対に反米ではなく
 属国日本の窓口であり、代理人
  だから、事実上引退後も昭和の
   妖怪として厳然たる権力保持可能


その後の中曽根、小泉両元首相
 も恐らく。。米国の後ろ盾存在
 

戦後日本が米国と同盟国
 戦争が出来る普通の国に
  憲法改正は米国の要請だ


というのは全て幻想に過ぎず
 米国世界戦略に邪魔なだけで
  カネを出せば良い!のが現実


湾岸戦争時、カネだけ出して
 尊敬されず。。世界から非難
  は。。タカ派勢力の扇動である


沖縄返還は、安倍首相の大伯父
 佐藤栄作政権時であるが。。
  天文学的思いやり予算の存在
   沖縄は本当に返還されたのか?


という状態でもあり
 正に、従米・属米・隷米の歴史


岸信介。。正力松太郎。。自民党
 大御所といわれた岸や、日本メディア
  の祖とされる正力松太郎にして米国傀儡


コードネームとやらを与えられたスパイ
 諜報機関出先に要請されたエージェント。。


その前に総理となった吉田茂や鳩山一郎
 も底が知れており、戦後日本のスタートは
  誠に他国に誇れるものなどでは絶対ない


田中角栄以来、中曽根康弘まで
 さらに派閥政治が強調された訳だが
  竹下登総理就任という醜態極まれりで
   ついに、日本に政党政治が存在しない
    ことが露呈する自社さ連立内閣誕生だった


日本の政治はどうなるのか。。いや
 政党政治、過去の派閥政治の存在すら
  怪しいことが解ってきた現代において


内閣総理大臣とは何か。。政権与党など
 官僚機構の操り人形に過ぎない訳である


ましてや、野党各党も全く以って頼りには
 安倍内閣倒閣の光が見えてきた訳だが
  次が居ない、ともいえる。。しかし操り人形
   に次が居ようと居まいと全く関係無いのだ


政党政治が行われていない、政治家など
 日本には居ないという事実を我々国民が
  理解しなければ何も始まらない訳なのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官僚機構。。安保に関しては外務省
 そして大新聞に御用ジャーナリスト
  その理論通りにしか動けない国会議員


与党連立は勿論野党もそうだとしたら
 米国に一切もの言えない日本政治なら
  安保法制などで大量の死者を出すよりも


日本列島を万遍なく米軍基地化すべし



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理と外務省は、誰を同盟国として。。誰を仮想敵国としている?などと悠長なことは、もはや!≫【安保法制で、正に第二次世界大戦の悪夢再来!!】



前NYタイムズ東京支局長「米国はアジアを中国に任せるかも」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151002-00000002-sasahi-pol

日本政府から米国へ通達?
 読み間違いなのか?有り得ん!


沖縄に米軍基地や海兵隊を置いても
 米国に軍事的なメリットはあまりないと
  いう点を突く?絶対に有り得ない!!


政府=省庁。。ここでは外務省
 ましてや国会議員政権が、米国に
  交渉やかけ引きするなど、可能性ゼロ


沖縄が中国から近過ぎるなら
 日本列島に広く米軍基地をばらける
  これなら、米軍の利益だ。。有り得る


昭和時代から続く憲法改正願望
 自民党は憲法改正が党是、であるが


すっかりメンバーも入れ替わり
 御爺ちゃんやパパの見解と違う
  その意味も知らん連中が議員に
   なっている可能性すらある訳だ


ましてや、米ネオコンに煽られただけ
 の大新聞やテレビ論調。。新聞は10回
  読んでも浸透しないが。。テレビの影響
   は依然として絶大な訳であり。。1回
    放送観れば、視聴率高い番組見解が
     多くの視聴者に浸透してしまう悲劇


みたところ、テレビ論調は米中対峙
 日本はその時どうするのか!の一点張り
  それでは、米国か中国かどっちにつく?
   という下らん議論になるのも当然なのか


その大元は、やはり外務省だ!!

米中が気脈通じて。。欧州も加わり
 実はロシアも敵ではないなどとしたら??


安倍内閣が強行採決した安保法案
 は単に外務省はじめタカ派の扇動だった
  という理解も当然のことながら成立する・・・。




『孫崎:では、米国に頼ればいいかというと、そうではない。先日、米国のシンクタンクであるランド研究所が
 新しい報告書を出しました。そのなかで、台湾周辺で米国と中国が衝突した場合、中国に優位性が出て
 いると書かれています。以前から専門家の間では指摘されていたことですが、権威あるシンクタンクが認
 めたことの影響は大きい。今後、これは米国の基本的な認識になっていくでしょう。仮に尖閣諸島で日中
 間の紛争が起きても、米国は日本と一緒に戦うことはしないと思う。

 F:米国は、10年後には日本を見放して中国を選ぶかもしれませんよ。米国は、中国のことをかつてのソ
 連のようには考えていない。世界的な覇権は狙っていないと考えていますから。むしろ、取引次第ではア
 ジアは中国に任せることもあるかもしれません。

 孫崎:これが国際政治の現実ですよ。日本が「米国と仲良くしておけば、安全保障は大丈夫」と思ってい
 ても、米国や中国の動向次第で、安倍首相の思い描く未来にはならない。そこをちゃんと分析せずに、突
 き進められると、恐ろしいことになる。

 F:いずれ、日本は米国だけでなく、中国にも頭を下げることになるかも(笑)。そうならないために集団的
 自衛権を認め、米国の武器を買い、中国より日本が米国のためになることを懸命にアピールしている』




沖縄に偏重。。集中している
 米軍基地を広く日本列島に
  バランス良く、広げて真の米軍
   基地日本列島が完成する訳だ


米中は対立なんかしていない
 米ソ冷戦も米欧シンクタンクの
  仕掛けた壮大なプロパガンダだった


当然、米国は日本と共闘など
 絶対にしないし、考えてもいない


カネだけ出して、と世界から批判
 これは日本タカ派の扇動に違いなく


日米同盟は大ウソ!を認めて
 深く、米国・米軍の懐へ入り込め!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米欧は、歴史的に軍事大国なのだ
 日本が米欧先進国と同じ立ち位置に
  など。。
それこそ大日本帝国に戻ること

沖縄偏重の在日米軍を
 バランス良くばらけて北海道まで

  日本列島総米軍基地化も妙案だ
   辺野古の問題なども瞬時解決である


敵の敵は味方? 橋下氏、旧みんなの党渡辺元代表と会談

『離党した維新の党を「解散」させると宣言した橋下徹大阪市長が20日、名古屋市内で、旧みんな
 の党の渡辺喜美元代表と会談した。旧みんなは、渡辺氏と江田憲司衆院議員の内紛の末に分
 裂し、その後に解散した。橋下氏は維新の党の分裂劇で江田氏側と対立しており、渡辺氏から
 解党をめぐる助言も受けたという。

 橋下氏は19日に自身のツイッターで「解散」を宣言。使い残している政党交付金を国に返す考え
 を示し、「みんなの党で先例がある」と指摘していた。

 両氏は政界再編などについても、意見交換したとみられる。橋下氏の盟友の松井一郎大阪府知
 事は20日、記者団に「行政改革の話をするために会談した」と説明した』



最近特に、誤報が多いと噂の
 朝日の記事に乗って良いものか

  いや、この記事にかこつけて

小生。。橋下徹と渡辺喜美には
 強く言いたいことが山ほどある訳だ


もう4年以上も前だったか
 小生、まだ政治に疎かったとはいえ
  橋下大阪維新の会や渡辺喜美
   率いるみんなの党に一瞬でも期待
    してしまったことは激しく後悔している


彼ら二人は単なる安倍別働隊。。つまり
 姉総理や自民党閣僚や派閥領袖
  党執行部と同様。。官僚機構の走狗だ!!

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪元々、橋下徹を看板にして立ち上げられた大阪維新の会は。。過去の敗者集団の復活攻勢≫【が、間もなく変質して。。自民党別働隊へと沈没していった・・・。】


かつて橋下徹氏と縁があった大前研一氏 支援諦めた経緯語る
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150620-00000017-pseven-soci


大前研一氏といえば。。堺屋太一
 とともに。。橋下徹のブレーンいや
  タニマチということだったはずである


大前研一や堺屋太一。。その他諸々
 かつて野望を抱きながら、日本国政
  制覇の夢の実現を諦めていった集団の
   夢をもう一度!の思い
を背に華々しく
    大阪に誕生したのが、橋下徹一派だった


橋下徹の大阪都構想は、古来燻り続ける
 様々な道州制構想の焼き直しと考える。。


大前研一氏の平成維新の会
 堺屋太一はじめ官僚出身グループ

  様々なグループが御輿に担いだのが
   人気抜群の橋下徹の正体だったはずだ


敗者復活戦だったはずの大阪維新の会
 いや橋下徹を支援する様々な集団の野望


その大阪府市統合本部の進言すら無視して
 松井一郎と共に。。石原慎太郎や旧自民党
  の連中とつるんでいき、沈んでいった橋下徹


ただ、個人的な人気は今もなお
 というよりも役者不在・人材枯渇の
  国政・中央政治においては否が応でも
   何度でも浮上してしまうというタレントだ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪橋下維新が。。そしてどの党が安倍政権に協力しようが。。≫【公明党が抜けさえすれば。。自民党議員は夜も眠れなくなるはず】


橋下氏、集団的自衛権で首相に協力

『日本維新の会の橋下徹共同代表は7日の読売テレビ番組で、集団的
 自衛権の行使容認について「僕ら(維新)の存在で、前に進むなら政治
 家冥利(みょうり)につきる」と述べ、行使容認に意欲をみせる安倍晋三
 首相に協力する考えを示した。同時に「われわれの参院の議席数があ
 れば、(自民党と合わせて)過半数を取れる」と行使容認に慎重な公明
 党を牽制(けんせい)した』



この橋下徹の発言
 颯爽とした改革者。。
  日本人が求めるリーダー像
   とは程遠く似ても似つかない

    政権にすり寄る悪代官にみえる

今の与野党政党議員頭数
 組み合わせでいけば。。そうなるか?
  しかし、橋下氏はやっぱり素人なのか

現時点の懸案を法案を通したい
 がために。。公明党を手放せば

  安倍晋三は終世自民党関係者から
   稀代の無能総裁と恨み抜かれるだろう


が、橋下維新は自民党亜流
 公明党の去就如何を問わず
  自民党に尻尾振っていくはず


日本維新の会
 が消費税増税容認


橋下大阪維新の会
 とともに、安倍政権
  別働隊ということが
   一段とハッキリした


維新 松野頼久
 民主 細野剛志
  みんな 江田憲司


如何にも、改革を志し
 第3極新党結成の動き
  しかし、彼らでは馬力不足
   成功はしないだろう。。


それどころか、これは
 カモフラージュ、オモテの顔
  真の顔は・・・大政翼賛会結成


自民党安倍晋三政権の
 別働隊であり
  消費税増税容認推進
   原発再稼動。続働推進
    憲法改正推進・タカ派


極めつけは、維新松野が
 名を連ねる初耳の組織


パチンコチェーンストア
 協会政治分野アドバイザー


ここには
 自民党中心で
  民主・維新の

カジノ議員連盟の面々が
 スラリと揃いも揃っている


中堅若手でDRYの会
 とか何とか言って。。実は

安倍晋三・石原家
 そして橋下徹のカジノ
  構想実現への野望も兼ねた
大政翼賛会結成の構図が
 如実に浮かび上がる訳だ




【堺屋太一。。こんなヤツが維新・安倍政権両方のブレーンだ】≪やはり維新は。。日本維新の会、大阪維新の会を問わず・・・<消費税増税推進>!≫【財務省・政権の恫喝に屈した犬だった】

内閣官房参与の本田・堺屋氏、消費増税巡り論戦

『安倍首相の経済政策のブレーンを務める本田悦朗内閣官房参与と、成長
 戦略を担当する堺屋太一内閣官房参与が24日、読売テレビの番組に出
 演し、予定通り2014年4月に消費税率を5%から8%に上げるべき
 かを巡って、論戦を行った。

 本田氏は、13年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値がプラス成
 長となったことについて、「機は熟していない。アベノミクスで相当上
 げ底になっている。来年4月は病み上がり状態で、まだまだ増税には耐
 えられない」との見方を示した。その上で、税率を毎年1%ずつ緩やか
 に上げるべきだとの考えを改めて主張した』



消費税増税
 来年早々増税は
  もってのほか


毎年1%ずつ上げる
 必要すら全く無い
  減税・無税にも
   簡単に出来る筈!





『これに対して、堺屋氏は「先送りにすれば日本の公約、政策の信頼性を
 失う。これだけ長く議論してきたのだから、(予定通り)税率を上げる
 べきだ」と主張。増税の影響を緩和するために、法人税や所得税、相続
 税の減税をあわせて行うべきだとの考えを示した。毎年1%ずつ引き上
 げることには、「消費者も含めて現場で大変な混乱を招く」と強調した』




財政健全化
 社会保障のため
  ではなかったか


堺屋太一よ
 そこで法人税・相続税減税
  とは全く以って矛盾極まりない


旧経済企画庁長官
 も務めた堺屋がこの
  見解とは摩訶不思議


財界・富裕層
 への媚び・同調
  政策であり理不尽


いや、
 彼は現在、事業経営している
  もしや脱税暴露する
   とでも恫喝受けたか
  

消費税増税など
 全く必要無かった訳だ


こんなヤツが維新と
 安倍政権両方のブレーン
  になってしまっている


結局、
 法人税・相続税減税
  を引っ込めれば。。
   完全に財務省の恫喝
    に屈した犬なのは確実


日本維新の会
 国会議員団だけでなく
  大阪維新の会も増税推進


これは確実となった
 ブレーンの頂点である
  堺屋太一が増税ゴリ押しだ


維新が改心の
 可能性はゼロ
  よって糾弾開始する


日本の国会議員はじめ
 政党政治屋。。有名人物でも
  振付師・・・つまり官僚機構
   御用ジャーナリズム・新聞政治部
    彼らの入れ知恵通りにしか動けない


自分の頭で考えて
 行動なんかしていない
  背後で絵を描いている
   人間がいるのは確実である


特に、維新橋下徹。。改革者のフリした
 操り人形は間違いなく、自民党別働隊だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方の、渡辺喜美。。特別会計
 天下り法人切り込みや消費税増税
  の前にやることがあるだろう!などと
   掲げていただけにより始末がタチが悪い


特定秘密保護法案に賛成するだけでなく
 安倍総理にすり寄り、自民党渡辺派に
  なりたいなどと。。橋下徹とどっこいどっこい



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<さらば!みんなの党>≪行政改革・構造改革・官僚支配政治打破が消えていく≫【米国州未満・属国未満の日本は沈没する】


渡辺代表、政権と連携強化へ みんな会合「政策実現できない」

『みんなの党の渡辺喜美代表が来年の通常国会に向け、安倍晋三政権との連立を
 視野に入れて連携強化を模索していることが29日、分かった。複数の党関係
 者が明らかにした。是々非々路線からの転換は、党内外に波紋を広げそうだ。

 党関係者によると、渡辺氏は28日、都内で開かれた党所属国会議員の国政報
 告会で「与党に入らないと政策実現はできない」と語った。

 当面は(1)国家安全保障会議(日本版NSC)創設(2)特定秘密保護法成
 立(3)集団的自衛権の行使容認-の3点について、安倍政権を支える考えだ』




産経の扇動報道である
 ことを望みたいが。。


”与党に入らないと
  政策実現はできない”
  

みんなの党渡辺代表
 残念ながら、特定秘密保護法案
  への維新以上の擦り寄りを
   みれば。。そう言ったのだろう


頭悪過ぎ。。完全に終わった
 日本政治にとって、極めて深刻



元改革派官僚 安倍政権公務員改革法案への反対提言した理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131108-00000019-pseven-soci

『安倍晋三首相は、さる11月5日、「国家公務員制度改革法案」を閣議決定し、国
 会に提出した。

 国益よりも省益、国民の幸福よりも自らの老後の安定のために働く「シロアリ
 役人」の増殖は、長年、この国の政治を蝕んできた病巣だ。7年前の第1次政権
 当時に公務員改革に取り組み、霞が関の激しい抵抗に敗れて政権を放り出す屈
 辱を味わった首相にとっては雪辱戦のはずである。

 ところが、今回の法案は改革とは程遠い、「シロアリ温存法案」と呼ぶべき内
 容にすりかわっていた。

 「安倍総理よ、またしてもシロアリに屈するのか」──かつて現職官僚であり
 ながら霞が関の構造改革に挑んだ「元脱藩官僚」たちは、そこに危機感を抱い
 ている。安倍政権の「まやかしの公務員改革法案」に対して抜本的見直しを求
 める提言を発表した高橋洋一(元財務官僚)、古賀茂明(元経産官僚)、岸博
 幸(元経産官僚)の3氏が怒りの警鐘を鳴らし合う。

 ──改革支持派の皆さんが公務員改革法案に反対する提言を発表したのはな
 ぜか。

 高橋:公務員改革は廃案の歴史で、麻生政権時代の2009年、民主党政権時の20
 10年と2011年に提出された法案は、いずれもねじれ国会の中で成立しなかった
 。そして今回、衆参で過半数を持つ安倍政権でようやく実現するわけですが、
 蓋を開けてみたら、内容が大きく後退していた』






安倍晋三首相が
 改革派などでない

  ことは何度も言っている

消費税増税。。原発推進
 財務省・原子力ムラに
  屈した。。いや申し子政権


改革派のはずがない!
 その与党に入らなければ?


自民党。。安倍政権が
 改革などするはずなかろう


渡辺代表、自らが
 与党になり政策実現
  これを目指さないのか


中央政治屋が二世議員
 の集合体で、とてもじゃない
  が、改革などは無理の状況


みんなの党よ。。
衆院総選挙・参院通常選挙
 で、自勢力。。同盟勢力の
  数増やすしか方法は無いのだ


改革する気など
 全く無い、とんでもない
  と考える与党入りして
   どうするのかといいたい


TPP。。欠陥といえる
 特定秘密保護法案に
  日本版NSC。。みんな
   と維新、民主党も翼賛参加


しかし、それでも
 世論がシッカリしてれば
  その世論も全く洗脳状態


日本は米国51番目の州
 日本は米国属国、
とかいわれ
  揶揄されるが。。実際のところ

重要な記録・機密事項
 日本に無い場合が極めて多く
  米国がキッチリ記録・保管


事件が起こっても
 スキャンダルすら
  沖縄返還過程すら
   海の向こうの米国発


日本は米国州未満
 米国属国未満の国


その状況下で野党消滅
 2014年は苦難の始まり
日本政治沈没が目に浮かぶ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初から、消費税増税に真っ向から
 反対などせず、地方税化などと
  国民のためではなく、大阪都構想か
   カジノ推進のための軍資金としてしか


全く以て国民のための政治など
 掲げたことが無い橋下徹大阪市長と


特別会計や天下り法人改革は
 単なる釣りの政策であって、全くやる気
  など無く。。
実は自民党へ帰りたいだけ
   だった渡辺喜美は。。実にウマが合うのか


安倍総理・菅官房長官別働隊
 いや、官邸の正体秘書官団及び
  背後の省庁の走狗である二人が
   ツルむともなれば。。碌なことはない


大いに警戒すべきなのは当たり前である

   
小泉進次郎の入閣漏れにはこんなワケがあった~首相が漏らした意外な「ホンネ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151019-00045895-gendaibiz-pol&p=1

『先の内閣改造・自民党役員人事で、自民党衆院議員・小泉進次郎に対する関心の高さに
 改めて驚いた。テレビ番組が安倍政権の陣容ではなく、今ひとつ根拠がはっきりしない小
 泉の入閣話で盛り上がったからだ。

 結果は私が予想した通り、自民党政務調査会の部会長だった』



自民党の小泉進次郎氏は復興政務官を退任。次のポストは党の農林部会長だ。入閣も取り沙汰
されていたが、「自分にはまだかけるべき雑巾がけの期間がある」と以前語っていた。農林部会長
はTPPの大筋合意を受けて、国内の農業の関係団体などに理解を求める役割を担う。時事通信
社の田崎史郎特別解説委員は「農林部会は農業関係者の支援を受けて当選している議員も多い。
非常に難しい職務。ここで試されて次のポストが決まってくる」と語った


何やら。。近日小泉進次郎の農林部会長
 就任について、語っているようだが

  農林部会がTPPと密接に絡み、損職
   出口の見えない役職ぐらいは小生でも
    見当がつく訳だし。。みせしめ、いけにえ
     にするにはもってこいの仕事ではないか


それに予想した通りというが
 上記のコメントは就任が決まって
  からのものであるし。。他に予想した
   記事が見当たらない!いやいや


もしも仮に、予想したような記事が
 あったとしたならば、それは今回の
  陰謀めいた企ての一端を聞いていた
   農林部会長など普通は予測出来ない




『「びっくりしました。火のないところに煙は立たない、という言葉がありますが、あの記事は火の
 ないところに煙が立った記事です。あのような話はまったくなかった」

 小泉は全面否定した。念のため、首相・安倍晋三とふだん話している首相官邸要人にも問い
 合わせた。要人は「あの記事はひどい。具体的に見てきたように書いてあったけど、閣僚にす
 るなんて話はなかった」と否定した。

 私の取材力が不足しているのかもしれない。ただ、日経以外の新聞・テレビもこのような報道
 をしていない』


まずは気に食わない日経を
 完膚なきまでに叩いておいて。。と




『安倍に昨年、小泉に対する評価を直接聞いたことがある。安倍は「将来の首相候補だと思う」
 と高く評価した上で、次のように語っていた。

 「彼は、党の部会長をやってみるといいんですよ。部会長をやると、役所と調整して党内をまと
 める技術を覚えますから。私も厚労部会長を2年やりました」

 安倍は小泉をじっくりと時間をかけて育てようとしている。小泉が「人気者」であることのプラスマ
 イナスを十二分に考え、あえて陽の当たるポストには置かず、自民党議員としては必須の、多
 種多様な議員の意見をとりまとめるのに必要な忍耐、議員への根回し、落としどころを探る能力
 を培おう、というのが今回の人事の意図である』



安倍総理が。。私も厚生部会長を2年
 やりました、と言わせているようだが

  安倍が小泉純一郎元総理からの引立て
   で、何の訓練も受けず、閣僚もやらず
    党幹事長に就任したのは有名な話だ!


厚生部会長。。安倍が省庁と調整?
 ならば。。厚生部会長でも良かったし
  財務省との調整が仕事?の財政部会長
   でも復興関係なら商工部会長でも良かった


安倍は小泉を時間を
 かけて育てようとしている?


安倍総理が人を育てられるか!?
 バカも休み休み言いたまえよ
  カンペ・プロンプターの丸読み
   省庁の世話に成りっ放しの総理が(笑)




『農林部会長起用は、政調会長・稲田朋美が官邸と相談して決めた。前任の農林部会長は小泉
 と同じ当選3回の斎藤健。斎藤は就任時当選2回だったので、小泉は斎藤よりも遅れて部会長
 に就任したことになる』



稲田朋美政調会長が官邸と
 相談して農林部会長起用を。。


出てきた出てきた、稲田朋美
 そして、官邸というキーワードだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪自民党三役もかつての面影微塵も無い≫<大新聞の扇動報道を以ってしても衰退は隠し難く>【女性起用という名の右傾化へ】


日本の国会議員
 当選回数至上主義を
  肯定する訳ではないが

それでもやっぱり、大した人材
 でもなければ。。判断材料ともなる


当選三回で党三役起用案
 昔なら、まず大臣にもなれなかった
  閣僚ポスト複数こなし、出来れば
   重要閣僚経験後、党三役という
    昭和時代の慣行の面影も全く無く

自民党は、前々回の衆院選で
 300近い衆院議席から、3分の1
  ほどの120議席に激減。。そして
   前回で再び290超議席に回復した


その間、ベテランや曲者議員が
 引退する事態も激増し、顔ぶれ変わる


結果、当選回数の浅い議員が
 党の大勢を占め。。かつ近年の女性
  活用の風潮を反映しての稲田議員の
   党三役の一角政調会長への起用案


それにしても酷いもんだ



稲田 朋美
自由民主党所属の衆議院議員(3期)、内閣府特命担当大臣(規制改革担当)、
自民党福井県連会長。2014年5月30日から国家公務員制度担当大臣兼務
靖国神社におけるA級戦犯合祀と昭和天皇の参拝中止の間に因果関係がない
と主張
自民党福井県連で保守政治塾「ふくい政経アカデミー」を創設し初代塾長を務め
るなど、若手の保守論客の育成に取り組む
平沼赳夫からは党派を超えて支援を受けている
2009年自由民主党総裁選挙では西田昌司とともに、平沼を自民党に復党させ
て擁立しようと安倍に働きかけたが実現しなかった



重要閣僚への起用案も浮上か
 結局ね、閣僚・党役員・国会常任委員長
  そして副大臣や政務官ポストまで。。全てが
   党内役職配分や与野党間の争奪戦対象に


与野党全部が著しいレベル劣化
 さらに、世襲議員の爆発的増加



大臣病
 今日の日本の議院内閣制における国務大臣は、各種許認可や補助金交付
 等の強大な権限を持つ。政治家にとって大臣の職は権威の象徴であり、
 特に重要な省庁(旧大蔵省など)の所管大臣として就任すれば、議員自
 身の政界における重みも増し、政治資金の調達などに大きな転換期とな
 ることもあり得る。逆に、本来大臣になっていていいはずのキャリアで
 大臣になれないでいることは、周囲から鼎の軽重を問われることにも
 なる



周囲から軽重を問われる
 周囲とは。。

  政治記者・評論家・後援会・支持者
   彼らがバカな政治屋を益々バカに


民主党も常任委員長にしがみつく
 などという醜態。。委員長になろうと
  なろまいと。。選挙には落ちるから(笑)


大臣ポストをなるべく
 大勢の議員に配分したい
  衆議院議員なら当選何回
   で皆が大臣になる


政権が長続きしない上
 内閣改造なども影響
  

首相1年大臣半年の使い捨て
 そりゃ、益々官僚支配も進む


大臣待機組
 大臣病。。しかし
  現自民党は政権交代したばかり
   急速に党勢増加で当選回数
    若い議員が大勢を占める


よって。。大臣病から
 常任委員長病。。
  副大臣病・政務官病
   も増えていく・・下らん!


ところてん人事。。日本国会の特徴
 この状況は米欧先進各国とは著しく異なる

国会議員たるもの法律作ってこそ
 という考えは、大きく誤っていたのか


国会を立法機関と承知していた
 小生がバカだったのか。。国会議員
  国会にデビューしても法律作らず
   官僚機構が作成した法案を起立して
    議決するだけの存在であり。。


当選三回ともなれば、大臣になれる!
 しかし、中央府省庁が完全に仕切る
  行政府の長といえども、、責任とって
   辞任するだけのシャッポに過ぎない


自民党の役員というのは政権党でも
 私党の役職であり、本来ならば。。
  行政府・閣僚ポストとは性格が違う


にも拘らず、当選回数浅い。。女性起用
 という風潮に迎合はいったいどういうことか


ましてや重要閣僚に起用?
 国民生活に関わる政府・省庁の
  責任者というのも昭和時代から
   続いてきたおとぎ話に過ぎないのか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小生が商店の丁稚だったとしても
 前のご主人も酷かったが。。今度の
  跡取りの妾さんが社長になるとは
   あまりに酷すぎ、ガッカリも甚だしい


そして。。官邸だ!これは
 総理でも官房長官でもない
  要は国会議員どもではないのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪内閣官房は、安倍総理が。。安倍さんは。。官邸が・・・の本体!≫<官僚機構支配の実態はこれだ>【国会での議員比率多数派形成で、益々プロパガンダが描き易く。。】


仕事を減らしてください。。と直訴?
 そんなに仕事してる閣僚。。議員など
  居るか?
そんな筈は無い!と考える


比較的マシだと思えた毎日に
 して、このような記事を書くのか


内閣官房。。や、内閣府
 肥大化したのは、プロパガンダ
  のために。。は間違いなく


恐らく。。官僚主導政治。。特に酷い安倍政権
 の実態が、もしや?とちらほら囁かれ始めており


一般国民に、まさかの官僚作成答弁書の
 棒読み・丸読み。。首相や大臣が政治なんか
  やっていない信じ難い現実が広く流布されては
   大変!長谷川氏にそれを跳ね返す記事を書け
    と省庁や新聞上層部から指令が出たのか。。


しかし、実態は小生が述べる方が当たっている!!


報道でたびたび見られる「政府筋」とは、
 「内閣官房副長官の内の誰か」を指す。副長官が
  オフレコで発言したときに使われる。だが、発言
   内容や発言対象によってその「政府筋」が具体的
    に誰であるかの特定は可能。また、報道において

内閣官房長官を「政府首脳」というのに対して、
 内閣官房副長官は「政府高官」と置き換えられる
  ことが慣習である(ウィキペディアより)


官房副長官ということのようだ
 官房副長官とは。。国会議員の大臣
  一歩手前の中堅議員、政務副長官と

   
旧内務省系省庁事務次官経験者
 から選ばれる事務官房副長官がいる


普通に考えて、こんなバカな発言をするのは
 国会議員。。つまり政務副長官とみるのが妥当
  しかし、現在の事務副長官も次官クラス経験者
   とは思えないような人物の可能性がある。。




『それを裏付けるかのように、米国務省関係者は次のように語る。

 「ここ最近の読売は、いうなれば『日本版人民日報』と化している。政府の公式
 見解を知りたければ読売を読めばいい、というのが各国情報関係者の一致し
 た見方となっている」

 そして安倍政権の中枢は、そうした“見方”を強く意識するかたちで情報のコント
 ロールに動いているようだ。前出の内閣官房高官が明かす。

 「情報のコントロールがこちらの思惑通りに進めば、メディア統制も可能になって
 くる。そしてメディア統制に成功すれば、世論形成もリードすることができるよう
 になる」』



前段では、米国国務省筋が。。バカにして
 日本の政治と大新聞を哂っているというのに

  
政府高官。。つまり官房副長官は
 これで世論形成が一段とやり易くなる
  と。。
国際的地位を落としているのに
   気付いていないというバカさ加減である


第一次安倍政権では批判した
 読売が。。第二次安倍政権発足と同時に
  安倍政権用語の報道に転じ。。その背後
   に、大物マスコミ。。
三宅久之辺りなのか

そういう役割の大物マスコミOB(故人)が
 いたのかも知れない。。
しかし、たった一人で
  変わるはずなどない、のが現実なのだろう


ズバリ!官僚機構が絵を描き
 大新聞社を操った。。それもハッキリ
  国税調査を武器に財務省の仕業である


安倍首相は。。と日本の大新聞
 そして各マスコミは口を揃えるが

  ラジオの記者会見等を聴いても
   安倍首相の主体性。。当事者の
    発言とは到底思えないのである



第一次安倍政権。。あの不自然な辞め方
 組閣・所信表明をした直後の辞任劇とは
  如何にも、不思議極まりないと思えてならず


そんな人物が狡猾にも
 石破外し。。石破潰しを出来るのだろうか

  この安倍首相は。。とか官邸が。。を
   官僚機構。。ズバリ!財務省と置き換え
    れば、非常にシックリくる気がする訳だ


首相だけではない、自民党幹事長
 もシャッポに過ぎず。。創られた虚像


当初から、官僚機構。。特に財務省が
 内閣官房・内閣府を使って。。
というより
  元より、職員を派遣していたのであるから


そこで、如何にも議員政権がやったように
 装い。。と小生、勘ぐっていた訳であるが・・・。


忙しい各省庁と選挙に明け暮れる
 議員内閣の橋渡し役はだれなのか
  ここに間もなく気付いたという訳なのだ


第二安倍改造内閣成立。。そして解散総選挙
 この前後から、大新聞報道には≪官邸≫と
  いう表現・記述が激増した。。
不自然・オカシイ


官邸サイド?官邸。。首相官邸。。

まるで。。安倍首相や菅官房長官
 はたまた政務の官房副長官が策略


野田自民党税調会長が
 安倍総理の逆鱗に触れ
  衆院選公認から外されようと
   しているかの如く。。
小生早速
    大いに疑ってみた訳なのである




解散・総選挙 財務省と経産省との官邸主導権巡る暗闘が発端
http://www.news-postseven.com/archives/20141117_287276.html

この記事を引用。。待つまでもなく
 国会議員政体の話などでは絶対に
  ないはずなのであって。。
官僚機構
   中央府省庁のレベルの話であろうと。。


むしろ、最初の産経新聞の御用報道
 提灯記事には感謝したいぐらいである


今井首相秘書官。。経産省大幹部
 事務次官級で省へ帰るというウワサ

  それにしても、前野田内閣では
    財務省勝次官がクローズアップ

     そして安倍内閣では今井秘書官


今井秘書官が主導なのに
 安倍首相主導と見せる腕前か

  誠にその通りなのに違いない!!


政務秘書官には就いてはいるが
 今井首相秘書官。。経産省官僚で
  本省にトップ級で帰るらしいから
   その背後には経済産業省が控えて
    糸を引いているに違いない訳である


首相秘書官には、財務省。。外務省
 警察庁。。そして経済産業省から派遣


政務に。。また2回めの秘書官
 であり、首相と懇意故にプロパガンダ
  を構築し易いというところもあるだろう


いずれにせよ。。主要省庁レベルの
 話が。。官邸という表現、扇動報道
  御用大新聞の報道記事に騙されるな!


実態は、主に財務省辺りが
 あとは経産省。。そして安全保障
  や外交問題では外務省が大筋の
   グランドデザインを描き、
それを
    各省庁出向の秘書官。。そして
     政務秘書官が詰めて実行に移す


大新聞報道が、総理が・官邸がと
 提灯記事を書き、それを信じる我々。。か


内閣官房業務を廃止、各省庁に移管
 如何にも合理化・行革が進むなら結構

  しかし、またもや姿を変え、逆流肥大化
   これは日本の中央政治の伝統でもある



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田崎史郎。。恐らくは、「こう書いてくれ」
 の、要請?指令?通りに書いただけだ


記者歴30数年?いや40年?
 こんなわざとらしい、いや下らん仕事
  引き受ける人間など見つからないはず


2閣僚が靖国参拝=岩城法相、高市総務相

『岩城光英法相と高市早苗総務相が18日、東京・九段北の靖国神社の秋季例大祭(17~20日)
 に合わせ、同神社をそれぞれ参拝した。
 安倍晋三首相は例大祭の期間中の参拝を見送る意向だが、安倍内閣の2閣僚が参拝したこと
 で、中国や韓国が反発する可能性がある。
 岩城氏は参拝後、記者団に「国のために戦い、尊い命をささげた英霊に感謝の誠を表すため、
 参拝した」と強調。高市氏は、「国策に殉じたみ霊に対し、心から感謝の気持ちをささげた」と語
 った。両氏とも、玉串料は私費で納め、記帳は閣僚の肩書を記した。
 高市氏は、2014年10月の秋季例大祭、今年4月の春季例大祭と8月の終戦記念日にも靖国を参
 拝している。
 首相は13年12月に就任後初の参拝を行って以降、参拝を控えている。今回は11月に日中韓首
 脳会談が控えていることなども考慮。例大祭中の参拝はせず、祭具の真榊(まさかき)奉納を17
 日に済ませた』



毎度毎年恒例の靖国神社参拝
 国のために戦い、尊い命を
  ささげた英霊に感謝の誠を表す


これも判でついたようなコピー的

彼らは本当の右翼なのだろうか
 保守なのだろうか?極めて疑わしい


また、歴史ある名家であれば。。
 太平洋戦争。。第二次世界大戦
  大東亜戦争兵士戦犯にそれほどの
   思い入れなど有るだろうか??
    たかが2代か3代前に過ぎない



靖国神社
九段坂の坂上に東面して鎮座し、日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀る。勅祭社で旧別格官幣社。
境内は、桜の名所として知られる他、大鳥居が東に向いている、数少ない神社の一つでもある。
単立宗教法人(単立神社)であるために、神社本庁との包括関係には属していない (ウィキペディア)


小生。。ここに引っかかりを感じる


「靖国神社は日本国の護持の神社であり、いつかは国に返すべきなので、特定の宗教法人の包括下に
 入るべきではない」という靖国神社・神社本庁双方の判断によるものである。このような経緯のため、靖
 国神社と神社本庁とは包括・被包括の関係にないながらも密接な協調関係を保っている。例えば神社
 本庁は靖国神社崇敬奉賛会の法人会員となっている」

また政治運動として、皇室の男系継承の尊重、首相の靖国神社公式参拝の推進なども行っている。また、
神道政治連盟や日本会議といった団体を通じて、自民党を中心とした一部の保守政治家にも影響力を持ち
政治活動を行っている(ウィキペディア)

    
神社本庁が靖国参拝を肯定している
 それで神道政治連盟なのか。。ならば
  神道政治連盟の堂元神社本庁をみる



戦前の日本においては、教派神道などの例外を除き、神道を国家神道とすることで日本国民の道徳の根源
として、事実上国教化していた。戦後改革の一環として連合国軍最高司令官総司令部は1945年12月15日、
国家と神道勢力が結合する形態は、政教分離の概念から問題があるとして神道指令を発し、神社を国家か
ら分離することを命じた。
そのため、1946年2月3日、皇典講究所、大日本神祇会、神宮奉斎会の3団体が中心となり、全国の神社の
総意により内務省の外局・神祇院の業務を引き継ぐ形で神社本庁が設立された。神祇院の後継的存在だが、
現在では宗教法人法にもとづく包括宗教法人の一つとされる



内務省1部局の後継が神社本庁

ならば、安倍内閣と自民党及び
 別働隊政党議員の後ろ盾で、支柱
  は、この神道政治連盟・神社本庁と
   日本会議なのか?
それが疑わしい!




第3次安倍改造内閣の面々に共通する「宗教」 2016年の参院選に影響も?
http://news.livedoor.com/article/detail/10707998/

『安倍改造政権支える宗教 集団的自衛権で創価学会とはすきま風
 
 第3次安倍改造内閣の面々には知られざる共通点があった。デモの渦の中で強行採決した安保
 法制、株価下落などアベノミクスの崩壊、迫る消費増税。来夏の参院選に不安要素がいっぱい
 の安倍政権が頼みにするのは「宗教」だという。

 自民党と連立を組む公明党の支持母体である創価学会もその一つだが、幹部が自嘲気味にこ
 う語った。

 「来年の参院選で安倍さんが頼りにしているのはうちではなく、神道政治連盟、日本会議、全日
 本仏教会(全日仏)、そして統一教会の4団体でしょう」 

 全日仏とは、浄土真宗、日蓮宗、天台宗、真言宗など伝統仏教を中心に105の団体が加盟する
 組織だ。前回の13年の参院選では、複数の主要団体が個別に自民党の候補者の支援団体とし
 て名を連ねていた。

 「全日仏は強い集票力があるが、安倍首相の靖国参拝に抗議するなど「神道政治連盟」(以下、
 神政連)らとスタンスが異なる。支援を受けた自民党議員は股裂き状態です」(仏教関係者)』



仏教界が、靖国神社に反対している
 元来、靖国神社でなく伊勢神宮や
  新しいが東京なら明治神宮で良いはず


神社神道界も全面的に靖国参拝
 を支持し、安倍内閣の支柱には到底
  思えない訳であって。。既存宗教が
   安倍の靖国主義を尊重とは思えない


創価学会側が安倍さんが頼りに
 しているのはうちではなく、がむしろ
  極めてウソ臭く、カモフラージュに思える


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《靖国神社参拝》表面上保守という名の<タカ派政治家にとってブランド>となった?≫【存在などしない政党政治の地方組織化は靖国参拝にまで?】

この小泉純一郎元首相
 首相在任時代に靖国参拝
  これがどうにも未解決だった


当初から、視野には入っていた
 ある団体。。これが強力だった

  主役ではなく、脇役と。。
   侮っていたのであるが。。


日本遺族会

一般財団法人
英霊の顕彰と慰霊に関する事業、戦没者遺族の相互扶助、
生活相談に関する事業などを実施している法人。元厚生
労働省
所管


昭和天皇の靖国参拝中止について
 は、小生も述べた。。また今上天皇
  が靖国神社を一度も参拝していない
   ということについても。。


日本遺族会は、やはり天皇陛下に
 追従!なのは当然といえば当然だ


と、なれば。。
 政治団体日本遺族政治連盟!!
  故橋本龍太郎か。。元首相
   自民党総裁選で、小泉純一郎
    は橋本に勝ち、総裁・首相に


日本遺族政治連盟への遠慮?
 米欧露戦後世界秩序よりも
  優先なのか?
ということは
   経済・外交・国民生活よりも
    自らの身の安全の保証か。。。


自民党。。維新の会、みんな、生活。。
 恐らく、昭和56年。。母体は自民党


みんなで靖国神社に
 参拝する国会議員の会


も。。日本遺族会と
 無関係ではないはず


しかし、本元の日本遺族会
 が昭和天皇・今上天皇に付き従い
  靖国神社に代わる戦没者追悼国立
   施設の設置を支持している!
    のにも拘らず。。なぜ解散しない!


靖国参拝していれば
 遺族会も選挙協力を拒まないのか?
  それにしても鼻つまみ者的存在だ
   国会議員を引退すべきである!!


一般国民ではなく、軍人しか
 祀られていない靖国神社を参拝して
  国のために亡くなった国民とは。。
   少し違うのではないだろうか
    全てを含めて言うのなら解る


この靖国神社を参拝する国会議員
 平成の。。21世紀の大政翼賛会
  への準備活動とみれば、納得も可能


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪朝日よ。。誤魔化しちゃイカンよ!≫<話をすり替えるでない!!>【安倍国会議員内閣と自民党をガッチリと支えているのは・・・アソコでしょ】


日本大マスコミ。。新聞・テレビ
 万死に値する!全くその通りだと
  今もより強く考える訳なのであり


日本会議や神道政治連盟などを
 安倍内閣及び自民党の強い後ろ盾
  と喧伝するのは勝手なのであるが。。


宗教各団体が自民党を全面的に
 安倍内閣を全幅信頼の思いで支持
  しているとでもいうのだろうか?・・・。


統制はとれていないのではないだろうか

それを言うなら。。創価学会票でしょう!?
 1選挙区平均2万票から3万票。。絶対的
  いや圧倒的な生命線であり、支柱なのだ!!


しかし、この安保法制強行採決以降
 それも全く解らない。。いや創価票は
  自民党議員・安倍内閣を今後も支えるか?
   極めて否定的・悲観的なのではないかね?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1選挙区2万票~3万票という
 自民党にとって絶対的な追い風
  創価票は、救世主なのであるから


従わないのは、意味が解っていない
 それかもしくはバカかであるし。。
  他に可能性としては創価が弱味握られ


しかし、公明党後ろ盾の創価学会
 先日も述べたが想像を絶する強者だ
  カモフラージュ説の方が説得力ある訳だ


晴耕雨読さんより
「おかしなことを言う人だなあ。そりゃ選挙を視野に入れてのことですよ:松井計氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/18600.html#readmore
https://twitter.com/matsuikei

『ユネスコ問題、民主党内の第二自民党勢力を炙り出す効果もあったようだね。

 こういうことを見ても、早いとこ、がらがらぽんが必要だと痛感しますよ。

 個人を崇拝してしまうと、論理はどっかにいってしまう、という好例だね。

 自分で自分が情けなくはならないのかしら?

 ⇒“政権の腹話術人形”日本テレビ青山和弘の「安倍首相擁護本」が露骨すぎる! 辻元清美
 への野次も「声なき声が出ただけ」http://t.co/LBCStxs2L1』


民主党議員が言っているから
 民主党の総意なのか、それとも
  個人的な見解?いや民主党自体
   自民党とグルなのか。。政党では
    判断出来ない状況なのは確実である


大新聞・テレビ報道。。御用ジャーナリスト
 の吐く見解も同様で、充分に吟味の必要あり


今、大新聞テレビ配信のニュースに碌なものが無い


訪中の民主・前原氏、中国の外交政策を批判

『民主党の前原誠司元代表は17日、訪問した北京市の北京大学で講演し、中国の外交
 政策について「中国は国際秩序の擁護者なのか、挑戦者なのか、確信が持てない。中
 国の南シナ海での(岩礁埋め立てなどの)行動、東シナ海での一方的な防空識別圏の
 設定などは、挑戦者とみなされても仕方ない」と述べ、批判した』


維新、交付金振込先の口座取り合い 議員が通帳をガード

『「維新・本家」を自認する橋下徹・大阪市長が立ち上げる新党への合流組が、維新の党
 執行部による除籍処分に対抗し、反撃に転じている。党本部が大阪にあることから、政
 党交付金が振り込まれる口座の通帳や印鑑を確保。態度未定の中間派を取り込んだ形
 勢逆転をねらっている』


これらの動きは
 全部繋がっていると言える


民主党旧執行部中心メンバー
 前原誠司や、細野豪志、野田佳彦
  岡田 克也、枝野幸男も同じかも知れん


そして、橋下徹・松井一郎の大阪
 維新の会。。現おおさか維新?も当然


安倍晋三内閣別働隊
 と言い切れることに注意!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪ホントに国会議員・政党人レベルの話をしていて良いのか≫<どうしても疑いが消えず、増大するばかり>【自民党・民主党・維新。。そして与野党左派ともに官僚機構が操縦だ!!】


≪戦後日本政治は、官僚機構が操ってきたが≫【自民党支持者ですら気付いていないのは・・・<昔の自民党とは別の政党になった!!>ということ】


報道自粛に抗する声明 『週刊現代』官々愕々より
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150222-00042173-gendaibiz-pol


無論賛同する。。が。これでも
 全然足らない!日本の報道は
  まったくなっていない!としか。。


権力者と対峙したくない
 大新聞の体質か。。
全くである

週刊誌の勇猛果敢な報道
 充分ではないがスキャンダル暴露
  こちらが、尚更光って見えるのである


権力者が国会議員政権かどうか
 それはまた別の話になってくる訳だが。。

  その通り!首相・大臣が権力者
   という昭和以来の信仰を捨てないと。。


安倍政権というが。。官僚機構から
 派遣される首相秘書官と各省庁
  の連係プレーということ、
安倍首相が
   そういうことに長けている印象無し


プロンプターの文字の大きさ
 に注文つける?そりゃそうだ
  読めなかったら大変なことだ


しかし、絶望的な日本
 その政治状況こそが破滅的

  政権与党など。。どこが
   なっても大差ない、ともいえる


昭和までの自民党は、古いこともあるし
 他の政党が存在しないことにも免じて
  敢えて言わないことにしよう。。
が!!

竹下内閣時代には崩壊の兆し
 があったかも知れない!とだけ・・。

そこから坂道を転げるように。。
 仮にも、政治プロパガンダの象徴
  内閣総理大臣の地位は墜ちに堕ち


ついに、1993年自民党が結党以来
 初の政権からの転落を喫する訳だが

  ここから「表向き連立政党政治」が始まる

自社さ連立。。ここで自民党はまず
 別の政党に生まれ変わった!
実は
  その前、リクルート事件で自民党は
   既に役割を終えていたが。。
無理に延命

決定的なのは、自民党=麻生太郎内閣を
 NO!といって。。衆議院120議席にまで
  落ちに落ち、その後安倍晋三カムバック
   総裁の下、290余議席にバブル増大議席


これでザックリ!アバウト!170人の新人
 ばかりの別政党になってしまったということだ


現第三次安倍政権も、官僚機構が企画
 大新聞・大マスコミが扇動提灯御用報道で
  強い内閣を演出しているが。。官僚が梯子
   を外し。。大マスコミが提灯報道止めれば
    悪夢の民主党内閣以下になる!ということ

日本のメディアの許し難い報道は戦犯もの
 しかし、それに騙される国民も悪いのは自明


自民党中心に、維新の党の橋下徹配下
 それに民主党も例外ではなく。。
官僚機構
  のタカ派や増税推進派、それに原発推進派
   が手を突っ込んで操っている疑いが消えない


といって、維新のリベラルとか
 僅かに存在の自民リベラルには

  官僚機構の穏健派が手を突っ込み
   レクチャーしている可能性すらある!


非常に興味深い対談がある



「安倍政権に危機感を持ってるハト派の官僚は実はたくさんいるんです」
『東京ブラックアウト』若杉冽×古賀茂明 対談 【後編】
http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/42019


『小泉進次郎は期待できるのか?

 古賀茂明: 再稼働が進んだ原発がテロで狙われれば、『東京ブラックアウト』のように、日本はと
 んでもないことになっていく可能性がありますね。自民党でも民主党でもない勢力が、台頭しなけ
 れば、原子力ムラは安泰、再稼働が進み、若杉さんのようなキャリア官僚も、改革には動きづらい。
 小説では、大泉元首相が「原発即ゼロ」でがんばりますが、現実では小泉進次郎さんあたりが「脱
 原発」で、立ち上がらないかという期待もありますがなかなか難しい。

 若杉冽: 小泉進次郎さんというのは、国民の多くが、小泉純一郎元首相の面影を感じ、連想した
 ところから、人気が始まっているんですよね。純一郎さん自身が「自民党をぶっ壊す!」と言った変
 革者であったわけだから、進次郎さんも変革者であり続けないと本当は失速するわけで、彼はそれ
 をどこまでわかっているかですよね』

『古賀: 橋下徹さんを思い出しますね。

 若杉: ほぼ同じですよね(笑)。

 古賀: 似てるところがありますね。

 若杉: 再稼働容認で失速です。

 古賀: そう。あれで相当みんな、がっかりしました。僕は全然、恨みには思ってないんだけど、相当
 だまされちゃったって感じで。今回、『東京ブラックアウト』を読んでいて、橋下さんの大飯原発再稼働の
 こと思い出したんです……。

 最初、大飯再稼働に反対するとき、「みなさん、福島の事故を見たでしょ。あの事故を見て、まだ原発
 を動かしたいと思っている人はロボットだ。なぜなら人の心がないんだ」、そこまで言っていたんです。
 それなのに、ある日突然、「やっぱり動かしてもいい」って言ったんですから。周囲の期待をこんなに高
 めてくれただけに失望も、思い切り大きかったという結末でした。

 若杉: なぜ橋下さんは、変わったんですか?

 古賀: 僕らに対しては「いやあ、古賀さん、ごめん、ごめん」っていう感じで。「やっぱり大阪市長って
 いうのは大阪市民の生活を預かっているんだ。古賀さんとか飯田哲也さんとか佐藤暁さんとか、原発
 の専門家から話を聞いて、確かにうまくやれば原発なしでもいけるような気もした。でも万が一、原発ゼ
 ロにした結果、電力供給不足で停電になって、いろんな支障が起きるっていう可能性を、どうしても自分
 として排除しきれなくなった。政治は結果だから、万一のことが起きたらっていう、そこがやっぱり怖くな
 っちゃったんですよね」っていう言い方。端的に言えばビビッたんです、関電とか経産省にいろいろ脅か
 されてね。やはり今井(尚哉・現首相政策秘書官)さんですよ。

 若杉: そうですよね。あの時、資源エネルギー庁次長だった今井さんが、橋下さんを説得したというこ
 となんでしょうか。

 古賀: 今、安倍官邸で一番権力を握っているわけですけれど、前原さんのところに今井さんが足繁く
 通っていました。前原さんはもともと原発推進の超タカ派の人ですが、前原さんと橋下さんがすごく親し
 くて、橋下さんは将来、国政に出ていったとき組合を切り捨てた民主党という形ができれば組める、そ
 の民主党のリーダーは前原さんだろう、と。まあ、反りも合うんでしょうけどね。

 その前原さんのところに今井さんがいつも行って理論武装させて、橋下さんが月に1回ぐらい前原さんの
 ところの勉強会に行くんですね、東京の。そのたびに今井君が一緒に説明して橋下さんの心が揺れるわ
 けですよ。きれいなカラー刷りの資料を見せられて。そうこうしているうちに最後は細野豪志環境大臣が
 出てくるんですよ。これが超人たらし。すごいんですよ』


官邸で、一番権力を握るのは
 今井尚哉・現首相政策秘書官か

  その背後には経産省だけでなく
   財務省もついているはずなのだ

    財務省と対立なんかしていない!


民主党前原には今井秘書官が
 空気を入れている訳か。。その前原
  のところに、橋下徹が月1回勉強に・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小生も何度か取り上げた
 安倍総理首席秘書官。。彼が
  この混沌政治の中心に胡坐かく



みんなが知るべき情報/今日の物語
【大飯原発再稼働・嘉田などを脅した黒幕】今井尚哉次長・安倍秘書官に経産省「黒幕」就任
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/a96a03afe6d2d85bab9b3cefdd00f2bc


■今井氏 は、福井県の大飯原発を再稼働させるために、

■滋賀県の嘉田由紀子知事や京都府 の山田啓二知事に

■『再稼働しないと電力不足になる』などと、

■散々“脅し”をかけ て回った人物なんです」。

■つまり、今井氏は民主党の原発ゼロ戦略を骨抜きにした張本人。

■いわば“黒 幕”的な存在というわけだ。

■新日鉄会長や経団連会長を務めた今井敬氏の甥っ子で、
■将来の事務次官候補といわれています」(経産省関係者)

……国民の敵である人物。時限原爆、核兵器工場推進、今井尚哉(たかや)。

※週刊朝日 2013年1月4・11日号 ドットより


工藤嘉人 ブログ
http://blog.livedoor.jp/yoshito_kudo/archives/1039650762.html

今井尚哉首相秘書官~第二部~
本ブログで5月に書いた記事、「今井尚哉首相秘書官」のアクセス数が伸び続けている。そのため
今回はその続編として、前回の記事で書いた以外の今井氏についての情報や、今井氏の最近の
動きについて書いていきたい。

今井氏は、通産省事務次官を務めた今井善衛氏と、新日鉄の会長や経団連の会長を務めた今
井敬氏の2人を叔父に持つ。今井善衛氏は、高度経済成長期の通産官僚たちを描いた城山三郎
氏の小説「官僚たちの夏」に出てくる、「玉木」という登場人物のモデルにもなった。

今井氏は2006年の第一次安倍政権でも、首席秘書官ではないが、安倍首相の事務秘書官を務め
た。そして麻生太郎政権の時には、河村建夫官房長官の首席事務秘書官を務めたのだが、元首
相秘書官をそのような役職に起用するのは異例だった(『日本経済新聞』2008年12月26日)



今度の大阪ダブル選挙で
 橋下維新一派を勝たせることは
  悪しき安倍政権を応援すること


大阪自民党は安倍自民党とは別物だ
 是非勝たせなければならず、共産党は
  そこを見事に読み切った行動をとる訳だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《官邸官僚と官僚機構が操る安倍内閣》と、大阪自民党は別物!≫<共産党はそれが解っている>【橋下維新は安倍内閣別働隊!絶対に叩け!!】


日本共産党は、大阪自民党と
 安倍内閣とは別物!!だと認識
  気づいている訳だ。。良い判断だ


安保法案可決成立。。さらに大阪都
 構想住民投票敗北直前の記事である


大阪都構想。。不要なのは
 これまた何度も述べてきた


道州制。。と並び、大阪府市を
 解体して更に大きな括りにする
  つまり、現行でも各区が24ある
   それを特別区に再編する。。
    1つの区は必然的に巨大化


そんな大きなユニットを管理
 コントロール出来る人材は。。
  日本にはいないのである!
   官僚機構の天下りポストを
    増やすだけ、も述べてきた!!


結局、橋下徹一派。。維新の党
 安倍自民党の別働隊。。そして
  民主党とも合併出来るという体質だ


大阪都構想が住民投票で多数派
 形成出来たならば。。その後は
  国政の場で、大阪都に名称変更
   するための法整備が必要になる


その時だよ!!安倍晋三と橋下徹が
 ガッチリ手を組むのは。。自民党
  国政と地方は全くの別物なのである


集団的自衛権行使容認
 は勿論。。憲法9条改正まで
  一気に突き進むだろう!勿論
   橋下維新の絶大な協力により。。


大阪都構想は、大阪で息の根を
 止めることこそが最低条件である!


この際は。。創価学会は、公明党本部の
 意向など全く意に介さず、大阪自民候補
  に、加担加勢すべきだと考える訳である


自公だから自民に入れるのが普通?
 大阪都関連選挙では、安倍執行部は
  水面下では橋下維新を応援のはずだ


自民党が本部執行部及び安倍官邸
 と。。大阪自民党に分れているのである
  から、
大阪自民党に加担すべきなのだ

とすれば。。公明党本部・執行部は
 本心では、安倍官邸サイドに立つ!
  つまり、橋下維新と気脈通じている


創価学会は、安倍官邸と直結の
 橋下維新の大阪都を叩き潰すために
  大阪自民党候補の市長誕生に全力を


共産党が大阪自民党候補を
 支援するよりは、余程勇気も不要で
  矛盾も無いからやり易いと思うがねぇ。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般国民。。一般有権者の中で
 この構図を読み切れている人は
  悲しいかな極めて少数派と思われる


安倍政権が牛耳る自公与党
 民主党中心メンバー。。そして
  今後国政で一定数占める橋下徹
   とおおさか維新の会が安倍別働隊


つまり大政翼賛会を形成する
 その中心でコントロールするのが
  今井秘書官と官僚機構群という訳だ


ならば我々は打つ手が無いのか
 自公連立をガッチリ支えるあの巨大票
  創価票が引き剥がされれば一発なのだ

 

消費増税巡る、官邸と財務省の高度な「駆け引き」~安倍首相の「サプライズ」人事に隠されたメッセージとは
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151017-00045868-gendaibiz-pol&p=1

『自民党税調会長のサプライズ人事
 渡邉恒雄読売新聞グループ本社会長兼主筆の高笑いが聞こえてきそうだ――。

 9月19日付本コラムで「読売新聞が『対財務省戦争』に完全勝利! ~総力上げて還付
 金案つぶし」と書いたが、『読売新聞』はその後も、焦点の軽減税率導入問題報道で独
 走している。


 10月10日付朝刊の一面左肩に「自民税調会長 宮沢氏――首相方針、野田氏と交代」
 と報じ、同日夕刊では「自民税調 野田氏、最高顧問に――公明幹部『事実上の更迭』」
 と続報を放った。

 自民党税制調査会長に宮沢洋一前経済産業相が起用され、最高顧問に封じ込められ
 た野田毅氏は、会長を事実上更迭されたと断じたのである』



野田毅は、秘書逮捕!!スキャンダル
 それも。。安倍総理筋というよりも
  連立組んでる公明党の支持母体から
   グサッと刺されたんじゃないの?と疑念


だいたい、国会議員総理が人事など
 絶対にやってないと何度も言っている


人事や法律。。これは官僚機構の
 専売特許と言って良い訳なのであり
  訓練受けてない国会議員になど無理!!


宮澤洋一税調会長で大丈夫か?
 ホントに良いのかね?またカネの
  スキャンダルが勃発するんじゃないの?






『翌日の各紙朝刊はこのスクープをフォローした。

 『毎日新聞』の「野田氏更迭、還付金案見送り―軽減税率の検討加速」、『東京新聞』の
 「慎重派の野田税調会長更迭――軽減税率協議 首相が打開、官邸主導で税制論議」、
 『日本経済新聞』の「消費増税時 軽減税率が軸――自民党税調会長 宮沢氏に交代、
 対公明で首相決断」といった見出しでも分かるように、『読売』報道を追認せざるを得な
 かったのだ。

 事実、その後の展開を見てもそのようになった。菅義偉官房長官は13日午前の例会見
 で、2017年4月に消費税率を10%に引き上げるのと同時に軽減税率を導入すべきだと
 語った。

 翌日14日の各紙は一面トップで次のように報じた。「消費税10%、軽減税率同時導入
 ――政府方針、財務省案は撤回」(『読売』)、「消費税還付案を撤回――10%時、軽減
 税率を検討」(『朝日』)、「首相 軽減税率導入を検討――消費増税時を検討」(『毎日』)。

 『日経』は消費再増税と軽減税率の同時導入の完全裏取りができなかったのか、四面に
 「軽減税率の導入、官邸『増税と同時』軸に――参院選意識、公明に配慮」と、一歩引い
 た扱いだった。

 ただ、本文記事で宮沢税調会長人事は、<来年夏の参院選を控え、仮に財務省が「軽
 減税率導入は間に合わない」と主張すれば、首相が消費税引き上げを先送りする大儀
 にもなり得る>と重要な指摘をしている』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪またもや、政府=官僚機構擁護の提灯記事!≫<読売新聞が財務省に勝った?>【まぁ、こんな記事でも流布しないと暴動が起こりかねない】


読売新聞が「対財務省戦争」に完全勝利!~総力上げて還付金案つぶし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150919-00045414-gendaibiz-pol


日本官僚機構の雄
 財務省といえども。。民主主義
  を敵に回せば一溜りもないだろう

   
しかし!これは。。新聞・テレビ報道
 が絶対的な支持を集めている場合だ

  国民の後押しを得られる状態か!?


朝日を叩いておけば。。たしかに
 朝日は、右からは忌み嫌われ。。
  今や、左にも疫病神と言える訳だ


ただ。。野田毅自民党税調会長が
 財務省に指示?
ただの走狗でしょ!
  指示など出すはずが無い訳である


真相は、業界のリーディングカンパニー
 読売はじめ新聞協会と出版界が
  ガッチリ手を組み。。財務省に泣き入れ


こんなもん、2年以上前に
 小生でも気付いていた訳だ



ブレーンが「第3の選択」を主張し始めて ますますずれ込む消費税引き上げの最終決断/歳川 隆雄
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130810-00000001-gendaibiz-pol


衆院選、都議選、そして参院選と
 大勝を重ね。。揺るがないはずの
  安倍政権が消費税増税で揺れている


当たり前だ
 元来、消費税増税の
  根拠など無い


特別会計・天下り法人
 財源など余りあるというのに
  景気の様子など一切無関係
   一般国民から搾り取るという
    ことに説得力無しというのが


バレている訳なのだよ


消費税増税の主体機関
 財務省。。
  その走狗麻生財務相
   全然ポリシーも何も無い


読売新聞渡邉恒雄会長
 新聞協会は、軽減税率適用
  で消費税増税から守られる


そういう意味では
 法人税減税で同じく
  適用外。。そもそも
法人税未納の大企業
 財界も。。完全に同罪


全く汚くケシカラン連中だ


小生。。最高に危ない
 と目をつけているのが
  財界首脳の連中だ


彼らは、今日の日本産業界の
 不振は高過ぎる法人税だと
  信じて疑わないようである


経営努力が足らない
 ということを棚に上げ
  しかしそもそも法人税
   未納だともいうウワサも


消費税増税に血道あげる
 財務省。。太鼓もち大マスコミ
  そして財界首脳・産業界


まだまだ予断を許さない
 力緩める訳にはいかぬのだ


新聞・出版界適用の軽減税率
 マスコミだけが逃げ切ろうという
  愚策!これにみんなが群がった


やっぱりこれが本星!
 財務省に泣きついただけ


国会では、民意無視の安保採決
 連立与党。。別働隊党。。そして
  野党各党も、民意を全く汲み取れず


こんな提灯記事で、マスコミが
 頑張ったとでも書かねば、暴動起こる


本当の民主主義政党が
 出現して、既成政党を駆逐する

  
当然官僚機構との関係は走狗から
 せめて、協力・両輪。。ともに監視
  という程度に大幅に改善される必要


そういう日が来るのは、100年先か・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読売は、国会議員自民党寄り
 の報道に偏り過ぎている感が否めず


日経辺りの報道が正しいね。。それより
 
野田税調会長スキャンダル更迭
 そのスキャンダルの出所すら怪しい

   
自民党税調会長 宮沢氏に交代、
 対公明で首相決断。。菅義偉官房長官
  は13日午前の例会見10%に引き上げ
   るのと同時に軽減税率を導入すべき!か。。


総理や官房長官、税調会長抹殺
 財務省まで黙らせてしまう、恐るべき
  創価学会の力ってそんなに強いのか!?

軽減税率、面倒くさいとみんな言ってる…麻生氏

『麻生財務相は14日、札幌市内の会合で、飲食料品などの消費税率を低く抑える軽減税率に
 ついて、「財務省は、本当は反対だ。面倒くさいとみんな言っている。社会保障に回る金がそ
 れだけ減る」と述べた。


 軽減税率に欠かせないとされるインボイス(税額票)の導入には、中小・零細企業が反対して
 いることから、「公明党さん、それ(企業の説得)はそっちでやってくれるんでしょうね。俺たち
 に押しつけないでくださいよ、としつこく言っている」とも語った』



2,3日前。。このニュースみたが
 バカらしくてコメントしなかったが
  やはり一言言っておこうと思い直した


麻生太郎。。アンタ
 仮にも茶番にも冗談にも日本政府
  の表紙内閣総理大臣に祭り上げられた
   人間なのだよ。。ちょっとは体裁も考えろ


バカが露骨に出過ぎている訳なのだよ!


公明党さん。。なるほどねぇ
 麻生は自分の選挙だけは
  公明党=創価票の世話には
   なってないかもしれんけど


大多数の自民党国会議員
 いや安倍内閣・自民党執行部
  と懇意の地方議員の殆どは
   公明=創価票には頭が上がらん


これを忘れた発言で
 かつ、官僚機構という公務員
  国民の公僕の走狗に堕ちた発言だ


何年も前の小生の記事が今も当てはまる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《学部》とか《入省試験の順位が定年まで影響する》とか。。【馬鹿げた世界】らしい。。「元通産省官僚」のみんなの党『江田幹事長』の弁には説得力がある!日本は≪先進国でも類稀な≫【官僚機構中心国家】


東大卒だけでは。。
 法学部でないと。。
  20歳過ぎに受験した
   公務員試験の成績が。。
    50代後半の
     人事・配属に影響?


しかしねぇ。。
 脂の乗り切った
  40代~50歳も
   超えてくると
    頭もボケてくる
     もんなんだよ(笑)


先進国でも
 官僚機構の権限の強弱
  いろいろあるようだが
   政治が弱過ぎるために
    相対的にこれほど強固な
     官僚中心国家も無いだろう


これで、世界に通用しているなら
 良いのかも知れんが、そうでもない
  らしいというウワサが聞こえる昨今


国家公務員のことを
 我々が知るには
取材を通じて専門
 知識を有した作家の書物
  を興味を持ってあたる
   しか方法が無いとは。。


選挙の洗礼に晒されもしない
 ベールに包まれた社会・世界


自分たちが、公僕である
 ことも忘れ、主権者のように
  錯覚してしまい。。省益・局益
   追求することにのみ邁進


戦前の身分制が存在している世なら
 まだしも。。戦後は主権者は国民
  適切に官僚機構を監視するよう
   誘導してこなかった大マスコミの
    罪はあまりにも巨大である


敗戦前の議員が特権者
 だった認識を改めずに
  継続した戦後日本

偉いなどと勘違いした
 政治屋を支配すること
  に成功して。。

今度は、自らが偉いと
 壮大な勘違いをした
  中央府省庁の役人たち
 

政治が未成熟なために
 国民の監視が生温かった
  ために出身校や学部、入省試験
   でコミュニティを形成する
    馬鹿げた世界が出来上がった


と、断じることが
 可能かもしれない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「面倒」発言で麻生氏注意―谷垣自民幹事長

『自民党の谷垣禎一幹事長は16日、静岡市内で開かれた会合のあいさつで、軽減税率導入を
 めぐり「面倒くさい」と発言した麻生太郎財務相を注意したことを明らかにした。
 導入を強く求める公明党から、後ろ向きと受け取られないよう、「事務処理が煩雑」といった誤
 解のない表現を用いるよう求めたという』



谷垣さんよ。。アンタも同類
 財務省筋の仲介で。。消費税増税
  自民・公明・民主党三党合意の
   同窓会とやらを企て実際やったか?


谷垣当時自民総裁・野田佳彦当時総理
 あとは誰だったか公明党山口代表だった




苦悩する自民・谷垣氏 民自公3党首同窓会キャンセルで首相に恭順の意を示すが… 消費税10%見送りはやっぱり心配! 
http://www.sankei.com/politics/print/140819/plt1408190024-c.html

有隣会研修会で講演する谷垣禎一法相=18日午後、長野県軽井沢町(水内茂幸撮影)
 来月の内閣改造を前に、谷垣禎一法相は、側近議員らが求める安倍晋三首相との対決姿勢
 を退け、恭順の姿勢を示している。民主党の野田佳彦前首相、公明党の山口那津男代表との、
 消費税増税を合意した「3党首同窓会」への出席も拒否した。ただ、首相が消費税率10%への
 引き上げの決断を見送るのではないかと強い懸念を示すなど、立ち位置に苦悩している様子
 もうかがえる。(水内茂幸、写真も)

 「『かつてのハト派はどこに行った、自民党はみんなポチみたいになった』という議論があるが、
 私は正しいとは思わない」


谷垣自民党首脳も麻生内閣省庁閣僚も
 官房長官菅も。。何より総理大臣安倍も
  みんな同類同じ穴の狢!
政府関連の
   安倍総理大臣や菅官房長官はガチガチの
    カンペ棒読みだから若干体裁整うだけ!!


カンペ読んでても失言があるのだから 
 全く以って救いようが無いとしか言えんのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《首相・幹事長》やっぱり、彼らは政治も人事もやってない≫<国会議員の分をわきまえるべき>【特権階級人・国家元首と勘違いしてるのか】


全く以ってケシカラン報道だ
 時事通信、読売、朝日、産経、毎日
  大手新聞揃いも揃って同じような姿勢。。


協力を要請したものとみられる?
 石破氏はこれを受け入れたもようだ?
  山口代表は大田大臣の
   留任を求める見通しだ?


ふざけるな!と言いたい!!

主権者国民に包み隠さず詳細に
 事実を伝達することすら出来んのか!


だいたい。。首相とか幹事長とかいっても
 それ以前に国民有権者の負託を受けて
  国会に送り込まれた立法機関人なのだ


特権階級人・国家元首か何かと
 勘違いでもしているのではあるまいな!


この麻生太郎にいたっては。。ケシカラン
 を通り越えて、呆れ笑えてしまうぐらいだ


財務大臣として、国内政治支配者
 財務省の走狗。。代弁者。。大臣では
  なく代人(だいじん)とでも置き換えるか?


発言しないのが常識?どこの常識か!
 こういうヤカラが過去首相をやったとは
  今からでも信じ難いぐらいなのである


と。。小生、怒りながらフト思い当たった
 な、もようだ。。とか と、みられるとか
  見通しであるとか。。なぜ、先に解るのか


発言しないもの。。喋るな。。結局
 中身が無い。。いや、議員は何もやっていない


つまり、官僚機構が何から何までやっていて
 筋書きが全て先に解って。。いや決まっている
  答弁書や閣議・所信表明と同じく。。ペーパー
   はとっくに出来上がっていると解釈可能だ!


何の意味も無い、外遊。。各国歴訪
 それに首相がかまけ呆けている間に。。

  誰かが一生懸命考え。。そして発表
   出来る状態に仕上げていくに違いない


日本政府・中央府省庁の上に
 シャッポとして座る大臣・安倍内閣
  閣僚の入れ替え。。つまり内閣改造だ


併せて行われるであろう
 政権党自民党役員人事

  
内閣改造は、安倍首相が
 そして党役員人事も総裁である
  安倍首相がやるというのが
   昭和時代からの共通認識事項だ


が!!ホントにそうなのか!?
 小生。。かなり以前から。。
  特に安倍政権発足以降すぐから
   大いに疑いの目でみてきた訳で


衆院当選5回が入閣適齢期組だと?
 もう、多選議員など自民党にいない!
  と言い切って良いのではないのかね?

当選三回の女性議員に党三役や
 重要閣僚で登用の説もあるではないか


こういう説が出る時点で
 閣僚や党役員。。大した仕事も無く
  前で踊っているだけであって。。
   結局客寄せパンダに過ぎない証拠だ!


この記事にもあるではないか
 麻生太郎が幹事長だと!!
  首相経験したから出来るとでも
   いうことなのだろうが。。首相時代
    ですら、何もやっていないのだから


当時の300近い衆院議席
 に乗っかって、早く辞めりゃ良いのに
  首相の座に居座り、自民党が政権から
   転落して民主党などに与党になられる
    という状況への決定的きっかけ作った


麻生太郎が、過去に幹事長やったとは
 いえ、そんなもん一切関係無い!

  彼が選挙を取り仕切り。。党公認や
   選挙資金を支配・采配を背負うというのか


次期総裁候補。。
 派閥の領袖クラス
  

といった大物議員が就任し
 カネと人事権を掌握して
  党務全般を仕切る選挙の
   最高責任者である幹事長


これは昭和時代の幻想なのか


女性登用。。血筋。。人柄。。
 選挙向け。。
客寄せパンダと
  言っては失礼なのか。。


少なくとも、従来の幹事長の
 資質と思われた議員像とは乖離


と考える小生は認識が
 足らないのかも知れないが

21世紀小泉純一郎内閣
 での安倍晋三幹事長抜擢
  以来、客寄せパンダなのだろう


この安倍晋三以来少なくとも
 派閥領袖クラス、党の実力者が
  幹事長に必ずしも就任していない


とすれば。。党幹事長の
選挙活動を指揮し、勝利
 立候補者に対する公認権
  党財政も管理。。公認と資金
   両面から党内で絶大な発言力
 

これはいったいどうなったのか!
 党総務局長。。幹事長代理。。
  選対委員長などに委譲されたのか


21世紀。。自民党の変質
 それは日本の政界の変質だ


もしや。。立法機関としての
 役割。。政府の首相・閣僚の
  答弁ペーパー。。党の政策立案
   とともに、
幹事長職も官僚機構に

ひょっとして、ずっと昔から
 幹事長職というのは幻想なのか


立法機関人として選挙区の有権者
 後援会などから推され、国会議事堂に
  送り込まれながら。。一切立法せず!


国会議員といいながら
 法律作らず何もかも官僚に仕切られ
  一定の当選重ねたら、即座に大臣拝命
   省庁の監視など夢のまた夢で
    ペーパー棒読み、丸読みで挙句
     責任とって辞任するだけの存在だ


内閣総理大臣にすら
 その疑惑が湧き起こるのも当然で
  所信表明から予算委員会答弁
   全て官僚丸投げ。。それにとどまらず

    内閣改造・党役員人事までも誰かに。。


内閣閣僚人事。。これは政府機関だ
 国民の了解も当然必要な重要なことだ
  私党とはいえ、政権党の役員人事
   これも本来なら極めて重要な事柄


そんな重要なことを
 人事構想を首相が。。安倍首相が。。
  何の訓練も専門知識も無い
   首相が自分で、1人で。。鉛筆
    舐め舐め練るとでもいうのか!!


バカも休み休み言いたまえ!(笑)
 まぁ、官僚機構が行政・立法を完全に
  牛耳り。。さらには、首相決定権まで
   握ったと思われる現代日本の政治だ
    閣僚や党役員人事。。どうでも良いが(爆)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪「戦後レジームからの脱却」は。。官僚機構、大新聞、御用ジャーナリズムが《担ぐ御輿》!≫<まさか、国会議員総理大臣が政治をやっていると信じている?>【本当の姿は、官僚機構・学者に丸投げの案山子・腹話術国会議員内閣】


日本は独立国か?「脱却」と「従属」二人いる安倍晋三
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150507-00071102-diamond-soci&p=1


二人いるはずが無い、官僚機構が
 大新聞・御用ジャーナリズムが担ぐ
  御輿の姿が独り歩きしているだけだ


官僚機構に丸投げで原稿作成してもらい
 何から何まで任せっきりの国会議員内閣

  欧州各国の首相や宰相とは似ても似つかぬ
   内閣総理大臣という存在が。。
植民島特有
    
戦後レジームからの脱却や日本を取り戻す
 これは国会議員選挙のための標語なのだよ


まず。。戦後世界秩序の否定。。や
 米欧露軍事大国に挑戦するなどと

  それが出来るぐらいなら。。国内の
   問題を解決出来る筈なのだ。。
しかし!

いったい何が出来たというのだろうか?
 出来るはずが無いのだ!官僚機構に
  丸投げ・ペーパー棒読み政権に何が!!


一票の格差是正
 20世紀中からいわれ
  議員どもは表面上だけ
   取り組むフリだけしてきた




安倍首相「定数削減までは歳費削減続ける」約束を知らんぷり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140513-00000005-pseven-soci


確かにケシカラン
 許せん。。
しかし、これは
  目くらましであり、小物なのだ


国会議員の歳費、国家公務員の給与
 2割、3割削減といったって。。
  合計で数千億でしょ?1兆円には
   遠く及ばないと思うのであるが。。


東日本大震災復興予算
 官僚機構による1兆円ネコババ
  これは忘れるべきではないだろう


これもまだ民主党政権だった

結局、湯水のように使われた
 天文学的予算も全く
  生かされていなかった

国があけた巨大な穴を
 税金で補填しよう
  とする政党は全てNO


国家の公共工事予算は
 行政改革・天下り法人・埋蔵金から


消費税増税だけではない
 死亡消費税。。俗に死亡税
  マイナンバー制度で国民から
   絞るだけ搾り取る。。
取ることだけ


死亡消費税。。俗に死亡税。。
 死亡時点で財産から一定の徴税

  死人に鞭打つ自民党と官僚機構


そもそも。。バブル経済崩壊後
 100兆円程度の国家債務は
  20年ちょっとで、1000兆円に

社会保障に金がかかる
 とか。。少子高齢化で
  税収がとか。。最大の要因は
   政府の政策失敗と天下り法人増殖

    そして、世界最大700兆円の
     政府資産構築なのである



政府の失敗なので。。まずは
 中央府省庁・天下り法人解体
  そして政府資産の売却が先決だ


国家存亡に関わる
 大問題でもある官僚機構の
  天下り法人増殖は、
特別会計
   を通して設立されるようである


国会議員の歳費や議席定数
 一票の格差是正は、民主主義
  国民世論の中央政治政策への
   反映が、不平等である
という
    大問題をはらんでいるのだが

これは、官僚機構の天下り法人
 ほどの劇的かつ困難極まる本丸
  の問題でもない訳であって。。


世界最大の政府資産売却とは違い
 国家財政には大した影響もない話


いわば。。我々国民世論が
 政治をやっている重要な存在
  と勘違いさせられてしまっている
   国会議員の身分に関わる。。
    たったそれだけの話でしかない訳だ


しかし、国会議員連中のエゴ
 がぶつかり合い。。調整が
  全く為されず。。決められない!


決められる政治など
 ちゃんちゃらオカシイわい!


これでは。。この程度では
 国家存亡の大問題など
  解決出来るはずもない訳だよ


それどころか、政治改革ともいえない
選挙制度改革どころか。。議員定数削減も
 碌にやっていないのは巷間報道の通りである


それでいて。。戦後レジームからの脱却?
 米欧露戦後世界秩序への挑戦など。。
  頼むよ、出来る筈など絶対にないだろうよ!!





『アメリカの核の傘に入り、米国外交に寄り添ってきたのが日本の外交だ。アメリカに物申す
 より、その意向を日本に伝えることが仕事で、要求にどう応えるかが対米外交。戦後レジ
 ームからの脱却と最も距離の遠い役所が外務省である。

 安倍訪米は、対アメリカで戦後体制は微動だに揺らいでいないことを印象付けた。対米従
 属が一段と進んだことは誰の目にも明らかだった。

 ● ガイドラインの本末転倒 これで独立国といえるのか

 国内に目を転ずると状況は大違いだ。日本の戦後体制の象徴である日本国憲法は空洞化
 が一段と進んだ。際立ったのが「国権の最高機関」である国会の有名無実化だ』




それが自民党という表紙を。。また民主党
 という自民党のコピーを看板にしながらも
  実は、官僚機構が仕切ってきた日本政治



『● 有名無実化する憲法・国会 米議会スピーチを囃している場合か

 3日は憲法記念日だった。1947年に公布された日本国憲法は三大原則を謳った。

  (1)戦争放棄、(2)国民主権、(3)基本的人権の尊重である。戦争という悪夢を経て人類が
 到達した最も新しい思想を具体化した条文が刻まれている。それが今、戦争放棄の誓い
 は後退し、国会形骸化で国民主権は危うくなった。基本的人権も柱の一つである「表現
 の自由」が脅かされている。

 そうした中で「戦争に参加する国」への既成事実が着々と進められている。連休明けの
 国会に「出がらしの茶」のようになった安保法制の改正案が提出される。国民の声を聴く、
 という姿勢は感じられない。国の針路は自民党と公明党の与党協議で事実上決め、アメ
 リカに報告してお墨付きをいただき、決まったも同然の雰囲気を作り、国会は手順を踏む
 だけ。「夏まで」に数の論理で法案を成立させる段取りである』

『アメリカで首相が歓待され、米議会で英語のスピーチをさせてもらったことを喜んでいられ
 る状況なのか。

 積極的平和主義、国際平和支援、新事態など、ことさら平穏を装う言葉が連発され、何
 のことヵ国民の理解が追い付かない状況の中で、日本は急テンポに国柄を変えようとし
 ている。

 「戦後レジームからの脱却」とは、平和憲法を破壊し、戦争に参加できる体制を作ること
 だったのか。

 国際紛争を武力で解決することを禁止する憲法がありながら、アメリカの戦争に協力す
 る国。このままでは戦闘地域に自衛隊が派遣される日が遠からずやってくる』



仰る通り!素晴らしい論考だと思う
 これだけのことを言えるジャーナリズム
  は。。今の日本には存在しないといえる


現在、未だ蔓延する大新聞・大マスコミ
 御用報道・御用ジャーナリズムによる
  安倍内閣に対するゴマすり提灯報道


自民党がサラリーマン組織になっている
 これは間違い無いところだ。。
なぜならば
  衆議院120人足らずから、300人近くに
   激増した2年前の総選挙で政権党に復帰


若手議員が圧倒的に増え。。せいぜい中堅
 がそれに色を添えている程度の巨大自民党
  安倍総理大臣中心に、全員がゴマすり体質

   この状態は、総選挙大勝後の第三次内閣
    発足して益々色彩を濃くしているのである!


それも御用報道・提灯報道に幻惑されてのもの
 実態は、『官邸』という名の官僚機構が全て操る


あの民主党野田政権を
 引き摺り下ろせなかった安倍自民党


しかし、その安倍晋三政権にして
 官僚機構のお膳立てや、答弁ペーパー
  そして大新聞の提灯記事で、強い政権に
   生まれ変わったように錯覚出来るから怖い


民主党がダメなのは
 今の安倍政権がダメなのは
  国民のための政治をしない
   理由はこれに尽きるのである



米欧先進国では。。官僚機構や
 シンクタンクそして政党議員
  車の両輪のように。。かみ合い
   メディアも厳しい目を向けている


安倍内閣がダメなのは知っている
 更に、自民党コピー民主党はもっと
  ダメなのもよく知っている訳だ・・・。


自民党に倣って、幹事長だとか
 政調会長(政策調査)だとか

  恐らく、官僚機構が手取り足取り
   結党に協力いや全面的に指導か

    代表ではなく、総裁にしたいだろう


そこへ大新聞・御用メディアの
 スキャンダル隠し・政権擁護姿勢
  お先真っ暗救いよう無しとはこのこと


こういう御用報道も、我々政治の素人
 である日本国民を幻惑させる悪しきもの


日本の国会議員政権。。内閣総理大臣
 各省庁の閣僚=大臣を政治の専門家と
  勘違いしている我々国民も悪い訳である


総理大臣や閣僚は、キャディの情報を
 基に切れ味鋭い技をプレーを展開する
  プロゴルファーでも。。プロ野球選手を
   自在に操って、権謀術数!!でゲーム
    を読み彩る球団監督でも絶対にない!


適当な言葉が見つかり難いが。。
 せいぜい、巷野球ファンか。。茶の間の
  プロスポーツオタクが、自分がやっている
   と勘違いして記者会見マイクに臨むのに
    極めて似通っていると言えなくもない


このニュース。。テレビでもラジオでも
 やっていたが。。
要は、大変な時勢
  内閣官房長官と外務大臣は神聖な
   とされる国会を途中退席して仕事に・・。


しかし!!退席時間はたったの15分
 程度だったというではないか。。これは!!


イスラム国対応。。ヨルダンとの
 打ち合わせや交渉、全ては外務省
  が一から十まで何もかもやっている!!


段取りから、交渉会談内容。。
 そして今後の見通しから方針まで

  「うん、しっかりやってくれ。。」大臣
   や官房長官はこの程度に違いない


菅官房長官と岸田外相の
 国会中の耳打ちヒソヒソ話
  映っていたが、まともな国家
   最高責任者同士に到底見えず


要は、日本は官僚機構が全部
 お膳立てから後始末まで何もかも

  その出来の良しあしは当然問わない
   しかし、任せっきりにも拘らず
    「引き続き努力致します」といえる
     議員大臣の神経。。これには参る


これからの国際情勢。。国際経済
 外交の重要局面は勿論のこと。。国内
  道州制など導入しようものならば。。


たちまち、新設の膨大な部局は
 官僚機構の天下りの舞台になる
  議員は国政は当然、地方も何も
   出来ないのだから、頼らざるを・・・。


官房長官や外務大臣が
 国会を退席するときにも
  国会職員は厳かに頭を下げ


テレビ・新聞の報道は如何
 にも議員が政治外交をして
  いる風を装い。。
バカげている!!


こうした日本政治。。国会議員政治
 の実態を広く国民が理解共有して
  議院内閣制を定めた憲法を見直す


戦後日本の総決算とはそういうことで
 タカ派政策。。安保法制を見直すこと
  では絶対ないはずなのである!!が・・・。


全く同感であり。。いったいどういう言葉で
 日本の政治を罵ってやろうか、とさえ思う。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のところは。。これぐらいに
 しておきましょう、次回までさようなら


この国で、いま本当に「身を切るべき」人は誰か?~公務員の給与削減より、まず先にやるべきことがある
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151016-00045806-gendaibiz-pol

『“身を切る改革”の手法として、議員「定数」や公務員「定数」を削減することには大いに賛成する。
 はっきり言って、こんなに多くの議員や公務員が必要なのかと言われると、政府内に長年勤めて
 いた経験や感覚からしても、答えはNoだ。

 しかし、公務員「給与」を今以上に削減することには、正直に言って賛成できない。選挙のたびに
 公務員人件費を削っていては、公務そのものを持続することはできなくなる。

 公務員数を減らしても、真に必要な業務を残せば、公務執行上、何ら問題はない。だが一方で、
 真に必要な業務だけを残したとしても、公務員給与を減らしてしまうのは、公務員の職務にかかる
 経費負担の実情などを考えると、誠に忍びない。

 昨今及び今後、国家財政を逼迫させている最大の要因は、圧倒的に、年金や医療など高齢者向
 け予算を対象とする社会保障費である〔資料2、資料3〕。

 国全体の財政配分を考えれば、少子高齢社会に突入した日本において、高齢者向け予算の伸び
 は、もはや分不相応なものになっている。

 本気で削るべきは、公務員人件費でも議員歳費でもない。身を切るべきなのは、身を切らなければ
 ならない原因を作っている人々だ。それは視覚的にも明らかなように、年金や医療など高齢者向け
 予算であり、高齢者が受ける年金・医療サービスを削るということだ』


石川和男
1965年生まれ。1989年東京大学工学部卒、通商産業省(現経済産業省)入省。石炭、電力・都市ガス
などエネルギー政策、LPガス・高圧ガス・石油コンビナートなど産業保安政策、産業金融、割賦販売・
消費者信用、中小企業、行政改革など各般の政策に従事し、2007年退官。

2008年、内閣官房企画官。規制改革会議WG委員、専修大学客員教授、政策研究大学院大学客員
教授、東京財団上席研究員などを歴任



この人には、親も叔父叔母も
 近所にはお年寄りも居ないようだ



安倍政権「支持率急増」のナゾを読み解く~サラバ野党!正義論、理想論が通じる時代は終わった
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151016-00045849-gendaibiz-pol&p=1


毎度おなじみ。。御用ジャーナリスト
 長谷川幸洋氏も張り切っているが

  この記事は、もう別にどうでも良い


先ほどの経産省官僚
 石川和男氏。。お年寄りを
  見殺しにせよ、と言っている


官僚機構が世界最大の政府資産
 特別会計捻り出し、天下り法人を
  相も変わらず量産しているというのに


小生。。民主党政権時代から
 この件に関して何度も述べている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】


外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である




消費増税 賃金が物価上昇に追いつかず弱者が皺寄せを受ける
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141014-00000019-pseven-soci


全く驚くべきことではない
 全て予想されたことだろう
  消費税増税は大間違いだ


今頃、何を言っているのかと言いたい
 しかし、言うだけずっとマシともいえる

  大新聞・御用ジャーナリスムは、増税
   を否定する報道すら一切しないのだ!



全く仰るとおりだが。。自民党安倍政権
 と三党合意の当事者民主党には全く
  通じないようである。。
いや、だから
   与党政権と野党第一党でいられるという
    悲しい現実が日本の政治にはある


黒幕は官僚機構。。その中の頂点
 財務省である!増税は財務省権力の源泉だ


約束違反とはいえない?
 消費税増税決断会見。。
  安倍首相は、財務省に
   言わされてのものは確実で


谷垣前総裁時代から自民党は
 国土強靭化を打ち出しており
  確信犯的に無視したということ


もっとも、社会保障のために
 増税するというのも正しいとは
  絶対にいえないのも間違いない


消費税増税。。目的、動機。。
 コロコロ変わってきたのであり

  何のことはない、ただ単に
   増税したかっただけ。。
その通り
    財務省の目論みは確実である


まず。。国民は
 本当に不満募っているのか
  極めて疑わしい、と考える


国は。。政府は。。官僚は。。
 そして政治は概ね正しいと
  騙されているに違いない


場当たり的な説明
 と同時に
 20年間の怠慢行政
  予算編成のマズさ
   政治の失敗の尻拭い


で、消費税増税が
 ゴリ押しで決められる


自民党小泉内閣
谷垣禎一財務大臣

≪財政危機≫に対して
 消費税増税煽る
  同じく奴隷の
   野田毅税調会長も


谷垣氏3年に及ぶ財務大臣で
 スッカリ洗脳されたようだ


≪震災復興≫のため
菅直人が洗脳されたのも
 記憶に残っている
  財務大臣在任中だ


≪社会保障≫
石原伸晃だった
 とは思えない
  自民党幹事長を
   洗脳したのだよ

・・・勿論、財務省が

そして
≪社会保障と税の一体改革≫
野田佳彦政権
 彼も財務副大臣~大臣
  在任中に完全洗脳された


谷垣禎一自民党総裁
 第2次安倍晋三政権


≪公共事業・国土強靱化≫

いつ交したか≪国際公約≫

東京五輪招致の≪お土産≫

国債暴落の≪リスク対応≫

社会保障は勿論
 財政危機も増税の
  理由付けに過ぎない


全部ウソで、結局は
 各中央府省庁への
  予算バラマキ権力
   

財務省省益・主計局局益
 特別会計・天下り法人解体
  など、全く論外なのだろう


国民生活など眼中無し
 省益有って国益無し
  局益有って省益無し


それでも消費税増税
 に賛成するのですか?


要は。。増税を国民にお願いする限り
 政府・官僚機構。。天下り法人・特別会計
  世界一の政府資産700兆円を整理売却

   して尚。。ダメな場合に、頭下げてやるべき

順序が逆。。いや、最初にやるべきこと
 を全く何もせずに、いきなり増税かよ!!


結局、湯水のように使われた
 天文学的予算も全く
  生かされていなかった

国があけた巨大な穴を
 税金で補填しよう
  とする政党は全てNO


国家の公共工事予算は
 行政改革・天下り法人・埋蔵金から


消費税増税だけではない
 死亡消費税。。俗に死亡税
  マイナンバー制度で国民から
   絞るだけ搾り取る。。
取ることだけ


死亡消費税。。俗に死亡税。。
 死亡時点で財産から一定の徴税

  死人に鞭打つ自民党と官僚機構


そもそも。。バブル経済崩壊後
 100兆円程度の国家債務は
  20年ちょっとで、1000兆円に

社会保障に金がかかる
 とか。。少子高齢化で
  税収がとか。。最大の要因は
   政府の政策失敗と天下り法人増殖

    そして、世界最大700兆円の
     政府資産構築なのである



政府の失敗なので。。まずは
 中央府省庁・天下り法人解体
  そして政府資産の売却が先決だ


日本の政治は財務省が支配し
 自民党。。続いて議員与党政権民主党
  どちらも財務省及び官僚機構の傀儡だ



もし消費増税が見送られたら?起こる“不測の事態”とは?広い範囲で混乱発生か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140913-00010000-bjournal-bus_all


財務省がプロデュースし
 実行する消費税の再増税。。


上記の記事は非常に端的に
 かつ解り易く、面白いものである

日本の政治の実態をかなり正確に
 言い表しているといえる。。なぜなら
  この記事の執筆者は元財務省官僚


つまりは、こういうことだ
 消費税の再増税とは。。

財務省の悲願であり、絶対に
 越えなければならないハードル


そして他の各中央府省庁も
 増税前提で予算が編成されている


また地方自治体も然り。。
 財界・経済界も増税の見返りとの
  名目で、法人税減税を首を長くして


そして、日本経済のコントローラー
 という表面上の役割担う日銀すら
  増税前提のインフレ政策らしい


大新聞各社つまり御用新聞。。
 御用学者・御用ジャーナリストも
  増税ありきでやってきているし
   御用学者・評論家は死活問題!!


何より、与党自民党議員は
 やっと巡ってきた政権の旨みは
  消費税増税含みで考えている!!


つまりは、政官財界。。マスコミ
 全ては、消費税増税を待ち焦がれて
  いや、増税あってこそ!の心境だろう


日本の。。政官財マスコミ、御用ジャーナリズム
 財務省を頂点とした官僚機構。。そして新聞社
  それらに寄生するジャーナリスト。。操り人形の
   国会議員政権。。というのが、日本の構図だ!


自民党、民主党、公明党。。
 別々の違う政党であり、かつ
  与野党に相塗れて意見を
   戦わせたはずの各党首が
    同窓会とはバカか、ふざけるな!


しかし、実態は当たらずとも遠からず
 財務省→各官僚機構→大新聞社→
  それらに操縦される与党政治政権が
   国民を煽って騙して統治する日本列島


この構図はピラミッドを形成しており
 財務省という頂点からすれば、自民も
  民主も公明も支配される同志であり戦友


民主党を除いた野党各党が
 何かインパクト与えるとも思えない

  しかし、まずは自民党と民主党を除去
   した上で、何が出来るのか考えよう。。


次の総選挙までに。。日本の中央政治
 国政の舞台に新しい戦力が大量に
  供給されなければ。。日本は終りなのだよ


原発再稼働・原発推進。。そして
 安保法制・戦争法案、野党として
  反対に回るフリをする民主党だが


野田内閣時代に原発再稼働の決定
 消費税増税の足掛かりを作り安倍へ
  バトンタッチした罪も極めて重い訳だ

 
よくよく分析してみると。。怪しい
 岡田代表も安保法制賛成の発言
  があったとも聞く。。野田前総理は
   消費税増税の傀儡は確定している


いや、そんなことよりも野党共闘だ?
 どうにも説明のつかない官僚傀儡の
  自公連立に対抗するために正攻法
   では話にならないではないか!と?


しかし民主党を解剖して、中身を把握
 しておかないと。。維新の党の橋下維新
  と同じように肝心なところで御破算にする


つまり。。安保法制に気を取られるのは
 自公連立を操る官僚機構の思うツボだ


原子力ムラ。。原発再稼働。。
 そして安保法制の背後に消費税増税


民主党は社会党になると田崎はいう
 いや民主党は公明党になる訳なのだよ


国会議員内閣の背後には
 財務省をはじめ外務省、経産省
  官僚機構が糸を引いていると考えよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全く以て情けない国会議員どもは
 当然大幅に減らして良い!当たり前


何よりも身を切るべきは
 財務省・外務省・経産省はじめ
  イザというときは一致団結して
   国会議員を操縦の官僚機構だ


そして、それら省庁の奴隷である
 大新聞と御用ジャーナリスト群なのだ!!


参院選は「神頼み」 第3次安倍改造政権を支える宗教〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151015-00000003-sasahi-pol

『「手堅いが、新鮮味がない布陣」と評される第3次安倍改造内閣。あまり報じられていないが、閣僚、官邸
 の主要メンバーには、ある共通点があった。そのほとんどが宗教と関わりの深い二つの団体に所属して
 いるのである。

 「神道政治連盟」(以下、神政連)と、同団体と密接な関係にあるとされる日本最大の保守系団体「日本会
 議」――。

 新内閣や首相側近の顔ぶれを見ても、その影響力の強さは明らかだ。閣僚、官房副長官、首相補佐官に
 選ばれた国会議員計25人のうち、実に22人までもが神政連国会議員懇談会に所属。また、本誌の取材で
 判明しただけで16人が日本会議国会議員懇談会のメンバーなのだ』



何やら。。神道政治連盟が。。また
 日本会議が。。自民党国会議員の
  また安倍内閣の生命線かの如く・・・。


神道政治連盟は確かに
 自民党議員の多くが所属し
  一見、物凄い勢力に見える

   しかし、自民党議員の選挙を
    ガッチリと支えているか??


神道政治連盟についての記事
 小生書いたと思っていたが見つからない
  書きかけてつまらんからやめてしまったのか


たとえば靖国神社参拝勢力で
 日本遺族会傘下
日本遺族政治連盟
  ここは、本家遺族会とは違う活動
   をしているのではあるまいか??




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪《靖国神社参拝》表面上保守という名の<タカ派政治家にとってブランド>となった?≫【存在などしない政党政治の地方組織化は靖国参拝にまで?】


超党派の「みんなで靖国
 神社に参拝する国会議員の会」


は聞いていた団体であるが。。

自民党有志議員「伝統と創造の会」?
 初めて聞いたぞ!新手か?それにしても


安倍政権閣僚。。自民党国会議員
 恐らく安倍晋三お友達とされる議員
  まるで金太郎飴?コピー?ミニチュア版!


安倍晋三首相が行かなくても
 閣僚が靖国参拝すれば同じで
  国会議員いや、選挙で選ばれて
   議員やる者は現役中は控えろよな!!


ただ。。安倍晋三首相の靖国神社参拝
 大した思想も信念も知識も無くやっていた
  ということで。。小生、拍子抜けした訳で
   これ以上責め立てようという気概も乏しく


ところが!!地方議員にも同じような輩が。。


≪靖国神社参拝!≫<首相・閣僚。。その他自民党議員だけでなく野党まで>【誰に命令されての参拝?】


日本国会議員の靖国神社参拝
 小生。。これについて考えたのも
  ここ数年のことである訳だが


少なくとも、現在。。
安倍首相はじめ閣僚。。
 主に与党自民党議員団の


平和への祈念
 とか、国に命を捧げた
  人々に哀悼の意、は
   日本人として当然だ


この言い訳をまともに
 信用する気にはならん


そう!その通りに違いない

だから。。ぞろぞろと
 百数十人も数だけ多いのに
  皆、肩をすり合わせるように
   何か、後ろめたそうに。。


外交上、何かヤバイ?
 というのが
  薄ぼんやりとでも
   解っているからなのだろう


本当に、信念に基づき
 参拝する。。また、
世界に説明出来るなら
 たった一人でも堂々と
  参拝すべし!


君らの参拝の仕方が
 我々クソど素人ですら
  もしかして、問題あり?
   と気づいてしまう原因なのだ


何か。。外交圧力に対して
 怯えながらも。。それでも
  我慢して。。参拝するのは


軍国主義に対する恐怖
と規定してみた訳であるが

安倍首相の態度や、タカ派政治屋
 の言動をみながら、これはやはり

  そういう信念があるに違いない!


とも思ってみたこともあるが

小泉純一郎元首相の
 背後には、米欧先進国
  が控えていると考えられる


小泉元首相は
 米国中心の米欧勢力
  の差し向けた刺客である


小泉元首相は
 靖国参拝してないじゃないか
  と安倍晋三を挑発した訳だ


なぜか。。辞任に追い込むためだ

脱原発を実現するために
 小泉元首相が都知事になる
  必要など無い。。安倍辞任
   それだけで充分なのである


官僚機構・日本大マスコミ
 ともに。。米欧先進国の魂胆
  全く読めていないのは確実だ


安倍首相に参拝されては
 中国。韓国との関係がオカシク
  と、なれば。。米国からも懸念
   される。。その程度の考えから


安倍首相に靖国参拝を
 思い留まるよう説得した
  が、しかし。。参拝した


安倍首相がシャッポの
 日本政府や原子力ムラが
  世界に原発輸出を推進する


が、そんなことされては
 無能な政府に原発や核周辺技術に
  関わってもらっては、世界破滅が
   一気に現実のものとなってしまう


米・欧先進国は
 原子力に代わる新技術
  を新エネルギーを見つけた


もはや、原子力・原発は
 地球にとって不要なのである


だから、小泉元首相を使って
 安倍晋三を挑発し、靖国参拝を
  させて。。世界中から袋叩きに
   されることにより、頓挫させる


この小泉純一郎元首相
 首相在任時代に靖国参拝
  これがどうにも未解決だった


当初から、視野には入っていた
 ある団体。。これが強力だった

  主役ではなく、脇役と。。
   侮っていたのであるが。。


日本遺族会

一般財団法人
英霊の顕彰と慰霊に関する事業、戦没者遺族の相互扶助、
生活相談に関する事業などを実施している法人。元厚生
労働省
所管


昭和天皇の靖国参拝中止について
 は、小生も述べた。。また今上天皇
  が靖国神社を一度も参拝していない
   ということについても。。


日本遺族会は、やはり天皇陛下に
 追従!なのは当然といえば当然だ


と、なれば。。
 政治団体日本遺族政治連盟!!
  故橋本龍太郎か。。元首相
   自民党総裁選で、小泉純一郎
    は橋本に勝ち、総裁・首相に


日本遺族政治連盟への遠慮?
 米欧露戦後世界秩序よりも
  優先なのか?
ということは
   経済・外交・国民生活よりも
    自らの身の安全の保証か。。。


ところが。。安倍晋三首相が
 大した信念も無く参拝していた

  閣僚や自民党議員も恐らく
   知識・信条などではなく、選挙?
    身の安全のためだけに違いない


みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

日本の超党派の議員連盟。
自由民主党、民主党、日本維新の会、みんなの党、生活の党、
みどりの風の6党と無所属の国会議員から構成される

「靖國神社に祀られている過去に行われた戦争(戊辰戦争・
日清戦争・日露戦争・大東亜戦争など)の英霊の御霊達を、
国会議員みんなで参拝しよう」という趣旨で1981年(昭和56
年)に結成された。日本遺族会を中心として、国会議員の靖
國神社参拝を念願する団体も支援している



自民党。。維新の会、みんな、生活。。
 恐らく、昭和56年。。母体は自民党


みんなで靖国神社に
 参拝する国会議員の会


も。。日本遺族会と
 無関係ではないはず


しかし、本元の日本遺族会
 が昭和天皇・今上天皇に付き従い
  靖国神社に代わる戦没者追悼国立
   施設の設置を支持している!
    のにも拘らず。。なぜ解散しない!


靖国参拝していれば
 遺族会も選挙協力を拒まないのか?
  それにしても鼻つまみ者的存在だ
   国会議員を引退すべきである!!


一般国民ではなく、軍人しか
 祀られていない靖国神社を参拝して
  国のために亡くなった国民とは。。
   少し違うのではないだろうか
    全てを含めて言うのなら解る


この靖国神社を参拝する国会議員
 平成の。。21世紀の大政翼賛会
  への準備活動とみれば、納得も可能



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上は、もう1年半近く前の記事だ
 日本会議についても小生は述べた



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍国会議員総理大臣の巨大親衛隊組織?≫<《右派団体》日本会議>【しかし、その紹介の仕方にプロパガンダの臭い】


日本最大の右派団体「日本会議」と安倍政権のただならぬ関係 みんな、そこでつながっている
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150712-00044029-gendaibiz-pol&p=1


日本が軍事五大国だったころ・・・。
 日英同盟当時のことだろうか?
  あれも、完全にコントロールされ
   煽て上げられ、踊らされていた
    のではなかっただろうか??


米国と共に世界に進軍?
 どんな法律・法案が通ろうとも
  そういう時は絶対に来ないと考える


米欧NATOが、現在日本自衛隊という
 名で広く知られる(国防軍・日本軍)を
  作戦に加えることなど有り得ない訳だ


日本の保守総結集。。右翼大集合
 と言いたげな紹介であるが。。残念
  ながら、美辞としての保守でも。。
   また右翼組織でもない、といえる


右派団体とか。。右翼組織とか。。
 戦前には多くの右翼イデオローグが
  存在し、それなりに筋の通ったことも
   主張していたように思える訳だが。。


戦後はどうか?国家神道に疲れ
 宗教アレルギー、宗教無知、歴史音痴
  結果、右派右翼といえば任侠系右翼団体
   つまり街宣右翼団体を想像してしまう我々


紹介するメディアやジャーナリズムも
 むしろそれを狙っているのではあるまいか!




「新聞潰せばいい」発言が出た「文化芸術懇話会」所属議員と日本会議の浅からぬ関係――シリーズ【草の根保守の蠢動 第10回】
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150627-00047903-hbolz-soci


日本会議。。何度かその名を聞いた
 ただ。。ここは保守でも右翼でもない

  小生の概念でいえば。。タカ派集団

昭和維新回帰。。戦後世界秩序への
 挑戦を試みる団体?
いや挑戦出来る
  ものならホントに挑戦してもらいたいが



日本会議
1997年5月30日に「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」とが統合して組織された。
「―守る会」は、神道・仏教系の宗教団体によって1974年4月に結成、政治課題に対し
て様々な政治運動を行っていた。一方、「―国民会議」は、元号法制化を目的に、最
高裁判所長官を務めた石田和外らの呼びかけによって財界人・学者中心で1978年
7月に結成された「元号法制化実現国民会議」をもとに、これを改組してつくられ、や
はり政治運動を行っていた。
神社本庁、解脱会、国柱会、霊友会、崇教真光、モラロジー研究所、倫理研究所、キ
リストの幕屋、仏所護念会、念法真教、新生佛教教団、オイスカ・インターナショナル、
三五教等、宗教団体や宗教系財団法人等が多数参加している。特に神社本庁とは、
「建国記念の日奉祝式典」や皇室関連の問題への取り組み等、人的交流も盛んであ
る。2015年の時点で、日本会議の役員62名のうち24名が宗教関係者である

主な活動には以下のものがある。
日本の皇室関連の運動
男系による皇位の安定的継承を目的とした皇室典範改正
皇室の地方行幸啓の際の奉迎活動
改憲運動
地方、中央に於ける憲法シンポジウム・講演会の開催
憲法改正要綱の作成
教育関連の運動
学校教科書に於ける「自虐的」「反国家」な記述の是正
「親学」にもとづく、親への再教育、いじめ撲滅等を目的とした「家庭教育基本法」の
制定
教育委員会制度の改革
「公共心」「愛国心」「豊かな情操」教育等を盛り込んだ「新教育基本法」の制定(20
06年制定)
「国旗国歌法」の制定(1999年制定)
国防関連の運動
海上保安庁法等の改正(一部改正)
平時における自衛隊の領域警備に関する役割を定める法律の制定
自衛隊法の改正等による「有事法制」の整備
靖国神社関連の運動
内閣総理大臣の靖国神社公式参拝
靖国神社に代わる無宗教の「国立追悼施設」建設反対
極端な男女平等思想への反対運動
「選択的夫婦別姓法案」反対
「ジェンダーフリー」運動反対
日本の主権を侵害すると見做した動きへの反対運動
外国人地方参政権反対
「人権機関設置法」反対
「自治基本条例」制定反対
                                      ウィキペディアより



日本の皇室関連の運動
男系による皇位の安定的継承を目的とした皇室典範改正・・・


となっている。。これは皇室に付き従い
 天皇皇后両陛下及び皇族に敬意を抱く
  態度とは毛頭言えず。。戦前の翼賛政治
   大政翼賛会。。翼賛政治連盟を思わせる


その通り!敗戦で焼土と化し
 占領されていた日本列島から
  天皇権力を奪い。。
自派の有利な
   戦後政治の礎を築いておきながら
    押し付けられた憲法とのたまう
     連中のルーツともいえる存在だ


いつごろからだろうか。。保守といえば
 タカ派を想像連想するようになった日本
  その戦犯こそは、御用ジャーナリズム
   第二次安倍内閣発足以降。。特に酷い


しかし、保守とはそういうものではないはず!!


日本の保守とは
 270年近く続いた
  将軍=外様幕藩体制
   の終焉を受けて


明治新政府が発足
 ただ。。幕藩体制も
  元はといえば


戦国時代の下克上により
 成り上がった武将による
  体制であり、長年経て
   お上となったものである


幕藩体制終わり大政奉還
 皇室を奉じて
  明治天皇を頂いて


実際の執行部は
 幕藩体制でも、下級武士・下級公家
  が中心の新政府。。それも長州藩閥


戦国時代以上の
 成り上がり政府でもあった



【靖国神社】
長州藩武士の大村益次郎の発案 

明治大帝の命により、
 靖国前身が創建された訳だが

昭和天皇は
 「明治天皇のお決めになった
   お気持を逸脱するのは困る」

明治天皇の創建の趣旨とは異なる
 との疑問を抱いておられたらしい


「忠霊」・「忠魂」から
 日露戦争後には「英霊」に
 

祭神:英霊。。の中で
 圧倒的な比重を占めるのは
  第二次世界大戦に散った
   日本兵。。軍人たちであり
    一般人は含まれていないのだ


そこへ。。A級戦犯が合祀
 つまり、戦後米欧戦勝国の
  論理で裁かれた戦前・戦中
   日本政界中心の指導層が
    靖国神社祭神に加えられ
     祀られ。。それを首相が


最初は、中国も韓国も
 問題視しなかったとか
  そんなことは関係無い

戦後米欧世界秩序への
 日本政権による挑戦となる
  それが、同じく枢軸国である
   ドイツとは違う点なのだろう
 

皇室の意思に歯向かい
 正に国賊であり
  保守などでは絶対になく


タカ派標榜。。明治以来広義の
 軍国主義ではあるが。。

  国粋主義・皇国史観・国家神道
   極まる昭和維新への回帰を狙う


安倍首相を政権に就けた
 自民党員の判断。。それ以上に
  自民党に多数議席与えた


国民・有権者の判断は
 民主主義の主権者の資格無く
  日本列島人の意識改革こそ
   必要であり、大いに反省求む


首相・閣僚・議員の靖国参拝
 賛同するのは保守などではない
  昭和維新・軍国主義回帰論者だ


明治天皇~昭和天皇・今上天皇
 を頂き。。崇め。。追従するのが
  日本の真性保守勢力である訳だよ


その前提の上に
 戦後日本は、米欧先進国
  によって、敗戦後復興した


米・欧先進国の
 意思に忠実であり
  従順であるのが戦後日本
   そして敗戦後日本保守だ


靖国参拝・集団的自衛権
 そして憲法9条改正を推進
  それに賛同するのはただの
   軍国主義回帰・タカ派勢力
    昭和維新賞賛勢力である訳だ


安倍晋三首相は
 日本の保守とは次元違いに
  2014年辞任が確実である


最悪の日本政治。。行き詰る日本
 議院内閣制はもう要らない、国会議員
  も不必要!といってきている。。
しかし
   黒幕官僚機構に任せば、我々国民は
    更に巧妙に騙されるのは確実なのだ


かと言って民間人に仕切らせれば。。
 こういう連中がのさばるのか、とは世も末


保守とは。。誰をお上に頂いて
 准ずるかという中で、伝統的考え。。
  現代日本は天皇を奉ずるのが保守


天皇の政治的利用や自勢力の
 主義主張を通すためにだけ天皇の
  冠を持ち出すは保守では絶対にない


ズバリ言おう!彼らはタカ派だ!!
 天皇には敬意などは抱いていない
  安倍晋三というネトウヨ議員内閣の
   単なる信奉者、親衛隊に過ぎない


いくら遅くても長くても。。昨年中には
 終焉すると思っていた安倍議員内閣
  終わらせられなかった我々国民が悪い


それ以上に大新聞・大マスコミの
 罪こそは。。万死に値すると言って良い



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本大マスコミ。。新聞・テレビ
 万死に値する!全くその通りだと
  今もより強く考える訳なのであり


日本会議や神道政治連盟などを
 安倍内閣及び自民党の強い後ろ盾
  と喧伝するのは勝手なのであるが。。


宗教各団体が自民党を全面的に
 安倍内閣を全幅信頼の思いで支持
  しているとでもいうのだろうか?・・・。


統制はとれていないのではないだろうか

それを言うなら。。創価学会票でしょう!?
 1選挙区平均2万票から3万票。。絶対的
  いや圧倒的な生命線であり、支柱なのだ!!


しかし、この安保法制強行採決以降
 それも全く解らない。。いや創価票は
  自民党議員・安倍内閣を今後も支えるか?
   極めて否定的・悲観的なのではないかね?



軽減税率、消費税上げと同時導入…財務省案撤回 読売新聞

『政府は13日、消費税率10%への引き上げと同時に、飲食料品などの税率を低く抑える軽減税率
 を導入する方針を打ち出した。

 増税分の一部を後から給付する案(財務省案)は撤回する。与党内であいまいさが残っていた軽
 減税率の導入時期は、事実上、決着した。自民、公明両党は近く軽減税率を巡る協議を再開し、政
 府方針に沿って議論を進める見通しだ』



消費税還付案を白紙撤回へ 政府・与党、軽減税率を検討 朝日新聞デジタル

『政府・与党は13日、消費税率を10%へ引き上げる際の導入が検討されている負担軽減策をめぐり、
 財務省が提案した増税分を後から還付する方式を白紙撤回する方針を固めた。欧州型の軽減税率
 を主張する公明党への配慮だが、自公両党に加えて、財界や事業者などからも理解を得られる新た
 な具体案をとりまとめられるかが焦点になる』



新聞報道。。政府は、とか。。
 日本政府とは何か!?
  まさか、総理大臣と閣僚を指す?
   残念ながらそう思っている人も多い



1年半以上前の記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪この大飯原発再稼動差し止め判決は。。死守してもらいたい≫<政府は、司法権まで支配するのか>【高裁~最高裁まで行って、逆転するようじゃ日本も終わり】



政府は。。とか
 菅官房長官がいうように
 <国は>とか。。極めて抽象的
  な当事者表現であり、以前から
   小生。。気に入らない訳である


政府とか国。。これは中央府省庁
 この場合、経済産業省なのだろう

  菅よ。。「政府」や「国」の傘の下に
   隠れて自らを無関係に装うような
    言い草は、非常に卑怯であるぞ!!


君らは、国会議員であり。。頭下げて
 初当選させてもらって以来、厳然として
  国民の代理人であり。。代議員として
   国会の構成員なのであり、便宜上
    日本政府の監視役として閣僚と
     なっているのも、国民の代行なのだ


国は当事者ではない、だと!?
 中央府省庁である経済産業省と
  財界・大新聞社他御用ジャーナリズム
   まで全て含めて原子力ムラであり
    紛れも無く原発推進・再稼動の当事者だ!


この誤魔化しぶりや
 三権のうちの司法=裁判所
  の久しぶりに気持ちの良い判決
   に触れて。。
日本は開発途上国!
    先進国だというのは幻想に過ぎない


そして国民世論・民主主義の
 未発達もいい加減にしないといけない
  と、改めて強く感じたものである


裁判所の判決一発で首相が失職
 のタイや。。激烈国民世論の突き上げ
  によって、大統領・政府が大いに揺れる
   韓国を少しぐらい真似て良いのである


間違いなく日本は開発途上国なんだよ。。
 経済大国ではあっても、先進国ではない



日本政府。。中央府省庁
 原発行政では、経済産業省か

  背後で糸引くのは電力会社

官僚機構は、行政の立場から
 立法(政治=国会)まで完全支配


その触覚として、国民を
 扇動する日本の大新聞社
  を使って、
司法=裁判所まで
   無視・支配するつもりなのか!


高裁、最高裁で逆転・棄却
 となれば。。日本も終わりである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年に入っても、小生は述べている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪菅義偉議員が、史上最強の官房長官だと!?≫<ちゃんちゃらオカシイ!《自民党は昭和以来官僚機構に丸投げ政治》を勘案しても>【自民党が、最悪に劣化しているのをカモフラージュ提灯報道】


そもそも。。日本の中央政治
 官僚機構・官僚派遣秘書官作成の
  ペーパー棒読み・プロンプター使用
   の中における政治主導というニセ演出


官房長官が。。劣化した自民党の議員大臣
 が官僚機構に睨みを利かせるはずなどない


菅官房長官が、議員引退後
 後藤田正晴氏や野中広務氏のように
  反自民党・反タカ派政策の旗頭として
   重大な秘密暴露でもしてくれれば評価!


影の総理。。ちゃんちゃらオカシイ
 そもそも内閣総理大臣という役職自体
  怪しい操り人形という実態が白日の下に。。


恐らく。。官僚主導政治。。特に酷い安倍政権
 の実態が、もしや?とちらほら囁かれ始めており


一般国民に、まさかの官僚作成答弁書の
 棒読み・丸読み。。首相や大臣が政治なんか
  やっていない信じ難い現実が広く流布されては
   大変!長谷川氏にそれを跳ね返す記事を書け
    と省庁や新聞上層部から指令が出たのか。。


しかし、実態は小生が述べる方が当たっている!!


まず。。新聞を世論形成の道具に
 という手法は通用しないということ


その上で、朝日の失態。。それを叩く
 読売。。そしてついでに産経も評判落とし
  新聞全体に対するバッシングが強まった


読売だけ読んでたら良いといった
 政府高官とはいったい誰なのか?


報道でたびたび見られる「政府筋」とは、
 「内閣官房副長官の内の誰か」を指す。副長官が
  オフレコで発言したときに使われる。だが、発言
   内容や発言対象によってその「政府筋」が具体的
    に誰であるかの特定は可能。また、報道において

内閣官房長官を「政府首脳」というのに対して、
 内閣官房副長官は「政府高官」と置き換えられる
  ことが慣習である(ウィキペディアより)


官房副長官ということのようだ
 官房副長官とは。。国会議員の大臣
  一歩手前の中堅議員、政務副長官と

   
旧内務省系省庁事務次官経験者
 から選ばれる事務官房副長官がいる


普通に考えて、こんなバカな発言をするのは
 国会議員。。つまり政務副長官とみるのが妥当
  しかし、現在の事務副長官も次官クラス経験者
   とは思えないような人物の可能性がある。。


安倍政権。。現在だけではなく
 政権発足当初から、
財務省はじめ
  官僚機構に包囲され、洗脳されてきた


以前にも言った。。黒幕財務省が
 消費税再増税10%を断念。。
  スポークスマン安倍首相が
   如何にも手柄と。。再増税見送り
    を宣言するときは、これをむしろ!


米欧金融筋から促されて
 財務省筋が決断したこととはいえ。。

  日本経済が極めて危ない状況に
   ある証拠だと。。合点すべきなのだよ


第二次大戦敗戦後。。20世紀。。
 ずっと国際政治に参加出来ずに
  きた日本の政官界。。そして大新聞


21世紀。。その遅れはさらに拡大した
 それでも侵略されないのは。。経済的に
  日本の重要度が大したことなくなってきた

   必要ならば、相場を通じて搾取するだけ
    という構図がハッキリしてきているのだろう


日本の中央政治。。基本はこういうことだ
 総理や閣僚は政治なんかやっていない!


安倍さんお願いします。。とか、大臣閣下
 どうか日本経済を!とかはバカなというより
  お門違いの要求なのであり、無理なお願い


官僚機構。。各省庁のシャッポであり
 責任取って辞任するだけの存在なのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局は。。消費税増税還付案
 財務省が提案して。。国会議員総理安倍と
  自民党議員どもに説明させようとしたが。。
   公明党。。背後の創価学会が到底納得して
    くれそうもないので、財務相が引込めただけ


こういう議論は無数にしてきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪消費税再増税10%!を安倍首相が引き延ばし?≫<1年以上前なら、その可能性を僅かでも考えてしまったが>【官僚機構支配の安倍内閣で、絶対にそれはない!!】


日本のインテリ。。エリートほど
 日本政治屋、つまり国会議員政権が
  経済を。。経済政策をコントロール可能
   であると、錯覚してしまいがちに思える


ハッキリいっておこう。。無理なのだよ
 日本の国会議員政権は政治をしない
  日本の政治は官僚機構がやっている


さらに敢えていうなら。。日本に
 経済政策などは存在しないのだよ
  米欧の金融・経済・相場。。特に米国
   の経済付随効果として、付録として

    
財務省や日銀総裁をみればよくわかる
 結局は宗主国米国次第なのは明白だ


安倍首相が増税延期を
 決断する?何故そういえるのか

理由をみて、ガッカリした
 小生でも論破出来る理由だった





『いまとなっては、黒田日銀は「すでにそこにある存在」になった。だが、それ
 はけっして自然とすんなり決まったわけではない。財務省との激しいバトルの
 末に、安倍が勝ち取ったものだ。多くの読者が覚えているだろう。財務省は当
 初から、総裁には武藤敏郎元財務事務次官を強力に推していた』

『財務省の意を汲んで武藤総裁実現に汗を書いたのは麻生である。
 財務省は安倍対策に麻生を押し立てる一方、主な新聞やテレビ局には幹部が絨
 毯爆撃して「武藤がいかに日銀総裁にふさわしいか」を力説して歩いた。その
 結果、NHKはじめ主な新聞、テレビは決定ぎりぎりまで「武藤最有力」と報じ続
 けた。財務省得意の外堀を埋める作戦である』




安倍政権VS財務省
 多少のバトルは有った
  かも知れない。。が!
   頼み込んだかも知れない

安倍政権船出間もない頃で
 先行きも見えず、ここで
  躓く訳にはいかなかった
   日銀総裁人事は看板だった

財務省から大マスコミに
 武藤元事務次官適任を
  推すキャンペーンは有った
   かも知れない。。

事務次官経験者の
 指定席だったからだ





『だが、私の知る限り、安倍が武藤総裁の可能性を真剣に考慮したことは、ただ
 の一度もない。最初から武藤は除外していた。最終的に武藤を選ばず、黒田で
 決着したのは承知のとおりだ。
 そのとき、麻生はどうしたか。

 麻生は武藤を推していたものの、最後は「これは総理のご判断。総理が決め
 れば、私は全面的にそれを支える」と言って、総理の決断に委ねた。麻生は立
 派だった、と思う。さすがに内閣総理大臣経験者である』




麻生太郎が総理の御判断
 総理にお任せし、支える
  これが立派か!

麻生副総理財務相
 の背後で財務省首脳が
  黒田日銀総裁やむなし
   の判断を下したからだ

財務省が絶対困る
 といえば、断固反対
  実らなければ辞任
   切られるだけである

財務省としては
 事務次官経験者を
  充てられなかったのは
   残念だっただろう

しかし、みんなの党を
 中心に批判的な世論も
  沸き起こり。。ある程度
   諦めていたフシが有る

また、他省庁や
 民間人に取られた
  のではない訳で

あくまで財務省内
 事務次官経験者から
  財務官経験者へシフト

省内のことであるから
 また事務次官経験者へ
  戻すことは充分可能だ

財務省は負けた訳ではない
 完勝ではないが、勝利だ

よって、安倍首相は
 財務省に勝てなかった





『あえて一言、言わせてもらえば、私自身は06年政権で安倍から政府税制調査会
 委員を拝命し、消費税問題に関わったときから消費税引き上げには反対だっ
 たし、大胆な金融緩和も物価安定目標にも賛成だった。そういう本も出してい
 る(『謎とき日本経済50の真相』、03年、講談社現代新書)。

 政治主導で始まったアベノミクスの原則的立場で考えれば、今回の消費税引き
 上げもおのずと答えが見えてくる。安倍はけっして財務省の言いなりにはなら
 ない。それが答えだ。今回の消費税引き上げは、そもそも財務省の言いなりだ
 った野田佳彦政権が始めた政策である。そんな政策に安倍がそのまま乗るだろ
 うか。ありえない、と私は思う』




民主党野田政権と
 自民党安倍政権。。
  どこがどう違うのか
   小生には解らない

氏が消費税増税
 反対だったかどうか
  も知らない。。

大マスコミの
 プロパガンダの
  方向が違うだけ
   のように感じる

以上。。全く説得力
 無しとみてはいるが

まぁ。。しかし、それを
 楽しみに待つとするか(笑)


そして。。何事も無かったかのように
 消費税は8%に増税された訳で


今、考えれば全く以って当たり前なのだ
 安倍政権は。。いや日本の政治政権は
  官僚機構に、特に財務省に逆らったり
   は絶対にしない!!ということだ


特に安倍首相は。。安倍政権は
 100%完全に官僚機構支配下である

  もしも万が一、安倍総理が財務省の
   意向を無視することがあれば、それは
    彼が基準未達の無知であるということ。。


安倍政権。。現在だけではなく
 政権発足当初から、
財務省はじめ
  官僚機構に包囲され、洗脳されてきた


安倍首相。。安倍内閣
 首相秘書官、大臣秘書官
  に財務省はじめ官僚機構
   の精鋭が送り込まれていた


1955年以来
 吉田茂内閣も含めれば
  戦後一貫して、自民党政権

   そして伝統ともいえる官僚機構
    主導。。丸投げの政治であるが。。


21世紀。。このご時勢でさえ
 安倍政権は、史上最悪級の
  官僚機構オンリーの政治だ


国民生活。。国民経済。。
 全く考えないのは当たり前


もしも、消費税再増税10%!
 見送るということになるとすれば

あまりに景気動向は見通し暗く
 日本国内外の要請や助言等から

  財務省が”再増税断念止む無し”
   と痛恨の極みの決断した時だけだ


安倍首相が自ら決断など
 絶対に有り得ないことなのだよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普通に考えれば。。国会議員どもが
 官僚機構を屈服させ、指示するなど
  無理なのだし、有り得ないと悟るべし


官僚機構が素晴らしいなどと言ってない
 国会議員どものレベルが低過ぎて、扇動
  もプロパガンダも成立しない、と言っている


日本に戦後存在しなかった”政治家”を
 育てる努力を我々もしなければならない


「岸信介を傘下に納めた」日米双方の思惑が築いた蜜月関係
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00010001-nishinp-pol&p=1

『憲法改正を目指し、対米自立を望んだ岸信介元首相は、首相に就任する前から米国の
 冷戦戦略に取り込まれていた―。そんな認識を示す文書を、日米外交に深く携わった元
 米国務次官補が残していた。孫の安倍晋三首相の政治姿勢にも強い影響を与えた岸氏
 だが、背景を探ると、もう一つの顔が浮かび上がった』



戦後日本タカ派の創始者
 岸信介はアメリカに飼われていた


公的な新聞記事として
 インターネットに載っている
  のだから、衝撃が少ないもの


万人に受け入れられるショック度の
 少ないものなのは当たり前であり
  実態はもっと酷く衝撃的なのだろう



『文書はワシントン近郊のジョージタウン大図書館にあった。戦前戦後に在日米大使館で勤
 務し、1960年の日米安保条約改定時には極東担当の国務次官補を務めたグラハム・パー
 ソンズ氏の文書コレクション。パーソンズ氏は、退官後の80年代前半に書いたとみられる
 未刊行の自伝で、岸氏に関してこう語っていた。
 「戦犯(容疑者)だった岸氏は50年代半ば、大使館のわれわれによって傘下に納まった。そ
 の後、(自民)党総裁になり、信頼に足る忠実な協力者となった」』

『民主、自由両党の合同前に
 保守合同前夜の1955年7月9日午後、東京の在日米大使館。当時の民主党幹事長だった岸
 信介元首相は、大使館のジョージ・モーガン参事官に招かれた。「キングサイズのスコッチ・
 アンド・ソーダ」を片手に約3時間半。モーガン氏の質問に冗舌に答える岸氏の姿があった』

『民主、自由両党の合同はまだ時期が公になっていなかった。民主党を主導する岸氏は、合
 同が11月ごろになるとの見通し、新党首選びの状況、憲法改正や積極的な反共外交政策の
 採用、再軍備促進といった新党の政策などについて情報を「提供」(シャラー氏)。社会党の
 動向に関する推察も伝えた。いずれも米国側が欲していたとみられる』

『岸氏こそ米国の政策に合致
 岸氏は戦前、在日米大使だったジョセフ・グルー元国務次官とじっこんだった。同氏が日本で
 立ち上げたロビー団体の米誌東京支局長は、民主党幹事長時代の岸氏の英会話の家庭教
 師。支局長らは米政府に日本の政治状況などを報告、岸氏を売り込んでいたという。
 50年代、反共のとりでとして日本に安定した保守政権の誕生を望む米国の思惑をよそに、54
 年12月に退陣した吉田茂首相の後を継ぐ鳩山一郎、石橋湛山両氏はそれぞれソ連との国交
 回復、日中関係改善を志向。もともと反共・反ソで保守合同の強力な推進者、岸氏こそ米国
 の対日政策に合致する政治家だった。ロビー団体の人脈などを通じて、米国は岸氏をさらに
 「磨いた」とシャラー氏は語る。
 シャラー氏によると、50年代半ば、在日米大使館員が岸氏と会ったり、酒を飲みに行ったりし
 たとの記述も文書に散見された。岸氏がモーガン氏と会った当時の首席公使が、岸氏を「傘
 下に納めた」と記したグラハム・パーソンズ氏。大使館と岸氏とは深い結びつきができていた
 とみられる』

『蜜月関係が権力へ導いた
 シャラー氏は「岸氏は米国に取り込まれたというより、むしろ積極的に取り入ろうとしていたと
 私は考える」。日米安保条約の不平等性の解消を目指した岸氏だが、「米国の信頼を得なけ
 れば、それは成し遂げられないし、信頼されれば国内での自身の政治力も増すという計算も
 あっただろう」とみる。
 55年、鳩山政権からの条約改定申し入れを一蹴した米国は、57年の岸政権からの交渉提起
 には応じ、60年に改定は実現した。
 一方でシャラー氏は、岸氏が首相就任後、米中央情報局(CIA)と秘密の資金提供の関係を
 結んだと著書で明記した。「権力の座に駆け上がる過程で米国と築いた濃密な関係が、資金
 提供の土壌になったのもまた事実だ」と指摘した。

岸氏の戦略「独立のために従属」
▼「岸信介証言録」などの著書がある原彬久・東京国際大名誉教授
 「cultivate」の意味について、私は「米国は自分たちの望む方向に動くように岸氏を取り込ん
 だ」というニュアンスに受け取った。米国は岸氏を利用しようとしていた。彼らは岸氏を高く評価
 していたが、利害関係とは別のところで尊敬したり評価したりはしない。そんな生やさしい世界
 ではない。一方、岸氏も国内外の共産勢力と戦うため、米国を利用しようとしていた。だから米
 国の信頼を得るために情報を提供することもあろう。政治家として熟察し、いろんな計算の下
 で動いていたといえる。
 CIAから資金提供を受けることは道義的に問題ありだが、当時は革新勢力も旧ソ連から資金援
 助を受けていた。強力な保守政権を築き米国から何とかして自立したい、選挙で革新勢力に負
 けたくない、との思いから岸氏はきわどい政治判断をしたのではないか。
 逆説的な言い方だが、米国から独立するために従属する―というのが、皮肉にも岸氏の対米戦
 略だったと考える』



違和感全く無し。。というより
 物足らない気さえする訳だ


岸信介。。焼土敗戦被占領国
 戦後日本は、米国の同盟国では
  なく、植民地としてスタートしたが
   植民地経営の手駒の表現妥当!


現在、米国は日本など必要とせず
 眼中にも無いと言って良い状況だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《お盆特集》≪戦後日本に政治家などは存在しなかった≫【安保法制は米国の要請ではなく、タカ派・憲法改正派のプロパガンダ】


なぜ安倍首相は「安保法案」で生き急ぐのか?尋常ではない執念の背景
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150812-00076557-diamond-soci&p=1

一見、安倍普三総理の答弁手法
 を批判する書き出し。。
しかし、この
  人物も御用評論家、御用ジャーナリスト
   に分類されるのではないか?と疑う訳だ


良く言って。。左の御用ジャーナリスト
 左の?その通り!現代日本には右も
  左も無い。。日本国民を騙す扇動の一種



『安保法案の審議を俯瞰しながら禁じ得ないのは、日本および日本人が戦後70年の歳月をかけて築
 き上げてきた立憲主義や民主主義をはじめ、自由や人権、さらには法の支配をも含め、いわば戦後
 の日本型の近代民主社会の下で初めて平和と繁栄の二兎を追い続け、曲がりなりにも安寧な暮ら
 しを享受してきた社会基盤が浸食され、崩壊していくのではないか、との危惧である。

 とりわけ、安保法案が仮に成立した暁には、集団的自衛権の行使から、それに伴う海外派兵、さら
 には「日本と密接な関係にある」他国の戦争への参戦に至るまで、それまでの「しない」から「する」
 へ、真逆の大転換となる。「新3要件」を満たした場合に限られるとはいえ、実際には時の政権の「総
 合的な判断」に委ねられるため、極めて恣意的で、歯止めがないに等しい』


この一文の心情に関しては否定しない
 同感である。小生も全く同じ気分なのだ。。




『これは、明らかに憲法9条の下での専守防衛の日本的平和国家路線からの逸脱であり、日本及び日
 本人が世界に誇り得た「戦争をしない国ニッポン」の平和国家としての揺るぎない国際的なイメージと
 信用が一気に失墜する恐れがあり、この不安感も拭えない。

 そもそも何のための安保法案で、なぜ今、急ぐ必要があるのか。確かに、日本を取り巻く国際環境の
 変化は著しい。中国の経済力と軍事力の急拡大、それに伴う陸海にわたる膨張主義、北朝鮮の核開
 発、米国の相対的な覇権力の低下など、周辺地域での不安定要素は急増している』

『このたびの安保法案の主な狙いが、この環境変化に備えて日米同盟をより緊密化させ、日本が海外
 派兵や武力行使の可能性を拡大すれば、抑止力を高めて、日本を取り巻く安全保障をより強靭化で
 きるに違いないとする希望的な観測にあるとすれば、あまりに短絡であり、稚拙と言わざるを得ない』


ここから、扇動が始まっている
 本当に周辺地域での不安定要素
  が急増?本当にそうなのだろうか。。


日本の自衛隊が海外に繰り出す。。
 こんな危なく、”外軍”からみて組み易い
  ことは無く。。
日本列島を守りたいなら
   列島中に米軍基地を張り巡らせ。。カネ


米国は日本を護る気など無い!しかし
 自軍米軍基地は護る訳だから、列島中に
  米軍基地を張り巡らせ、カネは出せば良い


安保法制・戦争法案と比して
 どちらが血税の無駄遣いになるか

  どっちもどっちではないか、むしろ
   安全確率性は米軍基地化が絶対!!


国民よ。。気づくべきだ
 気づかない。。知りたくない
  国民は放っておけばよいのだ


安倍政権を打倒すべきである
 安倍首相を辞任に追い込むべきである
  次の首相がいない、といってきた
   しかし、政界目を凝らして探せば
    次の首相ぐらいいくらでもいる


いや、首相などいなくても
 日本経済は勝手に動いていく
  しかし、居座ってはいけない首相
   が続投することは経済だけでなく
    社会に悪影響を及ぼすものである


やがては、徴兵制へ結びつく
 今、ニュースなどにも興味無く
  政治は政治家がやるもの、と
   どこ吹く風の我々国民世論。。


いざ!!戦地へ送られてから
 気付いたとしても遅過ぎる訳だ


安倍晋三内閣を操る官僚機構が
 推し進める安保法制を戦争法案と
  言い換える文章をしばしばみる。。

   小生も一度はそう思ってみた訳だが

実は、戦争法案というよりも
 強制不戦殉職法案ではないのか


米国からの強い要請ではなく
 PKO/掃海艇/機雷除去/地雷除去
  要は戦争状態ではなくとも充分に危険
   平和維持活動といえば聞こえが。。
が!
    多大な殉死殉職者・重傷隊員が出る
     でそれは、自殺者と共に闇に葬られる


もっとヤバいのは。。米軍基地
 普天間飛行場の移設問題である
  これは、日本の議員などは当然
   官僚機構=政府にも発言権など無い


米国からの要請で安保法制。。
 これは、日本国民の親米・隷米・追米
  米欧至上主義を利用したプロパガンダ


実態は、米軍が日本自衛隊と共闘など
 せず、後方支援という名の機雷・地雷除去
  PKO、テロ組織攻撃による死者の肩代わり


米国ネオコンは後押しかも知れないが
 米政府筋は、米軍・米欧NATOとの共闘
  自衛隊にこれを要求していないはずであり


死者の肩代わりなら、選挙があるのだから
 民主主義がある。。こんな嬉しいことは無い
  歓迎するのは全く当たり前のことなのだ。。


安倍政権が、官僚機構。。
 特に財務省支配の政治政権
  だということは何度も述べてきた


ここで目に付いたのは

清和会と経世会の確執は、
 祖父の岸信介元首相の時代
  から続く長く根深いもの。。


岸信介~福田赳夫~安倍晋太郎
 そして三塚博、森喜朗。。

一方
田中角栄~竹下登~小渕恵三
 そして橋本龍太郎。。


岸信介の流れが親米・隷米
 田中角栄の流れが反米という
  議論が燻り。。よって田中派の
   流れが米国。。もしくは米欧に
    潰されたのだという論調が存在


岸信介が親米・隷米は頷ける
 しかし、田中角栄が反米だったか?


岸は逮捕(塀の向こうに落ちず)されず
 田中は逮捕された。。とか、不慮の死
  を遂げたのが田中角栄残党に多いとか


少し、買い被り過ぎていないか!!?
 
岸信介や中曽根康弘が
 逮捕されなかったのは、隷米議員
  であるのは当然のことながら
   主要因は戦闘機・軍用機疑惑である


米国政府・軍産複合体
 が絡むから逮捕されなかっただけ


田中角栄が逮捕されたのは
 やはり金権選挙糾合思想ゆえに
  カネに対してより。。下手な鉄砲
   的に、ダボハゼ的に食らったから


竹下登や金丸信は
 扱うカネの額がべら棒にデカイ
  疑惑報じられたり逮捕起訴は当然


田中角栄の派閥前任の佐藤栄作
 が、危なかったが何とか助かった
  のをみて解るように。。官僚出身
   だったことも一因としてある可能性。。
  

あと、福田赳夫や小泉純一郎
 ましてや森喜朗などは小物であり
  橋本龍太郎や小渕恵三が反米など
   絶対に有り得ない話と断言可能だ!


以上は、かなり以前の小生の記事だが
 修正は必要なのである。。
つまり、戦後
  間もない自民党内閣時代は、米国式の
   民主主義注入の時代であり、岸信介や
    池田、佐藤内閣ぐらいまで選挙を意識!


米国による直接操縦の日本政治が
 官僚機構による派閥活用による総理
  輩出システムへの移行期間に入って
   金権政治の中味も質が劣化なのであり


派閥という議員集団のカネ集め係りが
 直接自民党総裁=内閣総理大臣に就任

  というカネに直接関わった人間が総理大臣
   になってしまうという。。悪しき慣行が原因!


しかし、自民党派閥という表向きの
 政治運営団体も解散瓦解に近い状態

  議員の世襲化も進み。。更にレベル劣化
   官僚機構によるコントロールシステムも
    一段と進み、間接民主制は形骸化した


自由党と民主党が合併、保守合同
 昭和30年に結党された自民党である


これらのルーツを紐解くと
 戦前大日本帝国を世界大戦
  に導いた軍国政府と官僚・新聞
   その中で大きな役割果たした
    翼賛政治連盟にぶち当たる訳だ


小生も、長い間。。自民党は派閥連合体
 派閥が自民党を動かし、総理を生み出し
  日本の政治を動かしてきた!
と騙され
   続けてきたのであるが。。強い疑いが!


小生。。長い間疑惑を抱き
 いつ触れようか、と思い機会を

  それが最近疑惑から確信に
   変わってきた。。間違い無い!!


安倍晋三にとって、死んでも
 死に切れない屈辱かも知れない
  第一次政権。。かといって、何か
   を志した形跡も無い。。つまり


何としても、もう一度総裁=総理
 になりたかっただけ!人生の目標
  政治生命を総理大臣になり、中曽根
   康弘や小泉純一郎同様長く、に照準


そのために。。自民党派閥ではなく
 官僚機構に魂と政治生命を売り渡し。。

  国民のための国民寄りの政治はしない

自民党は派閥政治といわれた
 特に昭和時代までそう形容された

  が、しかし!我々は騙されたのだよ


結成直前の1954年(昭和29年)から1964年(昭和39年)まで、
アメリカ合衆国(以下米国、具体的にはホワイトハウスおよび
アメリカ合衆国国務省)の反共政策に基づいて中央情報局
(CIA)の支援を受けていた
(ウィキペディア)


自民党。。いや、自由党時代から
 米国政府。。諜報機関CIAの支援

  そうだ。。隷米・従米・属米これは当然
   日本は属国未満であり奴隷国家と
    して戦後出発した訳であるから。。


自民党タカ派の親分である
 岸信介が反米右翼かどうか


A級戦犯指定
 巣鴨拘置所収監
  釈放・公職追放後。。
   5年足らずで首相就任


CIAより、戦後日本メディア生みの親
 正力松太郎などとともに資金提供


岸信介内閣、池田勇人内閣、旧社会党
右派を通じ、秘密資金を提供し秘密工作
日本政界に対し内政干渉していた公式見解


内政干渉?内政?
 日本が独立した国家なら
  その言葉も当てはまるが 


岸信介は、絶対に反米ではなく
 属国日本の窓口であり、代理人
  だから、事実上引退後も昭和の
   妖怪として厳然たる権力保持可能


その後の中曽根、小泉両元首相
 も恐らく。。米国の後ろ盾存在
 

戦後日本が米国と同盟国
 戦争が出来る普通の国に
  憲法改正は米国の要請だ


というのは全て幻想に過ぎず
 米国世界戦略に邪魔なだけで
  カネを出せば良い!のが現実


湾岸戦争時、カネだけ出して
 尊敬されず。。世界から非難
  は。。タカ派勢力の扇動である


沖縄返還は、安倍首相の大伯父
 佐藤栄作政権時であるが。。
  天文学的思いやり予算の存在
   沖縄は本当に返還されたのか?


という状態でもあり
 正に、従米・属米・隷米の歴史


岸信介。。正力松太郎。。自民党
 大御所といわれた岸や、日本メディア
  の祖とされる正力松太郎にして米国傀儡


コードネームとやらを与えられたスパイ
 諜報機関出先に要請されたエージェント。。


その前に総理となった吉田茂や鳩山一郎
 も底が知れており、戦後日本のスタートは
  誠に他国に誇れるものなどでは絶対ない


田中角栄以来、中曽根康弘まで
 さらに派閥政治が強調された訳だが
  竹下登総理就任という醜態極まれりで
   ついに、日本に政党政治が存在しない
    ことが露呈する自社さ連立内閣誕生だった


日本の政治はどうなるのか。。いや
 政党政治、過去の派閥政治の存在すら
  怪しいことが解ってきた現代において


内閣総理大臣とは何か。。政権与党など
 官僚機構の操り人形に過ぎない訳である


ましてや、野党各党も全く以って頼りには
 安倍内閣倒閣の光が見えてきた訳だが
  次が居ない、ともいえる。。しかし操り人形
   に次が居ようと居まいと全く関係無いのだ


政党政治が行われていない、政治家など
 日本には居ないという事実を我々国民が
  理解しなければ何も始まらない訳なのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国が日本の同盟国。。この認識
 こそがオカシク。。日本は植民地いや
  列島は米軍基地なんだとまず認識せよ


その上で、日本に政党政治など
 一切存在しない、官僚機構傀儡
  なのだと我々は深く認識する必要


自民党が政権与党で。。野党中核が
 民主党などという誤解は今すぐ捨て去れ


これから。。今から。。日本に
 政党政治、”政治家”を育てなければ・・・。

「現政権は怖ろしいほど抑制が働いていない:山崎 雅弘氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/18550.html#readmore

『河野太郎行政改革担当相、ブログ再開(時事)http://bit.ly/1RxOV2C

 「ただ、頻繁に更新してきたブログは8日の記事しか閲覧できず、安倍政権の原発再稼
 働方針に異論を唱えてきた過去の主張は『国政報告紙』に残されているのみ」

 言論の自由度ランキングで日本はまた低下する』


初入閣の河野太郎氏が早くも変節か 党内では「やっぱり」の意見
http://news.livedoor.com/article/detail/10691051/

『内閣改造で初入閣した河野太郎国家公安委員長兼行政改革担当相(52)が早くも変節
 した!? 脱原発派で、官邸や党執行部に注文をつけてきた“うるさ型”だったが、大臣
 就任した途端にトーンダウン。党内では「やっぱり」の声が上がった』


同時投稿 河野太郎氏を応援する 池田 信夫
http://agora-web.jp/archives/1657247.html

池田信夫が応援している。。これで
 迷いが無くなった、河野太郎やっぱり
  全然ダメだわ。。この数日迷っていたが



河野太郎の初入閣。。小生も第一報
 聞いた時には違和感があった。。
つまり
  なぜ今なのか。。崩壊に向かうはずの
   財務省と外務省はじめ官僚機構が操る
    安倍国会議員内閣で今入閣なのか!!と


カモフラージュに使われるだけ、なのに
 河野太郎なら大臣・閣僚になどならなくても
  充分に国会議員として政治がネタのタレント
   生命はこの先いくらでも保持していけるのに


小泉進次郎と共に自民党国会議員
 として、また日本の国会議員として
  圧倒的な得票数を誇ってきたのに・・・。




キーマンは自民・河野太郎…小泉純一郎「原発ゼロ」逆襲プラン(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/665.html

 「脱原発」で続行/(C)日刊ゲンダイ


 都知事選に勝った安倍自民は「小泉神話は終わった」と高笑いだが、認識が甘いのでは
 ないか。小泉純一郎元首相は「原発ゼロ」をまったく諦めていない。逆襲はこれからだ。


 「小泉さんは、やる気マンマンですよ。表向きは否定していますが、今後も首長選などで
 脱原発候補の要請があれば、応援に出向くでしょう。都知事選の街宣車の中では、<次
 はオレも頑張らなきゃ>と言っていたそうですから、自分が立つ可能性だってある。自民
 党の中にも手を突っ込むと思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)


 キーパーソンとされるのは、自民党きっての脱原発派、河野太郎衆院議員だ。変人同士
 で通じ合うものがあるのか、小泉は講演で河野太郎の名前を何度か出していた。河野か
 ら贈られたという、エイモリー・B・ロビンスの「新しい火の創造」という脱原発本も、よく引
 き合いに出している。


 16日付の朝日新聞では、昨年秋、小泉から河野に「君には先見の明があったよ」と電話
 がかかってきたエピソードが紹介されている。


 「小泉元総理が次の総裁選で河野太郎を担ぎ、自民党を乗っ取るという話を聞きます。あ
 まり知られていないが、河野と息子の小泉進次郎は、すごく仲がいい。一昨年の衆院選
 で、ただひとり進次郎の応援に入ったのが河野だった。圧勝確実の進次郎の選挙区に行
 きたがる議員は多かったけど、他はみんな断られた。例の脱原発本も、進次郎を通じて小
 泉元総理に届けたそうです。河野太郎総裁―小泉進次郎幹事長なら、国民からも絶大な
 支持を得られるはずです」(自民党関係者)』


これは1年半以上前の記事
 まさか、今これを信じる人は
  自民党支持者ぐらいだろうが


自民党内で、小泉進次郎と河野太郎
 この2名が記事になっていたら、一応
  目が行く。。自民党否定者の小生でも


第一、小泉純一郎にして
 脱原発を訴えるだけで。。
  天下り法人や消費税増税
   安保法制に関して、反対は
    言わない!議員でもないのに


小生も1年半前。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪政党政治が騙し。。議院内閣制に大疑問極まる現代≫【安倍首相に擦り寄り、入閣待望のヤツらに求めることは何も無い】


相も変わらず。。御用新聞・御用ジャーナリズム
 によるプロパガンダ・提灯記事が紙面を飾っている


昭和の香りがプンプン
 論功行賞?
だいたい、政策は官僚が100%
  制度を作ったのも間違いなく省庁だ。。ウソ書くな


こんな内閣。。こんな首相に尻尾振り
 大臣になれなきゃ、選挙に通らない連中が
  数十人、いやほんとは百数十人いる訳で
   あとは、大臣に任命に及ばない当選回数の 
    議員ばかりだから、致し方ないが。。


大臣にならないと
 選挙に通らない。。
  議員内閣制廃止せよ!
   国会議員は立法機関
    での活動に専念すべきだ


まず。。都知事選で
 都内在住100人名簿
  提出させることこそが
   無我夢中・必死だった訳で


党本部が情報確保して
 いてしかるべきだったと思うが


その指令に従わなかった議員
 が存在したというのはより情けない


小泉進次郎を上回る得票数
 河野太郎も公然と造反なのか


面白い!
 小泉進次郎・河野太郎
  神奈川選出。。人気議員の双璧


彼らを叩き出したら
 自民党は、人気議員ほぼ皆無
  の若手未熟議員中心の肥大化政党


大臣にもなってない。。入閣など
 当分無さそうなのに、全国最高得票
  河野太郎議員。。絶大な信頼を勝ち
   取っている、ということなのだろう。。


今のところ。。動きが注目されるのは
 この河野太郎、そして小泉純一郎一派
  の尖兵としての小泉進次郎ぐらいか。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国会議員政党の自民党が
 唯一”自浄”出来る可能性
  わずかな光が完全に消えた



進次郎氏 復興政務官を退任“無役”に…安倍首相の“報復”?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151010-00000029-spnannex-soci&pos=1

『政府は9日の閣議で、内閣改造に伴う副大臣25人と政務官27人の人事を決定した。閣僚や官房副
 長官などへの起用が期待された小泉進次郎氏は、13年9月から務めていた復興政務官を退任、
 “無役”となった。

 小泉氏は安倍晋三首相が強引に推し進めた安全保障関連法を批判したほか、内閣改造前に行った
 講演では「まだまだかけるべき雑巾がけの期間がある」などと、入閣拒否とも思えるような発言をして
 いた。

 小泉氏の冷遇について、政治評論家の浅川博忠氏は「閣内に取り込まれたくないという小泉氏の気
 持ちが見えて、安倍首相のかんに障ったはず。そちらがその気なら、ここで一線を画そうと思ったの
 ではないか」とプチ“報復”の可能性があるとの見方を示した』



小生の眼鏡にかなう具体的な
 行動がハッキリと表面化しない
  限り。。河野も小泉も信用しない






共産党が提唱「国民連合政府」の賛否~あの党との共闘はどれほど現実的なのか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151011-00045726-gendaibiz-pol

『共産党が唱え始めた「国民連合政府」構想は、安保法廃案を主眼に野党共闘を呼び
 掛ける。これを野合と批判する声もあるが、一方で「未来の政治」の始まりとの声も。
 どう考えるのが正しいか』

『もっとも、現在の日本の小選挙区制は完全ではなく、小選挙区比例代表並立制なの
 で、第三極の余地はある。それを踏まえるとあり得る政党のパターンは三つ。

 第一に政権可能性のある自民党と民主党のような二大政党、第二に公明党のような
 自民党の連立パートナータイプ、第三に共産党のような比例区狙いタイプである。こ
 うした政治理論からみれば、共産党が比例区狙いの小規模政党から、政権をとりうる
 民主党の連立パートナータイプに変わろうとしていることになる。

 最近の共産党は、自民党が圧勝する中で、左派系の票を集めて躍進。が、その先鋭
 的な意見ゆえに、そろそろ頭打ちになっている。左翼の中で幅を広げたくて、安保法案
 で歩調の合った民主党に秋波を送っているわけだ』

『共産党は、日米安保を否定している。暫定政権に参加するときには、安保問題を凍結
 するというが、根っこでは日米安保は廃棄である。

 一方の民主党は、日米安保を認めている。岡田代表がかつて集団的自衛権の行使を
 認めていたとの国会議論もあった。集団的自衛権は日米安保による日米同盟の前提
 なので、民主党のスタンスはふらふらしているが、日米安保廃棄、集団的自衛権否定
 の共産党は、まったくぶれていない。

 日米安保条約でもこれほど意見が違う両党が選挙協力、連立まで共闘できるのなら、
 「野合」であるが、同時にそれは「未来の政治」の始まりともいえるだろう』



日本の政治。。戦後政党政治など
 存在すらしなかったということが明確に


もう、今までのやり方は全く通用しない
 自民党に任せておけば。。などという
  考えは、昭和時代に捨てておくべきだった


日本共産党を危険視する
 これも陳腐だと言わざるを得ない
  小生。。共産党にして不満である


日米安保破棄。。ましてや
 天皇制の否定などまず全く無理
  出来るはずなど無いと断言する


米国が日本を捨てりゃ話は別だが。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《安保強行採決迫る!!》≪一部の人たちは、国会議員の与野党がグル!に気付き出している≫<まだまだ極々一部。。しかも時既に遅し>【強行採決は、世界の常識などではない】


審議時間が**時間に達した
 審議は尽くされたので。。と与党
  新聞・テレビも同じ論調なのである


時間ではない!内容なのだ!!
 理解されなければそれはゼロ時間だ


野党もまともな質問をしていない
 一部の人々。。極々一部なのだが
  国会与野党がグル!に気付き始めている


現在の日本は、これでも騒ぎ過ぎでは
 なく。。
国会の論戦が極めて虚しいお祭り
  セレモニーに過ぎないことを強く感じる!


報道機関。。大新聞・大マスコミは
 為政者の広報機関となってしまって
  全く期待などすることが出来ないのである


今のところ、それを止める手段は無い
 今日も安倍晋三総理大臣と橋下徹大阪
  市長が会談して。。安保法制への協力を
   要請しているらしい、との報道もあるが・・。


野党が存在しない。。御用報道・提灯記事の
 大新聞政治部のケシカラン姿勢も目に余る・・。


安倍議員政体に好きにさせるな
 危機感いっぱいのギリギリの綱渡り
  それをさせないと全く意味が無いのだ


隷米属米追米といわれながら
 米欧露戦後世界秩序には騙され


貧弱なタカ派政策を標榜する
 安倍自民党と腰ぎんちゃく公明党

  を肯定するのが保守では絶対にない

安倍国会議員内閣を否定し
 辞職させるべく反対を唱えるのが
  現代日本のリベラルではないのか


いや。。安倍内閣を総辞職に追い込み
 野党再編なども認めず。。国民利益体現 
  する勢力を目指すのが現代日本保守だ!!


与党連立だけでなく。。野党各党
 民主党・維新。。共産党・生活の党
  でさえも。。国民利益を代弁出来ず


今、舞台に上がっている全国会議員
 今後を期待することなど無理なのである
  消えてくれて全く構わない訳なのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪日本共産党が選挙協力・野党連立呼び掛け≫<《面白い!が、今度は信じて良いのか》自公に劣らずポンコツばかりだが・・>【しかし、《自民党と同じく官僚機構傀儡民主党と維新》に早くも手が入った】


民主党が受けた、というのが
 いささか気になるのであるが

  共産党からの呼びかけ、が
   何となく。。久しぶりに面白い!


維新の党。。大阪系橋下維新は
 当然のことながら。。
残った松野
  維新にしても、国民の要求には
   応えられないに違いないのだ!


民主党は。。消費税増税3党合意
 これによって解党的大敗を喫した

  現在でも、消費増税を否定しない
   ならば。。消滅してくれて構わない
    いや、なぜ存在しているのか不明


安倍政権は勿論のこと。。
 日本の国会議員政権は腹話術
  実際に政治をやっているのは
   官僚機構は間違いないと考える


そして、消費税増税はじめ
 内政に関して、官僚機構の中の
  官僚機構である財務省が全て動かす


と、小生。。以前から言っているが
 国会議員政権が終焉に近づくと
  こういう面白い話がボロボロと出る・・。


小生。。戦後日本に政党政治は
 存在しなかった。。
といっている

その前提として。。まずいえることは
 内閣や政権党が替わっても。。法案は
  繰り返し。。我々の前に姿を現す
という
   ことを思い起こせば、納得が出来る

さらには、戦略会議や諮問会議、懇談会
 も焼き直し。。リバイバルが非常に目立つ


日本共産党が、本当に危機感を
 もって対応なのなら良いのであるが


民主党へ言ってきたというのが
 生活の党小沢一郎の影を思わせる


左翼。。欧州がその起源の学問
 による定義などを持ち出して。。
  共産主義や社会主義を標榜し


挙句日本共産党や旧社会党左派
 辺りの狭義の中に封じ込めて否定
  小生。。戦後日本に社会主義や
   共産主義はそぐわないと考える


あれは欧州の独立国の学問
 であり、概念なのであり別もの


戦後日本にそもそも社会主義や
 共産主義が存在したというのか

  被占領国であり。。米欧露戦後
   世界秩序に敵国と規定された


米国植民島日本に本当の社会主義
 や共産主義が存在したとは思えない


ましてや、日本共産党や左派社会党
 などという狭い器に封じ込められたら
  たまったものではないと憤りを感じる


安倍政権。。国会議員内閣を
 信奉するのが保守では断じてない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】


外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である


国会議員の頭数だけが全て
 これが民主主義だという論法
  には大いに疑問を感じる次第


頭数だけでなく。。何らかの
 安全装置。。例えば反対議員票が
  いくら以上なら強行採決は禁止!!

   こういうのは米国辺りであったかと

つまり日本では、国会議員の頭数
 勢力地図で。。法案採決の行方は
  100%予測が可能なのである

   よって閣議決定至上主義も存在


さらには。。日本に政党政治が
 存在しない。。成立しないという事実
  国会議員総理と閣僚が政治をしてない
   という重要なことに気付く必要がある!


国会軽視?国会審議は軽視されてるよ
 閣議決定して、連立与党議員頭数で
  たった数百人しかいない与野党バランス
   結論は最初から見えているから予定立つ


スケジュールは、決まっていた訳なのだよ
 安倍総理が米国で「夏までに」と宣誓した
  この時点で、全ては決定されたのではないか


安倍総理が言ったからではないだろう
 政府=官僚機構から原稿渡され棒読み
  スケジュールは原稿作成時から決定だった!!


安保法制整備は
 舞台を国会に移す。。
だと!!

閣議決定が全てだろうが!
 国会審議など単なるセレモニー
  国民騙しのガス抜きに過ぎない


これでも安倍晋三総理大臣が
 日本の政治を経済を司っている
  と。。信じますか?支持しますか?


そして。。自民党は公明党支持母体
 の票で国会に送り込まれた連中だと。。


英国は。。9万人のデモによって
 移民受け入れを即座に決めた訳だ


日本は全く以って大違いなのだ
 民主主義など存在しないことの証明!!


自公連立の根幹。。創価学会の
 選挙協力。。直近には、公明党の籠絡
  これが絶対に日本のためには必要なのだ


つまり、じっくりと。。内容の濃い
 説明を国民に向けて実施してない

  100時間だの。。掛けた時間は
   全く参考にも何にもならない訳だ


日本の政治・国会のルールでの
 予定通り。。筋書き・台本通りに
  議員どもの頭数の多少だけ重視

   
多数決至上主義の議会制民主主義
 この悪しき慣行での採決を強行採決


国民をバカにしている?
 そうだろう、バカにしているのだよ

  政策なんか、国会の行方なんか
   に禄に興味示さないバカな国民
    世論だから、為政者=日本政府
     である財務省もこんな質疑させている


国会の与野党論戦・攻防というが
 答弁書から質問内容何もかも全て
  財務省はじめ官僚機構のプロデュースだ


原発再稼働・原発推進。。そして
 安保法制・戦争法案、野党として
  反対に回るフリをする民主党だが


野田内閣時代に原発再稼働の決定
 消費税増税の足掛かりを作り安倍へ
  バトンタッチした罪も極めて重い訳だ

 
よくよく分析してみると。。怪しい
 岡田代表も安保法制賛成の発言
  があったとも聞く。。野田前総理は
   消費税増税の傀儡は確定している


いや、そんなことよりも野党共闘だ?
 どうにも説明のつかない官僚傀儡の
  自公連立に対抗するために正攻法
   では話にならないではないか!と?


しかし民主党を解剖して、中身を把握
 しておかないと。。維新の党の橋下維新
  と同じように肝心なところで御破算にする


つまり。。安保法制に気を取られるのは
 自公連立を操る官僚機構の思うツボだ


原子力ムラ。。原発再稼働。。
 そして安保法制の背後に消費税増税


民主党は社会党になると田崎はいう
 いや民主党は公明党になる訳なのだよ


国会議員内閣の背後には
 財務省をはじめ外務省、経産省
  官僚機構が糸を引いていると考えよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主党は解剖する必要。。
 消費税増税賛成推進派は要らない


維新の党でも、脱党組の大阪維新は
 絶対に要らない!百害あって一利なし


何よりも。。官僚機構の奴隷である
 ことに気付きもせず、自民党で良い
  とか、対するのは民主党などという
   腐った扇動が
日本を完全に地獄へ。。

安倍新内閣、実はココがすごい~永田町のプロ筋が高評価する理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151010-00045781-gendaibiz-pol&p=2

『内閣改造は小幅に終わり、これといった目玉人事もなく、政権浮揚に繋がったとは言いい難い。
 が、プロ筋の間では「なかなか巧妙な出来栄えだ」という見方が支配的である。

 祖父・岸信介を手本にした?
 具体的に言えば、

 ①内閣人事局長兼務で官房副長官(政務)として霞が関に網を張り巡らせてきた加藤勝信総活
 躍相兼拉致問題担当相は、年末までに各省庁との調整を行い、「1億総活躍社会」づくりの工程
 表を打ち出す可能性が高い

 ②安倍首相の歴史問題の立ち位置批判を続けてきた河野洋平元衆院議長の息子であり、党
 派を超えた「原発ゼロ」運動を行ってきた河野太郎党行政改革本部長を、国家公安委員長兼行
 政改革担当相として閣内に封じ込めた

 ③今や党内最実力者である二階総務会長の最側近の林幹雄元国家公安委員長を主要閣僚で
 ある経済産業相に起用し、同省に今なお影響力を持つ二階氏をして「満額回答」と言わせた

 ④安倍首相の最側近を自任する萩生田光一筆頭副幹事長兼総裁特別補佐を官房副長官(政
 務)として官邸入りさせたことで、党執行部内で棚橋泰文幹事長代理らと亀裂・対立の心配が無
 くなった――などが挙げられる』

『はたして安倍首相にとっての“第2の池田勇人”は誰なのか?池田が創設した宏池会(岸田派)は
 閣僚5人から自ら1人だけとなり派内からブーイングが出ているが、領袖の岸田外相の芽は残っ
 ているのかどうか、即断はできない』



<安倍改造内閣>岸田派冷遇、入閣1人 首相支持報われず

『7日の内閣改造で、安倍晋三首相の出身派閥、自民党細田派の閣僚は2人から4人に増えた。
 一方、改造前に5人の閣僚がいた岸田派は、留任した岸田文雄外相以外の入閣はなし。「首相
 は派閥の推薦を受けない」という見方が大勢だったが、ふたを開けると、各派で明暗が分かれた』


「プロの報道人がどこかへ消えてしまった。:山崎 雅弘氏」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151010-00045781-gendaibiz-pol&p=2

『職場では「今までと同じ」という感覚かもしれないが、10年前の朝日新聞記者とは全然違って見え
 る。

 プロの報道人がどこかへ消えてしまった。

 デモに参加した高校生のツイートを読むと「交通費でおこづかい無くなった」とか書いてある。

 自分たちが将来を生きる社会が、重機でバキバキと壊され作り替えられる中で、学生が危機感を覚
 えるのは当然だと思うが、高給取りのメディアの大人は傍観している』



新聞・テレビの大手マスコミが
 全く本当の報道をしない。。


気付かないのなら救いようがない
 知っていても隠蔽しているなら危険


自民党派閥が官邸に服従状態
 どんなに冷遇されてもついていくだけ


真ん中に君臨しているのは
 安倍晋三総理大臣だろうか?

  そんな筈は無い!国民は気付くべき

前掲の狡猾な
 内閣人事。。ここまで来れば誰が
  やっているのか、誰が戦犯なのか
   本星なのかは火を見るよりも明らか



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪自民党は派閥政治、などは大ウソ!さらに日本には政党政治無し≫<米国植民島であるのは大前提だが>【派閥を支配し、コントロールするのは官僚機構だ】


昭和時代ならいざ知らず。。もう騙されんよ
 自民党派閥など、議員どもを纏めて動かす
  道具に過ぎない代物であるから。。総裁選
   官僚機構に忠実に法案通していく現総裁
    安倍続投が好ましいのは、誰の目にも明白


誰が動かす?日本列島主権者官僚機構だ
 自民党内で派閥抗争などフィクションだった


その中で。。こんな見当違いな
 また、陳腐な意見を恥ずかしげも無く
  曝すお人がいるようだ。。この人は
   全く以って恥じるという機能が無いのか


憲法記念日 「すべて安倍のせい」と護憲派が横浜でスパーク


気持ちはわかる。。小生も同じ気持ち
 しかし!!安倍晋三という人物が政治家?
  それこそが最初の大間違いだと考えるのだ


日本の政治を米欧先進国と同じだと
 考えたら戦略を見誤るぞ!といっている

  護憲・リベラルとされる勢力の策が稚拙!!

安倍晋三内閣総理大臣だけをみて
 感情を露わにしたって、政体は痛くも
  痒くもないことに早く気付け!
狙いは
   政治・政体の根幹を叩き割ることなのだ

  
国会議員が頑張れば。。日本の政治は
 本来の姿に立ち返るとでもいうのだろうか

  答えはNO!というほか無い、といえる

自民党の派閥自体が、全く無力で
 既に。。いや。かなり大昔から官僚機構
  に支配され操縦され続けてきた歴史がある


自民党派閥が人事に。。総裁選びに
 力を持っている!とされたのは昭和

  もはやそんな都市伝説を信じる必要無し

いや、党三役や閣僚も官僚機構操縦
 内閣総理大臣も然り!は以前に述べた


世襲議員。。議院内閣制
 国会議員層の著しい劣化

  加えて、閣僚在任期間の
   とんでもない短さである


たった1年2ヶ月で
 戦後最長とは呆れるしかない


官僚機構
勤務時間も長く、本省では
 莫大な残業時間は普通であり
  閣僚や首相と、仕事の密度が
   全然違う訳なのである
  

キャリア組でも
 関係方面には通じており
  同じ分野に何度も何度も
   人事で、戻ってくるだけ
    でなく。。決定的なのは


学者を遥かに凌駕する
 その道の専門家である
  ノンキャリア層の
   サポートが存在する


国会議員・閣僚。。ましてや
 首相などが、支配されるのも当然


首相や大臣といえども
 日本の財政・経済・外交
  などについて、勉強などして
   きた訳ではなく。。
また
    官僚機構に対抗するべく
     経歴を積んでもいないのであり



各閣僚の発言は事前に
”政府内で調整”(官僚作成)
 した文章を読み上げたような


事前に用意された文言をそのまま
 読んでいるとしか思えない硬い表現


紋切り型の発言を
 繰り返して終わった


役所から渡されたペーパーを読み
 上げる閣僚がほとんどということだ


日本の中央政治。。議員が、首相が、大臣が
 やっているのではなく。。官僚機構が全面的に

  ペーパー棒読み・丸読みはじめ国際会議でも
   セリフ一つ一つに至るまで、それが正しいか
    どうかはともかくレクチャーが入っている。。


と、なれば。。内閣総理大臣など
 如何につまらない存在なのかと思える


自民党は戦後派閥連合政党
 派閥から大臣が首相が生まれる
  といわれたが。。それも本当なのか


民主党は自民党の悪いところを
 全部真似して、政党政治が。。議員政治
  が機能していないことを暴露してしまった


官僚機構が、援助しなければ。。演技指導
 なければ。。いかなる政権もあのようになる!?


結局。。日本の政治とは何だったのか
 官僚機構がストレートにやった方が早い

ヘタに、政党政治や国会が機能していると
 思わされた国民がバカだったということか


小生。。戦後日本に政党政治は
 存在しなかった。。
といっている

その前提として。。まずいえることは
 内閣や政権党が替わっても。。法案は
  繰り返し。。我々の前に姿を現す
という
   ことを思い起こせば、納得が出来る

さらには、戦略会議や諮問会議、懇談会
 も焼き直し。。リバイバルが非常に目立つ


安保法制懇は、第一次安倍政権
 からの懸案。。焼き直しであり

  第二次安倍政権自体。。第一次
   からの懸案処理、焼き直しだ


こういう過去の前例ストック
 または、焼き直し・反復作業。。
  典型的な官僚機構の手口である


第二次安倍内閣は、第一次の焼き直し
 何と、6年もブランクがあるのにも拘らず
  焼き直し、リバイバルは官僚機構の
   常套手段であるが。。
骨太の方針。。
    これは小泉純一郎内閣で散々耳にした


骨太の方針。。が出てきた
 経済財政諮問会議。。橋本行革
  1996年からの橋本龍太郎内閣
   で、設置が決まった諮問会議だ


つまり、橋本行革とか小泉の聖域なき・・・
 を打ち出した経済財政諮問会議。。
  そして何と!民主党内閣で途切れていた
   経済財政諮問会議。。第二次安倍内閣で
    復活した!!ともいわれるが。。


その民主党内閣で経済財政諮問会議
 を廃止して、設置した国家戦略室。。改組
  して国家戦略局・・・これは小泉内閣時に
   構想が練られた。。これをどう理解するか?


内閣総理大臣が、欧州の首相や宰相
 とは別ものと言い続けてきた。。
何故か

内閣総理大臣とは。。日本政府代表ではない
 国会議員大臣の集まり。。議員閣僚の代表

日本政府=官僚機構とはペーパーだけの
 プロンプターだけの繋がりしか無いのである


政府=省庁=官僚機構は
 各省事務次官以下、統率取れ
  省庁間は事務官房副長官がいる


総理大臣と内閣閣僚は、政治を
 ネタにしたタレントと言い切って良い



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政治学者。。新聞記者。。ジャーナリスト
 玄人筋ほど巨大な錯覚に陥り易い
  そんな筈は無い。。そんなバカなことが


しかし、そのまさかが厳然と存在している・・。

米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見
http://www.npo-iasia.org/archive/2015/10/abe-conference.html
これが元記事なのか。。


米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見 質問を事前設定か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00010000-asiap-soci

『安保法案の成立後、ニューヨークで国連総会に出席した安倍首相。帰国前に現地で記者会見を
 開き、国連の安保理常任理事国入りに言及したことなどが日本でも華々しく伝えられた。しかし、
 その会見をめぐって外国の記者から強い批判が浴びせられたことは、日本では伝えられていない。
 そこで外国人記者が感じたのは、日本のメディアと政権との癒着だった』

『「もう1つ、質問が有る。あなたはシリアの難民問題で支援を表明したが、なぜ難民を受け入れな
 いのか?」

 ロイター通信の記者がこう質問すると、通訳を通して質問を理解した安倍首相の表情が強張った。
 実は、その質問に慌てたのは安倍首相だけではなかった。会見場にいた日本人記者全員が「予
 定外」の質問にざわめきたったのだ。

 日本時間の9月30日朝に行われたニューヨークでの安倍首相の会見。「予定外」の質問とはどう
 いうことなのか。アイ・アジアが入手した首相官邸の資料や取材に応じたアメリカ人記者の話に
 よると、この会見では、質問者も質問内容も予め決められていたのだ。つまり、出来レース会見だ
 ったのである。

 アイ・アジアが今回入手した資料は会見前に準備されていたもので、それによると、日本のメディ
 アの記者と外国メディアの記者が交互に、5人まで質問することが決まっていた。極めて興味深
 いのは、その資料には、質問者の名前とともに、質問内容まで書かれていたことだ。

 まずNHKの記者が、日ロ関係について質問、続いてロイター通信の記者がアベノミクスについて質
 問、続いて共同通信の記者が内閣改造について質問、そして4番目に米公共放送NPRの記者が、
 普天間基地の移設問題について質問し、最後が、テレビ朝日の記者で、国連改革について質問、
 となっている。

 これについて、初めて日本の総理の会見に出たというアメリカの雑誌記者は驚きを隠さない。

 「質問事項をあらかじめ提出しろということですから驚きました。そんなことは、アメリカでは記者倫理
 に違反する行為です。ところが、それは日本の政府と記者との間では常に行われていることだという
 ではありませんか。本気かよ?と思ったのは私だけじゃありませんよ」

 そして、前述のロイター通信の記者の「予想外」の質問となったわけだ。
 予め決められていた質問は、「アベノミクス2.0の新しい3本の矢は、なぜこれを選んだのか。また、具
 体的に何をしようと考えているのか」で、安倍首相が準備されていた内容を答えている。

 その記者が続けてシリア難民の質問を始めた際に、慌てたのが安倍首相だけでなかったことは前述
 の通りだ。結果的に、安倍首相は難民問題全体に対する取り組みの必要性を強調し、広報官が次に
 控えている共同通信の記者に振ったので、会見は荒れることもなく進んだ。しかし、それで終わらなか
 った。

 共同通信の記者が想定通りの質問をし、安倍首相が想定通りの答えを行った後、今度は米公共放送
 NPRの記者が質問に立った。記者は最初、「普天間飛行場移設問題について、現状では日本政府と沖
 縄県との対立があるが、日本政府と沖縄県のどちらが責任をもって対処する問題なのか。妥協策を含
 む、政府の今後の対応は?」と質問。

 これは予め、予定されていた質問だ。それに対して安倍首相が準備された答弁をし、広報官が予定され
 ていたテレビ朝日の記者に振ろうとした時、NPRの記者が続けざまに、(辺野古)移転後に環境汚染が
 起こらないと保証できるのかと畳みかけた。

 想定外の質問に、安倍総理は明確な返答が出来ず、その後、テレビ朝日の記者の質問は行われずに
 会見は中止となった。納得がいかない外国メディアの記者たちと対照的に、日本人記者たちは、広報官
 に挨拶をするなどして足早に会見場を立ち去ったという。

 前述のアメリカの雑誌記者が表情を曇らせながら語った。

 「アメリカで今、日本のメディアは安倍政権に牛耳られていると報じられているのを、日本の記者たちは知
 らないのでしょうか?記者会見というのは市民を代表してジャーナリストが権力者に挑む場だというのは、
 アメリカにおいては一般の人も知っている常識です。しかし、残念ながら、日本の権力者の会見はそうでは
 なかった。質問内容は権力側が予め検閲し、その答弁は予め準備されており、会見はその通りに行われ
 る...ちょっと信じられません」

 NHKと共同通信の記者の質問は、総理官邸が作った資料と一字一句違わなかったという。企業の粉飾問
 題などが発覚するたびに「国際的な基準に照らして問題がある」と批判する日本の新聞やテレビだが、実
 は自分たちの姿こそ「国際的な基準に照らして問題がある」ことを自覚すべき時ではないか』




小生ですら、以前から感じていたし
 知っていた訳なのだから。。当然!


米欧メディアの記者や
 ジャーナリストは皆知っていたはず



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪またもや、ボロが出てしまった<《ポツダム宣言》日本政府の表紙=安倍晋三総理大臣>答弁≫【しかし、官僚機構が質問を事前に把握して答弁書を作成でもダメなのか!!】


ポツダム宣言
1945年(昭和20年)7月26日にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名に
おいて大日本帝国(日本)に対して発された、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条
から成る宣言である



ポツダム宣言は、二度の原爆投下の
 前なのである!
そして、どこか議員
  会館等での雑談ではなく。。雑誌の
   対談であるから、より事態は深刻だ


国会答弁。。予算委員会他
 どうせ議員どもの頭数で強行
  採決により法案の行く末は確実


米欧政治のようなメディアでさえ
 読めないことは間違っても起こらない

  八百長試合など無くて良いではないか

と。。長らくいつもながら思ってきたが
 総理大臣のこういうバカ発言が出ると
  まんざらでもなく。。やる意味が少しは・・。




≪安倍首相の会見台詞を。。官僚上がりの専門家が、真剣に分析すべきでない≫<《悪いけど彼には何にも無い》だから、小生。。先行き不安なのである>【もう、そろそろ。。官僚作成答弁書「棒読み丸読み」を完全暴露すべき】


安倍首相の衆院選翌日会見に抱いた違和感の正体
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141219-00063994-diamond-bus_all&p=1


岸 博幸氏。。現在の肩書きは
 慶応大学院教授、しかし!
  元経産省官僚で大臣補佐官や
   秘書官。。政府と関わり深い
    役職を経験してきた論客の1人


恐らく、来た仕事を遂行の
 ため仕方なく、生真面目に
  だとは思う訳ではあるが。。


安倍首相の台詞をこんなに
 細かく厳密に詳しく真剣に
  分析する必要もあるまい!


米欧先進諸国の
 政治リーダーとは全然違うのである


官邸の官僚が用意した
 原稿を棒読みした結果
  なのでしょうが。。
か!!

そら当然政府閣僚の
 補佐官や秘書官を歴任だから
  充分過ぎるほどに理解している


ただ。。同じ棒読み丸読みでも
 安倍首相が内容を理解している
  か全く理解していないかでは
   天と地ほどの差があるのは確実


原稿要約に失敗しているところを
 考えれば、どうやら理解など全く・・・・。




安倍自民圧勝の“最大の協力者”は民主党・野田前首相だった 
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155768/1

『総選挙に圧勝した安倍政権は平和憲法をかなぐり捨て、戦後体制を転覆させる……
 これが今、現実に起ころうとしていることだ。この“クーデター”の最大の協力者は民
 主党の野田前首相という見方もある』

『「民主党の中でも、野田前首相や前原元外相といった松下政経塾出身の政治家は、
 安倍首相と根っこは一緒。特に野田前首相は、自民圧勝という最悪の結果を招いた
 戦犯です。政権交代にかけた国民の期待を裏切って、“自民党野田派”と呼ばれる
 ほど自民党化し、最後は民主党をブッ壊して、安倍独裁政権を誕生させた。野田前
 首相のヒドイやり方のおかげで、2年経っても民主党への信頼は少しも戻っていま
 せん。民主党を壊滅的な状態にした松下政経塾が安倍首相に“大政奉還”をしたよ
 うなものなのです」(本澤二郎氏=前出)

 政治ジャーナリストの山田厚俊氏は、別の観点から、野田氏と安倍首相はそっくり
 だとこう話す。

 「野田前首相が11年の民主党代表選に出馬する際、『出るから、みんなで政策を
 作ってくれ』と言ったという逸話は有名ですが、安倍首相にも似たところがあります。
 本人に政治哲学がなく、政策は丸投げになる。保守勢力からすれば、自分たちの
 政策を次々と実現してくれるのだから、こんな使い勝手のいい権力者はいないでし
 ょう。安倍首相が気に入りそうな、保守的な政策を吹き込んで、『歴史に名を残す』
 などとおだてれば、深謀遠慮のない首相は、すぐにソノ気になってやってくれる。そ
 うやって、国民が気づかないところで、戦前回帰が進んでいくとしたら、恐ろしいこと
 です」


 こうなると野田氏から安倍氏へ、政党を超えた首相の連係プレーに何やら陰謀めい
 たものを感じてしまう。野田氏は、安倍勢力が送り込んだ「トロイの木馬」だったのか
 も知れない』



この件は。。小生、全く違和感無く
 読むことが出来た!
そうか、やっぱり
  解る人には何もかも解っていたのだ


米欧の大統領や首相の
 発言や思惑。。彼らもシンクタンク
  官僚機構・学識者の練り上げた
   政策・見解を代表で喋る政府の顔


日本の首相・大臣の原稿丸読みは
 それらとは全く趣の異なる現象である


首相職も。。。国会議員政体首班職も。。
 在職2年近くにもなってくると
  官僚作成ペーパーの読み方も
   それなりに上手くなってくるなぁ、と。。


安倍首相の記者会見をこれまで
 何度か聴いてきて、気になったのが
  幹事社。。
恐らく、大新聞・大マスコミ
   記者クラブ。。首相番記者所属メディア


これらを表す言葉なのだろうが
 「これより記者会見を始めます」
  「まず幹事社よりお願いいたします」
   というのが定番になっていたのであるが


昨日のAPEC首脳会議後の内外記者会見
 もまず『国内社からの質問が優先』で始まる


質問に受け答えする首相。。
 上手に喋っている印象を受け
  それまで聴いていたラジオから
   テレビに切り替えた。。やはり下を向き
    答弁ペーパーを読んでいたのだった・・。


質問があって。。ペーパーを読みながら
 質問に答える首相。。当たり前だが
  事前に質問の概略。。
ではなくて!
   
詳細な質問内容が文書で申告申請され
 その上で、官僚機構=分野別省庁が
  ペーパーを作成し、首相にレクチャー
   それを如何にも自分で、という風に読む


安倍政権は勿論のこと。。
 日本の国会議員政権は腹話術
  実際に政治をやっているのは
   官僚機構は間違いないと考える


そして、消費税増税はじめ
 内政に関して、官僚機構の中の
  官僚機構である財務省が全て動かす


と、小生。。以前から言っているが
 国会議員政権が終焉に近づくと
  こういう面白い話がボロボロと出る・・。


安倍首相の所信表明演説をラジオで
 少しだけ耳にしたが、別に論点も無い

  官僚機構の操り人形。。答弁ペーパー
   棒読み・丸強みも以前と変わらず!!


近年の首相の中でも特に酷い
 ついでにいっておくと、昨夜NHK
  九時の番組に出ていた麻生副総理
   ヒドイなんてもんじゃなく、直視不能


本当に国会は、自民党は彼をかつて
 内閣総理大臣に指名したのだろうか?
  と、悪夢ではなかったかと疑ったのである


小生。。戦後日本に政党政治は
 存在しなかった。。
といっている

その前提として。。まずいえることは
 内閣や政権党が替わっても。。法案は
  繰り返し。。我々の前に姿を現す
という
   ことを思い起こせば、納得が出来る

さらには、戦略会議や諮問会議、懇談会
 も焼き直し。。リバイバルが非常に目立つ


つまびらかには・・・。といかにも
 思慮深そうに装ってはいるが。。
実は
  何もかも丸投げでやっているはずの
   日本の国会議員内閣及び与党連立


非常に気になるのは、日本政府が。。
 官僚機構が力を入れて。。国会の質問
  を事前に把握し(質問取り)。。答弁書を
   作成するという悪しき慣行ではあるが・・。


同じく雑誌の対談でも当然!!総理で
 なくても、事前に官僚機構や御用学者。。
  御用新聞記者等からレクチャー受けた
   はずの発言が
・・・間違ったポツダム宣言
    に関する知識とは。。暗鬱たる気分



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内閣改造。人事、本当に安倍総理大臣自ら
 がやっているのだろうか?絶対にやってない!
  という疑念が消えない、というより益々疑わしい!!


が、新聞・テレビ。。それを動かす官僚機構
 の壮大なプロパガンダの壁は果てしなく厚い


なぜなら、日本の民主主義・選挙・報道・憲法・
 議院内閣制。。いや、外交・安全保障・軍事が
  崩壊するからだ!!先進国は知っていても
   中国・韓国・北朝鮮他東南アジア諸国が
    日本国はあの程度だ、攻めろ!となるかも


街角インタビューで有権者が
 『・・政策に力を、・・分野に光をあてて欲しい』
  という声を聞いて暗鬱たる気分になった・・・。


そう考えるならまだしも、その基準で
 投票するのだろうな、今後も日本人は。。


人事だけでなく、政治・外交もやっていないのに。。


野田毅議員の元秘書を逮捕、覚醒剤使用の疑い

『衆議院議員の元秘書が、覚醒剤使用の疑いで逮捕されていたことがわかりました。

 逮捕されたのは、自民党税制調査会長で国家公安委員長も務めた野田毅衆議院議員の元秘書、
 藤木寿人容疑者(39)です。

 捜査関係者によりますと、藤木容疑者は先月22日ごろから逮捕された今月1日までの間に覚醒
 剤を使用した疑いがもたれています。藤木容疑者の尿からは覚醒剤の陽性反応が出ていますが、
 警察の調べに対し否認しています。

 関係者によりますと、藤木容疑者は野田事務所の私設秘書を10年以上務めていましたが、逮捕
 前日の先月30日付で依願退職しています。野田事務所は、「退職理由と今回の事件は関係ない」
 とコメントしています』



仮にも安倍晋三国会議員総理が
 力が有る政治リーダーで。。安倍内閣が
  安定政権というマスコミ造語で彩られる
   状況だったとして。。党所属幹部議員の
    秘書が今のこの時期、内閣改造に時期を
     同じくして逮捕されたりするのだろうか・・・。


まず、そう感じたし。。野田毅が
 増税推進派で、増税を何とか食い止めたい
  安倍総理にとっては成敗すべき敵??
   なのであって、野田税調会長を叩く逮捕


などというトンでも論が、新聞政治部や
 その周辺の御用ジャーナリズムやネトウヨ
  などから出てきそうな気配すら漂うが・・・。


絶対に違うと考える!
 まず、野田毅が自民党でどういう立場なのか
  いや、先日の自民党総裁選選管委員長。。
   何よりも党税調会長という立場は、安倍側近
    かそうでないかを問わず。。自民党中枢だ!


安倍内閣及びそれを操る官邸という
 名目の官僚機構にとっても、自民党議員
  それも大物議員秘書逮捕は痛い!事由が
   覚せい剤常習疑いとなればなおさらである


何よりも。。野田毅それだけでなく
 総理安倍晋三も官僚機構とりわけ
  財務省に逆らうなどムリで走狗なのだ!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪官僚機構・大新聞が嫌がる政治集団が伸びないと光は見えない≫<根本・根底からの政治改革・有権者改革が必要なのだろう>【まぁ、こういう手合いの御用評論・提灯記事が罷り通るというのも・・・。】


財務省を「成敗」した安倍総理
http://shuchi.php.co.jp/article/2134?p=1


屋山太郎氏。。小生、国会議員が政治
 をやっている、と洗脳されていた頃から
  好きな評論家ではある。。
なぜなら
   かなり本当に近いことを言ってくれる
    概ね正しい、正確なのだな。。と
     思わせてくれる。。それは今も同じ


ここまでの評論は、いわば昭和時代の
 中選挙区制での自民党派閥全盛期の話
  概ね正しい、と思ってしまう。。
ただ!!
   その時代でさえ、官僚に付け込まれやすい
    と。。面白い証言をしてくれている訳なのだ


また、派閥の親分か代貸しクラスに
 派閥をまとめてもらう、ともいっている

  つまり官僚機構の自民党支配にとって
   派閥というのは実に便利なツール!!

    と言ってきた小生の見解を裏打ちである


いわば、御用評論家に近い
 屋山氏にしてからが認めている
  自民党派閥全盛時代ですら、官僚
   機構支配!
ましてや、派閥消滅の今
    安倍弱体議員政体で官僚機構を
     抑えて政治主導など夢のまた夢だ


屋山氏は、御用評論家に近い
 と言っても、かなり面白い評論

  通り一遍にみえて、本当に近い
   ことも言ってくれる訳なのである

    ヒントを与えてくれる訳なのだ

小泉純一郎元首相が政権時代
 派閥を考慮せず一本釣り、
これが
  本当なのかどうか怪しいが。。
役者
   としての演技力はあったと考える


しかし、このころの派閥。。確かに衰退
 ただ。。その背後に官僚機構が20世紀
  より以上に支配的に侵入・侵略が始まる


次の安倍晋三第一次政権。。たったの
 数ヶ月でお払い箱になった安倍総理は
  官僚機構の牙の餌食になった訳だろう


民主党菅直人、野田佳彦が財務省
 に洗脳されて。。消費税増税政局と
  なってしまったことは何度も言っている


しかし、ここに大新聞の提灯扇動の
 増税肯定記事が踊りまくったことが
  破滅的A級戦犯であることを忘れる
   訳には絶対にいかないのである!!


それと最後の、財務省の操り人形
 麻生太郎と財務省最高幹部連の要求
  を安倍首相が強く拒んだ?
全く信用ならん
   これこそは御用評論家の面目躍如である


菅直人、野田佳彦と極めて近い
 レベルの国会議員。。
いや危険な
  ネトウヨ性を考慮ならそれ以下である


恐らく。。安倍首相の考えたことではなく
 財務省はじめ官僚機構から派遣の秘書官
  彼らの発想なのではないか?
エリート。。
   秀才といえば誤解されるが。。
バランス
    感覚はあるが、薄っぺらく。。過去の
     先例から紐解くことは得意だが、
それだけ

安倍首相という人称の時は、官僚秘書官
 の発案かつ根回し。。そして創られたストーリー


財務省は成敗した方が良い!
 小生は以前から言っているし
  財務省はじめ官僚機構の嫌がる
   人物が増えなければ国民生活
    は破綻するのが目に見えている


ただ。。麻生太郎が救いの手を?
 奴は、財務省の走狗でありシャッポ
  そんなことが出来るはずが無いだろう


財務省がこれは増税先送りやむなし
 廃案になるよりはマシ!
景気条項撤廃
  という付録は正に財務省の発想である



………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

消費税:還付金案、二つの誤算 公明猛反発 自民税調権威低下

『2017年4月の消費税率10%への引き上げ後の負担軽減策として、財務省が提案した還付金
 制度案。今月、唐突に出てきたように見えるが、生活必需品の税率を低くする軽減税率の導入
 による税収減を懸念した財務省が、今春からひそかに研究していたものだった。財務省は自民、
 公明両党の一部税調幹部と水面下で案を作り上げたが、軽減税率の導入を訴えてきた公明党
 の猛反対にあい、実現には暗雲が漂う』

『財務省は今春、軽減税率の適用対象品目を検討。「酒類を除く飲食料品」「生鮮食品」「精米」の
 3案について分析し、自公税調に示した資料には、どれも一長一短で決め手に欠けるというデ
 ータが示されていた。「行き詰まるように資料を作った」。ある財務省幹部はこう明かす。

 消費税率10%時に軽減税率8%を適用した場合、「酒類を除く飲食料品」の税収減は1・3兆円
 に上り、穴埋めは容易ではない。「精米」なら400億円に抑えられるが、負担軽減効果がほとん
 どない。「生鮮食品」の税収減は3400億円だが、何を生鮮食品とするかの線引きが難しい。資
 料をもとにした与党の議論は堂々巡りとなり、自公税調は5月、打開策の検討を財務省に委ねた。

 財務省は従来、毎年の税収が大きく減りかねない軽減税率の問題点を懸念していた。政府関係
 者によると、財務省は自公の議論が行き詰まる前の春先から、省内でひそかに軽減税率に代わ
 る案の検討を始めていた。自民党も、もともと軽減税率の導入に否定的。経済界が「税率が複数
 になると経理事務負担が大きい」と反対しているためだ』

『「軽減税率の導入回避」で自民税調と財務省の思惑が一致し、財務省は税収減、経理事務負担、
 対象品目の線引きの「3点を同時にクリアする」(幹部)案として、還付金案の準備を着々と進めた。
 相談した与党幹部は、自民党の野田毅税調会長と公明党の北側一雄副代表の2人。こうしてマ
 イナンバー制度の個人番号カードを提示し、いったん10%の消費税を支払って、後日2%分の
 還付を受ける還付金案が固まった。

 財務省は「7月に案を提示する予定だった」(関係者)が、6月初めに日本年金機構の情報流出問
 題が発覚し、マイナンバー制度への風当たりが強まったため、先送りされた。8月27日に改正マ
 イナンバー法が参院内閣委員会で可決された直後、1カ月以上塩漬けにされていた還付金案は
 再び動き出した』

『◇カギ握る官邸 

 党税調幹部と事前調整するのは「各業界の利害が複雑に絡み合う税制の決定権を党税調の重
 鎮が握る」という伝統に基づいた財務省主税局のやり方。しかし、安倍政権では昨年の法人税引
 き下げなども官邸に主導権が移り、党税調の権限は相対的に弱まっている。与党内から異論が
 噴出する事態に、財務省関係者は「主税局の従来手法が通用しなくなっている」と指摘する。

 公明党の猛反発と自民税調の権威の低下。二つの誤算で、還付金案の実現が見通せない中、
 財務省は「与党に要請されて案を出しただけだ」(麻生太郎財務相)と責任を転嫁し始めた。自民
 税調幹部は「議論が長引けば、公明党が望む軽減税率の導入が遅れるだけだ」と強気を装うが、
 参院選を来年夏に控え、公明党の選挙協力は欠かせない。焦点は「与党の協議を見守る」(菅義
 偉官房長官)と静観の構えを見せる官邸の動向だ。安全保障関連法案の強行採決後の支持率
 回復を狙っており、政府高官は「経済界は反発するだろうが、軽減税率に戻せばいい」と官邸が
 調整に乗り出す可能性を排除しない』



官僚機構の発想など所詮この程度

官邸が調整に乗り出す。。安倍総理
 のことでは断じてない、としか思えない


大昔の昭和30~40年代には政治家の
 調整がもしかしたらあったかも知れない


しかし、今はそれは絶対に有り得ない
 官僚機構。。ここでは財務省と官邸官僚
  による調整が行われるというのがせいぜい




自公幹部、接点探り合い 消費税軽減巡り野田・北側氏:新制度をめぐるドタバタを理由に消費税率引き上げを延期という見方も
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/647.html


『財務省が10日に提示した消費増税時の負担軽減策は1月からの自民、公明両党の協議が膠着す
 る中、両党幹部と財務省の限られたメンバーが打開策として水面下で探り合った案だった。事業者
 への負担が重いインボイス(税額票)の導入を回避するぎりぎりの案といえる。だが、税負担の軽
 減額など各論で反発も表面化しつつあり、意見集約には不透明感も漂う。

 水面下で調整

 軽減税率を巡る協議の事態打開に動いたのは自民党の野田毅税制調査会長と公明党の北側一
 雄副代表の2人だった。野田氏は旧大蔵省(現財務省)出身で党内きっての税制通。一方の北側
 氏は安全保障関連法案で公明党の主張を反映させるなど、与党内の政策決定に強い影響力を持
 つ。

 両党内は困惑

 しかし、野田、北側両氏の少数だけで調整していただけに、財務省案を知った両党内には困惑が
 広がる。

 特に公明党は来夏の参院選で軽減税率導入の実績をアピールする考えだったが、説明を聞いて
 いなかった幹部は「『これが軽減税率です』と地元で説明できない。選挙にマイナスだ」と強く反発。
 若手議員からも「上限額が少なく、緩和策にならない」との声が上がる。支持母体の創価学会にも
 批判的な意見があり、党執行部は理解を求めている。

 自民党も税制調査会の少数の幹部が税制の決定に絶大な権力を持っていたかつてのような面影
 はない。昨年に首相官邸が主導した法人税率の引き下げや消費税率10%への引き上げの延期
 には、野田氏は反対の立場だった。今回の財務省案についても、「ばらまきだ」(伊吹文明元衆院
 議長)などと公然と批判の声が上がっている。

 首相官邸は静観している。軽減税率は首相がこだわる法人税率引き下げのような「成長戦略の目
 玉」ではなく、自公や関係業界の間で深刻な対立があるテーマだからだ。政府関係者は「官邸が
 引き取って仲裁するリスクは大きい」と話す。与党内には「決着できない場合、それを口実に消費
 税率引き上げを延期しようとしているのではないか」との見方もある』



官邸が引き取って仲裁?一般国民は
 安倍総理を想像してしまうだろうが。。

  そもそもそんな場面があり得ない訳だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪またもや、政府=官僚機構擁護の提灯記事!≫<読売新聞が財務省に勝った?>【まぁ、こんな記事でも流布しないと暴動が起こりかねない】


読売新聞が「対財務省戦争」に完全勝利!~総力上げて還付金案つぶし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150919-00045414-gendaibiz-pol


日本官僚機構の雄
 財務省といえども。。民主主義
  を敵に回せば一溜りもないだろう

   
しかし!これは。。新聞・テレビ報道
 が絶対的な支持を集めている場合だ

  国民の後押しを得られる状態か!?


朝日を叩いておけば。。たしかに
 朝日は、右からは忌み嫌われ。。
  今や、左にも疫病神と言える訳だ


ただ。。野田毅自民党税調会長が
 財務省に指示?
ただの走狗でしょ!
  指示など出すはずが無い訳である


真相は、業界のリーディングカンパニー
 読売はじめ新聞協会と出版界が
  ガッチリ手を組み。。財務省に泣き入れ


こんなもん、2年以上前に
 小生でも気付いていた訳だ




ブレーンが「第3の選択」を主張し始めて ますますずれ込む消費税引き上げの最終決断/歳川 隆雄
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130810-00000001-gendaibiz-pol


衆院選、都議選、そして参院選と
 大勝を重ね。。揺るがないはずの
  安倍政権が消費税増税で揺れている


当たり前だ
 元来、消費税増税の
  根拠など無い


特別会計・天下り法人
 財源など余りあるというのに
  景気の様子など一切無関係
   一般国民から搾り取るという
    ことに説得力無しというのが


バレている訳なのだよ


新聞・出版界適用の軽減税率
 マスコミだけが逃げ切ろうという
  愚策!これにみんなが群がった


やっぱりこれが本星!
 財務省に泣きついただけ


ずぅ==っと前から
 言われ続けているのでは?

  日本の法人税は決して高くない!


消費税増税。。財務省の思惑通り
 8%に引き上げられ。。10%への上昇
  すら。。財務省は視野に入れているようだ


財源、というが。。これはマスコミ造語かも?
 財務省の権力の源泉それは予算配分権だ
  これが多いほど良いという寸法になっている


よって法人税減税は莫大な税収の減少
 財務省は嫌がること間違いない訳だ


法人税減税を財界が叫び
 経済産業省が後押ししている


甘利経済財政相がいっている
 ようであるが。。経産省に
  言わされているだけでは?


となれば。。財務省と経産省
 の間の省益争いということに


日本の法人税率は世界で高過ぎる
 と、専らの論調の中で。。実は
  免税大企業が多く。。そんなに
   高くはない、という議論
がすぐ
    に聞こえてくる辺り・・笑

世界で競争に負けた
 理由を法人税のせい
  にしたい財界の言い訳


日本企業に出て行かれたら
 困るらしい経産省は財界に
  肩入れしている力関係か。。


アンタら。。財務省に
 本気で楯突く勇気あるの?


小生。。大阪都・道州制という
 未だ実現もしない制度には反対
  現在実施中の都道府県制も反対


都道府県制廃止で
法人事業税・法人道府県民税
 まずは、浮いてくる訳だがね


良い案とは思わないかな


ここで。。安倍首相が政権の指標
 にしようと全く的外れなことを目論むが
  これがアダとなって跳ね返ってきかねない


消費税増税。。国民には血の出るような苦しみ
 しかし、国家財政レベルでは。。1000兆円の
  財務残高という天文学的数字であるから。。
   当然大した効果など。。完全に焼け石に水だ


まぁ。。もっとも、世界最大の政府資産700兆円
 これを処分していく!天下り法人も解体する!と
  意思表示でもすれば。。俄然意味合いは変わる


そんなことでも無い限りは
追い打ちをかけるような法人税減税
 をやってしまうとだなぁ。。税収面で消費増税
  した意味が益々全く無くなってしまうのは確実


日本政府・安倍政権は財政再建の
 意思など全く持ち合わせていない!!

  と外資・外資ファンドに見切りつけさせる
   格好の口実・タイミングを与えることに
    なるのではないか?ということなのである


日本の株価に対して、日本政府・政治政権
 が寄与することは不可能である!
と何度も
  言ってきたが。。
マイナス面に関しては反応する
   ファンド・投機筋というのはそういうもんである


一気に売り浴びせられ。。株価急落暴落
 政権の指標にしている安倍首相は窮地に
 という最悪のシナリオにならないことを祈るが


官僚機構。。財務省を筆頭に
 経産省も恐らくつるんで。。
  マッチポンプ!そして大新聞
   テレビの大マスコミも知っていて
    報道せず。。日本の法人税のウソ


最後の議員政権と野党までが
 結託していて。。これは政治ではない
  談合というのであり、
国民に全てを
   被せ浴びせかけ。。弱いものいじめ


国会では、民意無視の安保採決
 連立与党。。別働隊党。。そして
  野党各党も、民意を全く汲み取れず


こんな提灯記事で、マスコミが
 頑張ったとでも書かねば、暴動起こる


本当の民主主義政党が
 出現して、既成政党を駆逐する

  
当然官僚機構との関係は走狗から
 せめて、協力・両輪。。ともに監視
  という程度に大幅に改善される必要


そういう日が来るのは、100年先か・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20061025


創価学会と公明党の「政教一致」の実態は、大新聞がいつも枕詞的に表現しているところの、「創価学会は公明党の『支持母体』などといったなまやさしいものではない。実際のところは「支持母体」どころか、「“指示”母体」そのものである。
「学会におけるカネの分配、人事権の行使、最高戦略決定権はすべて池田が握っています。法案の賛否、衆議院の解散、投票日など、『重要案件』は、必ず池田の了解を取らなければなりません。よく国対レベルで決まっていたことが、一晩でひっくり返ることがありますが、公明党の方針なんて、常に池田のツルの一声でガラッと変わるわけですから」

今や創価学会は、官庁や有力組織の内部に浸透して拠点をつくり、幹部会員をネットワーク化することで、”いざ鎌倉”のときに備えているという。
「総体革命」の最優先ターゲットは、法務省と外務省であり、検事になった会員は、すでに100人に達している。在外公館職員の4分の1は学会員であり、自民党員の3分の1も命綱を握られている。その下に、社会の下層を構成する伝統集団が位置し、芸能界や自衛隊にも隠れ会員が大量にいて、組織力はあらゆる業界に広がっているのだ  



おどろおどろしい”実態”が語られる
 しかし今は、池田大作氏が退場状態
  この一糸乱れぬパワーにも陰りすら


いや、パワー全開なら安保法案の
 行方も全然違うものになっていた


むしろ、おどろおどろしい部分抜きで
 覚醒してもらいたいと願うばかりである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪各野党は当然頼りにならないどころか力が無さ過ぎる≫<この悪しき安倍内閣倒閣するには>【信用ならない公明党を動かすこと可能なのは。。創価学会の覚醒だ】


もう、自民党内ではどうにもならない!
 では野党は?もっと期待など出来ない
  そもそもひっくり返そうとか倒閣の意思
   が無い!いや、民主・維新の戦略では
    全く歯が立たないだけでなく。。
少なくとも

民主党は。。橋下維新と共に
 官僚機構の手が入り、自民党と同じ
  穴のムジナなのは間違いないとみる


では、連立与党を構成の公明党は?
 これも、国会議員与党病に侵され始め
  自民党に押されっ放しにさえ見えるのだ



「安保法制は池田大作先生の教えに反する!」 創価学会“内部抗争”激化で安倍政権崩壊カウントダウン(1)
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jitsuwa-20150829-9458/1.htm

どうやら。。安倍内閣と連立組む
 公明党がピリッとせず、与党病。。

  この原因は支持母体創価学会が
   擦り寄り派と反対派に割れていた



麻生氏、軽減税率「面倒くさい」与党合意に背反

マイナンバー使い負担緩和 谷垣氏 検討する



自民党議員の多くの選挙は
 公明党支持母体創価学会の
  巨大な票が一手に支えている


これは何度も言ってきたし
 自民党安倍総理はじめ各閣僚
  自民党派閥各領袖は官僚機構の
   意のままに動くことも言ってきた。。


そして、副総理財務相麻生太郎
 党幹事長谷垣禎一は、いずれも財務省
  の走狗であるから当然の発言なのである


自民党を動かす官僚機構
 財務省はじめ外務省も公然と
  公明党はもちろん、支持母体をも
   軽視いや無視し始めたように見える


もう、連立与党内にいても
 官僚機構に操られる自民党と
  一緒にいても何もいいことなど無いが・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官僚機構内。。警察・検察・裁判所
 にもその信徒が潜んでいるらしい創価


我々だけでなく、学会員の生活をを
 直撃する消費税増税。。そして軽減税率
  という砂漠にオアシスの方策すら裏切られ


公明党支持母体創価の窮余の一策
 連立与党と日本政府=財務省とその走狗
  財務省隷属議員を直撃した秘書逮捕!!


それなら非常に興味深く面白い
 毒を以て毒を制すということば。。
  しかし、この場合。。毒を以て害を制す!!





民主、維新と合流協議

『民主党と維新の党は30日、両党の合流も視野に来年夏の参院選に向けて設置した「連携協議会」の
 下部組織「政策部門」の初協議を国会内で行い、外交・安保や経済など6分野で10月中に共通政策
 案をまとめることを重ねて確認した。協議に参加した民主党の長妻昭代表代行は、記者団に「自民党
 に代わる価値を打ち立てる方向性は共通認識に立っている」と強調。維新の井坂信彦政調会長も「期
 待している」と連携の進展に期待を寄せた。

 ただ、長妻氏は消費税増税などで「ハードルが高いところもある」と指摘。協議分野から外れた憲法改
 正について「協議していきたい」とした井坂氏に対し、長妻氏は「与えられているミッションは6分野を
 議論することだ」と述べるにとどめた』



橋下氏、ツイッター批判激化…民主・維新を標的

『新党「おおさか維新の会」の結成を表明した橋下徹大阪市長が、ツイッター上での発信を強めている。

 将来の野党再編を見据えて連携を強化する維新の党と民主党を標的に、激しい言葉を浴びせ続けて
 いる。

 橋下氏は5日、維新、民主両党が「身を切る改革」に取り組むとしていることに関し、「言うのは誰でも
 できる。公務員の労働組合から選挙応援を受けてできるわけない」と批判した。1日には「おおさか維
 新の会が本家本元の維新だ。偽物維新の党は民主党と組んで消滅する」とこき下ろした』




非常に混沌として。。我々一般国民は
 与野党の。。特に野党共闘、維新分裂
  これらの構図を読み切るのは至難なのだ


橋下徹は、色あせ切ったとはいえ
 まだまだ日本の政治の中で根強い人気
  大新聞・テレビの大マスコミは別に手心
   加えなくとも、沈んだりはしないと安心か?


ただ、橋下氏と松井氏は安倍別働隊
 維新を脱党したのも。。安倍・菅の議員政権
  中枢の意向に応えた、いや官僚機構の意向!


民主党も解り難い。。少なくとも
 自民党に代わる野党の中核ではない
  解剖分解する必要がある!何しろ。。
   自民党安倍政権と同様財務省傀儡が
     多く混じりこんでいるからなのであり


そのまま。。野党共闘・国民のため
 などという大うそを見逃す訳にはいかないのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪橋下徹・松井一郎よ。。大阪維新が元凶なのだ≫<維新の党執行部は永田町病?笑わせるな>【ならば君たちは。。ガチガチの《安倍自民お友達のど真ん中》だ!】


橋下氏・松井氏、維新離党を表明 「執行部は永田町病」

『維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日午前、松野頼久代表に対し、橋下氏と松井一郎
 顧問(大阪府知事)の両氏が離党するとの意向を伝えた。松井氏は27日午前、「(党執行部は)永
 田町病にかかっている。党を離れ、大阪に集中する」として離党を表明した。松井氏が辞任を要求
 していた柿沢未途幹事長が続投する方向となったため。橋下徹最高顧問(大阪市長)の離党につ
 いても「そういう判断になるんじゃないか」と語り、同調するとの見通しを示した。

 大阪府庁で記者団に語った。柿沢氏が地元の反対を押し切り、山形市長選で民主党などが推す立
 候補予定者を応援したため、松井氏が反発し、辞任を要求。柿沢氏が拒否しており、党内全体を巻
 き込んだ対立となっていた』



これって。。普通に考えて、党を割るような
 問題ではないと思える訳なのだが。。
是が非
  でも維新の党をぶっ潰す密命が下っていた!


としか思えないし、そう考えた方が納得可能
 誰から?安倍自民党政権と言えば、解った
  ような気になるかも知れないが。。
官僚機構だ

なぜなのか?野党共闘は絶対にさせたくない
 野党共闘に繋がりかねない候補への応援
  柿沢氏が行ったことをことさら大きくとらえて
   騒ぎにして。。それを理由に党を割るということ


橋下・松井。。いや松井は裏方で
 橋下徹あってこその維新なのであるから
  これで維新の党はガタガタになってしまう


橋下。。松井の大阪維新は安倍別働隊
 これはもうずいぶん前から言い続けている


橋下徹・松井一郎の大阪維新が
 改革派などという言い回しは通用しない


維新の党で、問題なのは大阪方である
 小生、関西人であるが。。とっくに橋下
  には見切りをつけてもはや数年経つのだ


大阪維新が維新の党の元凶だった!!

そして、自民党。。民主党。。与野党が
 全く以てダメで。。官僚機構の操り人形
  勿論、維新の党。。特に大阪方はそうだ


代議員制民主主義・間接民主制を見直せ!


と、昨日言ってみたが。。益々その思い
 が強いのであって、今後は安倍総理はじめ
  内閣と同等の、いや完全自民中枢派閥という
   扱いで攻めていきたいと考えている次第である



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】


外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である


つまり、じっくりと。。内容の濃い
 説明を国民に向けて実施してない

  100時間だの。。掛けた時間は
   全く参考にも何にもならない訳だ


日本の政治・国会のルールでの
 予定通り。。筋書き・台本通りに
  議員どもの頭数の多少だけ重視

   
多数決至上主義の議会制民主主義
 この悪しき慣行での採決を強行採決

   
で、田崎史郎の面を想像する
 までもなく。。安保法制・原発推進
  は、消費税増税の官僚支配の構図
   これを連想することで容易に理解可能


再び。。共産党が呼び掛けた
 野党共闘に対する民主党をみる



『志位氏はこの後の記者会見で「全選挙区に候補者を立てる方針だが、他の野党と選挙協力で
 合意できれば調整する」と述べ、安倍政権を退陣に追い込むため、安保法制で共闘した民主、
 社民など5党1会派に選挙協力を呼びかける考えを示した。その上で国民連合政府構想に触
 れ、「まず戦争法を廃止して立憲主義を取り戻す政治的合意が必要だ。その合意を実行する
 ために連合政権を一緒に作ろうという政権合意も必要だ」と述べた。

 志位氏の国民連合政府構想を受け、野党各党は色めきだった』

『ただ、民主党には共産党アレルギーは根強い。

 来夏の参院選で改選を迎える金子洋一参院議員は20、21両日、「共産党などとの協力には
 大反対だ。根本的な考え方が違う」「決して共産党などとの連携をしてはいけません」などとツ
 イッターに書き込んだ。

 長島昭久元防衛副大臣も19日、ツイッターに「民主執行部はこの呼びかけにも応ずるのだろ
 うか? いろんな意味で共産党の方が上手だな」とつぶやいた。

 民主党最大の支持母体である連合傘下の組合でも共産党への警戒感は強く、共産党との連
 携の動きは、民主党内の亀裂をさらに広げる可能性が大きい』


金子洋一参院議員 長島昭久衆院議員
 何と、ともに消費税増税を推進してきた
  最後に出てきた連合は原子力ムラである




消費増税 安倍・海江田の「談合質疑」は国民をバカにしている
http://www.news-postseven.com/archives/20141012_281572.html


国民をバカにしている?
 そうだろう、バカにしているのだよ

  政策なんか、国会の行方なんか
   に禄に興味示さないバカな国民
    世論だから、為政者=日本政府
     である財務省もこんな質疑させている


国会の与野党論戦・攻防というが
 答弁書から質問内容何もかも全て
  財務省はじめ官僚機構のプロデュースだ


民主党の野田前首相。。が安倍政権と
 敵対?まさか!官僚機構の操り人形と
  いう点では全く敵対も対立もしない!!


民主党と自民党。。いや元々自民党は
 官僚機構に操られてきた政党であり
  そこから派生した民主党は同類なのだ


藤井裕久元財務相は、財務省出身議員
 よって財務省の走狗・代弁者であり
  財務省に対して従属的なのは勿論だ


ここに財務省の文字が一切出てこない
 ことこそが、極めて不自然で意図を感じる


ついでにいえば、安倍首相が
 財務省と対立することも一切無い
  完全な操り人形でありシャッポは確実!!


原発再稼働・原発推進。。そして
 安保法制・戦争法案、野党として
  反対に回るフリをする民主党だが


野田内閣時代に原発再稼働の決定
 消費税増税の足掛かりを作り安倍へ
  バトンタッチした罪も極めて重い訳だ

 
よくよく分析してみると。。怪しい
 岡田代表も安保法制賛成の発言
  があったとも聞く。。野田前総理は
   消費税増税の傀儡は確定している


いや、そんなことよりも野党共闘だ?
 どうにも説明のつかない官僚傀儡の
  自公連立に対抗するために正攻法
   では話にならないではないか!と?


しかし民主党を解剖して、中身を把握
 しておかないと。。維新の党の橋下維新
  と同じように肝心なところで御破算にする


つまり。。安保法制に気を取られるのは
 自公連立を操る官僚機構の思うツボだ


原子力ムラ。。原発再稼働。。
 そして安保法制の背後に消費税増税


民主党は社会党になると田崎はいう
 いや民主党は公明党になる訳なのだよ


国会議員内閣の背後には
 財務省をはじめ外務省、経産省
  官僚機構が糸を引いていると考えよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝算ありや?共産党の大変化球「国民連合政府」構想 もっともらしい提案だが実現は困難
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150929-00044870-biz_jbp_j-nb

『9月19日、共産党は安保法制(共産党は「戦争法案」と呼んでいる)廃止と集団的自衛権行使
 容認の閣議決定(2014年7月1日)の撤回に絞った政府構想を発表した』

『ここにもあるように、今回の共産党の提案は、他の野党に対して安保法制廃止の一点で連
 立政権を作ろうという提案である。通常、政府構想と言えば、経済政策や財政政策、社会保
 障政策、農漁業政策、外交政策等々、広範囲な分野での政策の一致を必要とするものであ
 る。だがこの政府が目指すのは、安保法制廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤
 回のみである。
 この提案に対し、小沢一郎生活の党代表は「次は選挙だ。選挙に勝利して政権を取り、法律
 の廃止を目指す。今回の共産党の声明は、そういう頭の切り替えと素早い行動だった」「共
 産党が、全選挙区に候補者を立てるというこれまでの方針を転換することは、現実の選挙に
 おいてものすごいインパクトがある」「断然、勝利は近づく」「他の野党も連携の輪を広げるよ
 うに努力すべきではないかと思う」と語っているそうである』



共産党の路線。。照準を
 ターゲットを官僚機構から
  外しているのには不満ながら


思い切った野党共闘への大きな
 一歩は、このショボイ日本の政局
  に対してのインパクトは相当なもの


自公連立の公明に対しての
 支持母体創価がどこまで圧力
  掛けられるか疑問符が付く状況


橋下維新が改革の旗手などと
 勘違いしている有権者がいくらか
  存在しているという不思議な現象


自民党がダメなら、民主党という
 大きな考え違いが存在している
  劣化国民世論の日本政治において


官僚機構がプロデュースし
 大新聞・テレビの大マスコミが
  扇動で彩るプロパガンダ政局には


小沢一郎が企画する共産党が
 キーを握る野党共闘に望みを託す
  以外には、光が見えそうにもない・・・。


 
内閣改造、「目玉」づくり難航=小泉氏は固辞、人材不足否めず

『安倍晋三首相が7日に行う内閣改造では、現体制の骨格を維持しながら、どう清新
 さを出していくかも課題だ。
 「サプライズ」人事として、若手で知名度の高い小泉進次郎内閣府政務官(34)の抜
 てきを期待する声が政府内にはあるが、小泉氏自身は固辞する姿勢を崩していな
 い。首相が求める「突破力」のある人材は他に乏しく、「目玉」づくりは難航しそうだ。
 今回の改造で、首相は盟友の麻生太郎副総理兼財務相、腹心の菅義偉官房長官
 ら主要閣僚を軒並み続投させる意向。来年夏の参院選を控え、大幅な入れ替えで
 スキャンダルのリスクを抱え込むのを避けたいためで、閣僚19人のうち、交代は10
 人以下となる公算が大きい。
 自民党の各派閥は、中堅以上の入閣待機組の処遇を求めているが、人気と実力を
 兼ね備えた人材は多くはいない。こうした中、取り沙汰されているのが、小泉氏の初
 入閣だ』



自民党内閣改造。。閣僚名簿
 の読み上げ、大新聞・大マスコミの
  テント村が立ち並びフラッシュ閃光


昭和の風景だ。。昭和時代、大物議員
 が「テント村は今回は出ないの?」と
  記者たちに尋ねていた光景を思い出す


議員たちや大マスコミ記者たちにとって
 ”お祭り・恒例行事”に過ぎず。。国会議員
   が閣僚が省庁を動かして政治を断行
    などというお伽噺が罷り通った時代だ


大相撲の土俵入りやプロ野球の
 7回ラッキーセブンの観客席の盛り上がり
  そういうスポーツの乗りは良い。。
しかし!!
   日本の政治に敗戦後焼土から立ち直る過程
    ならではの陳腐な風習はもう要らないのだ。。


が、依然。。国会議員が。。総理が日本を
 政治を実践している、という下らん信仰が
  未だ広く日本列島を覆っているのには驚く




『ただ、小泉氏の起用は、政権浮揚のための「人気取り」と批判される可能性がある。
 これを見透かしてか、小泉氏は9月末の講演の際、閣僚や官房副長官への就任
 の可能性を問われ、「まだまだ雑巾掛けの期間がある」と否定。1日には記者団に
 「(閣僚就任は)ない」と断言した』



小泉進次郎自身も、読めていないのか?
 何しろ、親父の小泉純一郎元総理も
  原発推進反対しか述べていないのが残念


息子の進次郎も自民党にいることが
 何よりも大切だと信じているのだろうか


前回総選挙に際し、今から1年近く前に
 自民党所属の小泉進次郎などに期待する
  ことは何も無いと、小生ハッキリ言ったはず



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪自民党に所属している小泉進次郎などに、期待することは何も無い≫【骨の髄まで<官僚機構に支配された自民党>を出てからだ】



確かにそうだ!我々一般国民とは
 かけ離れた陳腐かつ、理解し難く
  また。。国会議員をセンセーと呼ぶ
   ような恥知らずな感覚持ち併せた
    人種の代表格・代名詞の自民党


しかも、その内実たるや。。
 大臣になっても。。いや総理就任
  したとしても。。官僚作成答弁書を
   丸読み・棒読みするだけで職責全う
    と考えているような連中の集まりだ


その中で。。比較的我々でも理解同意
 可能な。。何とか肯定の発言が目立ち
  歯切れが良いのが小泉進次郎議員だ


ただ。。小生、一年半以上
 も前に言ったとおり、まだまだ
  いやいや全然期待には程遠い


小沢一郎代表 進次郎氏「倒そうとしなくてもいずれ倒れる」

『自民党の小泉進次郎青年局長は4日、生活の党の小沢一郎代表について、「倒
 そうとしなくてもいずれ倒れる。過去の人をいつまでも見て戦っていても自民
 党は変わらない」と述べた』


小泉進次郎

小沢一郎を罵ったようにみえて
 案外、自民党の愚かな戦略を批判




『夏の参院選で小沢氏の地盤を崩すため、民主党に離党届を出した平野達男前復
 興相(岩手選挙区)を支援する動きがあることを批判した発言。小泉氏は「自
 民党は、民主党だったら復興が加速できないと言ってきた。平野氏支援は筋が
 通らない」と強調した』


衆議院議員の小沢一郎 その地盤を崩すとかで
  参院岩手選挙区の無所属
   を支援していったいどうするのか

小泉進次郎の言うとおり
 全くもって意味不明
  およそ政権党の戦略には
   到底思えぬが。。


小泉進次郎
彼が、戦力として
 本当の役者として
  舞台に登場するには
まだまだ時間がかかり
 ハードルも数多いのではないか


小泉純一郎
 大きく超えていって
  さぁ、どうかな?という程度


小泉純一郎元首相も

 若手。。中堅。。幹部になっても
  全然、海のものとも山のものとも
偶然・幸運・巡り合わせ
 それぞれが噛み合って尚
  奇跡が起こって首相になれた


小沢一郎。。

 やがてといわず、遠からず
  政界から消えていく
総選挙回数にして
 あと1回か2回なのか
となれば、生活の党
 藻屑と消える訳なのか
 

そして日本政界からは
 完全に役者が消滅する


まず。。自民党の政局に関して
 日本の大新聞・大マスコミ政治部
  が喜び描く
【国会議員主役天道説】。。
   激烈な【自民党内派閥抗争劇】。。

    小生、全く信用する気など無い!!


自民党派閥は。。官僚機構が
 日本の政治を動かし、支配する
  ために。。まとめて大量の議員を
   動かして自在に操る便利なツール!


このことに気づくまで
 どれだけ時間が掛かったか
  しかし、今こう考えれば全て
   辻褄が合ってしまう訳である


小泉進次郎。。面白い存在
 ただ。。自民党内に居る間は
  全く期待しないし、出来ない訳だ


そして大新聞がこぞって
 提灯記事。。御用報道の
  安倍晋三首相の大宰相論
   これも噴飯物で、実は。。


官僚機構支配に雁字搦め
 の歴代自民党政権の中でも、
特に
  官僚機構に何もかも丸投げの
   安倍内閣。。その代表安倍首相

    財務省に弱味を握られていた


このような日本国政の惨状
 その中心かつ大多数を占める
  勢力である自民党。。及び友好
   的な野党。。別働隊野党も含め


政党政治が行われていない
 ということを深く認識すべきなのだ


小泉進次郎。。悪しき自民党
 戦後日本政治の負の部分を
  丸ごと背負う自民党に居ても
   何も生まれないし、小生期待しない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安保対応、安倍首相に苦言=「原発やめる方向で」-小泉政務官

『小泉進次郎内閣府政務官は30日、東京都内で講演し、安倍晋三首相が安全保障関連法の
 国会審議で隣家の火事や不良少年に襲われる例え話を持ち出したことに関し、「例え話は
 使わない方が良かった」と苦言を呈した。小泉氏は「本質を粘り強く説き続けていく努力が
 不可欠な分野だ。分かりやすくするのも限界がある」と指摘した』

『また、安保法制への憲法学者らの「違憲」批判に対し、自民党議員が「国家の平和や国民の
 安全に責任を持つのは政治家だ」などと反論したことも問題視。「真摯(しんし)に受け止める
 べきだった。そういう姿勢も国民から権力のおごりと捉えられた部分はある」と語った。
 小泉氏は、父の純一郎元首相が即時廃止を主張する原発政策にも言及。「今こそ新しい道
 を模索するときではないかが問われる。どうしたら事故や災害のときにリスクや不安を感じる
 ことなく、経済の成長を阻害することもなく、原発をやめていけるのかという方向性で将来を
 考えていくべきだ」と訴えた』



しかし。。小泉進次郎、当分の間は
 自民党を出ないね。。いや永遠に出ない


父親の小泉純一郎元総理が
 脱原発だけでなく、広く官僚支配から
  脱するべきというスタンスを出さないと


小泉進次郎はいつまで経っても
 父親を超えて行こうという姿勢無し


自民党を否定してみせるだけでなく
 もはや日本政治のブランドではない
  自民党を脱党して牙を剥くまでは
   全く以って期待など出来ない訳だ!!

遅れて会場入りした安倍首相、プーチン露大統領のもとへ小走りで駆け寄る姿がかわいいと話題=中国ネット「日本人らしい礼儀正しさ」「まるで秋田犬」
http://www.recordchina.co.jp/a120062.html

『2015年9月29日、中国メディア・新浪は、国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の安倍
 晋三首相が、プーチン露大統領との会談で、遅れて会場入りしたため小走りで駆け寄って握
 手したと報じた』

プーチン大統領に小走りで馳せ参じる安倍総理

北川 高嗣
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=970637783029827&set=a.171097882983825.40151.100002508448098&type=3&theater

『国連訪米のハイライト。

 アベシ、プーチンに小走り。(平成のことわざ)

 オバマにも会ってもらえないのは、鳩山、野田総理でも大統領には会っており、異例。オバマ大統領
 は、別に習近平や、プーチンやパククネらだけでなく、カザフスタンやウズベキスタンの首脳にも会っ
 ている

 これ、単に、オバマが、アベシが嫌い、だからだろうか?
 オバマは、別に習近平やプーチンが好きだから会うわけでもあるまい。習近平とは、意気投合してい
 るとは思えない。

 TPPの妥結のタイミング(次回が実質早期妥結のラストチャンス)を考えれば、オバマは、アベシに会
 うべきだとさえ思われる。

 このギャップは、どう埋めたものか?』

『どうやら、アベシが必死で「隷属し」宗主国として奉っているのは、「米国」とは、別のもっと得体の知
 れないものではあるまいか?』

安倍総理が。。米国とは別の
 もっと得体の知れないものに隷属


この点に注目すべきなのである


日本の国会議員総理である
 安倍晋三。。勿論ケシカランし
  即刻、政権から滑り落ちるべき


しかし、彼にばかり敵愾心燃やしても
 影法師を踏みにいくようなものでは?
  小生。。ずっと言い続けているのだ


安倍が日本の政治や外交を
 やっているという誤った信仰は
  今すぐ捨て去り、政治改革断行!



露軍が攻撃しているのは、ISにしろアル・ヌスラにしろ、シリアの体制転覆を目的に雇われた戦闘員
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201510030000/


桜井ジャーナルさん。。世界は多極間外交。。
 我々日本国民の認識が著しく間違い。。いや
  政府と国会議員総理・内閣ですらあまりに
   ピント外れ、いや野党各党こそズレている

    様を、日々伝えてくれている訳なのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍政権の外交(本体外務省)は益々迷路へ≫<対中国、対北朝鮮で完全土下座外交>【米欧露戦後世界秩序が読めていない】


中国との領有権問題で
 中国に言質与え。。オウンゴール
  それに加えて、北朝鮮拉致問題で
   いち早く制裁解除で擦り寄り。。

    拉致被害者帰国で政権浮揚
     図りたい一心でひたすらベタ降り


東アジア外交で
 中国・北朝鮮に良いようにされる
  日本政府=外務省が本体の
   安倍晋三国会議員政体とのこと


しかし、日本が敗戦。。占領された
 第二次世界大戦後の世界秩序を
  考慮すれば。。
中国、北朝鮮ともに
   米欧露戦後世界秩序尖兵なのだが


米欧先進国政治リーダー
 個人の裁量・判断で国際政治
  外交上の決断などしていない


米国大統領はなおさらなのは当然


今朝のNHKニュースでも報じていた
 ”共和党から、オバマ大統領の
   対イラク外交が弱腰と不満の声”


だとさ。。
 しかし、これは選挙(中間選挙)
  を意識した発言で
あり。。報道元
   ロイターはじめ米欧先進国メディア
    は、大統領個人の判断ではない
     ことを当然知り尽くしているはずだ


ただ。。米欧。。米国国民世論
 知っている人は知っているが
  相当数が騙されているともいえ。。


日本はじめ。。韓国や中国
 東アジア諸国民世論。。いや
  特に日本国民は完全・完璧に
   騙されていることは、確実な訳だ


NHK。。日本の大新聞
 大マスコミは、日本に好意的な
  共和党という誤った認識により
   共和党政権に替わって欲しいという
    大きな判断誤りを基にした、報道
     姿勢を続けているが。。バカげている


この報道の根底にあるのは
 オバマ大統領が、安倍首相を
  嫌っており、韓国に気を遣った


端的にはこういうことだろうが。。

米国が何故韓国に気を遣う?
 それはオバマ大統領の意向か?
  バカも休み休み言いたまえ!(笑)


米国の外交・政治システム
 共和党。。民主党。。連邦議会
  そして、国務省・国防総省などの
   官僚機構を別個に見たら解らなくなる


かといって、日本のタカ派
 国会議員や大マスコミには
  何もかも、混同するだけに
   止まらず。。ネオコンの
    軍事的タカ派つまり聞きよう
     によれば、反中国に受け取れる


ような見解。。を曲解して
 米国そのものが親日だという
  大きな誤解が21世紀に生まれた


が!!この考え方は大間違いだ


大統領の判断が誤っている
 弱腰だ。。共和党が民主党が
  ダメだ!という報道にしておかないと


選挙が成立しないし。。
 もしもダメだと確定などした場合
  大統領・各長官を交代させれば
   済む話ではあるが。。現実問題


各長官でさえ、1期つまり4年間
 勤め上げるのが珍しくはなく
  期の途中で交代・更迭は稀で
   大統領に至っては通常2期8年!


この現実を踏まえた上で
 政府本体であるシンクタンク
  官僚機構が内政・外交を主力で
   組み立てていることを考えれば
    もしもダメだとなっても、替える
     訳には絶対にいかないということ


共和党・民主党のイデオロギー系
 シンクタンクでさえ、そう簡単には
  テリトリーを明け渡したりしない


ましてや、米国の外交屋台骨を
 近代以降支え続ける非イデオロギー
  系シンクタンクを否定などしてしまえば
   戦後世界秩序が根底から覆ってしまう


あくまで、米国民を誤魔化す
 プロパガンダの一種であり

  それに騙された報道の日本
   大新聞・大マスコミの報道。。


さらにそれに完全に洗脳された
 我々日本国民の
”オバマはダメだ”
  という判断は最高にバカげている。。


米欧露戦後世界秩序の表面上
 の代表は、米国政府なのである


ただ。。米国やロシア、中国という
 国家単位でみていては解らなくなる
  という、見解を小生もとっている訳だ


翻弄され続ける日本政府と
 国会議員政権。。
昔は米欧露
  だけだったが、今はそこに中国
   韓国、北朝鮮。。今後はインドも?


相場の激変仕掛けられる
 金融経済戦争。。いや国際情報戦争
  の餌食に、敗者に。。日本の苦悩は
   今後も続く可能性がある訳なのだ


愚かなで鈍く、ピント外れな
 大新聞・大マスコミ報道。。
そして
  平和ボケ我々国民世論がある限り


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理と外務省は、誰を同盟国として。。誰を仮想敵国としている?などと悠長なことは、もはや!≫【安保法制で、正に第二次世界大戦の悪夢再来!!】


昭和時代から続く憲法改正願望
 自民党は憲法改正が党是、であるが


すっかりメンバーも入れ替わり
 御爺ちゃんやパパの見解と違う
  その意味も知らん連中が議員に
   なっている可能性すらある訳だ


ましてや、米ネオコンに煽られただけ
 の大新聞やテレビ論調。。新聞は10回
  読んでも浸透しないが。。テレビの影響
   は依然として絶大な訳であり。。1回
    放送観れば、視聴率高い番組見解が
     多くの視聴者に浸透してしまう悲劇


みたところ、テレビ論調は米中対峙
 日本はその時どうするのか!の一点張り
  それでは、米国か中国かどっちにつく?
   という下らん議論になるのも当然なのか


その大元は、やはり外務省だ!!

米中が気脈通じて。。欧州も加わり
 実はロシアも敵ではないなどとしたら??


安倍内閣が強行採決した安保法案
 は単に外務省はじめタカ派の扇動だった
  という理解も当然のことながら成立する・・・。


沖縄に偏重。。集中している
 米軍基地を広く日本列島に
  バランス良く、広げて真の米軍
   基地日本列島が完成する訳だ


米中は対立なんかしていない
 米ソ冷戦も米欧シンクタンクの
  仕掛けた壮大なプロパガンダだった


当然、米国は日本と共闘など
 絶対にしないし、考えてもいない


実態は、日本列島は米軍基地。。世界戦略の
 拠点としか見ていないのは確実なのであるから


日米同盟というのは20世紀末
 に日本に出現したマスコミ造語

  日本列島占領の代わりに結ばれた
   日米安保条約が本当の姿であり

    同盟とは程遠く、また米中対立も無い


中国の東シナ海ガス田開発他
 いや、尖閣諸島への目論見の動きすら
  米国の許可を得て。。いや、米国政府
   から耳打ちされて行っている可能性すら


日米同盟など存在しない!本当の姿である
 日米安保条約は基地を使用させろ!の占領
  延長線上の属国未満植民島契約に他ならず


米中対立も日本大マスコミが
 米欧に騙されて繰り出すプロパガンダ

  戦後70年。。外交主体の外務省が
   徹底的にだまされたということだ。。
それを
    許す国民世論の選択は完全に間違い!!


カネだけ出して、と世界から批判
 これは日本タカ派の扇動に違いなく


日米同盟は大ウソ!を認めて
 深く、米国・米軍の懐へ入り込め!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄から日本列島全体へ
 広く米軍基地を配備し直せ


米国をまともに正面から攻撃
 そんな勢力など存在しない訳だ


ロシア?中国?みんな米国と
 気脈通じ直結している可能性がある!!


9.11があるではないか!!
 テロとの戦いに備える必要がある?


アルカイダが米CIAの産物
 IS。。ISIL。。イスラム国で知られる
  集団が実は米のお墨付きの下、
   創立育成されたものだということも
    一部ではよく知られたことなのだが。。


オサマ・ビンラディンが、まさか!
 生きているとは思わなかったのである



スノーデン氏、「ビンラディンはバハマで生きている」

http://ameblo.jp/ruroibrown/image-12069102021-12660633748.html


我々日本国民だけでなく
 日本政府=外務省。。そして
  国会議員総理や閣僚、いや
   野党各党議員はこの事実に
    ついていけるとでもいうのか!


日本政府は国際政治・外交から撤退
 日本列島米軍基地化に取り掛かれ

安倍政権を倒すために野党がこれからやるべきこと 『週刊現代』官々愕々より
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151003-00045632-gendaibiz-pol

『9月19日未明、安保法が成立した。安倍総理は、最初からまじめに説明することを放棄。足を投げ出し、
 野次を飛ばし、野党や国民の声を無視した。

 違憲法案であるのに加え、その不真面目さと傲慢さに国民の不満と不安は頂点に達したが、それでも
 法が成立したのは何故か。

 最大の戦犯は、民主党と維新の党だ。衆議院ではほとんど無抵抗だったのに、参議院の終盤になって
 急に戦う姿勢を見せた両党。それは、国会前のSEALDsなどのデモが予想外の拡大を見せたからだ。

 しかし、それも所詮は、来年の参議院選挙目当てのパフォーマンス。当初から、18日を超えて連休に入
 れば、面子が立つという程度のものでしかなかった。元々、集団的自衛権を認めたいという勢力が強い
 民主党や維新の党は、党内事情でそこまで戦う態勢になっていなかったのだ。

 この選挙目当ての野党の動きはこれからも続きそうだ。19日には、共産党が、突然、「戦争法廃止の国
 民連合政府」構想を他の野党に提案した。これも、共産党はいつも自己の勢力拡大しか考えていない
 とSEALDsに批判されるのではないかと怖れてのことだろう。

 しかし、反戦争法一点主義の野党協力が国民のニーズに応えているとは思えない。

 内閣支持率が依然として40%程度ある理由は何か。安保以外のテーマで安倍政権を支持する理由が
 あるからなのか、あるいは、他に政権を委ねられる野党が存在しないからなのか。そのどちらかである』



古賀氏は官僚機構経産省出身
 新聞論調よりはマシながら。。
  本来いうべきことは、ボカしている


小生は、すでに国会与野党には
 完全に興醒めしてしまっている


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪野党再編?国会議員が完全に否定されている≫<安倍国会議員政権に反対は左翼という枠組みが大ウソ>【国民の利益を体現出来ないなら、与野党共に消えてくれ】


維新の党。。大阪系橋下維新は
 当然のことながら。。
残った松野
  維新にしても、国民の要求には
   応えられないに違いないのだ!


民主党は。。消費税増税3党合意
 これによって解党的大敗を喫した

  現在でも、消費増税を否定しない
   ならば。。消滅してくれて構わない
    いや、なぜ存在しているのか不明


山田厚俊。。この人は嫌いでは
 なかったのであるが。。
この議論は
  受け入れ難く全く承服しかねる訳だ


なぜ保守新党なのか!保守とは何か!
 まさか、安倍自民党を否定しない迎合
  安倍政権別働隊のような勢力なのか?


安倍晋三国会議員政権に迎合なのが
 保守であり。。
国会議員政権を攻撃が
  左翼であるとする現在の枠組みと風潮


大いなる誤魔化しであり、騙しである!!


野党がだらしない。。ポスト安倍が
 いない。。誠にそうかも知れない、
が!!

これは、恐らく背後に控える日本政府
 つまり官僚機構の構成員の言葉だろう


そして、それを国民・有権者に伝播させ
 昭和以来脈々と息づく。。
国会議員が
  政治をやっているという”都市伝説”

   絡めて見事に信じ込ませてきた大新聞


安倍政権は勿論のこと。。
 日本の国会議員政権は腹話術
  実際に政治をやっているのは
   官僚機構は間違いないと考える


そして、消費税増税はじめ
 内政に関して、官僚機構の中の
  官僚機構である財務省が全て動かす


と、小生。。以前から言っているが
 国会議員政権が終焉に近づくと
  こういう面白い話がボロボロと出る・・。


米欧の政治リーダーや指導者は
 官僚機構の知恵を借り。。執政する

  原爆を2度も投下され、焼土占領
   され。。現在も植民島である日本は
    米欧とは違った特殊特別な政治必要


通常の概念通念理論は当てはまらない
 極めて興味深い実験が行われる必要性




日本の右傾化 左翼が夢物語ばかり掲げたからとウォルフレン氏
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150507-00000010-pseven-soci


自衛隊は、確かに軍隊と見做せる
 ただ。。戦には向いていないだけで
  なく、指揮命令系統が未整備では?


自衛隊は災害人命救助隊が主任務だろう

左翼。。この言葉の意味合いほど
 力を持っていないのが、野党各党だ


国会対策という名のカネ
 貰っているんじゃないのかね?


まぁ。。可能性は限り無くゼロに近いが
 まかり間違って与党にでもなれたとしても
  またもや、官僚機構におんぶに抱っこ以上
   答弁ペーパー棒読み丸読みの腹話術じゃ


ウォルフレン氏の書は読んだ
 よく日本を勉強していた。。
が!!
  日本列島が米軍基地・植民島
   だということをご存じないか、無視
    いや、知らぬフリをしていないか?


日本を一人前の国家と認めて
 いないに等しい。。そう、認めていない


日本は主権国家として、他国と同様に
 交戦権を有する。。
では危なくて仕方なく
  
自らの領土が脅かされた場合を除き、武力
 に訴える行為は取らない。。
では不充分過ぎ


隷米属米追米といわれながら
 米欧露戦後世界秩序には騙され


貧弱なタカ派政策を標榜する
 安倍自民党と腰ぎんちゃく公明党

  を肯定するのが保守では絶対にない

安倍国会議員内閣を否定し
 辞職させるべく反対を唱えるのが
  現代日本のリベラルではないのか


いや。。安倍内閣を総辞職に追い込み
 野党再編なども認めず。。国民利益体現 
  する勢力を目指すのが現代日本保守だ!!


与党連立だけでなく。。野党各党
 民主党・維新。。共産党・生活の党
  でさえも。。国民利益を代弁出来ず


今、舞台に上がっている全国会議員
 今後を期待することなど無理なのである
  消えてくれて全く構わない訳なのである



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀氏が述べる。。民主党と維新の党
 が、野党が弱過ぎる戦犯であることは
  小生も否定しようが無い訳であり
   これらが野党中核で居る間は話は進まん



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪民主党を解剖する必要がある!自公との消費税三党合意!!こそがその正体だ≫【財務省はじめ外務省他官僚機構の指令で、御用記者と民主党議員が蠢く】


外務省が操る安倍内閣が
 強行採決可決した安保法制

  
反対する野党の中核に民主党
 小生。。何とも言えない違和感

民主党は消費税増税を
 完全否定せよ!原発推進を
  もう一度否定し切ってみろ!
   安保法制にも賛成なのだろう


そもそも、既成政党・国会議員の
 存在がものごとを見極める邪魔だ


と言い続けてきた訳である



消費増税 賃金が物価上昇に追いつかず弱者が皺寄せを受ける
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141014-00000019-pseven-soci

全く仰るとおりだが。。自民党安倍政権
 と三党合意の当事者民主党には全く
  通じないようである。。
いや、だから
   与党政権と野党第一党でいられるという
    悲しい現実が日本の政治にはある


黒幕は官僚機構。。その中の頂点
 財務省である!増税は財務省権力の源泉だ



もし消費増税が見送られたら?起こる“不測の事態”とは?広い範囲で混乱発生か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140913-00010000-bjournal-bus_all


財務省がプロデュースし
 実行する消費税の再増税。。


上記の記事は非常に端的に
 かつ解り易く、面白いものである

日本の政治の実態をかなり正確に
 言い表しているといえる。。なぜなら
  この記事の執筆者は元財務省官僚


つまりは、こういうことだ
 消費税の再増税とは。。

財務省の悲願であり、絶対に
 越えなければならないハードル


そして他の各中央府省庁も
 増税前提で予算が編成されている


また地方自治体も然り。。
 財界・経済界も増税の見返りとの
  名目で、法人税減税を首を長くして


そして、日本経済のコントローラー
 という表面上の役割担う日銀すら
  増税前提のインフレ政策らしい


大新聞各社つまり御用新聞。。
 御用学者・御用ジャーナリストも
  増税ありきでやってきているし
   御用学者・評論家は死活問題!!


何より、与党自民党議員は
 やっと巡ってきた政権の旨みは
  消費税増税含みで考えている!!


つまりは、政官財界。。マスコミ
 全ては、消費税増税を待ち焦がれて
  いや、増税あってこそ!の心境だろう


日本の。。政官財マスコミ、御用ジャーナリズム
 財務省を頂点とした官僚機構。。そして新聞社
  それらに寄生するジャーナリスト。。操り人形の
   国会議員政権。。というのが、日本の構図だ!


自民党、民主党、公明党。。
 別々の違う政党であり、かつ
  与野党に相塗れて意見を
   戦わせたはずの各党首が
    同窓会とはバカか、ふざけるな!


しかし、実態は当たらずとも遠からず
 財務省→各官僚機構→大新聞社→
  それらに操縦される与党政治政権が
   国民を煽って騙して統治する日本列島


この構図はピラミッドを形成しており
 財務省という頂点からすれば、自民も
  民主も公明も支配される同志であり戦友


民主党を除いた野党各党が
 何かインパクト与えるとも思えない

  しかし、まずは自民党と民主党を除去
   した上で、何が出来るのか考えよう。。


次の総選挙までに。。日本の中央政治
 国政の舞台に新しい戦力が大量に
  供給されなければ。。日本は終りなのだよ


日本の労働組合の
 ナショナルセンター
  連合。。民主党の支持基盤


都知事選で、細川護煕氏
 を支援しないという
  大歓迎である!出来れば
   民主党も応援声明取り下げ
    を是非ともお願いしたいところ


連合会長は
 細川氏から政策協議
  の呼びかけが無い


を理由にしているようだ
 が!!本当の理由は別にあった


なるほど。。失念していた
 最大の労働組合。。連合は
  電力総連も構成員として抱え
   連合東京会長は東京電力労組


連合は原子力ムラの一員だった


連合を最大支持団体
 とする前政権民主党


あの忌まわしき消費増税
 民主主義・政党政治崩壊
  の稚拙な官僚支配政治


原発再稼動決断という
 失政の連続。。なるほど
  連合と表裏一体なら納得


だいたい、民主党なんか
 とっくに無くなっているべき
  それを都知事選に支援表明
   候補の方が迷惑する訳である


東京都知事選
 脱原発で原子力ムラに渇
  だけでなく、それを支える
   財界。。官僚機構。。そして
    官僚傀儡の政治・国会議員


先進国中最悪確実の
 戦後日本統治システムに
  有権者が決別宣言する選挙


あの小沢一郎。。まっとうな政策を掲げた
 かと思いきや、数だけを頼みにアテにして
  民主党に急接近したこともある。。
しかし

山本太郎が一緒にいることが、むしろ
 数だけに走ることへのストッパーになる


ましてや、原発推進に対しての徹底追及
 旧生活の党なら、消費税増税や特別会計
  へのメスなどという政策も入ってくる訳だ!


消費増税の民主党。。電力総連擁して
 原発推進の連合は、絶対に組めない訳だ!!


原発再稼働・原発推進。。そして
 安保法制・戦争法案、野党として
  反対に回るフリをする民主党だが


野田内閣時代に原発再稼働の決定
 消費税増税の足掛かりを作り安倍へ
  バトンタッチした罪も極めて重い訳だ

 
よくよく分析してみると。。怪しい
 岡田代表も安保法制賛成の発言
  があったとも聞く。。野田前総理は
   消費税増税の傀儡は確定している


いや、そんなことよりも野党共闘だ?
 どうにも説明のつかない官僚傀儡の
  自公連立に対抗するために正攻法
   では話にならないではないか!と?


しかし民主党を解剖して、中身を把握
 しておかないと。。維新の党の橋下維新
  と同じように肝心なところで御破算にする


つまり。。安保法制に気を取られるのは
 自公連立を操る官僚機構の思うツボだ


原子力ムラ。。原発再稼働。。
 そして安保法制の背後に消費税増税


民主党は社会党になると田崎はいう
 いや民主党は公明党になる訳なのだよ


国会議員内閣の背後には
 財務省をはじめ外務省、経産省
  官僚機構が糸を引いていると考えよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『一方、野党の支持率が異常に低いことを見れば、やはり自民以外に魅力的な政党がないという有権者
 の冷徹な判断が安倍政権を支えていると見るべきだ。

 これに対して、既存野党が集まり、経済政策はそっちのけで「反戦争法」だけを旗印にした政権を作って
 も答えにはならない。むやみに選挙協力しても、例えば、自民対共産という選択肢しかない選挙区では、
 多くの有権者が棄権する可能性がある。

 そもそも自民党の支持率は30%台で、無党派層はそれと並ぶかそれを超えている。この無党派層が動
 けば、野党候補が3人いても十分に自民党に勝つ可能性はある。

 特に、資本主義を前提に競争を否定せず、グローバリゼーションに前向きに対応し、既得権と闘いなが
 ら庶民のための改革を行う政党であって、なおかつ、集団的自衛権と全ての原発の再稼動に反対という
 政党がない。そうした政党ができれば、無党派層のかなりの部分が動き出す可能性がある。

 既存野党の連合政権ができても、本音では原発を動かしたいと考え、消費税増税に賛成の民主党と反
 対の共産党が一緒に政権運営を行うなど不可能だ。日米安保条約の運用をめぐってもすぐにバラバラ
 になるだろう。

 安保政策を含め、日本経済と社会保障制度の立て直し、少子高齢化の克服といった問題は、15年から
 20年かけて取り組む課題だ。そのためには、長期的視点で政策軸を明確にした野党再編を行うことが求
 められている。来年の参議院選目当ての野合だけは止めてもらいたい』



消費税の増税を否定すら出来ない
 そういう勢力は排除すべきである!!


日本は政治後進国だ
 世界の動きとは乖離している



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安倍総理と外務省は、誰を同盟国として。。誰を仮想敵国としている?などと悠長なことは、もはや!≫【安保法制で、正に第二次世界大戦の悪夢再来!!】


昭和時代から続く憲法改正願望
 自民党は憲法改正が党是、であるが


すっかりメンバーも入れ替わり
 御爺ちゃんやパパの見解と違う
  その意味も知らん連中が議員に
   なっている可能性すらある訳だ


ましてや、米ネオコンに煽られただけ
 の大新聞やテレビ論調。。新聞は10回
  読んでも浸透しないが。。テレビの影響
   は依然として絶大な訳であり。。1回
    放送観れば、視聴率高い番組見解が
     多くの視聴者に浸透してしまう悲劇


みたところ、テレビ論調は米中対峙
 日本はその時どうするのか!の一点張り
  それでは、米国か中国かどっちにつく?
   という下らん議論になるのも当然なのか


その大元は、やはり外務省だ!!

米中が気脈通じて。。欧州も加わり
 実はロシアも敵ではないなどとしたら??


安倍内閣が強行採決した安保法案
 は単に外務省はじめタカ派の扇動だった
  という理解も当然のことながら成立する・・・。


沖縄に偏重。。集中している
 米軍基地を広く日本列島に
  バランス良く、広げて真の米軍
   基地日本列島が完成する訳だ


米中は対立なんかしていない
 米ソ冷戦も米欧シンクタンクの
  仕掛けた壮大なプロパガンダだった


当然、米国は日本と共闘など
 絶対にしないし、考えてもいない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米政府。。及び欧州各国も
 ネオコンに翻弄されてきたように
  見えるが、ここへきて変化も・・・。


桜井ジャーナルさんから引用

米露首脳会談でネオコンの計画に反する合意があり、ウクライナやシリアの情勢が激変との情報
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201510020000/


ネオコンの中核グループに属しているポール・ウォルフォウィッツは1991年にイラク、シリア、イランを殲滅すると語っていた。アメリカが世界を制覇することを目的としたウォルフォウィッツ・ドクトリンが作成されたのは、その翌年。2001年の終わりにアメリカの国防長官周辺で作成された攻撃予定国のリストに載っていたのはイラク、イラン、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダン。これまでアメリカは予定通りに体制を破壊してきた。この軍事侵略も日本のマスコミや「護憲政党」は支持してきた。

 そうした流れが9月28日に変わったとする指摘がある。この日、バラク・オバマ米大統領は強者が弱者を支配する世界秩序を宣言したのに対し、ウラジミル・プーチン露大統領はそうしたアメリカの姿勢を辛辣に批判、その後、ふたりは会談している。この会談は9月19日にアメリカ側から持ちかけられたものだという。捨て駒にすぎない安倍と会う時間を作る余裕はオバマになかったのだろう。

 会談後、ウクライナとシリアの情勢が劇的に変化、ウクライナではネオコンのビクトリア・ヌランド国務次官補がクーデターの前に行っていた次期政権の閣僚人事に関する会話で高く評価され、実際に首相を務めることになったアルセニー・ヤツェニュクが解任される可能性が出て来た。またウクライナ東部のドンバス(ドネツクやルガンスク/ナバロシエ)で戦争犯罪を犯したとキエフ側が認めたとも伝えられている。また、シリアでロシア軍がIS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISISやダーイシュとも表記)を空爆したのはプーチンとオバマが会談した1日半後のことだ。

 この空爆をアメリカの好戦派やその影響下にあるメディアが激しく批判しているが、アメリカの支配層内で大きな変化が起こっている可能性は高い。ロシア軍が空爆する前から「民間の犠牲者」が西側では報道されたようだが、BBCは2001年9月11日に世界貿易センターの7号館が崩壊したと実際に崩壊する20分ほど前に報道していたので、驚くほどのことではない。

 また、アメリカ空軍参謀次長のロバート・オットー中将はロシア軍がアメリカに支援された部隊を攻撃した事実はないと発言、マイケル・フリン元DIA局長はシリアにおける反乱の主力はサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIで、西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているとする報告を確認、ISの勢力範囲を広げたのはアメリカ政府の判断に基づくと説明している。軍の情報部門からこうした西側のプロパガンダに反する証言が出てくることも興味深い。

 中東やウクライナでネオコンのプランが崩壊する可能性が出て来たわけだが、彼らがこのまま引き下がるとは思えない。ロシアで「報復テロ」を実行するという見方もあるが、東アジアで火をつけることも考えられる。すでに新疆ウイグル自治区にアル・カイダ系の武装勢力は入り込んでいるようで、最近、中国国内で爆発が続いていることも無視はできない。そうした中、安倍晋三政権が戦争法案を強行成立させた意味は日本人にとって重い


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安保法制を葬り去るには公明党を攻めろ!≫【大前提<米中対立>は無い!<日米同盟>などそもそも妄想だ!!】


中国を防衛白書で非難し。。敵意すら滲ませ
 それは、日米同盟を根本的大前提としている

  しかし米国は日本を同盟国として認定してるか?
   リップサービスの得意な米政府は口だけ同盟


実態は、日本列島は米軍基地。。世界戦略の
 拠点としか見ていないのは確実なのであるから


日米同盟というのは20世紀末
 に日本に出現したマスコミ造語

  日本列島占領の代わりに結ばれた
   日米安保条約が本当の姿であり

    同盟とは程遠く、また米中対立も無い


中国の東シナ海ガス田開発他
 いや、尖閣諸島への目論見の動きすら
  米国の許可を得て。。いや、米国政府
   から耳打ちされて行っている可能性すら


日米同盟など存在しない!本当の姿である
 日米安保条約は基地を使用させろ!の占領
  延長線上の属国未満植民島契約に他ならず


米中対立も日本大マスコミが
 米欧に騙されて繰り出すプロパガンダ

  戦後70年。。外交主体の外務省が
   徹底的にだまされたということだ。。
それを
    許す国民世論の選択は完全に間違い!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国と共闘。。日米同盟を基軸
 として。。中国やロシアと対峙など
  という妄想で安保法制を強行採決し


国内では、財務省権力に支配されっ放し
 消費税増税も否定出来ないなら。。

  さっさと、国会議員・与野党各党とも
   解散消滅してくれて全く以て構わない


前NYタイムズ東京支局長「米国はアジアを中国に任せるかも」〈週刊朝日〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151002-00000002-sasahi-pol

『安倍晋三首相は来年の参院選を見据え、「新3本の矢」なる経済政策に力点を移している。英エコノ
ミスト誌記者のデイビッド・マックニール氏、前NYタイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏と外
務省OBの孫崎享氏が、沖縄の基地問題をぶった切った!

 *  *  *
 ファクラー(以下、F):政府は辺野古基地は中国の台頭に対抗するための抑止力として考えていま
す。ところが、軍事的にドライに見ると、沖縄本島に海兵隊を置くことは、戦略上よくないという見方
を持っている人がペンタゴン(米国防総省)にもいます。沖縄にある海兵隊の基地は中国に近すぎ
て攻撃を受けやすく、抑止力にならないとの見方です。

 孫崎:米軍が重要視する嘉手納基地も含めて、沖縄本島は中国のミサイルの射程圏内。もし米中
間で戦争が起きれば、沖縄にいる空軍はマヒしてしまう。

 F:一つの大きな部隊ではなく、小規模な部隊をオーストラリアやグアムなどに分散して配置したほ
うがいいと話す米国の軍人もいます。ペンタゴンも将来は沖縄に2万人の師団を置く必要はないと
考えていると思う。

 マックニール(以下、M):外国人の特派員記者が沖縄の基地問題を積極的に取材するのは、ある
意味では本土の日本人よりも、沖縄の人のほうが沖縄の歴史や日米安保について広い知識を持っ
ているから。取材をすると疑問に思うのは、沖縄で反対の声があり、日本にとって取り返しのつかな
い事態になる可能性を秘めているのに、なぜ、政府は米軍基地を沖縄に押し付けたままにするので
しょうか。

 孫崎:歴史的に見ても、敗戦後にGHQに沖縄を長期的に貸してもいいと言ったのは昭和天皇。その
ことは『昭和天皇実録』にも書かれています。さらに、重光葵は外相時代に在日米軍の撤退を求め
るために、最初に陸軍、次に海軍と空軍に撤退してもらおうと考えていたが、昭和天皇はそれにも否
定的な意見を重光に伝えていました。こういった史実もメディアではタブー視され、本土ではほとんど
知られていないが、沖縄の人たちは史実を勉強し、知っています。これは一例ですが、東京と沖縄の
溝が埋まらないのは、こういった歴史が共有できていないからです。

 F:基地問題解決のヒントは、沖縄に米軍基地や海兵隊を置いても米国に軍事的なメリットはあまりな
いという点を突くことです。

 M:翁長知事は6月の訪米で、沖縄に多くの海兵隊を置くことに否定的だったマケイン氏(米国上院軍
事委員長)と会談しました。ところが、実際に会ったら辺野古推進になっていた。ケネディ駐日大使も
同じ。まるで政府からの通達でもあったかのように「日本の内政問題」と言うだけだった。

 F:それは当然のことなんですよ。オバマ大統領からすれば、辺野古移設の問題は鳩山由紀夫首相の
ときに混乱したから、これ以上関わりたくないのが本音。だから、共和党のマケイン氏とオバマ政権に
は、立ち位置に違いはない。それでも、大統領が代わり、日本政府が本気で交渉すれば、米国の方針
が変わる可能性があります。

 M:安保法制が国会で成立し、自衛隊が海外に出て、集団的自衛権を行使する可能性もあります。悪
いシナリオだと、いずれ日本と中国の間で何らかの紛争が起こる可能性もある』



日本政府から米国へ通達?
 読み間違いなのか?有り得ん!


沖縄に米軍基地や海兵隊を置いても
 米国に軍事的なメリットはあまりないと
  いう点を突く?絶対に有り得ない!!


政府=省庁。。ここでは外務省
 ましてや国会議員政権が、米国に
  交渉やかけ引きするなど、可能性ゼロ


沖縄が中国から近過ぎるなら
 日本列島に広く米軍基地をばらける
  これなら、米軍の利益だ。。有り得る



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪<安倍内閣の暴走>安保法案遮二無二強行採決の理由は。。米国の指令!というのはウソ!!≫<憲法改正したいタカ派勢力の扇動に米ネオコンが乗っているだけ>【米国と中国は対立でも戦争一歩手前でもない】


昭和時代から続く憲法改正願望
 自民党は憲法改正が党是、であるが


すっかりメンバーも入れ替わり
 御爺ちゃんやパパの見解と違う
  その意味も知らん連中が議員に
   なっている可能性すらある訳だ


ましてや、米ネオコンに煽られただけ
 の大新聞やテレビ論調。。新聞は10回
  読んでも浸透しないが。。テレビの影響
   は依然として絶大な訳であり。。1回
    放送観れば、視聴率高い番組見解が
     多くの視聴者に浸透してしまう悲劇


みたところ、テレビ論調は米中対峙
 日本はその時どうするのか!の一点張り
  それでは、米国か中国かどっちにつく?
   という下らん議論になるのも当然なのか


その大元は、やはり外務省だ!!

米中が気脈通じて。。欧州も加わり
 実はロシアも敵ではないなどとしたら??


安倍内閣が強行採決した安保法案
 は単に外務省はじめタカ派の扇動だった
  という理解も当然のことながら成立する・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『孫崎:では、米国に頼ればいいかというと、そうではない。先日、米国のシンクタンクであるランド研究所が
 新しい報告書を出しました。そのなかで、台湾周辺で米国と中国が衝突した場合、中国に優位性が出て
 いると書かれています。以前から専門家の間では指摘されていたことですが、権威あるシンクタンクが認
 めたことの影響は大きい。今後、これは米国の基本的な認識になっていくでしょう。仮に尖閣諸島で日中
 間の紛争が起きても、米国は日本と一緒に戦うことはしないと思う。

 F:米国は、10年後には日本を見放して中国を選ぶかもしれませんよ。米国は、中国のことをかつてのソ
 連のようには考えていない。世界的な覇権は狙っていないと考えていますから。むしろ、取引次第ではア
 ジアは中国に任せることもあるかもしれません。

 孫崎:これが国際政治の現実ですよ。日本が「米国と仲良くしておけば、安全保障は大丈夫」と思ってい
 ても、米国や中国の動向次第で、安倍首相の思い描く未来にはならない。そこをちゃんと分析せずに、突
 き進められると、恐ろしいことになる。

 F:いずれ、日本は米国だけでなく、中国にも頭を下げることになるかも(笑)。そうならないために集団的
 自衛権を認め、米国の武器を買い、中国より日本が米国のためになることを懸命にアピールしている』




沖縄に偏重。。集中している
 米軍基地を広く日本列島に
  バランス良く、広げて真の米軍
   基地日本列島が完成する訳だ


米中は対立なんかしていない
 米ソ冷戦も米欧シンクタンクの
  仕掛けた壮大なプロパガンダだった


当然、米国は日本と共闘など
 絶対にしないし、考えてもいない



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪安保法制を葬り去るには公明党を攻めろ!≫【大前提<米中対立>は無い!<日米同盟>などそもそも妄想だ!!】


中国を防衛白書で非難し。。敵意すら滲ませ
 それは、日米同盟を根本的大前提としている

  しかし米国は日本を同盟国として認定してるか?
   リップサービスの得意な米政府は口だけ同盟


実態は、日本列島は米軍基地。。世界戦略の
 拠点としか見ていないのは確実なのであるから


日米同盟というのは20世紀末
 に日本に出現したマスコミ造語

  日本列島占領の代わりに結ばれた
   日米安保条約が本当の姿であり

    同盟とは程遠く、また米中対立も無い


中国の東シナ海ガス田開発他
 いや、尖閣諸島への目論見の動きすら
  米国の許可を得て。。いや、米国政府
   から耳打ちされて行っている可能性すら


日米同盟など存在しない!本当の姿である
 日米安保条約は基地を使用させろ!の占領
  延長線上の属国未満植民島契約に他ならず


米中対立も日本大マスコミが
 米欧に騙されて繰り出すプロパガンダ

  戦後70年。。外交主体の外務省が
   徹底的にだまされたということだ。。
それを
    許す国民世論の選択は完全に間違い!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カネだけ出して、と世界から批判
 これは日本タカ派の扇動に違いなく


日米同盟は大ウソ!を認めて
 深く、米国・米軍の懐へ入り込め!