FC2ブログ
安倍首相「国民におわび、緊張感を持って政権運営に当たる」


「責任を痛感。。
 緊張感を持って」


聞き飽きた
とか
責任取ったことが無い

とSNSにも怒りの声が
当然であろう。。
しかし!

暖簾に腕押しなのである

つまり、彼は。。安倍総理は
 ”読んでいる”だけなので・・・。


『魂を売り渡して』2012年
 総裁~総理再登板を果たした


安倍晋三は政権担当など
 一切していないのであるから


しかし、内閣総理大臣
 その大権を嘗めてもらっては困る


内閣官房・内調・公安警察
 が各省及び大手マスコミに
  睨みを利かせているから


長期政権になっただけのことだ




【1億5000万円を聞く 前法相夫妻起訴】責任取らぬ安倍政権、背景に 法相起用はブラックユーモア 東京大名誉教授・御厨貴さん


安倍政権は「お友達内閣」と言われ、安倍晋三首相のため汗をかいている人に必ず優遇措置がある。この事件だと妻を擁立するから金と人(秘書派遣など)の両面で支援する。克行被告の「期待に応えなくては」との思いがばらまきにつながったのではないか。当選すると、たちどころに大臣で処遇された。法相起用はブラックユーモアだ。


確かに。。昭和の
 法務大臣は派閥領袖クラス
  副総理級で入閣だった訳だ


ただ。。
 第二次以降安倍政権は

創価票で多数派確保
 あとは内閣官房政権!


閣僚=大臣など殆ど意味が無い
 お飾り以下なのではないだろうか


御輿に安倍を担ぎ
 適当な人事、閣僚に適当な人間
  を配置するのも内閣官房と疑う訳だ



―克行被告はどんな政治家でしょう。

 自民党が野党時代、民主党政権追及の急先鋒(せんぽう)となる一方で派閥を離れ、当時の党執行部の運営を「旧態依然」と批判して目立っていた。2012年の総裁選で安倍氏を応援し、与党に戻った瞬間に政権中枢へ一直線に結びついた印象だ。



ココは注目したい!
 内閣官房に尖兵として
  選ばれた瞬間かも知れない


内閣官房の”兵隊”が
 逮捕起訴された意味は大きい




そもそも、なぜ安倍官邸に近い河井夫妻を起訴できたのか? 東京地検「黒川外し」のカラクリ



特捜部は2010年1月の石川知裕衆院議員の逮捕・起訴後、およそ10年にわたってバッジ(国会議員)には手が届きませんでしたが、現特捜部長の森本宏氏は在任中に3人の国会議員を逮捕・起訴したのです


森本宏東京地検特捜部長か


「捜査は当初、7月中の『勇退』が決まった稲田伸夫検事総長、元東京地検特捜部長の堺徹次長検事、元特捜部副部長の落合義和最高検刑事部長のラインが主導する形で、現場の広島地検を動かして行われていました。

 河井夫妻などについて捜査をさせたくない首相官邸は昨年末、官邸に近い黒川弘務前東京高検検事長を検事総長に据えるため、法務事務次官を通じて稲田氏に退任を求めましたが、拒否されたことから、官邸側は1月31日、黒川氏の定年延長を強引に閣議決定したのです。

 このため東京地検特捜部を本格投入すれば、上級庁の東京高検トップを務める黒川氏が決裁ラインに入り、捜査を『邪魔』されてしまいかねないので、最高検主導で広島高検傘下の広島地検を、動かしていたのです。言うなれば『黒川外し』です。



稲田伸夫検事総長、堺徹次長検事、
 落合義和最高検刑事部長のラインか。。


しかし、過度な期待は禁物!
 敵の敵は味方程度であり。。


その地に堕ちた法務省管轄の
 役所であることを忘れてはイカン




中村格警察庁次長(当時は警視庁刑事部長)が公安使い検事のスキャンダル収集中との情報  山岡俊介


大いに気になっている

安倍を護る公安警察群
 検察関連スキャンダルを
  嗅ぎ回っているらしいのだ


ココは身を律して安倍陥落
 まで頑張って欲しいものだ!




≪『そうか、安倍と自民は力があるのか』などと間違っても騙されてはいけない≫【魔法を手に入れただけ!それ失えば旧民主党以下、一方手に入れれば野田政権でも未だ続いている】


これは基本中の基本である

安倍総理を筆頭とする政権
 政党政治とか与党とか無関係


民主党と比較すらバカらしい!

安倍内閣はスゴイ
 などと間違ってはイカン!!




≪内閣総理大臣とは、内閣の代表であって全ての責任を取って辞任するのみ≫<総理という存在の脆弱さは福島第一原発事故で改めて>【今、安倍を御輿に官僚どもが跋扈して悪事!安倍の首を獲れ!!】


《内閣官房・内調に脚光がようやく》≪映画『新聞記者』が日本アカデミー賞≫<〈異常!〉国内大手マスコミは殆ど報道せず>【「ボンクラ総理が長期政権」のタネ明かしはコレ】


モリカケ。。森友問題
 加計問題は現在まで
  取り逃しているのである


しかし、鎮火などしていない
 まだ燻ったまま、つまり。。
  疑惑は満載であるが単に


出て来ていない、止められた
 状態に違いないのであるから


安倍陥落と同時に
 ズラズラと出てくる可能性


が極めて高いと期待するのである




《『森友改竄』内閣官房影の総理が直接指示か》≪丸投げ安倍総理に「関わっていたら辞める」とまで言わせ≫<敢えてうがった見方(本来の意味)をしてみる>【しかし内閣総理大臣の権限と照らせば、《政務秘書官兼補佐官》もろ共《安倍辞任逮捕》】


《河井克行・案里立件に向けて》≪政権・内閣官房はそんなに困るのか≫<広島地検はじめ検察は本気なのか>【内閣官房・内調人脈の河井克行のクビを獲れ】


《安倍総理は『自らが逮捕される近未来』を恐れ?》≪彼はそんな神経を持ち合せない、恐れるのは内閣官房首脳だ≫<ガタガタの政府では新型コロナも抑えれまい>【具体的な”逮捕”という言葉、それを楽しみに待つ】


安倍と内閣官房は
 スクリーンと映写機の関係


内閣官房を撃ち落とせば
 安倍政権は瞬時に止まる!


一方、これ以上無い御輿
 安倍晋三を再起不能、2度と

  
擁立出来ない状態に
 追い込むことが出来れば


この悪辣内閣官房政権
 を今なら崩壊させられる訳だ




《やっぱり安倍総理が深く絡む》≪検察庁法改正してまで黒川検事長定年延ばす≫<それだけでもないようだ>【この政権、もはや存続する理由が無い!日本政府も出直しだ!】


《河井克行前法相立件間近!》≪安倍晋三を諸々容疑で逮捕!しか視野に入っていない≫<それが未開国らしく中々難しい>【現政権倒閣への道は険しいがヤルしか無いだろう】


《河井克行前法相・案里議員夫妻逮捕!》≪これがスタート!滑り出しとしては上々であるが≫<それにしても記者クラブは使い物にならんどころか害だ>【安倍総理は勿論、官邸=内閣官房をターゲットにしているのだ】


安倍を御輿に担ぐ
 内閣官房政権は


完全無欠でも天下無敵でもない

むしろ、隙だらけ。。抜かりまくり
 頭悪いのではないかとさえ思える


なぜ、河井みたいなツマラン奴に
 そこまで入れ上げたのか。。
他にも

「こんな下らんスキャンダル
 が出て来さえしなければ・・・」


というスキャンダルのオンパレード

やはり真ん中にポンコツを
 担ぐと色々無理が出てくるのか・・・。



史上初の現職総理のまま逮捕で良い!

政権陥落後には

検察にはここは事件として
 シッカリと仕上げてもらいたいし

  
マスコミにもきちんと
 総括もして欲しいところであるが


スポンサーサイト



相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり


29日、東京都の新型コロナウイルスの新規感染者は58人となり、4日連続、50人を上回った。うち、感染経路不明は24人と4割を超えた。小池都知事は、感染経路不明は「多くない」と強弁しているが、経路不明は着実に増えている。このまま放置が続けば、東京は底なしの市中感染に見舞われる恐れがある。


当たり前でね、”首長”に
 「物事を解決する期待」を抱く
  ことがそもそも大間違いなのだ


政府。。総理大臣に期待、は
 もっと愚かなことであるから


ついでに言えば大阪も全く同じ
 近く馬脚を現すことだけは確実だ


そこで都知事選
 と言いたいところだが


あまり興味が無いのである




しかし、感染経路不明者は半数に達している。26日は54人中27人(50%)、27日も57人中35人(61%)、28日は60人中39人(65%)だった。絶対数も経路不明も増えているのに、小池都知事は平静を装い続け、何の手も打とうとしない。そもそも、東京アラートを発する基準の1つは、新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%以上だったはずだ。


東京を責めるのは簡単
 ”感染者数が多い”のであるから


また小池百合子に
 学歴詐称。。それに留まらず
  様々なスキャンダル勃発の気配


これも明らかになってくるだろう

ただ。。それに続くはずの
 大阪がなぜこのところ少ないのか


隠しているのか検査していないのか

そちらに目が行くのも当然である




小池都知事は、東京五輪開催にこだわり、コロナ対策が後手に回った。知事選が終わるまで、市中感染をスルーするつもりなのか。


それをいうなら、政府安倍政権
 正確には内閣官房に対してだろう


河井夫妻逮捕から日が経つ
 河井で終わり、なら意味が無い


当然自民党。。いや自民には
 力など無いのであるから、司令塔

  
内閣官房にターゲット絞る必要




《下らんツマラン日本の国政》≪内閣官房と財務省はじめ政府・官僚機構=為政者設営のリングでしか戦えない与野党≫<山本太郎を見習え!>【もはや投票先は『れいわ新撰組』だけしか無い!各選挙区に候補者擁立してくれ!!】


世間が山本太郎に注目した理由
 は別にどうでも良く、当方としては


あまりに既存野党がダラシナイ
 退屈過ぎるので、当たり前のこと
  を主張する山本太郎に目が行った


野党がダメ過ぎたので
 山本太郎が押し上げられただけである


かと言って、自民党が良いのか
 それだけは絶対に無いのである


人数が多く、政権党であるから
 大手マスコミもより多く取り上げる


しかし、内閣官房という司令塔
 が行政能力(各官庁調整)に長け
  大手マスコミを恫喝して”悪材料”


を書かせないようにしてきただけ!

自民党の中身はポンコツであり
 自身で選挙も戦えないクズ集団である




《大化けの予感『れいわ新選組』》≪山本太郎の新党が立憲民主党の支持率を超えたらしい≫<そりゃそうだ、既存野党が言わない【当たり前の消費税減税廃止】を叫んでいる>【為政者霞が関と内閣官房・記者クラブは抹殺に躍起】


《参院選想像通りの結果だった》≪しかし希望も見えた!共産党が『れいわ新撰組』と協力の意向≫<そらそうなる、もう野党共闘の中身を変える時>【為政者設営のリングだけで戦っても支持は得られない】


《山本太郎とれいわ新選組は唯一の光》≪内閣官房と公安警察と原子力マフィアの安倍政権、しかも財務省傀儡≫<一方の立憲民主党似も財務省の影、国民民主党にも自民党の影響>【政党政治など無い日本政治のゴタゴタを明快に斬り捨てたのが山本太郎】


今のとこと都知事選は小池再選
 ということに残念ながらなりそうだ


石原慎太郎を”長期政権”にした
 東京であり、安倍政権をのさばり
  続けさせている日本ということである


では、山本太郎はなぜ都知事選に
 出馬するのだろうか。。資金集め!!


選挙参謀とされる斎藤まさし
 彼がどうも内閣官房・公安警察と
  裏で結託している疑いが晴れない


さらに、負け方によれば
 供託金没収となりかねないのだ


資金集めの目的も吹っ飛びかねない




《山本太郎とれいわ新選組は唯一の光》≪内閣官房と公安警察と原子力マフィアの安倍政権、しかも財務省傀儡≫<一方の立憲民主党似も財務省の影、国民民主党にも自民党の影響>【政党政治など無い日本政治のゴタゴタを明快に斬り捨てたのが山本太郎】


《やはり旧民進党(元民主党)の連中は怪しい》≪立憲民主党枝野代表が野田佳彦に協力求め≫<国民民主党が維新と統一会派案浮上>【やはり山本太郎れいわ新撰組と共産党が核になるべし!】


《山本太郎れいわ新選組は政策に忠実》≪政策を掲げて議席を取り実行!当たり前の話≫<自民党はそれを出来ているか?政権は『自民党すら無視』しているのだ>【総裁選で地方票や党員票を完全無視してこの足掛け7年の政権】


山本太郎の背後にいる
 斎藤まさしの不可解さと共に


元々そんな逸材でもない
 しかし期待したいのであるが


共産党との連携も今のところ
 混沌として、暗雲立ち込めている




《面白いこと言うねぇ》≪日韓対立・ホワイト国除外で譲ったら政権が終わるのだそうだ≫<世界から哂われ何も良いことは無い、サッサと終われ!>【誰がこの政権を終わらせるのか・・・なるほどやっぱり!】


《安倍政権解剖第二弾》≪やはり井上義行がココでも登場するのか≫<加計学園にも絡んでいた>【安倍政権の解り難さは「政権運営」と「カルト教団」の混在に有った】


《方向性だけは読めた》≪現在の内閣官房安倍政権・日本政府では間違いなく破滅する≫<キーワードは政府資産解体>【ウソの偽装底上げ株価に騙されたら地獄行き】



内閣官房。。具体的には
 政務総理秘書官兼総理補佐官

事務担当内閣官房副長官
 そして国家安全保障局長で
  前内調トップ内閣情報官であろう


彼らや日本会議にとって
 安倍はうってつけのこれ以上ない
  御輿であるということ、それだけだ


安倍のトップダウンでこの長期政権
 築けたはずなど絶対に無いのである




《京都市長選に注目》≪共産党にれいわ新選組が合流応援≫<「自公・国民民主・立件民主」の『官僚機構操縦勢力』と対決>【選挙勝敗以前に日本の現状いや惨状を確認することになる】


《日本は政治未開国》≪そう、その通り!世界から哂われている≫<世界標準にまったく達していない>【安倍のような総理や山口のような大手マスコミ社員が生まれるのだ】


山口敬之という安倍昭恵繋がり
 安倍総理贔屓のクズ記者の敗訴


この辺りから少しだけ流れ変わった

しかし、河井夫妻事件を彼らだけ
 の犯罪で検察が終わらせるようなら


また元の木阿弥、地獄の継続である


首相動静(6月19日)

午後4時4分から同34分まで、石川正一郎拉致問題対策本部事務局長。同37分から同59分まで、北村滋国家安全保障局長、滝沢裕昭内閣情報官、今井首相補佐官、山田重夫外務省総合外交政策局長、防衛省の槌道明宏防衛政策局長、山崎幸二統合幕僚長。同5時から同10分まで、北村国家安全保障局長、今井首相補佐官、秋葉剛男外務事務次官。同11分から同17分まで、北村国家安全保障局長。同18分から同40分まで、滝沢内閣情報官。同45分から同55分まで、和泉洋人首相補佐官、外務省の秋葉事務次官、志野光子国際文化交流審議官。


色を変えたところが気になる
で、問題はコレだ

午後6時23分、官邸発。同30分、東京・虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」着。同ホテル内のレストラン「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」で麻生太郎副総理兼財務相、菅官房長官、甘利明自民党税制調査会長と会食。


副総理や官房長官、税調会長
 肩書きだけは仰々しいが、
議員
  はボンクラである、ハッキリした


コイツらの会食は官房機密費
 からの支出ではないのかね?



1.5億円使途、自民内に不信感 首相の説明求める声も―河井夫妻逮捕


官房機密費で副総理・官房長官・税調会長
 と会食。そら参院広島にも報償費突っ込む!
【領収書不要】河井も要求しなかったそうだ


費用の詳細は不明。党参院幹部は「(地元議員らに渡ったとされる)2570万円の原資だったのか、調べないといけない」と指摘した。
 「広報費」との説明に対し、党内からは「帳簿上はそうなっているが、怪しい。党の資金以外にも官房機密費が使われている可能性もある」(関係者)との疑念も漏れる。
 1億5000万円の提供を誰が決めたのかも不透明なままだ。党関係者の一人は「これだけ多額の資金を一人の候補者に振り込むことは、通常あり得ない。首相官邸の指示がないとできない」と指摘した。



自民党が騒いだって期待無し
党派閥は全く力なんか無い!
【記事になったことが重要】




≪闇の温床『官房機密費』!2009年自民党麻生政権下野直前に持ち出し!!≫<しかも自民~民主~安倍政権リレー>【現在の《内閣官房翼賛体制》に繋がる財務省支配】


《安倍総理は『自らが逮捕される近未来』を恐れ?》≪彼はそんな神経を持ち合せない、恐れるのは内閣官房首脳だ≫<ガタガタの政府では新型コロナも抑えれまい>【具体的な”逮捕”という言葉、それを楽しみに待つ】


《河井克行ヤバいぞ!》≪河井夫妻公職選挙法違反事件、自民党ではなく内閣官房か≫<官房機密費から実弾との見方>【広島県警の8572万盗難事件との関連は】


《やっぱり安倍総理が深く絡む》≪検察庁法改正してまで黒川検事長定年延ばす≫<それだけでもないようだ>【この政権、もはや存続する理由が無い!日本政府も出直しだ!】</a>


《6月10日前後もしくは6月17日前後であろう》≪河井克行前法相・案里夫妻逮捕≫<むしろ1億5000万の出処に焦点>【『安倍総理・内閣官房直撃』!官房機密費から、の可能性を考える】


《河井克行前法相・案里議員夫妻逮捕!》≪これがスタート!滑り出しとしては上々であるが≫<それにしても記者クラブは使い物にならんどころか害だ>【安倍総理は勿論、官邸=内閣官房をターゲットにしているのだ】


記者クラブと共に
 議院内閣制もやめるべきだ
河井夫妻逮捕でも安倍首相会見は追及なし! 唯一の質問は幹事社フジの「1億5000万円は買収に使われてないということでいいか」


”腹心”とされる前法務大臣
  逮捕!
ということで、もしや

辞任に言及する可能性を考え
 少しだけ聴いてみたが。。
案の定

酷い有り様だったようである


「まず、あの総理、冒頭言及がありました河井夫妻が逮捕されたことについて、『責任を痛感している』と述べられましたが、総理・総裁として具体的にどういった責任を痛感されているのか、ということと、自民党から振り込まれた1億5000万円の一部が買収資金に使われたことはないということでいいのか、お伺いします」

いったいこのフジテレビ記者の質問はなんなのか。

「『責任』と言うがそれは具体的にどういう責任なのか」という質問は、まあ当然のものだ。だが、そのあと「1億5000万円は買収資金に使われたことはないということでいいのか」って、どうして“使われていない”という前提の質問なのか。

 しかも、このフジの記者はつづけて、東京五輪の実施についてやワクチンの問題、さらには「今秋に衆院解散に踏み切るという噂があるが総選挙の実施は可能と考えるか」など、河井夫妻逮捕の話題だけではなくいくつも質問を投げかけたのだ。こんな質問では、話題が分散されて掘り下げた回答など得られないのは目に見えている。

 実際、安倍首相はこのフジによるアシストとしか思えない質問に対し、会見冒頭に述べた台詞をそのまま繰り返した上で・・・



官邸記者クラブ「内閣記者会」か。。
 記者クラブ、使い物にならん

どころか今や害悪である

世界中のメディアから
 笑われ呆れられているのに



河井夫妻逮捕で野党は安倍首相の説明要求「選挙でなぜ1億5000万円使えたか」


立憲民主党の安住淳国対委員長(58)は国会で会見を開き、「自民党は去年の参議院選挙で大金を使い、長期政権になってお金に汚くなった。自民党議員もなぜ河井案里氏が選挙で1億5000万円使えたか知りたいんじゃないか。通常選挙の10倍以上です。安倍首相は説明責任を果たすと言い続けながら結局、なにもしなかった」と語った。

国民民主党の玉木雄一郎代表(51)は克行容疑者の逮捕について「法務大臣経験者が逮捕されたのは言語道断です。安倍総理は任命責任と説明責任が強く求められる。自民党の責任も重い」と強調した。



野党も。。旧民主党系
 幹部クラスがダメだねぇ



「総理案件」大金動く 広島県連と対立、選挙劣勢覆す 河井夫妻逮捕


「応援に来られるのは『安倍晋三事務所の秘書さん』ではなく、『安倍総理大臣秘書』と表現してくださいよ」

翌日に安倍首相の山口県事務所からベテラン秘書ら5人が応援に来る予定で、「全員表に出て拍手で迎えるように」と念押しする細かな気遣い

自民党関係者は、首相秘書の選挙応援は「極めて異例だ」と明かす。前代未聞の選挙戦の背景には、案里容疑者の擁立を巡る地元の広島県連との確執があった。



河井克行は菅人脈ではなく
 安倍人脈
そして政府中枢
  
国家機関が動いたのではないか




「原資、捜査される」 自民に不安拡大 河井夫妻逮捕


河井克行・杏里陣営が
 配った2600万の原資は


自民党本部から出たとされる
 1億5000万ではないか・・。
  と言われているのであるが


自民党は経由した容器であり
 中身は内閣官房報償費即ち
  官房機密費ではないのかと
   以前から疑っている訳である




河井夫妻逮捕は序章 原資を出した党と官邸の関与が核心


捜査の焦点の1つは、自民党本部から夫妻陣営に渡った1億5000万円ものカネだ。通常、候補者には1500万円の資金が渡される。溝手氏に支給されたのも、1500万円だった。なのに、なぜ河井陣営には10倍ものカネが流されたのか。いったい、誰が判断したのか。1億5000万円のカネはどう使われたのか。もし、党本部や大物議員に還流していたとしたら、一大スキャンダルになる。


安倍事務所に還流したのではないか
 との記事は、既に出ていたのであり

これだけで総理辞任確実!
 一大スキャンダルなのである




河井夫妻、違法買収は官房機密費? 安倍政権の横暴ぶりに海外投資家の日本離れ加速=今市太郎


1億5000万は官房機密費
 この説は消えてなどいないと思う

何かあれば必ず噴き出してくる
 なぜ、大手マスコミは取り上げない?

政府中枢が腐っていることに
 なれば、官僚機構・記者クラブ
  経済界までもが大打撃であり


政権交代しても良くならない
 日本政治は地の底に堕ちる




《辞任した前法相河井克行の謎》≪安倍政権では珍しく『新興宗教・カルト教団』の影が薄いのになぜ側近に?≫<安倍側近でも菅側近でもなかった>【内閣官房政権である安倍内閣の飛び道具『内調銘柄』だった】


こちらが本物の側近
 いや、安倍を動かす官邸

内閣官房のエース級
 現国家安全保障局長との関係



コイツ(河井夫婦共々)らヤバいな!
と切りにいった。。そこで計算違い!!

切っておいて押さえようとした
 しかし!懐刀(黒川)が散った

さらに(河井と官邸)思いの外
 癒着が酷く片足もぎ取られた政権。。




《前法相河井克行・案里議員夫妻を追い込め》≪内閣官房系クズ議員が挙げられたら面白くなる≫<2012年総裁選での河井は「貢献ではなく使いっパシリ」だった>【やはり2012年総裁選には重大な”何か”がある】


とすれば、だ。。河井が走った
 しかし、現内閣官房面々いや

もしや前任者が自民党総裁選
 で安倍総裁再登板に関与すべく

自民党派閥を動かした可能性・・・。




《河井克行が主犯》≪河井案里に同じ選挙区の自民党候補の10倍1億5000万投入≫<これを安倍総理単独犯に矮小化>【違う!政府『内閣官房機密費』が使われた可能性を考える】


《河井克行・案里立件に向けて》≪政権・内閣官房はそんなに困るのか≫<広島地検はじめ検察は本気なのか>【内閣官房・内調人脈の河井克行のクビを獲れ】


河井克行・案里逮捕の裏に
 巨大スキャンダルが潜んでいる


とかく官邸と裏取引説の検察
 まず手が足らない、力量不足も
  心配され、気掛かりなのである


これで終わったりはしないであろうな




《河井克行ヤバいぞ!》≪河井夫妻公職選挙法違反事件、自民党ではなく内閣官房か≫<官房機密費から実弾との見方>【広島県警の8572万盗難事件との関連は】


《やっぱり安倍総理が深く絡む》≪検察庁法改正してまで黒川検事長定年延ばす≫<それだけでもないようだ>【この政権、もはや存続する理由が無い!日本政府も出直しだ!】


《黒川弘務検事長が退場!》≪さぁ、安倍政権の基盤が大きく揺らいでいる≫<となれば検察側が不安である>【きっちり仕事しろよ!信用回復する千載一遇のチャンスである】


《河井克行前法相立件間近!》≪安倍晋三を諸々容疑で逮捕!しか視野に入っていない≫<それが未開国らしく中々難しい>【現政権倒閣への道は険しいがヤルしか無いだろう】


正に、日本政府解体!!
 の局面なのであるが。。

一体、誰がそれをヤルか
 検察は力量的に不安があり


野党は、もしも政権交代したら
 自分たちも同じように、と狙う


その疑いが払拭出来ない
 実に疑わしい日本の国会


それにしてもトンデモナイ
 クズ議員を総理に据え
  同じ電波が飛ぶクズを

こともあろうに法務大臣に


救世主が登場しないと
 どうにもならんのではないか

久米宏が終了決定のTBSラジオ番組で田中眞紀子とタブートーク! 自民党と電通の癒着、岸信介のA 級戦犯・無罪問題まで


実際、TBSラジオ では、大手広告代理店出身の三村孝成氏が社長に就任して以降、硬派番組『荒川強啓 デイ・キャッチ!』も打ち切りになっており、今回も上層部からなんらかの圧力があった可能性はあるだろう。


残念である。また久米宏を起用して
 別の番組作ってもらいたいが、
そんな

度胸ある局が存在するのか
 未開国日本では無理であろう



この「バラマキ」という言葉を受けて、久米は持続化給付金と電通の問題に、こう切り込んだのだ。

「僕、なんでバラマキを電通が引き受けるかわかんないんですよ。僕が思うには、電通ってのオリンピックがなくなっちゃったんで、今年、ものすごくお金が入ってこないんです。大量な金が電通には流れ込むはずだったんです、今年。で、それがなくなった分を穴埋めしてるんじゃないか、自民党は。それ何千億円か何百億円か、電通に下請けにして電通がまた下請けに出して……じゃないの、って僕は思っている。誰もそれ言わないんです。民放で電通の悪口言う人、いないですもん。僕ぐらいしか。電通の悪口は、絶対言えない」


持続化給付金の不可解な電通への丸投げ再委託は、オリンピック延期のための穴埋めなのではないか。しかし、電通はタブーであるためマスコミはそうした疑問や批判を呈することはしない──。

なんとも衝撃的な分析だが、田中も負けてはいない。追い打ちをかける。なんと、安倍政権・自民党の情報操作に電通が関与しているとして、こう語ったのだ。

「それだけじゃないですよ。電通に、自民党はですよ、各メディアの、このTBSも、あなたが前いらっしゃったテレ朝もそうだけど、全部リサーチさせてですね、誰がどの記者が、どのディレクターがどういう発言してるかということを(調べさせている)。あなたも以前おっしゃってたことあったじゃないですか。幹事長室からとか、官邸からストレートに注意してくるわけですよ。まあ今だったら産経、読売、それ以外についてはですね。こんなメディア規制をやってる国がね、どこにありますか!」

本サイトも先日の記事で、電通が自民党から、選挙CM、広報だけでなく、ネットのSNS監視やSEO対策、情報操作などを“受注”していた事実を指摘したが、田中は、テレビや新聞のリサーチ、監視も、自民党から依頼されて電通がおこなっていると指摘したのだ。

 政権与党の情報操作に電通が関与していることが民放キー局系のラジオで堂々と語られたのは初めてではないだろうか。


田中「日本はアメリカの属国じゃないんです。それを、岸信介さんという方が、安倍さんのおじいちゃんが……。東條内閣の主要閣僚だったのね、その後、助命してもらったから、ずーっと宿痾ですよ、彼も。それが頭の中にあった、トラウマね、言ってみれば。アメリカに物は言えない! おじいちゃん助けてもらったから。私、そうだと思っていますよ。それ以外、考えられない」
久米「だってあの人、今の首相ですけど、なんでじいさんの教えを守って、じいさんの後、くっついていくだけで精一杯なんですか?」
田中「お母様が生きているからでしょ」
久米「じいさんは1回巣鴨(プリズン)に入った人ですからね。あの人の考え方を未だに踏襲してるって」
田中「なんであの方だけが、巣鴨から出てきたんですか! 他は絞首刑になったのに」
久米「なんで、出てきたんですか? アメリカにイエスと言ったからなのですか?」
田中「外務省に私、何度も聞きました。みんな答えません。何があったんですか?  アメリカとの間に。そのへんから歴史をつまびらかにしなきゃダメですよ」



違和感は無い、驚きも無い
 聞いたことある話ばっかりである




≪日本の首相、国会議員政体が権力者。。などという誤った信仰から抜け出すべき≫<《テレビに圧力掛け、一政治記者と無二の戦友》安倍晋三議員>【益々劣化著しい内閣総理大臣の資質が問われる】


≪総選挙まで1週間!日本のお粗末政治を種明かしする!!≫<財務省はじめ官僚機構は、自由に操れる自公連立でずっと行きたい>【ホントは、どこの政党が政権党になっても同じ】


≪日本列島は丸ごと米軍基地!≫<世界大戦敗戦。。被占領国。。敵国条項。。>【日本議員政権が、米政府に何か物申すなど無理】


久米宏と田中真紀子の
 掛け合いに出て来た話題は


戦後20世紀ズーーーっと
 あった話なのであり、既出!


それが第二次安倍政権
 一気に改めて息を吹き返し

  
再稼働し始めたとの点が抜けている



≪安倍政権を維持し、自民党を与党たらしめている要員の1つ≫<官報複合体の重要メンバー電通がパナマ文書に>【朝日新聞が早速擁護!しかしそれをすかさず否定!!】


≪国内政治においては、官僚機構(官邸官僚)~電通~大手マスコミの官報複合体≫【この病巣を除去しない限り、政党レベルの政権交代など意味無し】


≪巨大な疑惑から。。確信に変わった!≫<安倍首相は官僚機構に《魂と政治生命》を売り渡した>【自民党は結党以来、派閥政治などではなく。。永劫米国奴隷であり、官僚支配へ】


で、安倍政権発足の時点で
 大きな疑問を呈した訳だが


「官僚機構に魂売り渡し」この
 官僚機構とは『内閣官房・内調』



≪そう、経産省と《公安》警察人脈が『内閣官房中核』に≫<政務総理秘書官と内調トップのタッグを誰もが恐れる>【が!財務省を排除して、は違う!!財務省も外務省も安倍政権に強い影響力】


《内閣官房・内調に脚光がようやく》≪映画『新聞記者』が日本アカデミー賞≫<〈異常!〉国内大手マスコミは殆ど報道せず>【「ボンクラ総理が長期政権」のタネ明かしはコレ】


大手マスコミは「安倍総理が」
 「官邸は」「政府は」とボカし煙幕


曖昧な報道を繰り返すが
 「内閣官房」であり下部機関「内調」

これによって”電通システム”
 が生き生きと稼動なのであろう


それをマスコミが言えないのは
 タブー小国家、未開国日本ならでは


安倍晋三は御輿であるが
 内閣総理大臣の役職であり
  無関係でないどころか天の声


発しているはずであり逮捕!追放!!


持続化給付金事業を受託した法人、経済産業省が設立に関与か


電通。。パソナ。。そして
 経済産業省!
安倍政権で
  これらの名は何度となく登場


朝日新聞、東京新聞。。
 大手マスコミが書き始めた


この数年で麻痺しているが
 霞が関中央省庁や大企業が
  スキャンダルの中枢に登場する


これだけでもトンデモナイ話だ




「隠れコロナ患者」100万人!なぜか情報隠す安倍官邸・厚労省・・・実態バレると本当に東京オリンピック中止


隠蔽・改竄。。誤魔化しばかり
 なぜか!?
力が無いからだ

劣っているものを良く見せる
 そこに改竄が誤魔化しが入り込む


それでもだめなら隠蔽!!悪循環




一般社団法人サービスデザイン推進協議会とは何者か。「持続化給付金」事務局の謎めいた正体を考える。  東京蒸溜所 蒸溜日誌
 

凄いものを見つけてしまった

その日に生まれたばかりの法人が、国家官庁の公募に応募し、見事一発合格。しかも、その公募の開始日は設立年月日と同一。公募終了の翌日には補助金の交付も受けないうちに、早々とドメインを取得しています。

中央省庁の入札に参加したことがある方ならお分かりでしょうが、応札や応募には、ばく大な書類と計画の立案が必要です。三菱総合研究所や野村総合研究所といった第一線級のシンクタンクなら別段として、生まれてゼロ日の法人が、1ヶ月も無い公募期間のうちにすべての書類を備え、しかも公募を勝ち抜くことなど、到底考えられないことです。

しかし、その考えられないことが現実に起きました。もしかしたら応募者全員合格的なユルユルの公募だったのでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして見知った企業の名前が、よりにもよって「おもてなし規格」に直結する事業の委託先として登場することに気づいた時、「あっ!」と声を上げてしまうかも知れません

「平成27年度補正サービス産業海外展開基盤整備事業(おもてなし規格認証(仮称)に係る普及促進及び当該規格認証に関する実態調査等)」。契約日は「2016年3月24日」。受託者は「株式会社電通」。認定機関の公募開始よりも50日以上前のことです。

この時点で電通は、おもてなし規格認証(仮称)について知り得る立場にありました。




一般社団法人サービスデザイン推進協議会の裏側に潜むもの/「持続化給付金」事務局の謎めいた正体を考える(その3)  東京蒸溜所 蒸溜日誌


財務省や総務省(旧・行政管理庁)が再委託の禁止を義務付けているにも関わらず、経済産業省は、この垂れ流し状態を複数年に渡って黙認し、その総額は45億円を超えている。


東京五輪招致・五輪組織委員会
 そして電通。。安倍内閣などという
  基準で捉えるから繋がり難い


内閣官房政権。。御輿安倍晋三
 ココが茎であり、他は枝とも言える


倫理観欠片も無い政府があり
 怪しげな連中・資本が集まってくる


安倍総理と内閣官房が
 これらに無関係なはずがないのだ




《検察だけで対処し切れるかが心配だ》≪大スキャンダルが目白押しの安倍政権≫<内閣官房・経産省が差配するネットワーク>【長年燻り続ける『電通』『パソナ』が一気に火を噴き始めた!】


今回は新型コロナ禍での
 持続化給付金事業に関して
  で正に火を噴き始めた醜聞


電通が政権と相まみえ展開
 数々のスキャンダルに顔を出す


キッカケは東京五輪招致だった



≪今度は、海外遥か遠くフランスから飛んできた!衝撃の疑惑を掛けられる安倍政権!!≫<五輪版ロッキード事件なのか>【福島原発汚染を踏み台にした東京五輪招致】


そして記憶が薄れ掛かっている
 パナマ文書にも出て来てしまう




≪安倍政権を維持し、自民党を与党たらしめている要員の1つ≫<官報複合体の重要メンバー電通がパナマ文書に>【朝日新聞が早速擁護!しかしそれをすかさず否定!!】


≪第二次安倍政権発足して以来続く、不名誉な現象≫<日本大マスコミが一切報じず、外国メディアに抜かれ>【パナマ文書・五輪汚職以来《電通不祥事》が飛び出した!】


≪2020年東京五輪招致に関する汚職疑惑!やっぱり再浮上してきた≫<完全に日本包囲網。。フクシマ汚染水ウソ問題もある>【国内自民党議員関連スキャンダルとは違い、政府と安倍も思うようにはいかない!!】



パナマ文書に財務省の官僚の名前が!光の増大に伴って、邪悪な官僚が滅びて行くのは時間の問題


《そうか、読めたぞ!》≪誰も買うはずの無い東証一部高騰株価の正体!!≫【日銀・GPIFの公的マネーと。。外国人投資家・・・タックスヘイブンだ】


タックスヘイブン。。パナマ文書に
 電通そして!
財務省幹部の名が出た

これは、日銀による日経平均
 東証株価形成にも関係がある




《2020年五輪エンブレム使用中止!》≪これは、決して小さい問題じゃない。。日本支配構造が否定された≫【五輪招致へ驀進した《安倍晋三印の日本政体》がつまづき始めた】


≪東証一部日経平均株価の病状が益々進行していた!≫<日銀・GPIFが買い占めても上がらず、さらに買い占めの結果>【そして!もう一本の柱「外国人」は?】


さらには、来週かとも
 言われ期待されている河井
  前法相夫妻の立件であるが


その後の安倍総理追及にも
 繋がる意味で実に興味深い




《6月10日前後もしくは6月17日前後であろう》≪河井克行前法相・案里夫妻逮捕≫<むしろ1億5000万の出処に焦点>【『安倍総理・内閣官房直撃』!官房機密費から、の可能性を考える】


田中角栄前総理逮捕!!
 のロッキード事件とは違う

米国が背後に居て、そのまま
 逮捕せざるを得なかった状況


今回の河井事件はそうならない

との言説をアチラコチラで観る
 当方もそう簡単ではないと思う


しかし、IOC..フランス検察は
 今でも動いているようなのであり


むしろ、そう簡単に治まらない
 心配なのは日本検察当局では
  この案件を維持出来ない点である

  
あまりに脆弱な陣容らしいのである


安倍首相「1カ月半でコロナ収束。日本モデルの力示した」

安倍晋三首相は25日夕の記者会見で、新型コロナウイルスについて「日本ならではのやり方で、わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた。日本モデルの力を示した」と述べた。そのうえで「すべての国民のご協力、ここまで根気よく辛抱してくださった皆さまに心より感謝申し上げます」と述べた。

安倍総理のこの会見を
 100%真に受けた人は


日本政府信奉者ヘタをすれば
 ネトウヨ認定されるかも知れん


少なくとも情弱(情報弱者)
 であることを反省されたい



安倍総理が自賛する「日本モデル」のほんとのところ<100日で崩壊する政権・60日目>

ケチで火事場泥棒

当然、「政府のおかげ」じゃないよね


当方の受け取り方はこれに近い



宣言解除でも安倍首相への不信感が消えない訳


G7諸国と比べて、日本の感染者数・死亡者数は桁違いに低いのは事実だ。グテーレス国連事務総長やテドロス世界保健機関(WHO)事務局長も、日本の対応を高く評価している。

 ただ、日本モデルの成果を冷静に分析する有識者は「西太平洋地域では劣等生」と指摘する。アジア・オセアニア主要国での人口100万人当たりの死亡者数や感染制圧までの期間などをみると、日本は最下位グループだからだ。


WHO事務局長の日本称賛
 これは米国が関係解除!
  資金拠出中止!!の穴埋め


日本国政府の協力を期待
 いや、もしや既に巨額の賄賂
  が贈られた後かも知れない。。


アジア・オセアニア諸国
 ではBチーム下位グループ

  
この辺りを解説した決定版がコレ




「コロナ収束は日本人のマジメさや清潔さのお陰」という勘違いの恐ろしさ

たとえば、人口100万人当たりの死者数をまとめている統計サイト「ワールドメーター」の5月19日時点の報告によると、やはりダントツに多いのが欧州だ。784人のベルギーや593人のスペインに、イタリア、英国、フランスが続いている。では、日本はどうかというと、死亡者が6人とケタ違いに少ない。

つまり日本の重症化対策は、欧米と比べると確かに「ケタ違いの優等生」なのだが、東アジアの中では極めて平均的、むしろ「劣等生」の部類に入るレベルといえる。

当たり前の話だが、日本も韓国もインドも中国も、文化も国民性も生活様式もまったく異なる国々だ。社会制度や医療体制にも違いがある。そのため当然、今回のコロナ対策にもバラつきがある。

 しかし、「結果」にはそれほど大きな違いはない。感染者数は人口規模などによって違いはあるものの、欧米と比べて重症化患者が圧倒的に少ないという点においては、共通しているのだ。
この事実から導き出される答えは、1つしかない。それは「東アジアには新型コロナの重症化を防ぐ何かしらの要因がある」ということだ。

ただ、少なくとも「マジメな国民性」や「医療従事者が頑張ったから」という抽象的な話ではないということは断言できる。ましてや安倍首相が会見で述べた「日本の感染症への対応は、世界において卓越した模範である」などということは、科学的根拠のかけらもない御都合主義的な解釈だろう。

もちろん、こういう勘違いをしているのは日本だけではない。死者の少ない東アジア各国の政府は「韓国モデルの勝利だ」「中国のコロナ対策の優秀さを世界に示した」とみな自画自賛をしている。

「だったら、日本だって少しくらい調子に乗ってもいいだろう」と思うかもしれない。日本人の国民性や生活様式がコロナを封じ込めた部分もゼロではないのだから、「ちょっとくらい自信をもってもいいじゃないか」と――。

気持ちはわかるが、日本の場合、この手の「勘違い」が広まってしまうと、次の「危機」が発生したときに、目も当てられない悲惨な事態を招くことが多々あることを、忘れてはならない。


アジア共通。。その中では
 下位グループに甘んじている


第2波が来た時に
 それに耐え抜く基盤が無い


また、「日本人の清潔好きがコロナを防いだ」などという勘違いもかなり危険だ。

 日本各地で県をまたいできた自動車に石を投げたり、あおり運転などの嫌がらせをしたりする「他県ナンバー狩り」が問題になったが、これから各国で渡航禁止が解除され、外国人が仕事や観光で訪日するようになった場合、彼らに対して「不潔な外国人がコロナを持ち込むな」などと石を投げるような、「外国人観光客狩り」が発生するかもしれない。


県境を跨いできた時に
 嫌がらせや犯罪紛いの
  行為に及ぶのは、
だいたい

抜群に感染者数が少ない
 まぁ、いわば”地方”に多く見られる


感染者数が多い大都市圏は
 そんなことをする権利も資格も無い



突然だが、皆さんは日本がここまでの経済大国になった理由をどう考えているだろうか。「そんなもの、日本の高い技術力に決まっているだろう」という声が聞こえてきそうだ。「日本人労働者が世界一勤勉だからだ」という人もいるだろう。

 だが、残念ながらそれは「コロナを収束させたのは日本人のマジメさだ」というのと同じくらい非科学的で、根拠のないものである。

 一国のGDPに最も大きな影響を与えているのは、技術力や勤勉性という話ではなく「人口」だからだ。戦後、日本では二度のベビーブームで爆発的に人口が増え、先進国の中ではアメリカに次ぐ「人口大国」になった。



加えて。。米欧先進国の
 通貨為替政策の”実験”が
  成功したからであろう・・・。




《新型コロナウイルスで日本がパンデミックの中核に》≪安倍政権が悪いのか、正確には安倍翼賛が傷を深めた≫<いや、原因は消費税増税キャンペーンにも>【そもそも戦後日本マスコミの仕組みがオカシイのだ】


《新型コロナが安倍政権のダメさを浮き彫りにする》≪クルーズ船の下船検査の実態が衝撃!!≫<何なのか!このユルユルのガバナンス>【目立った抗議が政府政権から無いというのは図星に違いない】

 
《新型コロナ対応で日本政府のダメさが加味された》≪日本よりも感染者数多い韓国と同じレベル2≫<安倍政権という小さい話ではない>【日本政府=霞が関官僚機構に信用が無い証拠】


日本政府・霞が関関係者は
 失敗しまくった訳なのであり。。


世界はそれを観て警戒した
 日本はヤバイ!近づくな!!



《昨日2月29日の新型コロナ安倍記者会見》≪もしかしたら後日『アレで流れが変わった』と語られるかも知れん≫<官僚機構と記者クラブの怠慢も露呈>【原稿丸読み棒読みの安倍がなぜ7年長期政権か!!】


そのダメさが際立ってきた
 政府霞が関が必死に取り繕う


ど真ん中の政権のダメさは
 史上最悪!殺人的とさえ言える



《アメリカの凄い政治を見た》≪全国民へのウイルス検査無料化を勝ち取る≫<感染者少なく見せるため検査しない日本>【政府の要請を政治的薄汚い野望のために利用の大阪首長】


米国議会のスゴイ政治家
 を観てしまえばなおさらである


人々の命は政治が
 救わねばならない、と痛感!


しかし!!


《新型コロナCOVID-19が地球を人類を恐怖に陥れている》≪将来(有るのか無いのか知らない)に向けて≫<もしや『米国発祥』ではあるまいな>【米国中心の政治は終っているのではないか】


《日本政府は米国属国ですらない在日米軍管理事務所》≪新型コロナウイルスは日本政権を踏み潰して行った≫<米国大統領ですらツマラナイ存在にした>【米国中心でしか考えられない『地球上で最も米国を恐れる日本政官報』には失望すらない】


日本に新型コロナウイルスが
 上陸したのは中国からかも知れない


それは、日米貿易の2倍!
 の日中貿易故に当然なのか・・・。


しかし、途中からは欧州
 もしかしたら米国からの
  ウイルス上陸が輪をかけた


何となく欧米からのウイルス
 が強烈!重症化・強毒株なのか


そして世界の新型コロナCOVID-19
 の発祥は、中国なのか米国なのか


今のところ米国説に傾いている・・・。






元自民本部幹部ら聴取 怒れる検察が安倍官邸直撃の“Xデー”


大手マスコミはアテにしない!

昨年7月の参院選前に党本部が案里サイドに渡した1億5000万円について、検察は送金の流れなどを確認したという。

聴取されたのは、元自民党本部幹部ら数人。案里氏の選挙応援で広島に派遣されていたという。

「まさに、官邸vs検察の状況です。稲田検事総長は黒川氏を検事総長に就けたい官邸から、予定していた今年7月の退任より前の『勇退』を迫られてカンカンだったといいます。退任する稲田氏は花道として河井事件に取り組む気マンマンです。河井夫妻の逮捕、勾留期間を考えると、取り調べは40日間程度は必要でしょう」(司法担当記者)

 7月末の稲田検事総長の退任時期を踏まえ逆算すると、6月10日あたりが河井夫妻逮捕のXデー。今国会の会期末は同17日。会期中の国会議員の不逮捕特権を考えると、閉会を待って逮捕に乗り出す可能性もある。


逮捕されなかった時の方が大変


案里氏の選挙応援で
 広島に派遣されていた


安倍事務所からも人が来ていた


河井案里氏の秘書と前法相の政策秘書ら逮捕 検察の最終ターゲットは安倍首相か

検察が狙う本丸は安倍首相か 河井案里参院議員の秘書逮捕

さらに、安倍事務所の秘書4人を含め、自民党から大量の人海戦術。加えて安倍首相、菅官房長官ら党幹部が何度も広島へ応援に入っているのだ。



河井克行、杏里議員の選挙違反事件にみる安倍氏の陰湿さ 一国の指導者としての適性が問われる


その広島選挙区の状況は?

2013年以降の選挙結果です


当方もココに注目したことがある


《河井克行・案里夫妻の買収》≪河井案里当選!だけでなく溝手顕正追い落とし!!≫<河井夫妻は恨み骨髄に徹す安倍陣営の刺客>【”創価協力票”発動にも関わらず広島県政界にも触手】


買収の原資か 河井前法相夫妻「選挙資金」1億5千万円の「入出金記録」を入手した


公選法違反(運動員買収)の疑いで広島地検の捜査を受けている河井克行前法相(56)と妻の案里参院議員(46)の政党支部に、参院選の前に合計1億5000万円が、自民党本部から振り込まれていたことが「週刊文春」の取材でわかった。現在、捜査対象となっている運動員買収の資金は、これらの政党支部から支出されており、「違法買収」の原資となった可能性がある。自民党幹部によれば、一候補に1億円を超える選挙資金が提供されるケースは異例中の異例だという。


自民党本部から振り込まれた
 これが既成事実となってはいるが

党ではなく、官邸=政府=内閣官房
 からという見解が燻り続けている訳だ



この金額は官房機密費からも出ている可能性が高いと指摘されています。 有田芳生

有田芳生議員が言及している。
【ガセネタではない】ということだ。




河井夫妻、違法買収は官房機密費? 安倍政権の横暴ぶりに海外投資家の日本離れ加速=今市太郎


自民党から人が来ていただけでなく
 安倍事務所からも人が来ていた・・・


自民党本部から破格法外資金
 ではなく官房機密費から出ていた


ココまで割り出してこそ及第点だろう



《さぁ=!出て来た出て来た!!》≪内閣官房に操縦されるだけの総理≫<安倍総理は政治も決断も指揮もしていない>【そもそも陣頭指揮など期待する「役人」こそがオカシイ】


現在の政権は、党も派閥も無い
 内閣官房政権そして御輿安倍。。


安倍総理は、どす黒く悍ましい
 ”私怨”を「天の声」として発しただろう


しかし、行政手腕・政府の構造は
 サッパリ理解してない筈ではないか


そこで動くのはやはり内閣官房
 しかも、広島県の一参院選挙に・・・。


こんな腐った内閣、戦後。。
 政治史上かつて存在したか!?




《河井克行・案里逮捕は緊急事態宣言開け!か》≪広島地検は大阪地検や東京地検の応援受け≫<河井は安倍政権では珍しくカルトの影無く、『内閣官房・内調』人脈>【面白い推理!河井克行の出世には妻案里が絡んでいる気がする】


《安倍総理は『自らが逮捕される近未来』を恐れ?》≪彼はそんな神経を持ち合せない、恐れるのは内閣官房首脳だ≫<ガタガタの政府では新型コロナも抑えれまい>【具体的な”逮捕”という言葉、それを楽しみに待つ】


《河井克行ヤバいぞ!》≪河井夫妻公職選挙法違反事件、自民党ではなく内閣官房か≫<官房機密費から実弾との見方>【広島県警の8572万盗難事件との関連は】


《やっぱり安倍総理が深く絡む》≪検察庁法改正してまで黒川検事長定年延ばす≫<それだけでもないようだ>【この政権、もはや存続する理由が無い!日本政府も出直しだ!】


”安倍晋三の陰湿さ”という言葉が
  記事にもあったが、それを受ける
   ヤツが居て、実行してしまう政権!




《黒川弘務検事長が退場!》≪さぁ、安倍政権の基盤が大きく揺らいでいる≫<となれば検察側が不安である>【きっちり仕事しろよ!信用回復する千載一遇のチャンスである】


日本政府などそんな尊いものではない



《河井克行前法相立件間近!》≪安倍晋三を諸々容疑で逮捕!しか視野に入っていない≫<それが未開国らしく中々難しい>【現政権倒閣への道は険しいがヤルしか無いだろう】


現職総理大臣の逮捕
 やはりコレしか無いだろう


日本のマスコミにも有権者にも
 良いショック療法となるはずだ


1億5000万の資金は
 自民党本部からという建前


しかし、カネに色はついていない



《”新種”の収賄手法=『政党支部』経由か》≪岩屋前防衛大臣が天地神明に誓ってのカラクリは≫<数年前から特に自民党に多い政党支部経由・資金還流>【新手の贈収賄手法!誰が指南しているのか】


この数年、自民党中心に跋扈
 政党支部経由という資金還流


自民党本部を経由して官房機密費

実に悍ましいが、安倍政権
 もはや此処まで来ている気がする・・・。

給付金業務、97%を電通に再委託 不透明な769億円


大手新聞社朝日新聞が報道
 ようやくといった声が多く聞かれる


朝日新聞が抜いたのではないからだ



トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人"だった


やはり文春砲だった
 水曜日に記事になっている



大手マスコミまでが
 電通に関する記事を
  報道する。。
これは

ツマラン小国、タブー国家
 日本では実に珍しいことだ



増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却


「芸能人の政治的発言が増えた背景には芸能界の構造的な変化があると思います」


もともとミュージシャンには政治的発言をする人が多かったのですが、テレビを主戦場とする俳優やタレントは、政治的に無色透明を求めるスポンサーの意向に従って、政治的発言はタブーとされてきました。しかし今は、地上波のCM出稿料も減り、俳優やタレントのそうした『スポンサー・CM依存体質』が変わりつつある。タレントたちは“CMでは食えない”と思い始めているんです。それで、スポンサーの顔色などうかがわずにやっていきたい、またやっていこうと考える気骨のある芸能人が増えてきたのだと思います。



テレビや新聞の広告
 CMを取り仕切ってきたのが
  
広告代理店最大手電通なのだ


この協議会に電通と共に
 関与とされるパソナも長年
  タブーに護られてきた訳だが




≪パソナグループ迎賓館《仁風林》特殊接待疑惑。。≫<安倍政権閣僚が複数参加>【しかし、本丸は政府中央府省庁の最高幹部官僚群だ!】


≪パソナ「仁風林」。。<安倍内閣特殊接待>≫【週刊実話の記事が話題になっている】


≪《政官界醜聞》パソナ仁風林はガチガチに防御されるも、西日本《春風林》が炎上乱舞だった》<大きく乗り遅れてしまったが、今からでも便乗だ>【兵庫繋がりでこっちが火を噴くかも知れない】


パソナ仁風林スキャンダルは
 安倍政権下において、日本が
  オカシイ!と思えた最初の醜聞


甘利疑惑と違って
 新聞・テレビの大手マスコミは
  一切報道しなかったからである




≪パナマ文書。。安倍政権の根幹がヤラレる!?≫<菅官房長官が調査拒否も当然(笑)>【安倍が総理でいられる理由《官報複合体中核》暴露か】


≪安倍政権を維持し、自民党を与党たらしめている要員の1つ≫<官報複合体の重要メンバー電通がパナマ文書に>【朝日新聞が早速擁護!しかしそれをすかさず否定!!】


≪官僚機構が頂点!電通が中核、大マスコミが隠蔽報道≫<日本終了!原発再稼働は銀行問題だった!!>【パナマ文書最大リークに止まらず原発再稼働のカラクリまで】


≪国内政治においては、官僚機構(官邸官僚)~電通~大手マスコミの官報複合体≫【この病巣を除去しない限り、政党レベルの政権交代など意味無し】


≪第二次安倍政権発足して以来続く、不名誉な現象≫<日本大マスコミが一切報じず、外国メディアに抜かれ>【パナマ文書・五輪汚職以来《電通不祥事》が飛び出した!】


《東京五輪招致疑獄再勃発》≪JOC会長が訴追可能性。。しかし彼は主犯ではない≫<安倍政権と日本政府による五輪招致インチキ>【タックスヘイブン~『フクシマ原発汚染水アンダーコントロールが大ウソ』もバレていく】


電通。。パソナ。。安倍政権下
 で益々肥え太ったこれら企業
  のスキャンダルが白日の下に
   曝される日が近づいている訳だ


ちなみに安倍昭恵も電通出身
 まぁ、一時だろうが。。コネ通故に


いずれにせよ、たかだか建国75年
 先進国でもない小国にタブーは不要


霞が関日本政府と大手マスコミ
 の罪は実に重いのだ!恥を知れ!!

そもそも、なぜ異例の出世ができた? 黒川前検事長が陰で呼ばれていた「意外なニックネーム」


読み応えのある記事だった

安倍政権が政権ベッタリの黒川氏を総長に据えようと、稲田総長に退任をいくら迫っても総長がどうしても首を縦に振らなかったことから、黒川氏が63歳の定年を迎える2月8日を前に、定年延長制に基づき定年延長を決めたというわけです。しかし、検察官は定年延長制の対象外とした1981年の政府見解があると指摘されると、安倍政権は法解釈を変更したと強弁。変更の経緯が文書で残っていないと追及されると、口頭で決裁したと釈明し、ついには脱法措置を正当化させるかのように定年延長制度を盛り込んだ検察庁法改正案を国会に提出したのです



まず、この黒川という人
 改めて辞めてくれて良かった


こんな人物が検事総長に
 就任していたらまたもや地獄


長いトンネルに入ってしまっていた




「週刊文春」が黒川氏の緊急事態宣言下での賭けマージャンについて同17日に黒川氏を直撃したことに加え、俳優の西田敏行さんや歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんら著名人を含めインターネット上に批判の声があふれたことが大きかった。


黒川評として、人当たりが良い
 との記事も目にした訳であり


内閣官房・内調に弱味握られ
 脅されて仕方なく捜査潰し立件潰し
  をヤッてきたのではないかとも思った


とんでもない間違いだった!
 コイツがそもそも政治家たらしだった



『花の35期』と呼ばれた司法修習35期の黒川、林の両氏について、当初から2人が検事総長の有力候補としてシノギを削っていたといった報道が一部でありますが、それは事実ではありません。確かに35期にはほかにも、東京地検特捜部長を務めた佐久間達哉弁護士、特捜部の副部長を務め、一時は代議士も務めた若狭勝弁護士、特捜部経験がありテレビのコメンテーターなどもしている郷原信郎弁護士らタレントぞろいです。ですが、当初同期のトップと目されていた人物はほかにいました。

 ただ、若くして病になり、その後、35期は法務官僚畑の『赤レンガ派』は林氏、特捜部畑の『捜査現場派』は佐久間氏と言われるようになりました。黒川氏も若い頃は特捜部で四大証券利益供与事件などの捜査に関わりましたが、ぱっとはせず、法務官僚畑の道を進むことになりました。林氏が稲田氏の後任として法務省の人事を差配する人事課長に就任した2008年1月の異動で、黒川氏は秘書課長から官房審議官に就任しています。『すでに検事総長コースに乗っていた稲田氏の後継者は林氏』という規定路線はこの時点で鮮明となっており、黒川さんが後塵を拝している印象は拭えませんでした。



黒川弘務はトップエリートに非ず


ただ、この頃から黒川氏の“特異”な感性が発揮されるようになってゆきました。政治家の扱いがとてもうまいのです。法務大臣の秘書業務を担う秘書課長としては、第1次安倍内閣改造内閣で鳩山邦夫法相に、次の福田内閣でも鳩山法相に仕えました。鳩山氏は法務省が死刑執行を公表するようになって以降、当時最多となる13人の死刑執行を法相として命令してますが、その執行に先鞭をつけたのが黒川氏です。鳩山氏は法相時代に『友人の友人がアルカイダ』と問題発言をしていたため、黒川氏は陰で『猛獣使い』などと呼ばれていたのです。そのことは自民党政権内部でもよく知られていたはずです」(同前)

 ただ、黒川氏の本領が発揮され始めたのは、民主党政権下だったと言われている。



ようするに黒川氏は、類い希なる『政治家たらし』


「週刊文春」の2016年1月28日号がスクープした、当時の甘利明経済再生担当相と公設秘書が建設業者から口利きの見返りに現金を受け取りながら政治資金収支報告書に記載していなかった問題では、甘利氏の大臣辞任後にあっせん利得処罰法違反容疑で2人は東京地検特捜部に刑事告発されたが、不起訴となるなど、黒川氏の“暗躍”が噂された「政治とカネ」の疑惑も少なくない。


当方が黒川弘務を知ったのも
 この甘利UR疑獄不逮捕案件だ



≪想定外!最低最悪の結末!!≫<甘利疑惑。。本人だけでなく秘書も不起訴>【《法務省上層部が捜査をへし折った!!やっぱり薄汚くどす黒いウラが有った】


この記事の内調トップ=外務省
 とこの時に書いたのは間違いで
  公安警察出身のアイヒマンである



再び記事に戻る

安倍官邸が2016年に林氏の前に割り込ませる形で黒川氏を事務次官に据え、さらに黒川氏を次官に留任させるために林氏を名古屋高検検事長に追いやったのは、政治家案件で行われる検察首脳会議に出席できる事務次官に黒川氏を留まらせ、森友学園と加計学園をめぐる問題で重しとなることを期待したからだと思います。捜査を止めることはできませんが、次官ポストに安倍官邸の“代理人”がいることで現場にはプレッシャーとなるうえに、官邸側としても黒川氏を通じて検察側の思惑を知ることができるからです。黒川氏はその役割を十分に果たしたのです


そしてココからである

「そもそも、検察権力と政治権力のあるべき距離感が分かっていないという点で、安倍政権は民主党政権とよく似ています。検察人事に手を突っ込み、検察庁法まで改正しようとした安倍政権は、法相が検事総長に捜査の是非について指示することができると検察庁法で規定している『指揮権』の発動は、聖域ではなく、発動すべきものだと主張した民主党政権と変わりません。

 歴史上唯一、法相に指揮権を発動させて逮捕を免れた佐藤栄作を大叔父に持つ安倍総理が検察権力を恐れ、コントロールしたがるのは、民主党政権の実力者だった小沢一郎氏が田中角栄と金丸信という2人の『オヤジ』を検察によって逮捕され、自身も陸山会事件で窮地に立たされたことから、検察を目の敵にしていたことと重なります。安倍総理は民主党政権を悪夢と評していますが、実は似たもの同士なのです」



安倍政権と民主党内閣は
 似たもの同士
と言っているが

民主党確かに不味かった
 しかし、悪どさでは桁違いの
  安倍政権と言っておこう!


第一次内閣も含めてのことである



「ロッキード事件で逮捕された田中角栄さんは、逮捕後も『今太閤』などと呼ばれ、キングメーカーとして政権の中枢で影響力を発揮していました。検察を恐れた角栄さんは田中派の政治家や『隠れ田中派』と呼ばれた自分の息がかかった他派閥の政治家を歴代法相に据えて、検察を牽制していましたが、それ以上のことは一切しませんでした。検察権力と政治権力のあるべき距離感を熟知していたからです。そういった意味でも安倍政権は未成熟で幼稚だと言えるのではないでしょうか」


田中角栄を褒めているようだが
 異議を唱えるしかないのである


田中角栄は検察・警察にシッカリ
 と楔を打ち込んでいたらしいのであり


財務省前身の大蔵省事務次官
 人事では、自らの子飼いを次官に。。




財務省人事、歩んできた政治介入排除の歴史

こうした人事の徹底は、旧大蔵省時代に田中角栄首相(当時)が主税局長の高木文雄氏を次官に推し、福田赳夫蔵相(同)が主計局長の橋口収氏を担いだ“角福代理戦争”とされる禍根を省内に残した反省もある

但し、ココでも財務省人事を褒めている
 しかし、極めて怪しいとしか言えないのだ


森友問題で、安倍政権の言いなりになった
 まさか、そのことを忘れたとでもいうのだろうか

 
人事でも介入されていないとは思えないのだ


当方、この安倍政権では
 霞が関日本政府に対する
  信用は地に堕ちたと考えている


いや、もともと大したことなかった
 それがバレて実に良かった訳である




霞が関・日本政府と同様
 日本の検察庁が信用取り戻す
  には政治案件の立件しかない




検察、自民党本部関係者を聴取 河井案里氏側への1.5億円で


河井前法相夫妻の事件で自民党本部に捜査のメス 「安倍官邸が黒川問題で余計なことしたから…」と恨み節

昨年7月の参院選で河井夫妻が地元の県議や市議、首長らに現金を配ったが、その原資となったとされるのは、自民党党本部から河井陣営に支出された1億5千万円もの選挙資金だ。なんと、そこに検察のメスが入るというのである。


自民党本部関係者を
 聴取したようであるが


何も出ない可能性もある

当方、今でも官房機密費
 つまり政府支出を疑っている



「これだけ派手にカネをばらまいていれば、河井夫妻はアウト。党内でも仕方ないというのが、大半の声だ。だが、党本部で出した1億5千万円の支出先までも、めくれてしまうと安倍政権がアウトだ。次の選挙も危うくなる。とりわけ怖いのが、自民党本部に検察の強制捜査が入ることだよ。ここまで検察を怒らせた元凶は、黒川氏の定年延長だよ。安倍官邸が余計なことをしなければ、こんな大ごとにはならなかった……」

 6月に来る「Xデー」が見ものだ。



自民党議員は偉そうに言う資格は無い
 安倍政権を倒閣してからモノを言え!!




《河井克行・案里立件か》≪実は中々ハードルが高い≫<それも河井夫妻で打ち止めになる可能性>【安倍に手が掛かるのはどうだろうか。。】


《河井克行・案里逮捕は緊急事態宣言開け!か》≪広島地検は大阪地検や東京地検の応援受け≫<河井は安倍政権では珍しくカルトの影無く、『内閣官房・内調』人脈>【面白い推理!河井克行の出世には妻案里が絡んでいる気がする】


《安倍総理は『自らが逮捕される近未来』を恐れ?》≪彼はそんな神経を持ち合せない、恐れるのは内閣官房首脳だ≫<ガタガタの政府では新型コロナも抑えれまい>【具体的な”逮捕”という言葉、それを楽しみに待つ】


安倍総理逮捕!はある
 材料には事欠かないのだ

弁護士・法学者662人から
 刑事告発もされているのである




《#検察庁法改正案に抗議します》≪「官邸の守護神?」黒川検事長定年延長に絡み≫<検察庁法改正案に猛烈な反対運動>【全ては『内閣官房・内調=内閣情報調査室』だろうと睨む】



トップでもなかった黒川を
 事務次官~高検トップに引き上げた


安倍政権であるが、具体的には
 内閣官房が動いたと考えるのだ


安倍総理には、行政手腕は無い
 同時にポンコツ総理を長期政権に
  仕立て上げたのも内閣官房である




《やっぱり安倍総理が深く絡む》≪検察庁法改正してまで黒川検事長定年延ばす≫<それだけでもないようだ>【この政権、もはや存続する理由が無い!日本政府も出直しだ!】


《黒川弘務検事長が退場!》≪さぁ、安倍政権の基盤が大きく揺らいでいる≫<となれば検察側が不安である>【きっちり仕事しろよ!信用回復する千載一遇のチャンスである】


《河井克行前法相立件間近!》≪安倍晋三を諸々容疑で逮捕!しか視野に入っていない≫<それが未開国らしく中々難しい>【現政権倒閣への道は険しいがヤルしか無いだろう】


緊急事態宣言は取り敢えず
 明けた訳であり、国会も来月
  閉幕するとのことであるから


何が有ってもオカシクはない
 一説には、6月17日に大きな動き
  別説では、6月10日前後ともされる


大山鳴動して鼠一匹になるのか
 安倍退陣に追い込むのかはマスコミ
  の役目が大きいというべきであろう


河井前法相すらも立件出来なければ
 立件とは逮捕であり在宅起訴ではない


日本の政官報そして捜査機関が
 世界からの物笑いになる時代が続く・・。